三鷹 セラピア鍼灸治療院           痛み治療のブログ

病院でとれない痛みで悩んでいる方に読んでいただきたい話


テーマ:
$院長の痛みとダイエットのブログ


 みなさんの中に座った時、脚を組むと楽という人がいると思います。それでは、なぜ脚を組むと楽なのでしょう?
 それは骨盤が歪んで左右の脚の長さに違いが出ているからです。多くの人は左右の脚を交互に組むのではなく、右脚、左脚のどちらかを上にして組む事が多いと思います。短くなっている脚に長くなっている脚をのせると楽なのです。
 長い脚に短い脚をのせるのは矯正の意味で良いと思いますが、結構大変です。だから楽なことをやってしまう。
 体にはホメオスターシス(恒常性)という血圧、血液のPHなどを常に一定の範囲内に維持する仕組みがあります。そして、ホメオスターシスは筋骨格系にも作用します。脚を組んだり、前屈みでパソコンを長時間使っても、しばらく休めば体は正常な状態に戻ります。しかし、これが長期にわたって反復継続されると自力で回復できなくなり治療が必要になります。
 組む脚がいつも同じなら、特定の筋肉に緊張、凝りが生じ、体軸がずれ、姿勢が悪くなり、結果、肩こりや腰痛などの原因になります。背中にできた硬結は感覚神経を刺激し凝り感や痛みを生じるだけでなく、自律神経を介し内臓の不調の原因にもなります。
 また、脚を組む事により下肢の血液、リンパ循環が悪くなり、むくみの原因にもなりうるでしょう。
 脚は組まない方が良いと思います。組むのであればストレッチの効果を考え左右交互に組みましょう。

三鷹で痛みの治療はセラピア鍼灸治療院へ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 みなさんはエイズ患者にハリ治療が行われているのをご存知ですか。アメリカではすでに1987年に150例のエイズ患者に対するハリ治療の報告がありました。

 また、以前NHKで東洋医学の特集を放映したことがあり、その時、ニュー・ヨークの病院でエイズ患者の耳にハリを打って治療しているシーンがありました。

 「ハリは良いらしいですね。でも、エイズやB型肝炎に感染したら嫌だからやらない。」

 当院に整体でいらした女性にハリ治療を勧めた時に返された言葉です。もしかしたら、この人もエイズの治療にハリが用いられていることを知っていたのかもしれません。

 また、以前は病院、鍼灸院ともに安全、衛生の観念が乏しく、不幸にして使用済みの注射針や鍼(ハリ灸のはりは漢字でこのように書きます)で肝炎などに感染した人たちが多数いたことも事実です。

 しかし、現在の鍼灸治療の衛生に対する考え方は以前とは比較にならないほど厳格になっています。

 その一つは、ハリは使い捨て(ディスポーザブル鍼)が主流になりつつあるということです。

 当院ではハリは1回限りの使い捨てで、ハリをのせるハリ皿などはオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)に25分かけ、紫外線消毒器で保管しています。そして、枕カバーやシーツも使い捨てです。

「鍼灸の安全に関するガイドライン」に沿って適切に治療を行えば、ハリでエイズや肝炎に感染する心配はまずありません。安心して鍼灸治療を受けてみてください。


三鷹で腰痛、肩こり、むち打ちなどの痛み治療はセラピア鍼灸治療院へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今回はは最も上手な鍼灸、整体のかかり方についてお話します。

 多くの人は体のどこかが痛んだり、こったり、眠れなかったりと、何らかの異常を自覚してから、病院に行こうか、治療院に行こうかと考えて、どちらかに行くことが多いでしょう。

 しかし、病院医療と東洋医療の最も異なる点は受診する時期、タイミングです。一言で言えば、鍼灸整体は病前の医療、西洋医療は病後の医療ということができます。

 私は人の健康状態には健康、半健康あるいは半病気そして病気の3つのステージがあると考えています。

 現代社会は例えば、長時間パソコンを使用する仕事や昼夜が逆転した生活環境(タクシードライバーや看護師など)あるいは様々な精神的ストレス(仕事、対人関係、近所の騒音、ゴミの収集日を守らない人、ゴミの不法投棄をする人、犯罪の増加など)によって病気ではないが健康ともいえない体の不快感、不全感(肩こり、目の疲れ、消化不良、不眠、入眠障害、手足の冷え、鬱傾向など)を訴える半健康人が多いように思います。

 病名が付く病的状態であれば検査をして異常がでますが、半健康人が病院に行って血液検査やMRIなどの画像検査を行っても異常は診止められず、「異常ありません。気のせいでしょう。」などと言われて終わりです。

「病院で異常なしと言われたのに、体が辛い。どうしたらいいのだろう・・・。」こういう人たち(半健康人、半病人)にぜひ鍼灸、整体を受けていただきたいのです!

 つまり、病院は検査で異常が見つかって(病気)から治療するところで、治療院は検査しても異常はない、しかし、体が辛い(半健康人)、言い換えれば「これ以上放っておくと、本当に病気になっちゃ
うよ。」という人が治療をするところと言えましょう。

 老荘思想の中に「大事は小事のうちになせ」という言葉があります。この言葉を私はよく火事に例えて説明します。

 つまり、家で火災が発生したときに、「まだそんなに燃えてないから、もう少し燃えてから消そう。」という人はあまりいないでしょう。大火事になる前に消し止めるほうが良いに決まっています。しかし、これが自分の体になると「ちょっと痛いけど、まだ、大丈夫だろう。」「もう少し痛くなったら、治療に行こう。」と考え、結果として病気(大火事)になってしまうのです。

「未病治」(いまだ病まざるを治す)。

「病気になる前の半健康人のうちに治療しましょう。そして、病気にならない健康な体作りをしましょう。」これが鍼灸、整体など東洋医療の極意です。


三鷹で腰痛、肩こり、むち打ちなどの痛み治療はセラピア鍼灸治療院へ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。