2008年12月14日

サブプライムの根っこは何だったのか、改めて聞いてみた

テーマ:アメリカについてお勉強

サブプライムローン問題が招来した経済危機により、地方自治体も深刻な財政危機に襲われつつあります。

すでに、よほどの田舎議員でなければ危機だということは強く認識していますが、本当の危機はこれから本格化します。


そんななか、最近勉強不足だったファイナンスがらみの匿名記事を書く関係で某大学の講師にインタビューに行った中で、サブプライム問題の本質って何ですかね、という話になりました。

その時に語り合った内容とほぼ同じような記事がダイヤモンド社のサイトにありました。

ダイジェストすると、サブプライムローンを組む窓口がいい加減で、恣意的に貧困層の収入欄を書き換え、返済不能なローンを組ませたというのです。その結果、多くの貧困層があっという間に返済不能になり、家を追われているんだとか…。

また、その先生によると、そもそもローン窓口の審査が無能で、しかも一本いくらのいい加減なやり方で委託されていたため、審査そのものが全く信用できない。結果的に、川下でいくら金融工学を駆使して緻密なことをやっても根っこが腐っていたからどうしようもなかった、ということです。


結局、金融工学がダメだったとは立証されていないし、アメリカの金融工学での優位性は揺らいでいません。

マラソンのアフリカ勢の靴が壊れたために、日本選手がアフリカ勢の背中をとらえた。しかし、アフリカ勢の手元には間もなく新しい靴が届くので、日本選手はあっという間に引き離されるに違いない、というのが現状ですね。

金融帝国の崩壊、というのは嘘っぱちなのだろうな、そして、世の中は社会主義にはならないし、一時的な「左翼反動(笑)」はあっという間に終わるんだろうな、と感じています。

もともと私は今後の世の中は自由主義と市場を軸に進み、社会の修正は基本的に市場が正常に動くための修正であるだろう、と申し上げていますが、それは変わらないでしょうね。

(あとは、市場の外で自給自足的に生きたい人をどのように守るか、地域社会や地方自治と共存できる自由市場、というモデルをどう構築していくかなんだと思います。)


いずれにしても、今後は日本のチャンスではなく、単に時間を少しもらっただけ、しかも、経済が悪化する中ですから、日本企業がこれを機に反転攻勢に出られる可能性は乏しく、ましてや自治体はカネが減ることを前提に動かざるを得ないのです。

となると、やはりバラマキ型の市政、県政は何とかしなければならないし、まずは足元の市の補正予算がそのまま行くことをいかに阻止するか、ここに私の活動の焦点は絞られるんだろうな、と思っています。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年07月14日

ネオコンと新自由主義、と来ればネオコンは新自由主義で、という文脈になると思った方はお読み下さい

テーマ:アメリカについてお勉強

いつも感じること。ネオコンと新自由主義の違い。

ほとんどの人が混同して議論しています。意図的混同による世論操作か、あるいは単なる無知かは知りません。
ウィキペディアでは、「米国で21世紀初頭より流行中の"新保守主義"と、中曽根やレーガンの新保守主義とは、同じ言葉でも意味が違う。現在の新保守主義者は、レーガン政権内の一勢力として育ってきたものであり、そこではあくまでも少数派であった。」という解説があります。大体真相はこんなものでしょう。
つまり、ここで何回も書いたように、いわゆるネオコンは新自由主義とは違うわけです。

よって、このあたりを混同した新自由主義批判はすべて×です。赤旗系等からの批判は意図的混同であると希望しますが。
さて、新自由主義は伝統的自由主義の脈絡の上にある思想的な流れ。ネオコンは逆に対外干渉主義であり、思想的には民主党に近いグループですね。

このあたりのことを考えていると、アメリカの二大政党の背景にあるのが思想であり、二大政党制とはそういう背景がなければ成立しないのではないかということを考えます。つまり、思想のぶつかり合いの代理戦争が二大政党の戦だということです。
自民党と民主党、思想背景はあるのか。思想はぶつかっているのか・・・・・・。
こう考えると今のところ、私は無所属でいるしかないんです。
暑いとついついこういうことを考えてしまいます。脳が解けているのかな・・・・・。

ちなみに、アメリカの最近の政治史について、大統領が民主党か共和党か、議会はどうか、ということを意識すると、ものすごくいろいろなことがするっとほどけていきます。なぜ、高校の世界史の時間に肝心なことをまともに教えないんだろう。アメリカのことを知らないと基本的に日本人は生きていけない、というのが現実なのに

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース