1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2008年08月31日

ごめんなさい、6月定例会報告ビラをまだ配布中です

テーマ:活動日記

天候不順で議会報告の配布が滞っています。

一部地域ですが、まだ6月定例会報告の配布が終わっていません。

お許しください。


今日も配布していたのですが、残念ながら夕立ちで中止せざるをえませんでした。


まだ数日、いまさらですが一部地域に届きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月29日

定例議会初日、和光市議会の定数削減(4減)が決定

テーマ:市議会のリアルタイムな説明

報告事項、人事案件、定数削減などを初日に扱いました。

報告事項では地方財政健全化法による健全化指標の報告など。
和光市は実質赤字比率0(-5.03)、連結実質赤字比率0(-64.5)、実質公債費比率6.0、将来負担比率64.5で、いずれも健全。ちなみに、イエローカード(破たん懸念)とされる基準はそれぞれ12.65、17.65、25.0、350.0を超えている状況、レッドカード(破たん認定)とされるのは20.0、40.0、35.0(将来負担比率はなし)。

で、実質公債費比率は3年平均なので内訳を聞き、都市計画税の関係の疑問点と、将来負担比率のかさ上げについて聞いたら見事に止まってしまい、議長からお小言を(笑。
確かに細かいことは委員会でって議運で確認したけど、これ、そんなに細かいですかね。

人事では第5小学校校長が就任半年で教育長に転出という異例の人事。
原因は教育委員人事との関係でのもめごと。
なぜか教育委員人事は結構もめる傾向があります。

 

その後定数条例を扱いました。

結果的には賛成多数で定数4減を可決。
堀議員が提出し、人身御供でサンドバッグになってくださいました。
前回の否決の時は私がサンドバッグだったので、気の毒ながら、楽をさせていただきました。

私の所属する会派「新しい風」では、須貝議員が代表して、会派で話し合って調整した結果であること、そして、須貝さんの個人的な意思決定の理由について討論を行いました。

私の公約は5減でしたが、妥協の産物ということでお許しください。

そして、次の改選から定数は18です。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2008年08月27日

和光市指定文化財展

テーマ:活動日記

今月いっぱい開催の「和光市指定文化財展」を見てきました。

市内の文化財を集めて3~4年に一回開催しているもので、絵巻や板碑、古文書などが展示されています。

 

和光市は宿場町だったこともあり、江戸期を中心にさまざまな文化財があります。

また、縄文、弥生時代を通して台地の端のほうに集落が点在していたらしく、そういう遺跡も多数発見されています。

 

さて、今回おもしろかったのは昔の人の生前供養の碑である板碑がたくさん展示されていること、そして、変化絵巻物の展示ですね。ささら獅子舞の資料やビデオもおもしろかったです。

31日までやっています。

また、次回は3年後辺りになりますから、都合のつく方はぜひ、ご覧ください。

和光市の文化財、地域のことを知る貴重なチャンスです。

http://www.city.wako.saitama.jp/j/kyouiku/bunkazai/kyo_20_1.html

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年08月26日

東京メトロから返答、そして、あらためて東武鉄道に要望

テーマ:活動日記
先日、東京メトロに日ごろの皆さんからいただいているご要望、苦情をまとめて送信しました。
http://takeyan.ameblo.jp/takeyan/entry-10129713564.html

で、以下は届いた返事です。
和光市駅の問題は東武が担当とのことで、ただ、私のプライバシーに配慮(笑)して名前を伏せて転送されてしまったため、 私からも東武に改めて名を名乗って要望しました。 内容はメトロの返答に次に示しますね。

「松本 武洋 様

東京地下鉄お客様センターです。
平素、当東京地下鉄をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。また、この度は貴重なご意見をいただきまして、重ねてお礼申し上げます。

松本様からのお申し出につきまして、下記のとおりご回答申し上げます。

和光市駅の乗車待ち位置につきましては、和光市駅を管理いたしております東武鉄道㈱へ、個人情報を伏せさせていただいた上でお申し出内容を伝えさせていただきました。

有楽町線の増発及び方向別行先の平準化につきましては、行き先による乗降人員や時間帯等を加味した上で列車ダイヤを決定しており、本年6月14日に実施されたダイヤ改正でも、本数及び最終電車の時刻の変更を行いました。
しかしながら、この度のお申し出は、貴重なご意見といたしまして、23時30分以降の電車の運転間隔の件と併せて、今後の参考とさせていただきます。

小竹向原駅の接続につきましては、現時点では、接続先が複数の路線に及ぶため行っておりません。
また、同駅でのご案内につきましては、①発着番線、②行き先、③種別(急行・各停等)、④編成両数の各項目につきまして、案内放送を徹底するとともに、表示装置(旅客案内装置)の増設と表示件数の増強(2段表示から3段表示へ)を予定いたしており、駅構内の案内看板につきましても表示内容の見直しを実施いたします。

東京地下鉄では、今後もお客様に安心して快適にご利用いただけるようサービスの向上に努めてまいります。

東京地下鉄株式会社 お客様センター」
松本から東武鉄道へのメール

「和光市駅の電車待ち位置の表示の改善についての要望

埼玉県和光市の市議会議員の松本武洋と申します。
和光市民から意見をいただきましたのでご対応願います。

副都心線開業で和光市駅での乗車待ち位置が混乱しています。
副都心線と有楽町線の乗車待ち位置を分けるとともに、さらに始発と次の始発に分けて、わかりやすく表示してください。
和光市民は座って有楽町線で通勤できることに意義を見出して不動産を購入したり借りたりしていますので、よろしくお願い申し上げます。
なお、東京メトロ様にも同様の要望をお送りしております
。 」

なお、前回(昨年12月)のメトロとのやり取りは下記です。
その後、ダイヤ改正では、たまたま(笑)終電繰り下げは実現しました。
松本の要望の成果かどうかは別にして、とりあえず、言ってみるもんですね。
また、メトロも会社ですから、「苦情こそニーズを拾い上げる宝の山である」と認識していることと思います。
このやり取りは今後も、市民各位のご要望により、定期的にやっていければと思っています。

で、商売敵(笑)出現です。
同じ会派のやはり同じ元サラリーマンである1期目の井上議員 が、今度の9月議会の一般質問でこのネタを取り上げることになりました。
複数の経路から要望が行くことで、実現の可能性はアップすると思います。
今まで、駅ネタ、電車ネタは私が独占に近いと認識していましたが、井上議員は駅で同じように市民の皆さんと接触しているため、発想に共通のものが結構あります。
和光市の中心的な納税者である都心に通うサラリーマン層の思いを媒介する議員が増えたことで、市政の刷新はさらに進んでいくものと思っています。
都心に通う人々のハートを射止める和光市でこそ、継続的な発展ができると思っています。
ともにがんばろう!
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2008年08月25日

嵐山町長選記事で「若手政治家養成塾」に言及が!

テーマ:ニュース

下記記事で若手政治家養成塾 について、少し言及されています。


嵐山町長選26日告示 現新、再び激突か
 
任期満了に伴う嵐山町長選(二十六日告示、三十一日投開票)は今回も二期目を目指す無所属で現職の岩沢勝氏(66)と、二度目の挑戦で無所属新人の英会話塾経営の佐久間孝光氏(48)による一騎打ちになる公算が強まっている。・・・・現職の岩沢氏は、行財政改革に力を入れ、敬老年金の廃止や公共施設の有料化、職員人件費の削減などを行いながら町の負債を十一億円減らしたことなど一期目の実績と行動力をアピールしながら票の上乗せをうかがう。
 一方、新人の佐久間氏は、日本一低い町長給与三十二万円を実現すれば、年間三百万円の財源確保が可能となり他の施策に回せることなどを訴えている。若手政治家養成塾で地方分権などを学んだことを生かし、各種団体などの集まりにも参加。チラシ配りやわ立ちで知名度アップを図っている。・・・(8/24埼玉新聞より。・・・は中略のこと)」

佐久間孝光 氏は私の財政の講座のあと、自分で徹底的に町の財政を調べ上げ、詳細なレポートを作り、見せてくれました。人を引き付ける力があるうえに、なかなか緻密な人物です。今回の再チャレンジをドキドキしながら見守っています。

養成塾 ←この時!

若手政治家養成塾は統一地方選に向けたキャンペーンだったので、今のところ休んでいます(塾では活動のための政策作りや自治体の財政についての講義を担当しました)。
ただ、政治家志望の若者への支援は、私たち塾の運営委員と思想がある程度合致し、それなりの人物であれば時間の許す範囲内で個人的に行っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み