2011-11-06 11:22:19

存在を伝える<影響力を伝える

テーマ:日々のできごと
$勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【平野屋さんのアイス&コーヒーゼリー、300円】

こんにちは。
雨がザーザー降ってる富山市内です。

写真は、先日、東京スタッフを連れて行った、アイスの平野屋さん。

ふだんは、甘いものをほとんど食べないのですが、食べてしまうと、無性に中毒性が増します(笑)。

ああ。毎日アイスが食べたい。

同じアイスでも、最中になったり、ソフトになったり、ゼリーにかけたり、
その日の気分でテイストが変えられるところが、長く愛される秘訣なのかもな~と。


●ますます大事な、情報のテイスト

さて、今日は、自宅でゆっくりしながらも、昨日大量購入した雑誌たちを熟読。
内容を読む…というよりも、構成やテイスト、全体から醸される雰囲気を見ておるのでございます。

…何のためか?というと、

とあるアイテム(商品&活動、ひと・もの・こと)の紹介をするための参考に、です。

私に与えられている宿題は、そのアイテムを、いかに魅力的に紹介するかということですが、ただ紹介すればよいのではなく、「テイスト」が問題なのです。

まったく違う2種類のテイストでつくられた紹介を、プレゼンします。

…同じ材料でも、テイストを変えることで、全然違うものが出来上がりますよね?

$勝手に☆とやまの定住コンシェルジュのBlog
【砺波市の異国の丘・ラモヴェールにて】里いものグラタン

たとえば、今、旬の里いも。

そのまま煮っころがすのもいいけど、↑の写真のように、チーズをかけて焼くと洋風になる。

その日の気分で、違う調理法で楽しめるってステキですよね。


…もとい、雑誌の話。

富山県は昔、婦人向けの雑誌の種類が日本一あったそうですが、
雑誌を見ると「テイスト」の大切さがわかりますよね。

同じ「旅」を取り上げるにしても、
ゴージャス気分を味わう海外旅行もあれば、しんみりまち歩きを楽しむ温泉旅行もある。レトロで老舗な宿を探訪するものもあれば、B級C級グルメをこ汚い食堂で味わうというものもある。

何が紹介されているかも大切だけど、それがどう紹介されているか、どんな人に向けてどんな雰囲気を大切に紹介されているかは、もっと大事ですよね。

…たまごが先か、にわとりが先か的な話ですが、
これだけ情報技術が進むと、

存在するということを伝える情報よりも、
その存在が、自分にどんな影響を与えてくれるかという情報のほうが、価値がある。

だから、どう伝えるかということが、
そのまま、情報そのものの価値になる気がしています。


さて。
今回は、これから何百、何千というアイテムを紹介するための第一歩。

時間はいつもびっくりするほど限られているけれど、
「テイストが変われば、伝えたい本質も変わる」という覚悟で、
全身全霊をかけて取り組みたいと思っています。

井上ひさしさんのあの言葉を胸に。


さて。お昼にしよう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク