2013-03-31 17:46:07

スタッフ募集、します。

テーマ:日々のできごと
さて、明日から4月。
新しい年度。

いろんなお仕事上のしめきり様は送り出しつつ、
おせおせになっているもの、
そして何より進まない「itona」の編集作業があることに、
ほんとーに申し訳なさを感じながら、引っ越し準備をしております。

明日1日でばっちり移動できますように。

さて、2013年6月に、ワールドリー・デザインは、
会社として3期目を迎えることになります。

富山にUターンして、起業して…
とうとう、スタッフを募集することにしました。

いろんなお仕事をいただくようになり、
自分としてもやりたいことが追いつかなくなってきたこともあり、

今は、たくさんのお給料を払えるような、
しっかりした会社ではありませんが、
一緒に頑張ってくれる、スタッフを募集します。

詳しくは、4月2日以降、会社Webでお知らせしますので、
その要項をチェックされた上で、規定の方法でご応募ください。

パソコン 株式会社 ワールドリー・デザイン

●募集に際して、要項とかじゃなくてその周辺の想いを…。

はっきり言って、お仕事の上で
スタッフに要求することは、少なくないと思います。

見えない思いをカタチにするお仕事は、
見えるようにするまでに時間がかかります。
そして、見えているのはほんの一部です。

その限られたところに、
いかに思いを込められるか、
またそれをちゃんと伝えられるかは、
おしゃれなセンスやひらめきよりも、
自主性や誠意だと思っています。

そして何より、工夫することを楽しむこと。

お客さまに喜んでいただくためにワクワクしながら、
世の中がもっとステキになるように愛情を込めて、

自ら進んで「工夫」する力を持った人を募集しようと思います。

デザインに関する技術は、
ある方がいいですが、なくても大丈夫です。

「好きだ」とか「得意だ」という気持ちを大切にします。
エネルギーがあるから。

経験は不問です。
というか、中途半端な経験は、血や肉となる前に、
偏見となって、思考をがんじがらめにしてしまうと思っていますから、
いっそのこと「何もない」と言える謙虚さを大切にしたいです。

今まで生きて来られた人たちはすべて、
「何かある」から、生かされている訳で、
「何もない」ということは絶対ないと信じています。

「それはやった」「それは知ってる」「わかっている」
…こういう言葉や考え方が、
新たな気づきや可能性の糸口を断ってしまうことを、
今までいろんなところで感じてきました。


人との出会いや関係も、同じようなものだと感じています。


●なぜ、もうちょっと早く言わなかったのか。

…そして、なぜこの時期に募集するかというと、
私自身、大学を卒業してから1カ月くらい、
定職につかずふらふらしてたことがあるから。

「就職活動」にすごく反発していたし、
リクルートスーツも着なかった。

友人たちが大企業への内定を次々に獲得している頃、
相棒と一緒に写真展をやったり、創作活動をしたり…。

「社会に出る」ということが、まったくイメージできないまま、
「独立して会社でもつくろう」とぼんやり考えていたら、
うかうかと大学を卒業してしまった。…そんな感じです。

でも、新卒で仕事がないからといって、
できない人間じゃないんだ!と思っていましたね(笑)。

もう14年も前のことですから、
今の学生さんたちの中にはそんなうっかりした人はいないかもしれないけど。

やっているお仕事の内容から言って、
富山以外の地域で暮らしたり働いたりしてきた経験のある方の方が、
向いているかもしれないと思っていますが、
特にこだわりません。

とにかく、一緒に「工夫」できる人かどうか、
そこが選考基準です。


…ということで、4月1日は、ひたすら引っ越し作業予定。

ステキな出会いのある新年度になりますように
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク