たっくみの謎の部屋

更新はたまぁーにします。古い記事のコメントもお返しいたします。

教習所卒業したンゴ

テーマ:
{3018EC09-2142-481F-BD91-1EFA3314E178}
約5年ぶりの再販となったハセガワのST185型セリカGT-FOUR RCです。同時再販のランエボ4も買おうかと思いましたが内装が初代ランエボの使い回しと聞き、スルーしました()

{965A8A59-C4FA-448B-A4B3-5C6F4BF3BB36}
中身

{9CCE3AE2-F1D2-4D42-9E65-501298E19936}
ボディです。タミヤのものとは違い、デフォルメがなく実車に近い印象。部品割りも異なっています。
{4084A59F-C2B0-4D54-A67A-B8AAC7927872}
リア。
{D5578BFA-34A4-4E48-9F16-4E66C6D45657}
ラリーカーとボディを共用している関係か、左ハンドル用ワイパーの穴が。
{CB7A8970-09EB-4F63-BD1B-CF2022628DFE}
ボンネットの金網部分は抜いて、エッチングのメッシュを貼ってやると質感が出そうです。トヨタエンブレム、思ってたより小さかったですね。最初はタミヤの86から流用しようかと思ってましたが、別のものから流用せねば…。ZZT231セリカ用なら合うかな?
{F0689CF6-D5D8-421C-8B46-8B3F5F73AE82}
ラリーカー用給油口の残骸。穴埋め用パーツもありますがパテ必須でしょう。
{4CD1A55C-A763-42FB-8FAE-ECD2DBE9DB4C}
がっぽり空いたリアナンバーポケット。欧州用ナンバーとの都合でしょう。
{9624659E-AF8A-4A94-9FC4-0C069C898F16}
で、これが代わりの日本仕様ナンバーポケットですが、下半分はボディーカラーで、実車ではバンパーの一部。つまり変な分割ラインができてしまう…。

うーん、どうしたものか。

{73496E38-7786-433E-A6D9-0384E5943C8B}
Nパーツ。シート部品が薄っぺらい以外特に不満はないかと…。インパネも良くできてます。
{8025DF49-FDC1-414C-B437-B4D76D4602B5}
↑シート

{5BCE4180-7674-481D-939B-D0297385D298}
B、Dパーツ。ボンネット上のパーツが別部品になっているのは○。
{B4B63077-653C-46FB-82D8-1B28D77D1C86}
C、Kパーツ。前後のドラシャとプロペラシャフトが一体なのが目に付きます。
{4D478CF8-4F07-4CF0-A156-4F99E6D40B9F}
クリアパーツ。ウィンドウパーツに軽いキズ有。セラミックコンパウンドで消えるのかなぁ…。フロントグリルもクリアですので、スモークを吹いてやると大分それらしくなると思います。
{C3BA6FC2-5936-454A-8305-98D9B9C4A061}
実車では光が当たると透過してカーボン風味になります。金掛かってんなぁ…。
{A3F9FD73-C384-4A2A-9829-5B0E37EC18B8}
純正アルミホイール。OZホイールの方がカッコいいかなぁ…w

左右非対称でして、バブルみがあります。すっごーい!

{9E474D2B-837D-4DF8-9CAD-F085432C457A}
フロアカーペット。実車のGT-FOUR RCのフロアカーペットはグレーだった気が。まぁご丁寧に切ってくれているわけですから、多分使うと思いますが。
裏にあるものはマスキングシールです。
{61C8CA48-6395-4A93-9C76-434FA8B45E68}
デカール。シートの生地のデカールがあるのはありがたい。ドアライニング用のも付属です(12,13番)
テールとポジションランプの縁取り用のデカールもありますが、これは塗装した方がいいかもしれません。

細かいところまで見ていくと、メーターデカールの燃料計が満タンになってます。実車の燃料計は置針式(イグニッションオフにしてもメーターがEにならない)なので合ってます(笑)

最近の車では置針式の燃料計は見ませんね。


------------------------------------
(余談)

{207D2A15-64BE-4EC6-84C3-2FE38CCB0CAB}
アクタ君がアルテッツァを納車されたとのことで…。

いいなー、自分の車。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まずはエンジンルームから手をつけて行こうかと思います。ちなみにボディの方は下ごしらえを済ませ、色も入ってますよ。

{EC138049-CBC5-4EC0-B155-62084FBEC9D5}

まずはヘッドカバーから。ポリパテを適当に盛り付け整形。一部光硬化パテを併用。カバーのボルトのところは穴を開けておきました。
ちなみにオイルキャップの位置がVVT-iのものではもう少し後退しているのですが面倒なのでスルー。

{C4206130-2669-4D06-BBAA-81A26FE1A7C3}
ヘッドカバーはタミヤのエナメル・メタリックブルーとクロームシルバーを適当に混ぜたものを筆塗り。デカールを貼った後にクリア塗装し、マスキングして左右をシルバーで塗り分け。先ほど穴を開けた部分には針金をぶっ刺しておきました。

ヘッドカバーのVVT-iの文字は気合の手書き()

{C4F63F54-74B8-4BBC-A898-82BF89C89B85}
エンジンブロックとトランスミッションのパーツは何も考えずにシルバー塗装し、ヘッドカバーとスロットル部分のパーツを組み付けてみたが何か違和感。

スロットルボディがついてる部品の後ろ端に謎のタンクらしきものが。実車の写真を見てもそんな変なタンクは付いていない。しばらく悩んだ末に、もしかしたら左ハンドル用のクラッチリザーバータンクではないか、という結論に至りました。左ハンドルのスープラのエンジンルームの写真を見てみるとちょうどその部分にクラッチリザーバータンクが。

なので、切りとばしてから右側に移設しました。

{342AA2DF-4792-4CCA-A3E6-29375148915A}

エンジン本体完成。ヘッドカバーの黒い筋がちょっと太過ぎるかな…。実車では筋なんかなくて、凹んでいる(溝になってる)のですがちょっとくどいですね…。
(ていうかそもそもなんかパテ盛りが汚いという)

後期だとスロットルボディの形が違うような気もしますがスルーしました()

ラジエーターホースなどのバンドはミラーシールを細切りにしたもの。

{39910365-24AC-4713-B257-5BBF62FB95BC}

とりあえず一通りのパーツをエンジンルームに載せてみる。バルクヘッド(隔壁)にはインシュレーターらしきものが貼ってあるそうなので黒塗りです。(エンジンを下ろした実車のエンジンルームの写真が偶然出てきた)

あとはバッテリーを乗っけたら大体完成といったところ。配管類を追加するかは未定…。

なんだかブレーキブースターが大き過ぎる気がしますね。タイヤハウスに当たって真っ直ぐに付きません。箱絵のイラストもブレーキブースターが歪んで取り付いてますが、実車はそんなことありません()

とりあえず今回はここまで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{CAD394C8-2707-4729-B038-D235FB251EC5}

どうしてもMT車が運転したくなったので、レンタカーを借りてきました。初期のZC11Sスイフト1.3XGです。

いざMTを借りようとすると、どこもかしこもAT車ばかりで…。電車で2つ隣の街までわざわざ行って借りてきました(笑)

ぱっと見はそれなりに綺麗ですが、近づいてみると濡れた雑巾で適当に拭いた跡が車体全体に付いてました…。ボディが汚いのはまだしも、フロントウィンドウも雑巾跡だらけで木漏れ日が当たった時なんか視界真っ白になりましたね…。格安レンタカーだしそんなもんか。
一度このスイフトは自宅へ持って帰り、フクピカでボディを、固く絞った雑巾でウィンドウを拭いておきました。

{1528C4EB-6FAA-4445-B875-EB34571B8538}
とりあえず山へ。久々のMTは苦労の連続でして、エンストしまくり…。卒検落ちますね()

一日中借りていたのですが、返却間際になってやっとまともに発進できるようになりました。

{02C6204A-05A3-4CB4-B891-D4D4F07C68D6}
エンジンルーム。エアクリボックスがエンジンの上にあって見ていてあまり面白くないですね…。うーん、汚いエンジンルームだ。
{66A2B5F8-CF81-4376-807A-0911324F783D}
フロア5速!

{B2A45282-92F7-49A3-86C7-1AA0F39A4AB1}
ウォッシャー液の配管、結構ちゃっちいですね()

{2F1A7114-D313-4B4C-9DB2-0D2357CEF224}
年式を考えると低走行。

{4C5C1335-EBB4-4294-8F08-C74ADD140B4D}
神戸のポートアイランド。
{2E09B882-46ED-4481-8F99-6A789342F5E0}
神戸の街並み(途中からセリカの人に運転代わりました)

セリカの人曰く、クラッチがすり減っているとのこと。確かにミートポイントがかなり上の方でしたね。

{21F6885F-9F19-480C-AC38-11D52698D753}
センターモニターに瞬間燃費が表示されるのですが、肝心な平均燃費が表示されない…。
{59A891C1-8B6B-4B99-9F26-11CDEAEA79BC}
説明書を見ても、どうやら平均燃費表示の機能はないみたい。どちらかといえば平均燃費の方が知りたいんですけどね…。後々の改良で平均燃費も表示されるようになってはいますが。

うーん、瞬間燃費もエコドライブには役立ちますがセンターモニターまでの視線移動が大きいですし、そもそも数字で表示されても瞬間認知ができないのですよね…。

やはり瞬間燃費はバーグラフ式の方が個人的に見やすいです。

{6479D141-2457-4D5E-80DD-F0A00644D637}
186km走りましたね。燃費は約13.7km/Lでした。ヘッタクソがアクセル無駄に煽ったりした割には良い燃費ですね…。

またMT車リベンジしたいですね。借りるとしても多分またこのスイフトか別にあるスイフトスポーツのレンタカーだと思いますがw

途中、あまりのエンストの多さに半泣きにはなりましたが、やはり楽しいですね。翌日家のオデッセイを運転してAT車の楽チンさに感動しましたが()

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{F1B98E00-413B-4DBE-9FB0-DF37166A2918}

あけましておめでとうございます。早いものでもう2017年ですね。

新年最初のブログはタミヤのA80スープラ後期化という、興味を持たれる方も多いと思われるネタにしようかと思います。

〜ここでタミヤのスープラについてちょっと脱線〜

このタミヤのスープラですが発売は実車と同じく1993年。当時の日本仕様のスープラには16インチアルミホイールが付いており、ターボ車はガンメタリック塗装、ノンターボ(自然吸気)車にはシルバー塗装と差別化されておりました。

しかし、海外仕様では当時運輸省の許可が下りずに日本仕様では設定がなかった17インチアルミホイールが装備。タミヤのキットでは最初から17インチアルミホイールが再現されているため、1993年式の日本仕様のスープラは残念ながら作れないという…。

翌年の1994年になると日本仕様にも17インチが大径ディスクブレーキと共に設定され、ホイールのカラーもターボ・ノンターボ問わずシルバーに統一されました。

{126972D7-7443-41A1-AB5A-AC504B9ECE8A}

↑1993年式 スープラRZ(ガンメタ16インチアルミホイール)
{9A988B73-7F24-4F08-9A20-9B417C907B7D}
↑1994年式 スープラRZ(シルバー17インチアルミホイール)

つまり、このキットは最初から海外仕様で組む前提のものでして、その証拠に説明書が左ハンドルメインになってますし、メーターデカールもアメリカ仕様のものしかついていません。

さらに、箱絵のスープラのアルミホイールはよく見たらキットと同じ17インチ。しかもガンメタ塗装なので実際にはありえないホイールが描かれているのです。


〜脱線終わり〜
-----------------------------------------------------------------

ここでいう後期型のスープラとは、96年式以降のモデルでして、今回作ろうとしてるスープラも96年式以降のモデルです。

では早速ホイールから。
{B34BF826-74E6-4CB0-AB27-DF58611BFCFB}
後期型のホイールではセンターキャップのデザインが変更されており、アルミホイール自体はそのままと思われます。ので、一部を加工しシルバーで塗装…してできたのが上の写真のものですが、ちょっとテキトーに加工したせいで歪な感じですので新しい部品を請求して作り直したいと思います…(⌒-⌒; )

ただ、加工方法はいい具合なので、後々の記事で紹介するつもりです。

{05ADCB08-429A-46B1-A091-4491C721DD9F}
後期型では3本スポークのステアリングに変更されているため、形状が似ている(というか全く同じ?)X100系マークII/チェイサー ツアラーVのステアリングを複製。

{7BC1B353-B946-4AF0-997A-5EE948ABDFAB}
この子達ですね。ちなみにマークIIの方は駿河屋で432円で入手しましたw

{B1771CC9-D812-4969-85DB-BEDE4F872F06}
フロントバンパー開口部にルーバーを追加。コンマ5ミリのタミヤプラ板を加工したお手軽工作。

後期で大型化したフロントウィンカーはどうしましょうかね。まぁ現時点では関係ないものですのでとりあえずスルー。

{758D9100-5B60-43ED-96C3-70432E651F57}
サイドウィンカー除去+左ハンドル用ワイパー取り付け穴をパテ埋め。画像には写っていませんが、バルクヘッドの左ハンドル用ブレーキブースター取り付け用の溝もプラ板で適当に埋めておきました。

{1F7507E1-F6C1-4D6C-801E-2D07169514CF}
後期型では5眼メーターになってます。まぁこれに関してはささっと加工できるでしょう(多分)

{753D77C1-0F20-49E9-AA46-D1A17698C0A8}
後期型の2JZエンジンはVVT-i化されており、ヘッドカバーもデザインが変更されています。まぁあまり大きな変更ではありませんので、メタリックブルーで塗るだけでも十分な気はするが…。
ちなみにヘッドカバーの文字も、「3000 TWO WAY TWIN TURBO」から「3000 VVT-i TWO WAY TWIN TURBO」に変わってますが、こればっかりはデカールですのでどうしようもないかな…。アクタ君にデカール作ってもらうにしても、こんなしょーもないデカール一つだけ作ってもらうのもねぇ…。

ちなみにこのキットを後期型で作った際、シート形状の都合上、RZではなくRZ-Sに17インチアルミホイールと大型リアスポイラーをオプション装備したという設定にしないと辻褄が合いません…(笑)

ボディーカラーは個人的に「スープラといったらこの色だろう!」と幼稚園時代から思っているスーパーレッドⅤの予定です(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{B5DBBE6B-B925-4C9E-A709-14481C7079AB}
本日発売のタカラトミーモール限定の黒色の22Bです。私はトミカショップで入手しました。
{777341A5-48A2-4B9C-B319-18D20C02E2CF}
来年には社名変わりますね。
(今はどうでもいい)
{21CDD5CD-C86C-466E-81FD-BFDA28F935C2}
実車には当然設定がなかった黒色。22Bのベース車である、「インプレッサ タイプR WRX STi バージョン4」にはブラックマイカの設定がありますが、このトミカプレミアムではただのソリッドブラックなので完全なるオリジナルカラーです。

{DE2B229D-74E6-43C2-9F37-46DE499B8359}
ソリッドブラックということもあり、やや傷が付いてましたがハセガワのセラミックコンパウンドで軽く磨いております。

{92A5B85C-4F3C-4489-9367-C2700CB25879}
内装色は赤と黒のコンビ。ブラックボディとマッチしていてカッコいい!

前回にもタカラトミーモール限定でミレニアムジェイドのR34が出ましたが、今後もこういったスポーツカーのカラバリ展開がありそうですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。