*ツイッター* 

http://twitter.com/taro_aramaki/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-24 14:08:00

第6節 vsペスカドーラ町田

テーマ:フットサル
中断明けアウェイで行われたペスカドーラ町田戦は、

常に先手を許す形で最後まで逆転できず、4-3で負けてしまいました。

40分の中で一度もリードを奪えなかったのが、試合を難しくしたと思います。



この試合特に前半は相手の持ち味を消す戦いをして、

それがそれなりの成果を出していたと思います。

もちろん危ないシーンもありましたが、1-1で前半を終えることができました。

また後半立ち上がりも不運な形で失点してしまいましたが、

すぐに同点にすることもできました。



その時間帯辺は相手のプレッシャーの圧力も落ち、

パス回しの精度も落ちてきていたように感じました。

今思えばそこが自分達が逆転まで持っていく為に、

ギアを上げるタイミングだったように思います。

そのタイミングを逃し、セットプレーとカウンターから失点し、

最後にパワープレーで1点返しましたが、同点にすら出来ませんでした。



この試合は負けにくい戦いは出来ていたと思いますが、

勝つ為の戦いが出来なかったように思います。

難しい表現ですが、僕らは全勝優勝を目指すチームではないと自覚しています。

当然全力で勝ちに行きますが、様々な状況、展開を加味して、勝ち点1で良しとする試合、

どうしても勝ち点3を取らなければならない試合、負けも仕方ないという試合もあると思います。

この試合はどうだったのか?

勝負所、ギアの上げどころ、無理する場面なんかを共有できなかったのが悔やまれます。



個人的にはかなり悔いが残る試合になってしまいました。

攻撃面で全くチームに貢献出来ませんでした。

もっと前に出て行って仕掛けたり、シュートを打ったり、

ボール保持者を追い越したりしなければならなかった。

そういう動きが極端に少なかったです。

体力的にも余力を残して試合を終えてしまいました。

じゃあいつ勝負をかけるのか、個人として無理をするのか、

そういう状況判断やプレーが出来なかったです。

こういう試合でチームを勝利に導くプレーをしなければなりません。

いろいろ試合中感じていることはありましたが、

それを自分自身が体現出来ず、流れを変えられなかったのがかなり悔やまれます。



最後に町田の戦い方について。

いろいろ物議を醸しているようですし、

町田の選手からも「どう思う?」なんて聞かれますが、

僕は全く何も思ってません。

僕らもそうですし、他のチームも、もちろん町田も全力で勝利を目指しているだけです。

それがそれぞれのスタイルを生みます。

個人的な好みはあります。誰にでもあるでしょう。

それを一致させることは出来ません。

それに他の選手やチームをとやかく言う程僕はまだ自分自身を突き詰められていません。

僕はまだまだ上手くなりたいし、なれると思うし、

Fリーグも日本フットサルももっとレベルアップ出来ると思います。

だからみんなで上を見ながら戦えばいいと思います。

4年かけて、代表もクラブも再びアジアの頂点へというのが、

小倉COOから改めて決意表明されましたし、

実行委員の方々、選手、関係者全員同じ想いだと思います。

それをどこまで本気で思えているか、リアルな道筋が見えているかが、

プレーに、言動に表れると思います。

「そんなんじゃアジアの頂点に立てない。日本フットサルがレベルアップしない。」

そう思うならその場で伝えればいいし、その道はみんなで模索してるんだと思います。

だから僕は他の人のことは気にせず自分の信じた道で自分自身のレベルアップと

その先にある日本フットサルのレベルアップ、そしてアジア、世界での戦いを見据えてます。



でもただ思っているだけ、自分のスタイルはこうだから…もダメだと思うので、

自分の意見をしっかりと伝えられるようにして、

自分の周りにいる仲間と想いを共有して、その数をどんどん増やして、

日本全体で同じベクトルで上を目指せたら最高ですね。



めっちゃ長くなりました。

とにかく悔しい。上手くなりたい。

以上です。



おしまい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
荒牧太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-21 16:53:00

リーグ戦再開@町田

テーマ:フットサル
名古屋オーシャンズがAFCフットサルクラブ選手権タイ2016に参加している為、

先週リーグ戦はお休みになりました。

名古屋オーシャンズは準々決勝の死闘を制し、準決勝に進出しています。

あんな風に選手は、チームはタフになって力をつけていくんだと、

外から見ていて、本当に羨ましく思います。

かなりのハードスケジュールでリーグ戦にも影響することは間違いないですが、

それでもあの舞台で戦えることは本当に素晴らしいこと。

心から羨ましいと思いますし、そこにいない自分自身に悔しさを感じます。

そこに立つにはリーグ戦を制するしかありません。

その戦いが今週末再びスタートします。

第6節 7月22日㈮ 19:30

ペスカドーラ町田vsバルドラール浦安

町田市立総合体育館

JR横浜線「成瀬駅」北口から徒歩約9分。北口を出て右方面へ歩き、「成瀬駅ガード北」交差点を左折、「成瀬駅東」交差点を右折し、300メートル程歩くと右側に体育館が見えます。




町田との戦いは数年に渡って常に激しくタフな試合になります。

町田は間違いなく優勝候補ですし、今まで出場のなかった薫くん(No.10森岡薫)や

イゴール(No.1)もこの試合で戻ってくると思います。



町田の今までの戦いも数試合見て来ましたが、

2人が戻ってきて更に良くなるのは間違いありません。

お互い定位置攻撃やカウンター、セットプレー、パワープレーとあらゆる方法で攻撃出来ます。

とはいえ、最初からそんなオープンな試合展開にはならないと思います。

むしろ僕らが相手の攻撃をしっかり凌げるかどうか、

少ないチャンスをものに出来るか、常に積極的にゴールを狙う姿勢を保てるかどうかが、

この試合の鍵になると思っています。

僕らがこの試合あらゆる面で高いインテンシティを保てなければ、

最悪一方的な試合になってしまうかもしれません。

間違いなくタフなゲームになると思うので、選手全員で覚悟して臨みます。



あらゆる駆け引きを試合中行うことになると思うので、

個人のマッチアップはもちろん、チーム同士の駆け引きなどにも注目してもらいたいです。

やっぱり試合のある週末ってワクワクしますね。

やったろー!



おしまい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
荒牧太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-07-11 18:15:56

第5節 vsヴォスクオーレ仙台

テーマ:ブログ
アウェイゲーム、ヴォスクオーレ仙台戦は2-4で勝利することが出来ました。

最悪のケースを想定して試合に入り、最も良い形に近い結果で前半を終えることが出来ました。




もちろん完璧な試合ではありませんし、改善点や修正点はありますが、今の自分達の力を考えると素直に勝ち点3を喜ばなければならないとも思います。

1試合戦って勝ち点3以上は獲得出来ませんからね。

実際細かく見ると相手の方がシュート数が多かったり、失点は自分達のミスだったり、この時期はやはり細かい部分に目を向けて練習に励むべきですよね。

試合中ミスは起こります。

じゃあ何でそのミスが起きてしまったのか?

どうすれば起きなかったのか?

起こさない為にどんな練習が必要か?

当たり前ですが、一流はミスを繰り返さないし、反復して無意識にまで落とし込まなければ、ミスは繰り返されます。

目標達成の為にチーム全員で根気よく時間と手間をかけられるかどうか。

そこに今後のリーグ戦の行方がかかっていると思います。




そして今週末は試合がありません。

名古屋オーシャンズがタイで行われるAFCクラブ選手権に出場するからです。

日本の、Fリーグの代表として良い結果が出る様に願っています!


おしまい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
荒牧太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み