晴耕雨読 -田野 登-

大阪のマチを歩いてて、空を見上げる。モクモク沸き立つ雲。
そんなとき、空の片隅にみつけた高い空。透けた雲、そっと走る風。
ふとよぎる何かの予感。内なる小宇宙から外なる広い世界に向けて。

「阪俗研便り」希望者受付
大阪民俗学研究会では、講演、マチ歩き情報満載の「阪俗研便り」配信の登録を受け付けています。
ご希望の方は、氏名、電話番号をお書き添えの上、tano@folklore-osaka.org
まで、直接メールいただきますようお願いします。毎週無料でメール配信します。 田野 登

NEW !
テーマ:

中島大水道の大恩人・一柳太郎兵衛の末裔
 一柳正義氏を最初に訪ねましたのは、
 2016年7月9日(土)のことです。

 『大阪春秋』の原稿がうまくまとめられず、
 今日、7月24日で3回目の訪問です。
こぼれ話を先に公開しております。

中島大水道上流を溯る小さなツァーも
新太郎松樋のある公園から南東方向、
 直線距離にして600mにいます。
ここからは城東貨物線の高架が西に見えます。
写真図1 菅原1丁目交差点の北西角 7月10日撮影


菅原1丁目交差点の北西角,
菅原6丁目です。
南西向きです。

手前に真新しい石柱が見えます。
 「増島橋」の親柱でした。


写真図2  「増島橋」の親柱(菅原6)


「最新の東淀川区」1937年10月調、夕刊大阪新聞社を
読図しますと、
 増島川の水路は「城北《ママ》貨物線」と交叉する場所で
南北二手に分かれます。
 小さな川中島の体をなします。

川が埋められた今日、北の流れの跡と思しき
大阪府道14号大阪高槻京都線(淀川通)を
東に150mほど行きますと和合公園です。
 和合公園には
「和合橋」の親柱が保存されています。
写真図3 和合公園の「和合橋」親柱(菅原3)


増島川水路の北流です。


 大阪府道14号を挟んで
和合公園の反対側(南側)、すぐに
「亀岡街道」碑が建立されています。


写真図4 「亀岡街道」碑(菅原1)


写真は北向きです。

「亀岡街道」碑から南には
 いかにも旧家と思しき屋敷構えが連なります。
その屋敷が一柳家本家です。

写真図5 一柳家本家の屋敷構え(菅原1)


写真の屋敷の左(西)が亀岡街道です。

ここで、一柳家本家で拝見した
「摂州西成郡北中嶋水道溝絵地図」を
思い起こします。
 一柳家本家には
「摂州西成郡北中嶋水道溝絵地図」と
墨書された巻物が所蔵されています。

その巻頭には
知行地の凡例に続く箇所で
「二重堤逆川」と墨書され、
 水が描かれています。
なお、この絵地図は、すでに
「中島大水道まち歩きマップ」
2015年6月、中島大水道サロン発行に
巻頭だけは写真紹介されています。
中島大水道上流の「増島川」と聞いて
歩んだ道筋は二重堤のうちの
「逆川」沿いの道だったのではないでしょうか?

どうして「逆さ」なのでしょう?
一柳家本家には、これとは別に
「慶安元年霜月十一日
  太郎兵衛 又兵衛」明記の絵地図も
所蔵されています。
それには「大淵」をはじめ、
たくさんの池が描かれています。
この中島大水道上流の地域の
原地形を反映する表示です。

写真をアップできずに御免なさい。
『大阪春秋』では
絵地図の写真掲載許可をいただきたいものです。


今日も「大淵」の痕跡を追って
大阪府道14号を
 さらに東を歩くことになるでしょう。
 『大阪春秋』東淀川区特集の
取材こぼれ話の続篇を
本ブログに書くことになるかもしれません。

究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

中島大水道起点・新太郎松樋の南東約400mの
淡路駅の地下道を抜け、
 駅の東側商店街を横断しますと、
これまた川跡を思わせる
 ゆるやかな曲線を描く道路です。
ほどなく高低差のある2本の
平行する道に出ます。


写真図1 高低差のある2本の平行する道
             7月9日撮影

写真の方向は西向きです。
 左手(南)の地面が高い方が旧淡路庄増島村。
 現在の東淡路4丁目で増島川の堤道。
 右手(北)は地面が低く旧新家村。
 現在の菅原5丁目で増島川の川床です。
この川堤、川床が中島のくびれです。
中島の下島(しもじま)と上島(かみじま)の境界です。

下島の方が上島より地面が高い?
 上下は淀川の流れに沿って
上流(北側)と下流(南側)によって区別するものです。
増島川の堤道の裏は小高くなっていて
現在は「東淡路公園」になっておりますが、
 昭和10年代の地図にはまだ、六角形の池が見えます。
 明治の測量部の地図を重ねますと
 この池の西から南に民居が集中し、
その周囲に田畑が広がっています。
 「字増嶋」とありました。

一柳正義氏に訊ねましたところ、
昭和28年の水害で淀川が氾濫した時、
この池から水が噴き出したとのこと。
底で繋がっているとのこと。
今のボクには理解不能です。

下島である増島川左岸のこの池一帯は
*国土地理院「明治期の低湿地データ」においても
低湿地の表記から外れています。
 *国土地理院「明治期の低湿地データ」
http://www.gsi.go.jp/bousaichiri/lc_meiji.html
閲覧日:2016/07/17
さらに南東に進みますと高架橋に出ます。



ここも進行方向からすれば
振り返る恰好になります。
 川跡の湾曲する道路の
左は旧増島村(東淡路5)、
 右が旧新家村(菅原5)です。

この高架は、現在、城東貨物線の高架ですが、
2018(平成30)年度末には
新大阪駅 - 放出駅間が開業すれば、
 *おおさか東線の一部路線となる予定です。
  *おおさか東線:
https://ja.wikipedia.org  
 最終更新 2016年7月22日 (金) 16:08
 閲覧日:2016年7月23日

しばらく城東貨物線の高架に沿って
増島川跡を溯ります。
 今回のゴールは和合橋跡(菅原3)です。

究会代表 田野 登


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一週間ぶりに、嶋田珠巳著
『英語という選択-アイルランドの今』岩波書店から
学びたくて
同書の抜粋に目をとおしました。
今回は、彼女の著作を我田引水で
矮小化しないように心がけたい。


同書を読んでいて惹かれるのは
言語交替を正面から取り上げていることです。
《第二章 ことばを引き継がないという選択》に
次の記述があります。
●コミュニティに新たに入ってきた言語が
 もとの言語をおいやるというのが、
 言語交替の基本的意味である。


該書においては、
英語がアイルランド語を
追いやったというのです。

なぜ、そのような事象が発生したのでしょう。
この問題は言語に限らず文化事象全般に
通底する問題をはらんでいそうです。
《第二章 ことばを引き継がないという選択》に
次の記述があります。

●英語がアイルランド全土に浸透する
 言語交替の口火を切った歴史的出来事は、
 とくに17世紀クロムウェル時代の
 イングランド人の入植と植民地支配であった。
 1653年の大規模な入植は、
 レンスターとマンスターの
 アイルランド人の地主を一掃したという。


言語交替の口火を切ったのは
やっぱり植民地支配だったのです。
いったい誰から言語交替を始めたのでしょう。
続きを記します。

●この入植によって、
 アイルランドの労働者が
 アイルランド語を手放すことにはならなかったが、
 地主を一般のアイルランド人から切り離し、
 多くのアイルランド人土地所有者たちが、
 自分の土地を守り、
 良い生活をするために改宗したとされる。


労働者でなく
地主から言語交替を始めたというのです。
それも経済的理由を挙げています。
言語と経済の結びつきについては
次の記述もあります。
同じ第二章です。

●英語はおおよそ、北から南へ、
 東から西へとしだいに広がっていく。
 最初はイングランド人の支配者たちとの
 コミュニケーションのために
 一部のアイルランド人が英語を用いたにすぎないが、
 しだいに、英語の習熟は
 人々の社会経済的な自立を果たすために必要な手段となり、
 英語使用が普及した。


「ビジネス英語」という言葉は

現代日本にあって
氾濫していますが、
当時のアイルランドにおいては、
植民地支配者との
コミュニケーションのためだったのです。

該書はまた、

英語に托すアイルランドの人たちの思いを
次のように記しています。

●英語というひとつの言語に
 「成功」「繁栄」「将来の希望」といった
 夢が託され、
 そのイメージを確立しつつ
 国民のなかに浸透させてゆく。
 言語もまた政治経済に利用される。


この記述はアイルランドにおける
英語への言語交替を分析したものです。
何でも現代日本への関心で
本文を読むことは差し控えます。


むしろ
「良い生活をするために改宗したとされる」とある
「改宗」という心意事象について
脱植民地化の視点から
捉え直せばいかがなものでしょう?


究会代表 田野 登

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月16日(土)、阪俗研メンバーで
中島大水道の起点・新太郎松樋から
増島川跡を和合橋跡地まで溯りました。
以下、その際、撮った写真を軸に記述します。
ただし、7月9日(土)に一柳正義氏に
案内していただいた際の写真を交え、
「7月9日撮影」と表示します。


まず中島大水道の起点・新太郎松樋です。
写真図1 新太郎松樋(東淀川区西淡路5) 7月9日撮影



一柳正義氏によりますと、
新太郎松樋のかつてあった場所は、
写真右上(北東)に映る
東海道新幹線の高架下とのこと。
石組みは当時のものを移設したとのこと。


東海道新幹線高架をくぐりますと
湾曲した道路に出くわします。
井路川を思い起こさせます。
中島大水道には、複数の水路が流れ込んでいました。
増島川もその一つです。

一柳家所蔵の「摂州西成郡北中嶋水道溝絵地図」の
中島水道の表記の上には水色地に
「□嶋古井路」と墨書されています。
「増嶋古井路」と推測されます。


阪急京都線・千里線淡路駅方向に
ほぼ直線の川跡を南東に歩きます。
西を振り返りますと
ゆるやかに湾曲していることに気づきます。
商店街は、もう一筋南の通りです。
写真図2 淡路駅北西(東淀川区淡路4)の川跡



さらに南東に行きますと
阪急の線路が見えて来ます。
淡路駅の北端です。
ここに駅舎をくぐる地下道があります。
それが川跡です。

川跡には橋が架かってます。

写真は北向きです。
「新庄小橋」です。
右手(東)が淡路駅です。

写真図3 新庄小橋(東淀川区淡路4)




「竣工 昭和41年2月」との銘があります。
一柳氏から聴いたのでは、
昭和35年頃、川は埋められていたとのこと。
再度、お訊ねしますと
この「竣工 昭和41年2月」の橋は
淡路駅西側の道路として架けられたとのこです。


淡路駅の地下通路はまさに川跡です。
写真図4 淡路駅の地下通路(東淀川区淡路4) 7月9日撮影 



写真は南西向きで、

振り返ったとします。


淡路駅を斜めに突っ切ってます。


次回は、淡路駅より東に進みます。
増島川の堤と川床の痕跡が見られます。


究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

7月9日(土)、中島大水道の大恩人・一柳太郎兵衛の末裔
一柳正義氏を訪ねました。
その折、延宝6年(1678年)、悪水を西海に落とすため
開削されたとされる中島大水道の
上流の増島(ましま)川跡をご案内いただきました。


一柳正義氏によりますと
増島川という川は、新家村(現在の東淀川区菅原)と
増島村(同区淡路東)の境界を南東から北西に流れ
中島大水道の起点・新太郎松樋にて
他からの流れと合流するとのことです。


そこで7月16日(土)、阪俗研メンバーで
中島大水道の起点・新太郎松樋から
増島川跡を溯ることにしました。

まず場所の確認です。
写真図1 中島大水道と増島川




地図は大日本帝国参謀本部陸軍部測量局が
明治18(1885)年測量、同20(1887)年製版「吹田村」の
左下(南西部)を引用します。

同地図は実測によるものうえ、
明治半ば当時である故、未だ市街地化が進まず、
シンプルに原地形が読み取ることができます。

引用個所の下(南)にヤマガタが見えます。
尖った所が中島大水道の起点・新太郎松樋です。
左下(南西)に中島大水道が読み取られます。
左岸に「淡路村」、「山口村」、
右岸に「東宮原村」、「南宮原村」の表記が見えます。

尖った所・新太郎松樋から
右下への水路の表示に目をやります。

写真図2は
写真図1の大日本帝国参謀本部陸軍部測量局地図の
右下(南東)を拡大したものです。
中島大水道上流に焦点を絞りました。


新太郎松樋の右(東)に
早速、池のような水溜まりの表示が見えます。
合流地点の遊水地です。
水路はほぼ直線に右下(南東)に描かれています。
周辺は農耕地です。

右下に鉄道の土手の表示が見えます。
現在の阪急京都線の線路です。

すぐ右下(南東)に「字増嶋」とあり、丸い池が描かれています。
集落は池の左(西)に見えます。

水路を右下(南東)に追いますと街道に交わり
「新家村」の表記が見えます。
新家村表記の上(北)には東西に蛇行しながら
道が連なり
道に沿って集落が見えます。
その集落の上(北)には農耕地があって、
すぐ上(北)には東西に水路の末の池沼が見えます。
南には中津川が見えます。


ここで取り上げた水路が
一柳正義氏が仰る増島川です。
この地図に沿って現在の光景を
紹介しようというのが趣旨です。
中島大水道上流の原風景を探りたいのです。


究会代表 田野 登

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。