玉や からふる

羊毛フェルトやってます。が、出店予定はありません。委託先(四日市市西阿倉川 akaimi cafeさま)でよろしくお願いします。


テーマ:
今日はかつての編み物の先生…

かつて?!

ええ。
編みや からふる なんて言ってたワタクシですが、今は編み物始め、ハンドメイド全体から遠ざかっております。

今、言うなら 『読みや からふる』?(笑)
もはや読書に『からふる』など関係ない。

話戻り、編み物を教えてもらったこともある、Ishokuさんにお誘いいただき、ランチしてきました。
娘は土曜授業。
週6弁当、がんばってるよ!だから自分は今日はご褒美(笑)

白揚隣りにある、お総菜カフェHAOさん。
画像なしですが、動物性たんぱく質を使わないおかずを、3~5品選びます。

麩のカツや にんじんと細切り昆布の和え物、そら豆の白和え、じゃがいもとカリフラワーのスパイシーな味付けの…それにお吸い物がつきました。

家でじゃねぇ、こんなに品数揃えられないですからねぇ。
常備菜とか?やればいいんでしょうが、手間がねぇ。

と、まぁ。
Ishokuさんとお会いするのは久々なので、積もった話をしつつ。

おいしかった!

そして移動し、「ふくみみ」さんという、四日の市にも出店されてる「MONAKA」の上の階にあるお店でかき氷を。
Ishokuさんとのスイーツはかき氷。
宇治金時+練乳。
お店にはジャンクな雑貨もあり。

駐車場からこの店に行くまでに、Ishokuさんがおしゃれな家具屋を見つけました。

「『家具のマイケル』やって。おしゃれやな」て言うので見たら、




普通のトーンで「マルケイやん」てツッコんでました。

Ishokuさんの高度なボケやったんかと、すぐ反省して、「ポーっ!」ぐらい言うたらよかった!と悔やみましたが、ただただ読みまつがいだっただけ。

笑いすぎて腹がよじれました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
あんまり読む時間なさそうだし…と3冊しか借りてこなかったのに、もう3冊読めました。

森谷明子『緑ヶ丘小学校大運動会』。

一体どんな話だろうと、期待して読み始めました。
運動会のプログラムが最初に載せてあり、その順番で話が進みます。

優勝杯に入っていた、スワロフスキービーズがほどこされたケースを巡って、それを見つけた6年生が謎を解いて行くのと同時に、
そのケースの存在のヤバさゆえ、大人たちもそれを巡って証拠隠滅や謎を解こうとする話が最後には入り混ざり…。

6年生がそのケースを見ただけで、殺人事件にまで話を展開させるのが強引だなぁと思っていて、でも実は何でもないことだった、となるのかと思いきや、それより重大な事件に発展し。
大人の世界も、少々強引な話の展開かなぁ、という感あり。

運動会の様子は、娘の学校と同じだなぁ、と思いながら。

運動会だからこその、大人がたくさん集まってても不自然じゃない、という狙いはよかったのかもだけど…。

盛り上がりにかけ、消化不良みたいな読後です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
テスト期間中の娘の横で
(横にいろ、と言う)
読書三昧。
やるべきことはたくさんあるけれど…主に掃除。
横にいても、うだうだ言う娘に結局キレる私。
3人目だった私は、ほぼほぼほったらかしだった気がするが、1人目でONLY ONEな娘はまだまだ「かまってちゃん」で、私も「かまいたいちゃん」(笑)
初めての定期テストにどう対処していいのか、2人ともわからずにもがいております。

さて。
湊かなえ『花の鎖』。

湊かなえさん率高しです。

3人の女性のそれぞれの物語がつづられています。
いずれ、それがみんなつながるんだろうな、と思いながら、読み進めていったら。
徐々に共通項と思われる人物が出てきたので、相関図を書いてみたら、矢印が交差しまくる ややこしいことに。

しかも。
3人の女性、同じような年代かと思い込んでいましたが、なんと、祖母・母・娘の3世代!

またまた相関図を書き直して、おぉ!こことここがつながってたのか!という発見がおもしろかったです。

タイトルの『花』は、花を通して謎が解けて行ったり、花がそれぞれの人物をつなげるヒントだったりと、まさに『鎖』でした。

一気にページが進み、読みごたえある1冊でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
はい、また読書記録。

返却日を過ぎてしまった 読めなかった本を返しに行って、また別の本を借りるという無駄(笑)
借りたのに読めなかった本は、縁があればまた。

さて、
タイトル『ぬるい毒』にひかれて借りてみましたが。

終始、『なんだ?この子』という思いを抱えながら読みました。
19~24才までの時期の一人の女性が自分の思いを語る感じで話が進むんですが。
直接言われたわけではないのに、『そうに違いない』とか『目の奥ではそう言ってる』とか。
ただの妄想?としか思えないことの連続で。

著者が表現したかった深い精神構造?なんてものは、残念ながら私には読み取ることはできずに、逆に、『こんなややっこしい女にならんくてよかった』とまで思ってしまいました。

『ぬるい』がどう ぬるいのかも全く読み取れなかった(泣)
『毒』はあったかな。読後が悪いので(笑)

さ。気分を切り替えて次の本へ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、読書の虫の玉やです。

…虫が活発になる季節です…私も左に同じ(笑)

湊かなえ『サファイア』。
短編集です。
目次が、「真珠」「ルビー」「ダイヤモンド」など。
宝石の名前ばかりです。
話になんらかその宝石が出てきますが、それは話の中心ではありません。

湊さんの小説は、全体的に重い内容が多い気がして、読後もズーンとした気分になるんですが。
今回は、何編かは温かくなる話もありました。
でも必ず誰かが殺されてました…ズーン…。

ま。
フィクションですからね。
殺人という話は、フィクション内だけで垣間見るのでいい。

湊さん、テレビで見たことあるんですが、すごく穏やかそうな、ママ友にいそうな方なのに、こんなに話が湧く(しかも人が死ぬ)なんて。
私の妄想癖でも追いつけない(笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた読書記録です。

群 ようこ『しっぽちゃん』。

こちらは、娘が図書館で検索し、「セキセイインコ」でひっかかり借りた本。
目次を見ると、セキセイインコや犬、猫、ハムスター、カメ…。
動物がらみの短編集でした。

それぞれ、ペットであったりペットショップで見る動物だったり との関わりを通した、心温まる話ばかりで、読みやすかったです。

その中の1つに、捨て猫がいたのですが、最近学校帰りに犬や猫を拾って帰ってきた、という話を一切聞かなくなったなぁ。

私は、歩道橋の下にうずくまっていたハトを家に連れ帰り、元気になるまで飼ったことがあります。
羽が傷ついていたのですが、自然治癒し、カゴの中で羽ばたき飛び散るゴミがハンパなくなったので、放しました。
しばらく家の前の塀に止まり、じっと見つめあっていたのですが、とうとう飛んで行ってしまった時は、悲しかったなぁ。
元から鳥好きだったのもありましたが、情が移りますよね。

その後、そのハトから恩返しがあったか…
あるわけないですが(笑)

今は、野生動物には手を出してはいけないと言われていますが。
出したくても出せないぐらい、そういう動物は身近にはいません。

しかし、殺処分される犬や猫は減らないそうで。

弱ってる動物に手を出すのも、殺処分にしてしまうのも、どちらも人間の勝手さですね…。

おっと、本の内容とは全く関係のない、正反対の重い内容になってしまいました。

お口直し(?)に、まだまだ元気なうちの老鳥さちこ(右)と、若さ真っ盛りのふく(左)の画像でしめます。


では。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
読書記録です。

ドストエフスキーの『罪と罰』は読んだことがあります。
同じ作家の『カラマーゾフの兄弟』の続編という設定で、江戸川乱歩賞授賞作品でした。

例えば、「さちこ」が「さっちゃん」や「さっちん」というように、親しみをこめて呼び方が変わるのと同じように、海外の名前も、「マイケル」が「マイク」になったりするんでしょうが。
ロシアの名前は特にその変換がわかりづらい。
「ドミートリー」がなぜ「ミーチャ」になるのか、
「アレクセイ」が「アリョーシャ」になるのか。

まず、その変換された主語から始まる文章を理解するところから挫折(笑)
『罪と罰』でも同じ苦労をしたので、中を見て、登場人物がロシア人とわかった時点で借りるのをやめておくべきでした(笑)

しかし、無料とはいえ、借りたものを読まずに返すのはもったいない。
ということで、返却日に読み終えたので最後は特急でした。

ドストエフスキーの文体に合わせた書き方で、偏屈っぽさ(もとのドストエフスキーが偏屈なのか、登場人物の設定が偏屈なのか、そのどちらもかはわかりません)がよく表現されてるなぁと思いました。

『カラマーゾフの兄弟』の方に散りばめられた謎や脈絡のない出来事を、この『カラマーゾフの妹』でつなげて完結したようなのですが。
『~兄弟』を読んでないので、あまりわからず(笑)
ちなみに、今、大活躍の吉田鋼太郎さんの存在を初めて知ったドラマ、『カラマーゾフの兄弟』は観ていたので、話の概要は知っていて、なんとかわかった感じ、です。

タイトルの『妹』は、タイトルに出てくる割には、なんだかあんまりパッとしなかったかなぁ。
主人公のイワン(カラマーゾフ兄弟の次男)が多重人格だったという設定なのですが、起こった殺人事件の犯人はその多重人格の中の一人の犯行なのか?と期待してたのに、全くハズレてしまって。
それが著者の意図なのかはわかりませんが。

選考者の選評では絶賛する声がほとんどでしたが、ん~、私には拍子抜けの内容でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
姉がGWにウィーンに行ってました。

ウィーンて国名?
と思ってたら、国はオーストリアやったf(^_^)

中学から吹奏楽部に入ってた姉。今も楽団に入ってるので、オペラとか音楽関係の旅行やったみたいです。

姉のFBからスクショ。


外国のお店は、看板がかわいいですよね。
玉やの看板もこんなんにしたい。
(活動してないくせに 笑)


オペラホール?
横にもある座席。ここ、値段高いんかな、安いんかな。
横から見るから安いかな。



デカくて甘アマそうなスイーツと、石畳。
私はイタリアに行ったことがあるんですが、この石畳、雰囲気はいいんですが、歩きづらくてこけやすいです(笑)



遊具のお馬さんとホンモノのお馬さん。
馬車も多い=落ちてるモノも多い んだろうな。



THE 海外。
どんたけ山のキワに建っとんね~ん!



図書館?!
いいねぇ、天井画や装飾が。
建物の壁の色も、ここだから映えるんでしょう!

で。
届いたお土産。


英語表記じゃないスープの作り方を、似たような単語を抜き出しておおまかに把握した。
1リットルのお湯に入れて7分炊く?

カバンまであった!
お馬さんやハチドリ?の、織物的な。

チョコは有名らしくて、広げたら


か、かわいいd=(^o^)=b
外装の紙がしっかりしていたので、お残し決定。
手を加えてオサレに活用しよう。

いろんな味もおいすぃ。

海外、行きたいなぁ…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、玉やの髪ゴムをお買い上げいただいた方から、お知らせいただきました。

ゴムが切れやすいかも、と。

実は、当初のゴムは、長いゴムを切り、結び目を作った上で作品と固定していました。

結び目がぼこっと盛り上がるので、もっとスマートにならないものかと思っていたら、金具でつながっているゴムを見つけました。

これなら、結び目の盛り上がりもなく、裏もスマートだな、とここ最近の髪ゴムは全てこちらのものでした。

しかし、やはり金具の固定が、引っ張る力には弱いようで、金具からゴムが取れてしまうことが多いようです。

ご連絡いただいた方の髪ゴムは、ゴムを付け替えさせていただきます。

また、金具付の髪ゴムをお買い上げいただいた方で、外れてしまった方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただければ修理・同等品と交換させていただきます。
他にも、以前の結んであるゴムに関しても、ゴムがのびてしまった等、『ゴムさえ替えれたらまだ使いたいのだけど』と思っていただける方がいらっしゃいましたら、ゴムの付け替えをさせていただきます。

tamaya_colorful@yahoo.co.jp
までご連絡ください。

なお、なかなか返信がない場合は、こちらのどの記事でも構いませんので、コメントいただけるとありがたいです。
コメント欄は、私が承認しないと公開されないようになっております。

もし、他にも玉やの残念な強度の作品をお持ちの方がいらっしゃいましたら、今後の改善のためにも、お知らせいただきますとありがたいです。
よろしくお願い致します。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
仮面○○会
と言えば、

仮面舞踏会

シャイな言い訳、仮面で隠して…

紅白歌合戦で「仮面ライダー!」て曲紹介されてたのを思い出します(笑)

そういう内容は一切なく…


同窓会で再会したかつての体育教師。
彼にされた体罰が蘇り、同級生4人が仕返しをしようということになり。
ちょっといたぶるつもりで誘拐し、仕返しをし、自力で帰れるだろうと放置した教師が翌日別の場所で死亡していたということから、話は絡まり…

偶然だと思っていたことが仕組まれたことであり、
誘導されていたり、
あの人は実はあんな人だったり、と。

犯人は多分この子だろうな、というのは当たりましたが、いろんな伏線が1本になっていくのは、読むのが止められませんでした。

雫井さん、ただ今土曜にやってる「火の粉」の作者でもあり、残念ながら飛び飛びでしか観れてないのですが。
何冊か読んでみたい作家さんなので、また別の本を借りてきました。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。