晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。

「阪俗研便り」希望者受付
大阪民俗学研究会では、講演、マチ歩き情報満載の「阪俗研便り」配信の登録を受け付けています。
ご希望の方は、氏名、電話番号をお書き添えの上、tano@folklore-osaka.org
まで、直接メールいただきますようお願いします。毎週無料でメール配信します。 田野 登

NEW !
テーマ:

現在の大阪市港区に慥かに
「市岡」を負う地名
「市岡」「市岡元町」「南市岡」があります。
しかし、元々の「市岡新田」の土地を
昭和初期まで、ほぼ占めていた「市岡町」と
比較しますと
如何に地名「市岡」が狭まったかが
歴然とします。

 

今、『角川日本地名大辞典 27大阪府』1978年から
「市岡町」と称されていた地域の
「市岡町」解体後の町名を列挙します。
前回、挙げた明治33(1900)年成立の「新池田町」「境川町」を
除きます。

 

町名変更が行われ、行政地名「市岡町」が分裂しますのは、
昭和2(1927)年のことです。
井路川が流れる農村のような景観が
南北に走る街路を整えた町に変化する時です。

「市岡町」町域の新町名を東北から列挙します。
抱月町/弁天町/市岡元町/繁栄町/辰巳町/
八雲町/魁町/千代見町/寿町の
9町です。
いわば大きなムラが
8つのマチに細胞分裂して増殖したようなものです。

このうち、繁栄町は「もとは港区市岡町・南境川町の各一部」とあり
八雲町、魁町、千代見町、寿町は
いずれも「もとは港区市岡町の一部・池山町の各一部」とあります。
「港区」とあるのは、港区成立後の大正14年からのことです。

この8町のうち、市岡元町と千代見町を除いて
町名の由来が記されています。

◇弁天町
町名は市岡新田の北部にあった新田会所に
弁財天が祀ってあったことに由来する。
◇抱月町
町名は旧地主和田本家の茶室であった
抱月庵の名称に由来する。
◇市岡元町
(町名由来の記述なし)
◇繁栄町
町名は旧地主和田家の繁栄を意味したことに由来する。
◇辰巳町
町名は旧地主和田本の屋号の辰巳屋に由来する。
◇八雲町
町名は旧市岡新田の開拓経営を市岡家からひきついだ旧地主和田家の
所有した茶器の名に由来する。
◇魁町
  町名はもとこの地を支配した地主和田家の
先代久左衛門の*発句からとったといわれる。
    *発句:新作晃忠、1984年『港区の昔話 増補版』唯称寺には
「俳号」とある。
◇千代見町
(町名由来の記なし)
◇寿町
町名はもとこの地を支配した地主和田家の
数代前の未亡人の名に由来している。

 

「抱月町」、「繁栄町」、「辰巳町」、「八雲町」、
「魁町」、「寿町」とは、
往時の市岡新田の土地を
市岡家との係争に勝訴し、
掌中に入れたがごとき、
辰巳屋こと和田家にまつわる命名が
行われたとみてよいでしょう。

 

和田本家の茶室。
和田家の繁栄。

和田本家の茶室。
和田家の屋号。
和田家の所有した茶器。
和田家の先代久左衛門の俳号(発句?)。
和田家の数代前の未亡人。

 

「市岡町」消滅後に
発生した町名に
自らの家に因む名が選ばれたことは、
辰巳屋・和田家にとって
いかばかり名誉なことであったでしょう。

「千代見町」は、当時、
往時の姿をとどめなくなった波除山を
千代に八千代に
仰ぎ見られることを望んでの命名でしょうか?

残るは「弁天町」であります。

 

新田会所に
弁財天が祀ってあったことに
由来すると記されています。
別に検証してみることにします。

 

究会 代表   田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

前回、大阪市港区HP「市岡パラダイス」の続きを
載せますと書きました。
 *大阪市港区HP「市岡パラダイス」:
  http://www.city.osaka.lg.jp/minato/page/0000348493.html

【1925(大正14)年
 市岡パラダイス開園(~1930年閉園)】(上略)
 市岡土地株式会社は、
 遊園地事業を核に宅地開発を誘導しようと考え、
 1925(大正14)年、
 開発した土地のほぼ中央の12,000坪の広大な土地に
 市岡パラダイスを開業しました。

 

この段に至って「地主・辰巳屋」とともに、
東側の市岡地域を開発したという「市岡土地株式会社」は
どのような筋なのか、
「地主・辰巳屋」との関係を知りたくなってきました。

 

近現代史の研究者の*島田克彦氏の
「近世・近代における
大阪湾岸新田地帯分析の基本的視角」に
次の記述があります。
  *島田克彦氏…:『桃山学院大学経済経営論集』55巻3号
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I025546594-00

 

◇1912年の地籍図によると、
 当主和田あいは西区市岡町の
 ほぼすべての土地(地目はほとんどが畑)を所有していた。
 この広大な土地を経営するために
 1916年(大正5)に市岡土地(株)が設立された。(中略)
 同社は低湿地の埋め立てと住宅地・娯楽地の開発を行った。

 

1916年(大正5)に市岡土地(株)が設立したとある
「当主和田あい」は、
辰巳屋・和田家の末裔です。

*『港区誌』には
市岡新田開拓者末裔との係争では被告として
訴えられた人としての記事があります。
  *『港区誌』:『港区誌』1956年、大阪市港区役所
新田が辰巳屋所有になってからの記事を引きます。

 

◇その後各時代に亘って市岡新田をめぐり
 市岡家と辰巳屋との間に係争が続けられたが、
 10代市岡元治郎に至って
 *大正8(1919)年1月和田あいを被告とし、
 市岡新田の土地の一部に対し、
 所有権確認登記抹消請求訴訟を提起したが
 *同12(1923)年7月和田家の勝訴となった。

 

1916(大正5)に市岡土地(株)が設立されて
3年後、市岡家から訴訟騒動が起こされ、
市岡土地(株)設立から7年後の大正12(1923)年には、
勝訴します。

 

『港区誌』の項目「市岡与左衛門」の結びは
以下のとおりです。
◇和田家では
 市岡与左衛門の功績追賞の意味で
 金15万円を市岡元治郎に贈与し、
 且訴訟費用1万7800余円を負担して
 多年の土地係争は落着した。

 

これで土地問題は落着しました。
これ以後、
「市岡新田」の土地を

明治33(1900)年成立の「新池田町」(市岡新田の南西部)
「境川町」(市岡新田の北部、現在の西区との境界域)を除いて

引き継いだ「市岡町」が
行政地名から解体を始め出します。

 

「市岡町」解体は
昭和2(1927)年に一斉に始まります。

新田開発家「市岡家」と後の地主「辰巳屋・和田家」の係争が
結着して、わずか4年後のことです。

「市岡町」解体後の町名や如何?

 

究会代表  田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「市岡」を負った
民間の施設ではありますが、
広大な敷地の
「オリックス市岡ドライビングスクール」(磯路3)が
名称を「オリックスドライビングスクール弁天町」に
変更していることに気づきました。
写真図1 今も地域の地図に残る「オリックス市岡ドライビングスクール」

写真図2 「オリックスドライビングスクール弁天町」の表示

「市岡」が消えて「弁天町」とは?
民間施設といえども、経緯には
土地をめぐる保有の変動を読み取ることができます。

 

*「オリックスドライビングスクール弁天町」のHPの「沿革」を
抄出します。
  *「オリックスドライビングスクール弁天町」のHP:
  http://www.orix-dsb.com/company.html

沿革
1959年 4月 市岡土地㈱(現オリックス・インテリア㈱)の
      保有土地活用を目的とし、
      自動車教習所を運営する会社として
      市岡交通企業㈱(現オリックス市岡交通企業㈱)を設立。
1963年 5月 市岡自動車教習所(現オリックスドライビングスクール弁天町)として
      大阪府公安委員会の指定を受ける。
1986年12月 オリックスグループ入り
1989年04月 法人名をオリックス市岡交通企業㈱に、
      校名をオリックス市岡ドライビングスクールに変更する。
       (3項目省略)
2005年12月 オリックス・インテリア㈱と
      オリックス・エステート㈱の分割合併により、
      オリックス・インテリア㈱の100%子会社となる。
       (1項目省略)
2007年05月 校名をオリックスドライビングスクール弁天町に変更する。
             (以後の記述なし)

 

市岡土地㈱が保有していた土地が
オリックスグループ入りした結果、「市岡」が消えた。
ただそれだけで済まなさそうです。

「市岡土地株式会社」につきましては、
*大阪市港区HP「市岡パラダイス」の記事に
記述があります。
   *大阪市港区HP「市岡パラダイス」:
  http://www.city.osaka.lg.jp/minato/page/0000348493.html

 

以下に抄出します。
◇1925(大正14)年 市岡パラダイス開園(~1930年閉園)(上略)
 大正時代に港区の西側を開発したのは安治川土地株式会社で、
 東側の市岡地域を開発したのは地主・辰巳屋と、
 1916(大正5)年に設立した市岡土地株式会社でした。

 

「地主・辰巳屋」は本ブログでお馴染みですが、
その辰巳屋と、共に開発したのが「市岡土地株式会社」でした。
港区HPの続きを載せます。
◇辰巳屋は土地管理のために辰巳屋土地支配所を置き、
 今の市岡1丁目あたりから東側30万坪を埋め立て、
 道路・住宅建設を進め、比較的安い賃料で住宅を貸したので、
 急激に住宅地として発展しました。
 一方、市岡土地株式会社は、
 スイカの名産地だった今の夕凪交差点あたりの12万坪を
 辰巳屋から譲り受け、土地の埋め立てや開発・運営等を進めました。

 

まさに、現在の「オリックスドライビングスクール弁天町」の
場所は「市岡土地株式会社」によって開発された訳です。

その手段として講じたのが
「市岡パラダイス」開園だったのです。
港区HPの続きは次回に載せます。

 

究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

往時の「市岡新田」は、地名伝承として
今日も生きています。

その一つが「市岡」です。


開発者である市岡与左衛門に由来する地名であることは
《市岡新田を経営した「辰巳屋」をめぐる口碑① 
2017-03-09 16:12:41》でも触れました。
   ↓ここをクリック
http://ameblo.jp/tanonoboru/entry-12254776525.html

今回、『角川日本地名大辞典 27大阪府』1978年から
「市岡」を抄出します。

[近世]市岡新田 江戸期~明治22年の村名。(以下略)
[近代]市岡新田 明治22~30年の川南村の大字名。(以下略)
[近代]市岡 明治30~33年の西区の大字名。(以下略)
[近代]市岡町 明治33年~昭和7年の町名。(以下略)
[近代]市岡 昭和43~現在の港区の町名。(以下略)

 

これを見ますと
昭和7年から昭和43年の間に
「市岡」が途切れていたかのように見えますが、
そのようなことではありません。

次の記事があります。
市岡元町〈港区〉
[近代]市岡元町 昭和2~現在の港区の町名。(以下略)
 
「市岡元町」は母校・大阪府立市岡高校の建つ場所です。
かつて、田畑の中に一軒家のような木造校舎が建っていたようです。
前身の市岡中学は
 明治34(1901)年の創立であって、
当時は、新興「市岡町」の中心にあった施設でした。
これ、自慢になる?
写真図1 大阪府立市岡高校(港区市岡元町2)

「市岡」の名は
地名としては「市岡元町」の西に位置する
「市岡」にも見えますが、
市岡新田の会所跡は、
昭和46(1971)年に大阪市によって
波除公園に顕彰されています。
     ↓ここをクリック
《想像の市岡新田会所(1)  2017-03-20 17:26》

写真図2  「市岡新田会所跡」(港区波除5)

建碑の場所については
古地図でいずれ検証します。
(アップの手続きがまだです。)

 

市岡新田の西の涯は夕凪堤でした。
「大堤」と称され、市岡新田の外廓でありました。

写真図3 かつての市岡新田の外廓夕凪堤(港区磯路3)


かつての夕凪堤に沿って
「市岡グランドビル名店街」が、
今や調和のとれた
少しばかりレトロな?雰囲気を湛えています。

写真図4 「市岡グランドビル名店街」(港区磯路3)

 

夕凪堤を夕凪橋交差点を
南に尻無川に向け
かつての三樋橋跡を
埋め立てられた三十間堀川の土手に沿った緑道を
南東に行きますと
また一つ「市岡」を見つけます。
「大阪市市岡下水処理場」です。
写真図5 「大阪市市岡下水処理場」(港区市岡2)

ここの公園には
「せせらぎの水」といった築山があります。
写真図6 「せせらぎの水」

櫨紅葉の甚兵衛小家のあった渡船場には
尻無堤右岸を左手にして戻ることになります。
ここまで来ますと市岡新田も西南の涯で
かつての福崎新田と接する地域になります。

 

この他「市岡」の地名は、
尻無川上流右岸、港区の東南部に
「南市岡」の地名を継承しますように
港区東部に広い範囲に伝承されています。

ところが「市岡」の名が
消えて「弁天町」に入れ替わった事例もあります。
次回は「弁天町」を取り上げます。

究会代表    田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「市岡」と云えば?
差しさわりのあることは
さておきまして・・・・。

 

大阪府立中之島図書館には
*『五畿内産物図会 摂津之部』という
江戸時代の書物が所蔵されています。
  *『五畿内産物図会』:大阪 : 河内屋太助,
文化10(1813)年
今回、許可を得てブログアップします。

写真図1 『五畿内産物図会』表紙

重厚感ありますネ。
和本ですので意外に軽いものです。
初めて実物を手にした時の
あのワカワク感が忘れられません。


文化年間出版ですので、200年程「昔」の世界に
タイムトラベルします。

写真図2 『五畿内産物図会』13ウ、14オ

13丁裏には
木津の人参、今宮の笹、勝間(コツマ)の木綿とともに
「市岡茄子」が見えます。     
画讃が添えられています。


「夢ならハ三にさかれと/
冨士よりもあちハさん国/
いち岡茄子 ナニハ随東斎國綾」

「夢ならば 三に下がれど
冨士よりも味は三国 一岡茄子」と
読んでおきましょう。

吉夢「一富士二鷹三茄子」に
肖って洒落ているのでしょう。

三番目に挙げられている茄子やけれど
味は三国一ですゾという訳です。

 

14丁表には
難波さつき、九条蜆とともに
「新田西瓜」が見えます。

ゴツゴツして

まるでドテカボチャのようで
不細工に見えます。
見栄えはともかく、
お味や如何?

次回は「新田西瓜」の評判を載せます。

 

究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。