2012-04-28 12:44:25

とやまの女子で、本つくります。

テーマ:日々のできごと
勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【「itona」第一回編集会議】お誕生日のメンバーにサプライズ♪

こんにちは。
ゴールデンウィーク、始まりましたね。
富山は、最高のお天気です。


写真は、昨日の編集会議の様子。

富山県の西側:氷見市(海側)、南砺市(山側)から、
東側:朝日町(海側)、立山町(山側)まで、11人の女子が集まりました。

やっぱり富山市は海から山まで広いんで、富山市在住率が高いけど。

●編集会議って?

編集会議?…と思われる方に少し説明を。

富山にUターンして、このGWでまる2年を迎える私。
去年6月に立ち上げた会社も、今年の4月から2期目となりました。

そこで、今年は、新たな挑戦をすることにしました。

〝富山に住んで、富山を元気にする人になりたい〟と、Uターンする前から思っていたこと…いや、小学1年生の頃から思い描いていたことを、実現させよう、と。

…そのひとつが、本をつくるということでした。

やりたいことや目標は、まだまだあるのですが、まずはこれを、と。

4月はじめから、想いを企画書にして、県内の方々に会い、少しずつ準備をしてきました。

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【みんなでテーマを検討】

そして昨日、4月27日「itona」編集部が立ち上がりました。

場所は、県内全域から集まる女子たちの間をとって、富山の真ん中にある呉羽山のダイニング&レストラン・クレオンにて。

参加したみなさんは、富山に帰ってきてからのお会いした方がほとんどですが、家族ぐるみのおつきあいをしてる方や、東京時代からお世話になっている方など、いろいろ。

私のように富山にUターンしてきた方や、県外から来られたも多い。基本的に、富山の風土に向き合って生きている方だ。そして、みんな仕事や地域の活動をバリバリされている。…そしてどこかオヤジっぽい(笑)。

…とにかく、私の無謀な企画に「面白い、やろう」と言ってくださった方々。

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【みんなでテーマを検討】

私はもちろん全員知ってるけど、みなさん意外と顔や名前は知ってても、実際会ったことがなかったということも多いみたいでした。

そこで思ったのは、やっぱり富山は広いんだな~ということ。

それから、まったく逆のことだけど、富山はコンパクトだ!ということ。
みなさんお忙しい中集まってくださったわけですが、1時間ちょっとでお家に帰れるんだもん。(車の人は飲めないけど、笑)

とにかく、広くてコンパクトな富山では、

偶然出会うことを期待するより、
必然を作り出した方が何倍も効率がいい。

ということが、よくわかりました。

●…で、「itona」って、どんな本なの?

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【題字いろいろ】

ここまで書いてきて「itona」の説明してなかったですね(笑)。


「itona」(いとな):

 富山に生きる女子たちが、自ら綴る。
 豊かなライフスタイルを提案する、
 リトルプレス(小さな情報誌)。



…でございます。

今年8月に、第一号を発行します。(たぶん!)
年間2回、発行しようと思います。(なんとかがんばって、笑)

名前には、いろんな思いがこもっているので、
このブログでも少しずつご紹介していきたいと思います。

最新の情報は、以下で発信していきます。

パソコン Worldly Design(Facebook)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【みんなでテーマを検討】

…ということで、昨日の編集会議はあっという間の3時間弱でしたが、参加メンバーの想いと期待を共有して、とてもよいスタートが切れたと思います。

どのようにつくるかは、企業ヒミツですけども(笑)、昨日集まってくださった女子が執筆を担当しながら、もっとたくさんの女子のチカラを、少しずつ集めて、いい本をつくりたいと思います。

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【参加メンバーで記念撮影】

ということで、「itona」をよろしくお願いいたします!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク