*ツイッター* 

http://twitter.com/taro_aramaki/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-12-07 18:15:53

何かと定食に生卵追加注文する派

テーマ:ブログ

「自分で言うか、他人が言ってくれるか」

 

これって結構僕らみたいなマイナーな競技に取り組んでいて、

 

尚且つ多くの人に知ってもらいたいというマインドを持っていると

 

必ずと言っていい程直面する問題だと思います。

 

 

 

「オレってさこういうタイプの人間じゃん?」

 

こんな感じで話す人って痛いよね!なんてテレビでもよく見かけたりします。

 

こだわりがあったり、好き嫌いがあったり、クセがあったり、

 

人間だから人それぞれあると思うし、それを持ってることは全く問題ないと思います。

 

むしろ僕は自分の意見をぶつけ合うことも好きだし、それが一緒でなくても、問題ないとも思っています。

 

だからこそその辺の自己表現は凄く難しく、デリケートだと思います。

 

 

特にアスリートである僕らは結果が全て。

 

いわゆる「頑張ってますアピール」って要りませんよね。

 

と僕は思っています。

 

練習、トレーニング、試合を見た人がそれをどう感じるか。

 

僕がスポーツを観る時は勝敗はもちろんですが、

 

その勝負に臨んでいる姿に注目し、それが好きだと感じるから応援します。

 

自分はこれだけ練習した。こういうこだわりを持っている。

 

そういう話は聞かれれば答えるけど、自ら話すことではないと思います。

 

何故ならそれ自体が目的ではなく、結果を出す為に良いパフォーマンスを発揮することが目的だから。

 

 

 

とは言えマイナー競技は露出が少なく、選手自らが発信者にならなければ、

 

そもそも知ってもらうことすらできない。

 

だから僕自身もSNSを使っているわけですが、

 

どこまで書くのか。それは常に悩まされる問題です。

 

言わなきゃ書かなきゃ表現しなきゃ伝わらないけど、

 

頑張ってるのをアピールするのが目的じゃない。

 

じゃあどんな表現をするのか…。

 

 

 

文部科学省からスポーツ立国戦略の基本的な考え方として、

 

する人、観る人、支える(育てる)人の重視

連携・協働くの推進

 

がありますが、もっと皆で連携して、フットサルの魅力はもちろん、

 

スポーツの、アスリートの魅力が多くの人に伝わればと強く思っています。

 

 

 

おしまい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-11-20 17:10:10

首に巻く系の防寒具が何故か苦手

テーマ:ブログ

ブログの更新のタイミングを今までと変えたらめっきり更新頻度が減りました。

 

僕みたいな人間は自分で自分のルールを決めないとすぐ楽をしてしまうので、

 

こういう結果になってしまいます。

 

書こうとはするんだけど、ちょっと息詰まると「今はタイミングじゃない」なんていい様に解釈して。

 

知ってもらってナンボだと思ってるくせに、こういうSNSの更新をサボるのはダメですね。

 

が、シーズン中のルール変更も何かしゃくなので、このままのスタイルで行きます。

 

 

 

シーズン終盤になっても僕らは低空飛行が続いています。

 

観ている人からすれば良くなっているか、進歩しているか、

 

それこそチームで掲げている進化、深化しているのかさえ疑問だと思います。

 

当たり前です、結果が全てと言われる世界で結果が出ていないのだから。

 

 

僕らが目指している結果はまずは目の前の1勝。

 

その積み重ねが年間通じた長丁場でのリーグ戦の結果になります。

 

年間通じて結果を出し続けるには、調子とは違ったまさに実力が必要になります。

 

 

 

数年前までプレーオフは出て当たり前だと思っていました。

 

しかしそれでもプレーオフ決勝には行けず、優勝は出来ませんでした。

 

そしてプレーオフにも行くことが出来なくなって来たここ数シーズン。

 

もう1度プレーオフに進出し、それを何年も続け、優勝争いをし続けるチームになるべく、

 

今シーズン監督が変わりました。

 

皆は分かりませんが、僕はここ数年をこういう認識で捉えています。

 

 

 

クラブの力が間違いなく落ちてきていて、他のクラブの強化が進んでいる。

 

チームではなくクラブの話です。

 

レアルマドリーが今シーズンのスタートでかなり躓いている…そんな話をしているんじゃないんです。

 

 

 

あるスペイン人と話をしていて、こんなことを言われたことがあります。

 

オレは日本が大好きだ。

 

安全で、便利で、全てがオーガナイズされていて、人も親切、食べ物も美味しい。

 

だが、余りにも便利すぎてそれに慣れてしまっていないか?

 

何か不具合があればすぐに新しいものと取り替えることも出来るし、

 

例えば家を建て替えるにしてもあっという間に建つ。

 

スペインだったらまずは1つひとつレンガを積んで、外壁が全て出来上がったら、

 

今度はようやく内装に取り掛かる。日本に比べたら物凄く時間がかかる。

 

チームの強化も一緒じゃないか?

 

 

 

僕は彼に日本が強くなるにはどうしたら良いのか常に意見を求めています。

 

サッカーもフットサルも現場も取り巻く環境も全てにおいて。

 

僕は早く追い付きたい、早く改善したい、今出来ることは何なのか、それをするにはどうすればいいのか、

 

そんなことばかり聞いていました。

 

自分なら何とか出来る、自分の周りの人達となら何とか出来るという想いが強すぎるのかもしれません。

 

 

 

ただ一方で時間は誰にでも平等だから自分達の進化の時間を早めなれければ、

 

他の国の進化のスピードに置いて行かれてしまう。

 

時間は必要と言いつつも、目の前のものに死に物狂いで全力で無我夢中で取り組んだ時間の積み重ねにこそ意味がある、

 

目標に達する道を切り開くんだという想いも物凄く強く持っています。

 

 

 

以前ここに書いたこともありますが、この内容は自己矛盾に聞こえるかもしれません。

 

でもその両方を想い、理解した上で目の前のことに挑むのか、

 

何も考えずにただ気持ちを込めるとか熱くやるとか、

 

それでは全然結果は変わってくると思ってます。

 

自分はこのクラブの日本フットサル界の日本サッカー界の歴史のほんの一部でしかありません。

 

が、されど一部であることも認識したい。

 

こういう苦しみや悪あがきがきっと求める結果に繋がって行くんです。

 

 

 

おしまい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-05 21:58:50

ルート

テーマ:ブログ

山に登る目的は山頂に到達する為。

 

ただその山頂までのルートは無数にあるし、

 

その方法も人それぞれあると思う。

 

その道が険しければ険しい程そのルート選びは難しく、

 

途中で計画を変更したり、迷いが生じたり、

 

最悪の場合命を失わない様諦めることも必要になる。

 

 

チームで動く以上リーダーがそのルートを決め、

 

方法を決め、計画の続行、変更、撤退も決める。

 

だけどリーダーに完全に任せ切りではなく、

 

隊員はリーダーに協力するし、情報を提供するし、

 

計画を実行する為最大限尽くすべきだし、

 

山頂にたどり着く為には意見を伝える必要もあると思う。

 

目的はあくまでも山頂に到達すること。

 

決して楽をするのが目的ではないし、

 

その山にアタックしているだけで満足するなんてもってのほか。

 

 

 

そもそも誰も登りつめたことのないその山頂にアタックする時点で、

 

絶対に安全なルートや絶対に山頂に到達するルートは存在しない。

 

だからこそ計画を練りに練って、

 

日頃のトレーニングで自らレベルアップしなければならない。

 

隊員はリーダーの求めるレベルに達しなければならないし、

 

指示通り動かなきゃならない。

 

そこに疑いや迷いがあればそのアタックは決して成功しないし、

 

リスクもかなり上がってしまう。

 

除隊も選択肢の1つにすべき。

 

 

 

チームである以上チームで果たすべき責任があるし、

 

登山とは違うけどフットサルの世界も人生の貴重な時間をそこに割いている以上、

 

果たすべき責任は間違いなくある。

 

山頂に到達する為に必要なことをしているのかどうか?

 

それを判断基準に日々生活しないと。

 

 

 

中断期間に思っております。

 

 

 

おしまい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース