晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。


テーマ:

前回は福島駅界隈の線路付け替え地を
旧国鉄西成線について見ました。
昭和30(1955)年から60年近く経てば
鉄道線路が付け替えられるのも
何ら不思議はありません。


今回は阪神本線の線路付け替え地を
目で確かめることにします。
阪神本線が現在の国道2号線地下を
走行する新線に切り替えられたのは
平成になってからです。
平成5(1993)年のことです。


では昭和30(1955)年当時の
線路跡の現在は
どのような場所に変わったのでしょう。

写真図1 昭和30年頃の福島駅界隈の地図
   拙著2007年『水都大阪の民俗誌』和泉書院




当時の阪神福島駅の回想から始めましょう。
以下の引用は『水都大阪の民俗誌』
「「水都」周縁のマチの心象地図」からです。
●駅構内
福島駅で飽き足りない私たち一行は、
 梅田の操車場にまで出かける。
 国鉄の福島駅を左(南)に浄正橋筋に戻り、
 阪神の踏切を渡り、
 阪神の福島駅(⑳)を左(北)にして
 駅に沿って東に行く。
 次の踏切の手前の駅構内に
 阪神の線路の切れた所がある。
 そのレールは何故か、
 いつも錆びたままであった。
 線路に終わりがあるのが本当に不思議だった。


この「阪神の線路の切れた所」とは
今であれば、さてどこでしょう。

写真図2 「阪神の線路の切れた所」




ホテル阪神からラグザ大阪レジデンスに
かけては阪神福島駅構内でしょう。
写真は東方向に向いています。
毎日新聞大阪本社ビルが見えます。

西に進みますとホテル阪神に出ます。
昔あった交番所は、現在はなにわ筋(浄正橋筋)を
挟んで向かい側に移動しています。

写真図3 阪神福島駅⑳の西南




なにわ筋(浄正橋筋)を渡り真っ直ぐ西へ行きます。
写真図4 福島公園の筋の踏切附近




福島公園の筋の踏切附近で振り返ったところです。
線路の跡が「福島阪神クレセントビル」が
建っています。
写真左側のみごとな曲線が
線路のカーブを反映しています。
線路の先にはホテル阪神が見えます。
当時の阪神福島駅です。

線路は公園の北側に沿って延び
現在のあみだ池筋と交叉する所にまた踏切があります。


写真図5 あみだ池筋と交叉する所の踏切の東南




現在、金網のフェンスに囲まれている場所が
線路跡です。
写真では大阪環状線が平行に見えます。

線路は福島西通りを越え国道2号線に
近づくべくやや南にカーブします。
電車は掘り窪めた道路の上を通過します。
「「水都」周縁のマチの心象地図」から
引用します。
●ガード
少し行くと今度は阪神電車のガードの闇がある。
 ガードと言っても盛り土の下を掘り下げ、
 潜り抜けできるようにしたものである。
 かなり急な坂に掘り下げてある。
 闇の上を阪神電車が通過する時の
 轟音に指で耳栓をしていた。
 道中の難所で、しょっちゅう水が浸き、
 ここでコース変更もあった。
 この轟音を響かせるガードの闇は、
 怖いながらも楽しい場所だった。


写真図6 ガード




写真ではコンクリートの仕切りが
左から右手前になるにつれ
高くなっているのがわかります。
かつてのガードの個所が
掘り下げられていた跡です。
線路は写真の左から右に敷かれていたのです。
道路はこの先の福島西通り交差点に
向けてやや上り坂に見えます。


写真図7 新福島駅構内の地図




このあたりの現在の地図です。
《写真図1 昭和30年頃の福島駅界隈の地図》と
見比べてください。
60年の歳月はマチを通過する鉄道線に
変化をもたらせました。
そこに住む住民の暮らしの変化を
論究するのがボクの課題です。


11月1日(土)は浦江塾で発表。
11月2日(日)は大阪あそ歩の海老江・鷺洲コースのガイドで
野田阪神からJR大阪環状線福島駅まで歩きます。
大阪あそ歩の申し込みは
  ↓ここをクリック
https://www.osaka-asobo.jp/

究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末、11月1日、
浦江塾で「昭和30年頃の福島駅界隈」を話しますが、
さすが60年の歳月を経ますと
すっかり鉄道線路が変化しています。


この地におきましては、
昭和30年頃、
地上を走行していた旧国鉄西成線が高架に、
高架を走行していた阪神本線が地下に
微妙に位置を変えて営業運転されています。


写真図1 「昭和30年頃の福島駅界隈の地図」
   拙著2007年『水都大阪の民俗誌』和泉書院




⑲が旧国鉄西成線「福島駅」です。
「浄正橋通」を隔てて東に
阪神本線「福島駅」がありました。
それは⑳で、現在は地下駅になって
南に移動しています。


これらは路線が廃止されたのではありません。
線路の付け替えが行われたのです。

「廃線」を
*「交通路線や通信線などの使用を廃止すること。
 また、その交通路線や通信線」と
定義づけるならば
云えなくもありませんが、
 *「交通路線や・・・」: 『広辞苑』第六版「廃線」
鉄道事情に明るい中村雅俊氏に尋ねましたところ
「線路の付け替えでしょう」とのことで
「線路付け替え地」として述べることにします。


まず旧国鉄西成線を取り上げましょう。
昭和30年頃の福島駅をボクは
次のように記憶しています。
以下、拙著2007年『水都大阪の民俗誌』和泉書院
「「水都」周縁のマチの心象地図」を引用します。
当時、お婆ちゃんに連れられての散歩道のコースに
国鉄福島駅はありました。
●駅
 玉江橋に連れて行って貰えるのは、

アイサ(時たま)のことで
 アイダ(普段)は浄正橋筋の交叉点の北の方の
 国鉄の福島駅(⑲)あたりが遊び場所である。
 改札口の東の柵の外には輪タクが、

いつも客を待っていた。
 一行は、汽車に牽かれる貨物列車の

通るのをじっと待つ。
 いつも50いくつも繋がった車両を

数えていた。(中略)


写真図1 現在のJR福島駅




現在は高架駅になっていますが、
これは国鉄西成線が国鉄大阪環状線になって以降、
*1964(昭和39)年のことです。
 *1964(昭和39)年:
  ウィキペディア「福島駅 (大阪府)」
  最終更新 2014年2月8日 (土) 03:23


「「水都」周縁のマチの心象地図」は
次のように回想しています。
●・・・西成線は、福島駅を過ぎると
 変電所を左に見て大阪駅に向けて
 急な坂を登り始める。
 貨物線は、轟音をとどろかせて
 そのまま地ベタを行き

東海道本線のガード下を潜り、
 梅田の貨物駅(北区大深町)に抜ける。


写真図2 福島駅―大阪駅間の線路跡①




環状線の線路の下に左下から右上に
斜めに石垣が組まれています。


写真図3 福島駅―大阪駅間の線路跡②




「心象地図」に云う「急な坂」がはっきりと見えます。
福島駅から出かける時は、この坂を登り
帰って来る時は、急な坂を下ってきました。


福島駅から野田駅にかけての地上の線路の跡は
1964(昭和39)年から50年を経た今日、
視覚的に確認ができます。

廃線跡地の調査に馴れておられる方々なら
すぐに気づかれることでしょうが、
帯状に時に湾曲した空間です。


写真図4 地上の線路跡




線路跡は、現在、駐車場になっています。
白線が描かれています。
左上に高架が見えます。
現在の大阪環状線の高架です。

写真の左に築地塀が見えます。
お寺です。

「心象地図」では次のように記しています。
●寺
 三光寺の前を進んで、
 省線西成線の踏切を渡り切った所に、
 日蓮宗・岡松寺(⑨)という寺がある。


ボクが小学校高学年の頃
昭和35(1960)年頃、
たしかに
このお寺の北東、
実家からは踏切を渡って左に曲がった所に
仮設の福島駅があったと記憶しています。


このように50年を経た今日、
線路付け替え地を黙認することができます。
詳しいことは浦江塾で話します。


浦江塾のご案内は
   ↓ここをクリック
http://ameblo.jp/tanonoboru/entry-11944528622.html
「浦江塾で昭和30年頃のマチを回想します」
2014-10-27 09:54:10


浦江塾への参加手続、参加費は不要です。
ただし30名分しか資料を準備しませんので
お早めに会場にお越し下さい。


究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週末10月25日(土)
阪俗研2014秋のセミナーⅡで
『道中膝栗毛』浪花見物の都市民俗Ⅱを
お話ししました。


早速、井東一太郎会員から
レポートをいただきましたので
それを軸に気づかされた点を述べようと思います。

先ずは井東会員のレポートを紹介します。
●今回のテーマは
 大阪の「衣食住」について
 江戸っこ弥次喜多がどのように感じたかの話でした。
 『守貞謾稿(近世風俗志)』を参考に
 江戸と大坂の相違を解説され,
 厠の作り方も違いがあった。
 装いでは花魁の帯の結び方、
 (祭りに着るパッチでだんじりの岸和田で穿いた方からは、
 「関東とは違う」との発言も)
 さつまいもも蒸すと焼くの相違。
 火事の火の見櫓も演劇で見る火の見梯子は
 関東方式だったのかと。
 そこで東京の江戸うどん汁は黒に近い色,
 大阪は薄い色やなとの声あり、
 一同同感。終了。
 次回が楽しみです。


以下、田野による書き込み。
なかなか衣食住といった生活文化を
取り上げるのは、
ボクのように身のまわりのことを
他人任せの人間にはきついものでした。

井東レポートはセミナーで話しました
話題をサラッと無難に取り上げています。
実質、90分でこんなものかなぁと
自分の講義を振り返っています。


写真図 セミナーの実況



まず『守貞謾稿(近世風俗志)』を
『道中膝栗毛』第八篇(大坂の旅)の
検証に当てたことにつきまして。

『道中膝栗毛』第八篇の初版の序文が
文化6(1809)年に書かれています。
『守貞謾稿(近世風俗志)』の
著者・喜田川守貞は「概略」に
「文化七年庚午六月、浪華に生る」とあります。
さらに
「天保十一年庚子九月、東武に来る。
 時に歳三十一」ともあります。
これは、ほぼ同時代の浪花を識っていると思って
『守貞謾稿』を当てたのですが、
話しているうちに、徐々に
「同時代」とも云えないことに
気づかせられました。


雪踏(雪駄)をめぐるやりとりがそうです。
以下、拙著2007年『水都大阪の民俗誌』和泉書院からの
引用です。
●・・・二日目、いよいよ大阪見物に出発の場面である。
 北八「モシ藁草履、二足買てもらひてへの」
 弥次「イヤ一足でいゝ。おいらは京雪駄買てきた。
  どふも藁草履では、
  みすみす田舎者の上方見物と見へて悪りい」
  (中略)
  弥次郎兵衛は、京雪駄で見物に出かけたいらしい。
  「藁草履では、みすみす田舎者の上方見物」と見えるのが、
  きまり悪いと言うのである。


江戸っ子がここでは卑下しているのです。
しかし『守貞謾稿』を落ち着いて読んでみますと
必ずしも江戸製の雪駄が「下品」とも云えなくなります。

『守貞漫稿中巻』(東京堂出版1974年)
「今世雪踏 京坂用」の書き込み「因云」に次の記事があります。
●・・・天保八九年頃所用アリテ出府ノ帰路
 江戸製雪踏三足 持帰テ自用ス。
 衆人観之其精製ヲ感賞ス。宜哉、阪人未見之


天保八九年ですから1837、38年のことです。
江戸製雪踏に大坂人が見たこともないほどの
「精製」に驚いているのです。
今回は、この一例を以て
近世後期にあっては、
「江俗」が「坂俗」を凌駕しつつあったことを
示しておくことにします。

『道中膝栗毛』での京坂の押し鮓が
『守貞漫稿』では江戸の握り鮓に席巻されてゆきます。

『道中膝栗毛』第八篇に描写されている
浪花の世界は
かりに虚構性を問題視しないとしても
文化年間の記述として読むべきものなのでしょう。


「江戸と大坂の相違を解説」したつもりですが、
都合の良い解釈だけを文献からいただき
解説するようでは化けの皮が
すぐに剥がれることを知りました。
本文批判がいかに難しいかを
感じつつの講義でありましたことを
この際、吐露します。


次回の「大阪評定」に備えて
準備を始めることにします。


究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の大阪あそ歩の下見は
福島聖天からは
浦江・大仁コースに入りました。

このコースの起点はJR大阪環状線福島駅です。
全国に「福島」が付く駅はいくつあるか?
この近辺には3駅あります。
阪神にも「福島駅」があります。
IRでは東西線にあるのは「新福島駅」です。

集合場所は、ここです。
写真図1 JR大阪環状線福島駅




大阪芸術大学の学生に画かせたと聞く
七福神の柱の立つ「JR大阪環状線福島駅」です。

「福島聖天通商店街」を抜け
昔の井路川の道路を渡りますと
今度は「聖天通商店街」です。
こちらの方は、一時期「売らないでも売れる商店街」の
幟が立っていましたが、今は見かけません。

聖天さんには「聖天通商店街」を見てもらってから、
目的があって少し遠回りして参ります。

聖天さんは春のあそ歩なら
藤、あるいは名花・杜若とかを案内しますが、
秋なら池の端の紅葉が見ものです。
池の向こうに異様な造形物を発見!
写真図2 「浦江
名所かきつばたの里」の石柱




狸の造形物の傍らに
「浦江名所かきつばたの里」の石柱が立っています。
この石柱には
「大正十四年四月/大阪了徳院義禅代/寄附 北濱 吉見性」と
刻まれています。
この地のカキツバタが
近代化にともなう井路川の汚染に色あせた時代に
資産家が名所として顕彰したものです。


聖天さんの裏には
老舗料亭で蓮飯が十八番の
冨竹がありました。
西隣の妙壽寺との間には
蓮池があり、風光明媚な場所でありました。
今、妙壽寺の墓地の「蓮泉」と刻まれた香炉など
その名残なのです。

写真図3 「蓮泉」と刻まれた香炉




浦江の地の原風景は
さぞ池沼に湿地に育つ植物が
群生する場所であったと想像されます。


ガードを越えますとすぐ浦江八坂神社です。
本殿の右手(南)が王仁神社です。
写真図4  王仁神社の説明板




この論語を持ち来たったとされる王仁博士の伝承地は
むしろ浦江の北東に位置する大仁に見られます。
そのへんは当日に説明します。


めざすはゴールの梅田スカイビルです。
この超高層ビルの裾に「現代鎮守の森」が設えられています。
写真図5 「現代鎮守の森」の「もみじ谷」からの上空の眺め



この人工空間に設えられた自然はみごとです。
屋外円形展望台がまるで小さな輪のように見えます。
本番は11月末です。
紅葉の梢の先に
スカイビルの不思議な偉容を
仰ぎ見るのも一興です。


梅田スカイビルの地階には「滝見小路」と称して
昭和レトロの商店街を模した
ホンマの商店街があります。
ここでグイッとジョッキを飲み干したことがあります。
お薦めスポットです。
写真図5 昭和レトロの商店街を模した商店街「滝見小路」



お帰りは梅田スカイビルの北東の
梅北隧道を抜けますとすぐ阪急梅田です。
このトンネルを抜けるのもワクワクしますね。
ただし自転車にご注意下さい。


ボクならトンネルを潜らずに
お墓の跡を覗きに行きます。
写真図6 梅田三昧の跡



ところどころ雨水が水たまりになって残っています。
うめきた2期工事中の今しか見ることができません。
この間まで貨物の梅田駅があった場所です。
元禄14(1701)年跋『摂陽群談』によりますと
貞享年間に
浦江村東方のこの地に墓が移ってきたとあります。
もともと、この地も池沼地帯であったのでしょう。
そのぬかるみの地は「埋田」として開かれ
そこの一部に「梅田三昧」「梅田墓」が設けられました。
なぜか、この墓にも行基の草創伝承があります。


折角だからとお墓の跡に立ち寄ることをお薦めしましたが、
警備員の仕事の邪魔にならないように
くれぐれもお気をつけください。


浦江・大仁コースの日程は
11月29日(日)pm1時出発   
集合場所:JR大阪環状線福島駅改札口。
参加費:1500円
「大阪あそ歩」の参加お申し込みは
   ↓ここをクリック
https://www.osaka-asobo.jp/
下記のいずれかでお申し込みください。
①このホームページの各コース「詳細」⇒「参加予約」と進み、
 予約欄に書き入れてください。 
②留守番電話予約 050-5809-7002 へ
 「日時・コース名・お名前・参加人数・電話番号」を録音してください。
 そのまま自動的に予約されます。
*キャンセルは、メール 
info@osaka-asobo.jp
あるいは上記の留守番電話へその旨をご通知ください。
*お問い合わせは、メール 
info@osaka-asobo.jp でお願いします。


究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日2014年10月26日
ぽかぽか陽気の中、
大阪あそ歩の下見に
野田阪神からスカイビルまで歩きました。

今回は大阪民俗学研究会メンバーの
村尾清一郎会員と
田中和雅会員とに一緒していただきました。
村尾会員は、いつもの好奇心で
田中会員は、植物分類の知識で以て
新たな発見を期待して歩きました。


まずは海老江の石畳路地から。
写真図1 海老江の石畳路地




昭和初期のたたずまいを残しています。
しかし、これも修復されてのことです。
カメラアングルがなかなか定まりません。

なんで?
家並みの統一がだんだん難しくなってきています。
今のうちに
この落ち着いたマチのたたずまいをご案内したいものです。

近郊農村・海老江が市街地化する時代、
「海老江の芦屋」として開発された住宅地は
今や海老江の近代を語る貴重な建造物群です。

国道2号線を渡って
八坂神社、南桂寺に向かいます。
海老江の本村です。

途中、目新しい道標が目に着きます。
大阪市が最近建てました「梅田街道・大和田街道」の
この石碑の読み方については本番で話します。


八坂神社に参って北に行きますと
何やら古そうで奇妙な物が

並んでいる角に出ます。
「羽間文庫」です。
先代は相当な骨董趣味の持主であったそうです。


海老江は豊かな農村でした。
田舟が行き交う水郷でした。
写真図2 水門・樋のあった場所




現在、新淀川を背にする場所に
かつて水門・樋が設けられていました。
このあたりは海老江の旧家で宮座の座衆である
末廣訂氏(福島区歴史研究会幹事長)からいただいた
井路川、梅田街道が正しく描かれた
地図をもとに歩きます。
地元の人でないとわからない世界を探ります。

そんな中、虫籠窓のあるお屋敷があります。

写真図3 虫籠窓のあるお屋敷




よくも、こんなに都心部に近い地区に
見事な近世農村を伝えるお屋敷が残り
そこにお住まいになっているものです。
先達ては、通り庭に通していただき
邸内を見学させていただいたことがあります。


明治末に水郷・海老江に移住した俳人
松瀬青青が揮毫した扁額のかかる朝日地蔵堂などなど
海老江には近郊農村を語る遺物が
今日でも見出されます。


かつての海老江村を抜け、一路東に、
聖天通り商店街のゲートから
福島聖天こと浦江聖天に参ります。

写真図4 福島聖天石の鳥居からの眺め




この先、本堂、さらにその先
聖天さんの裏にはマンションが見えます。
これが蓮飯の老舗料亭・冨竹の跡に建ったマンションです。


海老江・鷺洲コースのゴールは
JR大阪環状線福島駅です。
福島駅までは“売れても占い商店街”で
有名になりました福島聖天通商店街を通ります。
   ↓ここをクリック
http://www.uretemouranai.com/


途中の飲食店でついつい一杯となられる方は
ガイドに声だけおかけください。

おすすめは

昨日26日の「ほんわかテレビ」で

紹介されました「右近」さんです。

旅の話題になろうかと思います。


海老江・鷺洲コースの日程は
11月2日(日) pm1:00
       集合場所:阪神本線野田駅改札前
参加費:いずれも1500円

「大阪あそ歩」の参加お申し込みは
   ↓ここをクリック
https://www.osaka-asobo.jp/
下記のいずれかでお申し込みください。
①このホームページの各コース「詳細」⇒「参加予約」と進み、
 予約欄に書き入れてください。 
②留守番電話予約 050-5809-7002 へ
 「日時・コース名・お名前・参加人数・電話番号」を録音してください。
 そのまま自動的に予約されます。
*キャンセルは、メール 
info@osaka-asobo.jp
あるいは上記の留守番電話へその旨をご通知ください。
*お問い合わせは、メール 
info@osaka-asobo.jp でお願いします。


究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。