バンクーバーにて同性結婚した日本熊(Tyler)のブログ

カナダのバンクーバーにて同性結婚した日本人です。
日本熊って名前でやっていきます。
異国に住んで思う日本の変なところや
日常会話で使う英語の参考になる情報を
バンクーバーから配信していこうと思います。

バンクーバーの良いとこ紹介!
バンクーバーの良いところを書いた過去記事があったので
良かったら見てみてください↓

バンクーバーの素敵発見!

テーマ:

こにゃにゃちわ。


今日はちょい哲学的なお話?になるのかなー


みなさん、


「ジェラシー」


って良く聞きますよね?

しかも、英語だけど、もうそのままカタカナになって

日常会話で使用されているので、なかなか明確な定義って曖昧かなーって思うんです。


人間ってジェラシーって日常のように感じる生き物でよね?

それって人間に思考能力があるのと同時に「比べる」生き物だからなんだろうなーって。


実際に私も日常生活で気づかずうちのジェラシーをブッコいたりします。


友人が旅行に行ったと聞いたら

「いいなー」

って思いますし、


芸能人のセレブ生活を見ると

「一度はこんな生活送ってみたいなー」

っても思う。


でもそれって、自分の場合、


ジェラシー(jealousy)


ではなく、


エンビー(envy)


なんです。


分かりやすく日本語で説明すると、


自分の場合、

「羨ましい」

という感情しかなく、


「妬み、嫉妬」

みたなものって、あまり日常生活で感じることがあまりありません。


私の感じる「妬み」って、単純に「羨ましむ」とはかけ離れていて、


「自分のほうが努力しているのに、なぜあの人は不公平にもあんなに良い思いをしているの?

許せないわ!!」


って感じの感情。


そして、この感情の厄介なところが、


人間関係に亀裂を生む可能性があるということ。


妬みを感じると、人は劣等感を味わうことが多々あるそうです。


ドMな人はそれでも、人間関係を続けるのでしょうが、なかなか劣等感を常に味わうような人間関係を維持したいとは思いませんよね??


自然と友情やご近所づきあいが消滅するパターンも多くないみたいです。

ひどい、話だと


「嫌がらせ」むっ


をされて、おとしめられることも。。。


この違いについて、ここ最近、悩むことがありまして。。。


このブログでバンクーバーに来た行きさつや、今の日常生活をいろいろご紹介させて頂いていますが、

たまに、私の周りの人が、先ほど私が紹介した「妬み」のような感情を持っているという話を聞いたりするんです。もちろん、今の私の環境はとても恵まれていますし、その環境にいれることを常に感謝しています。


これからも、それを維持できるように、自分も自分にできる範囲で努力するつもりですが。

バンクーバーに来て、3年。涙が出る程、幸せを感じることもあれば、辛くてさみしくて、日本に帰りたいを何万回思ったことか。。。人生生きていれば、良いことも、悪いこともあるわけで。。。



ただ、表面上の私の情報から判断すると、

たまに、周りからは疎ましく思われるみたいで、、、、


まぁ、自分には理解してくれている仲間だいるので、気にしなくていいのですが、少し寂しい気がします。


私の個人的意見としては、


どんなに幸せそうに見えるひとにでも、その人にしか知れる由もない悩みや苦労があるわけで、その表面だけの情報で人を妬むのは、不公平だって感じるんです。


少し、極論かもしれないんですが、、、、



要は、長年付き合ってきて、ある程度の仲になったら、妬むって行動を起こしても納得できるんです。

なぜなら、その人の内面や境遇なども理解してきているから。


たぶん、それでも、人って他人のことを100%理解できることって不可能だって思います。


その、私を疎ましく思う人に対して思うことは、もっと私と接してくれればいいのに。

って感じます。


自分の中にもどかしさがあるんです。


人は自分とよく比べます。


それは、仕方ありません。


自分もよくよくします。。。(笑)


でも、それによって、相手に対して蔑むような発言や陰口を言うのは違うと思う。

個人個人の人生に対しての尊敬が足りてないし、自分自身の価値を下げてしまう気がするんです。


って、今、私もこのように書いていて、自分が誰かを蔑んでいるのかなぁ?って思ったり。。。


んーーーー、


難しい。。。


まだまだ、未熟なTylerですが、心がけていることとして、


「自分の巻き尺で物事を図らない」


100人いたら、100通りある人生なんだから、

自分の基準で判断して、決めつけないということ。


決めつけが、不必要な「妬み」を生み出すんだと思う。


たぶん、大げさかもしれないけど、


世界中から「妬み」がなくなれば、


今よりずっと、ずっと、「平和」になる気がする。


私は「妬み」を「憎み」ます。


「羨む」ことはやめませんがwww


ではでは、またねん。










AD
いいね!した人  |  コメント(46)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。