1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年01月31日

茶話会を終えて

テーマ:行政・地方自治

29日は12月定例会を踏まえた茶話会(報告会)でした。

定例会の報告の後、予算の方向性、まもなく公表される和光市の改革プランの概要についてお話しました。

お集まりいただいた皆さんには感謝申し上げます。

議会の出している広報誌に表面的に取り上げられていることの本質をお話ししたり、私の推進している政策についての感想をお聞かせいただくなかで、今回も貴重なやり取りができたと思います。

会場でもお願いをしたのですが、お忙しいとは思いますが、ぜひとも役所に対してのパブリックコメントをしっかりと活用していただきたいと思います。

市政で最大の問題は、忙しい皆さんの考えがしっかりと反映されていないというところだと思っています。最近は市民参加メニューが充実し、曲がりなりにも市民の思いが役所に伝わるようになり始めました。

もっとも、市民の直接参加で得られる意見はあくまでもその人の個人的な見解です。しかも、似たような人がいつも直接参加者のかなりの部分を占めています。

市役所はそれをしっかりと認識して、声の大きな人々だけに縛られない、多様な人々の思いを踏まえた行政運営を行うようにしなければなりません。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006年01月29日

本庄市長選挙の出陣式に行ってきました

テーマ:行政・地方自治

昨年(2005年)の5月29日の記事 で取り上げた、若手議員仲間だった現職本庄市長の吉田しんげ氏が合併にともなう2期目の選挙に出馬するため、本庄まで行って出陣式に出て来ました。

半年強の短い任期を終え、選挙の洗礼を受ける県内最年少の青年市長。

正直、5月の時は「半年でどうやって次の選挙に勝てる成果を残せるのだろうか」という危惧を持っていましたが、持ち前のフットワークで霞ヶ関から県内まで、さまざまな足跡を残し、いつの間にか2度目の選挙も無投票になりました。

今日、夕方4時、会場に行って驚いたのはその出席者の数です。

500人は最低でもいたでしょうか。

そして、出席者に語りかける吉田氏の熱い演説。

もう、前回とは別人のような人物がそこにいました。そして、演説が終わった頃に無投票当選確定のしらせ。選挙は一日で終わりました。

実は秋に仲間で集まったとき、私は彼といろいろ突っ込んだ話をしたのですが、そのときはうっかり感じ取ることができなかった、驚くほど堂々たる姿がありました。

あらゆる市内外の資源を利用して本庄をよみがえらせる、と語る彼を見て、その迫力に私は心からうなりました。

私は前回の選挙では、突然の出馬で何のノウハウもない状態からのスタートでした。しかも、当時の私は純粋培養の会社員の域を出ていませんでした。そして、選挙後、ある勉強会で出会い、何も知らない私に本当にいろいろなことを教えてくれたのが吉田氏でした。今もそのときに取ったメモを見返すときがあります。

私の任期もあと一年。彼から吸収すべきことはあのときよりもさらに増えています。

エネルギー充填完了、といったところです!

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2006年01月28日

ブラジルのある街で「死んだら犯罪」という条例案が提出された~墓地条例について

テーマ:ニュース

いきなりですが、面白いニュースをまず転載させていただきます。

出所はTNK SOFTWAREさんのブログ記事 。CNNのソースがちょっと見つかりませんでしたのでここから孫引きします。

死んだら犯罪

 

 ブラジルのビリチバミリンという町では、町の全域が環境保護法の指定区域に該当し、墓地が不足する事態に陥ってしまったことをうけ、住民に死ぬことを禁止する条例案が提出された。罰則規定はないが、「違反者には相応の責任をとらせる」とのこと。(CNNニュースより要約)

 当然のことながら、ブラジルの憲法にも違反するこの条例案は却下される見通しである。が、もともと提出のきっかけは「墓地の新設を認めてくれ」というPRのためなので、廃案は織り込み済みなのだろう。」(以下はリンク先 でどうぞ!)

あまりに意外な話なので和光市ネタと絡めて記事にさせていただきます。ブラジルの地方自治にはいろいろな先進事例があるらしく、志木市の市民委員会制度もブラジルの先進事例とそっくりだったので、私はあそこから持ってきたと信じています。

さて、実は和光市では墓地の建設に関する条例がまもなく上程される予定です。これは、単純化して言うに市内の調整区域に墓地を作りたい開発業者が地元とたびたびトラブルを起こすからです。

いまも和光市内ではトラブルがあります。そんな罰当たりな作り方の墓地じゃご先祖様も困ってしまうのではないでしょうかね。いや、気のせいですか。

墓地は基本的に宗教法人が企画した場合、都市計画法上の規制などをクリアすれば作りやすいので、地方の寺(宗教法人)が何百キロも離れたところに素っ頓狂に墓地を作ろうとするケースがあります。まあ、一種の名義貸しに近いケースが多いのですが、正直地元の人々や自治体の悩みの種の一つなのです。

そこで網をかけようというのが今回の条例 です。

それにしても、やはり、墓地は世界的に論争のタネなのですね。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006年01月27日

源泉徴収票が来ましたので内容を公表します!

テーマ:情報公開・透明性

確定申告のために来た源泉徴収票から数字を転記します(非常勤特別職は確定申告をします。いくら収入がこの金額でも。そして、公務員共済には入れません。確定申告は・・・・いつになることやら)。

報酬分

支払い金額 5,642,220円

源泉徴収額  777,674円▲(税です。)

社会保険料等 619,850円▲(話題の議員年金です。多分まともに帰ってきません。)

審議会等の受取分

支払い金額  13,600円

源泉徴収額    608円▲(税です。)

このほかに15万円弱の出席費用弁償(交通費、昼食代のような位置づけです。1日2千円)を受け取っています。

また、政務調査費が年間24万円あります(私は全額使っています。主な使い道は市政報告のチラシ)。

これで役所からの受け取りはすべてです。

 

なお、私の場合、会社員時代と比較すると収入は激減しました。

でも、お金に代えられない何かがある仕事です。

ちなみに、アルバイト収入は秘密にしておきますね。入院が響いて去年は少なかったのですが、あることはあるんです。

あとはみなさんでご判断くださいね。

 

追記:一部表現を変え、一言多い部分を削除しました。

追記:公表は一定の評価をいただきました。何より、「思っていたのと違う」という反響が多かったですね。(笑

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2006年01月25日

全員協議会がありました①予算説明について

テーマ:市議会のリアルタイムな説明

今日は全員協議会

傍聴希望者がいたようだったのですが、結局傍聴者はゼロでした。

別に傍聴してもいいのに…。

さて、今日の内容は予算概要説明と和光市行政改革集中改革プランの説明した。

一般会計は224億9485万円。

前年度比で5.2パーセント増。総合体育館分を除くと3.1パーセント減です。

予算説明を見ていて気になったのは、公共工事の相変わらずの多さと、そして国民健康保険への繰り入れが相変わらず増加見込みだということでした。

ちなみに、老人福祉センターの補修に1億3130万円、介護の地域拠点との複合施設が予定されている南地域センターに2億2010万円などが大きなものです。

減額で気になったのは、特色ある学校づくりの予算(実態は備品購入費など)が一律200万円のところ150万円への減額、そして、ふれあい施設整備(ざっくり言って、団地などの公開施設の補修補助)が半減、といったところですね。

私は昨年の予算に賛成した討論で箱物重視が来年も続いたら今度こそ反対します、と申し上げました、このまま予算案が出てきたら、賛成したくてもできないという状況になってしまいます。それだけは懸念として表明しておこうかと。

私はパフォーマンスの「ハンターイ」はしないと心に決めているのですが、さすがにパフォーマンスの次元ではなくなりつつあります・・・・。

やはり、痛みを市民に求めるなら、箱物をやっている場合じゃないのではないかと思います。

いままで比較的良かった財政が少しずつ傾きつつある印象です。

(つづく )

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース