1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年09月30日

公務員は失業保険料は払わないって知ってました?(再度リバイスしました)

テーマ:行政・地方自治

<記事の出来が悪かったので再度改訂しています。この話は奥が深いようです>

 

 

公務員が失業保険を払っていない(給与に含まれているとも解釈できる)ことは有名です。

では、実際に失業状態になったらどうなるのでしょうか。

常勤の公務員が失業したときは、国家公務員なら国家公務員退職手当法
の規定により、公務員退職手当が貰えます。離職後失業していれば、もらえます(財源はいわゆる官庁の職員なら一般会計)。


もし退職手当の額が雇用保険の基本手当より少ない場合には、その差額も補填されます。もちろん、数年勤めれば雇用保険の基本手当てを上回る手当が貰えますので、これは短期間で辞めた人向けの補完的な制度です。

 

 

 

なお、公務員の場合、退職手当は一本ですので、5年程度勤めていわゆる退職金が積み上がってくると、たとえ失業状態になっても失業保険に当たる分の受給はできません。民間とかなり感覚が違います。

 

 

 

ちなみに、非常勤の公務員は雇用保険を払うことになっています(手続きをし忘れていた役所のケースを見たことがあります。役所は時々とんでもないミスをやらかします)。

さて、失業保険の財政がいま、失業者の増大で傾いています。しかし、この公務員の制度は一般財源で保証されています。

年金と共済の関係もそうなのですが、いつまでこの状態を続ける気なんでしょうね。

 

 

 

失業保険と何らかの形で統合すればいいのに。もちろん条件は失業保険並みで。そして、失業保険を払ってもらったらいかがでしょうか。

 

追記:この記事は公務員叩きではありません。むしろ、雇用にかかる制度設計が「公務員に解雇なし」を前提としたものだということの矛盾を解き明かしたつもりです。失業保険込みだからあの退職金、あるいはあの給与、という感覚は現場にはないと思います。

 

 

 

追記:私は公務員の世界も出入り自由、というのが理想だと思っています。公務員は文書作成・管理の能力などがおしなべてしっかりしており、民間でも使い道のある人材がたくさんいます。一方で、民間には公務員にない発想力の人材がたくさんいます。

 

 

 

現在のような公務員ムラという閉じた社会ではなく、開いた人材市場を構築することができれば、役所は変われると思います。

 

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2005年09月30日

外で弁当を食ってそのまま立ち去る人々

テーマ:教育

最近驚かされるのは、ゴミのポイ捨ての変質です。

つまり、驚くような捨て方が出てきたのです。

駅前広場などでカップめんを食べて、そのまま立ち去るケースが多々あります。

それも、「ごちそうさま」の状態で。

スープが入ったままで、箸が乗っけてある。

弁当もこのパターンが多いです。


道路のゴミもふざけています。コンビで昼食一式を買って食べ、そのままコンビニの袋に入れて道路脇に捨てるケースが多いです。和光市の場合、幹線道路が多く、その脇の緑地帯などにこのゴミセットが投げ捨てられます。

 

この「食ったままそのまま立ち去る人々」の原因は何なのか・・・・。

ひとつ思ったのは、家庭での手伝いの経験です。食事が終わってそのままのものを置き去りにするというのは、やはりそこなのかな、と感じています。

私は食事をすると皿は下げるよう教育されました。

もしかしたら、その教育を受けていないのかもしれない、と感じています。

追記:ちなみに、「ごちそうさま」でそのまま立ち去るのは若者だけではありません。こういうモラルハザードはあっという間に伝播するのです。

いいね!した人  |  コメント(28)  |  リブログ(0)
2005年09月29日

ひきこもり、少子化、いじめの勉強会~恋愛社会のインパクト①

テーマ:教育

今日の午前中はJTR水曜ミーティング。今回残念ながら落選したある元代議士の秘書の方が敗戦の弁を。優秀な方だけに、永田町で活躍していただきたかったです。ある点では代議士以上に。

午後は、衆議院第一議員会館で勉強会があり、参加しました。

タイトルは「少子化の原因と対策~減り続ける日本の人口」。

講師はセラピスト、カウンセラーで私もいろいろと教えられ、啓発されている服部雄一 氏。

 

以下、お話の要点を。(私が同意見とは限りません)

 

「少子化の原因が正しく把握されていない。 だから少子化施策は的外れである(加筆:すべて的外れとは言っておられませんでした。)

 

①少子化の原因は心理的な要因

少子化の本当の原因は心理的な要因である。つまり、「結婚できない若者」「子供を持つ自信がもてない若者」が増えているため

なぜなら

人間関係の構築が出来ない、対人関係が怖いから。
その原因は

子供の頃に対人関係構築の訓練が出来ていないから。

恋愛の経験をつむ文化が日本では希薄だから(←お見合い社会だから)

昔は、お見合いで無理矢理結婚できていた。

しかし、今は欧米化が進み、個人対個人で恋愛して結婚する率が8(1967年は5)。比率は低下傾向が続いている。

恋愛結婚社会とは、動物や鳥のように求愛(クジャクの雄が羽根を広げて雌に求愛するのが典型)できないと子孫が残せない社会

そして、

欧米では、求愛は人の基本動作(欧米の男性は女性に優しい。また、欧米の女性は男性から誘われてもあまり構えない。これは、常に異性に愛情表現をし続けないと子孫が残せない、欧米社会にいれば自然に身につく)日本では、求愛にまつわるプロセスが貧困。欧米では両親の愛情表現を見て子供は家庭で学ぶが、日本の見合い結婚の家庭ではそれがない場合が多く、学べない。

 

日本人は基本的に人を怖がっている(対人関係を恐れている。つまり、嫌われるのが怖いなど、人間関係で異常に緊張する)

日本は従来、見合い結婚社会→努力しなくても見合い話があった。

現在は見合いの習慣が廃れている。従来は潜在的引きこもり(③参照)は結婚できていた(そして、多くの日本人が潜在的引きこもりだった)

 

②引きこもりの原因

引きこもりの原因は、対人関係が構築出来ないということにある。

対人関係は基本的に家庭・地域と学校で学ぶしかない。子供時代に学んでおくもので、大人になって突然やるのは難しい。

対人関係が構築出来ないから引きこもりになる

対人関係が構築出来ない原因は親の虐待やいじめ、冷え切った家庭に育ったことであるケースが多い。特にエリート層の家庭に多く、男子校、女子校、恋愛を禁じる共学校出身者に多い。大切な思春期に男女の会話の訓練をする機会を奪われている。

 

引きこもりは統計より多いと推測できる。

なぜなら、

引きこもりを隠す傾向があるため。

 

引きこもりの治療は早ければ早いほどいい(講師の経験上10年以上のひきこもりの治療は大変困難)

引きこもりは両親を憎む傾向がある。

引きこもりは見合い結婚の両親の子に多くなる傾向がある。

なぜなら、見合い結婚の家庭には男女のやり取りがほとんどないケースが多いから。

 

③潜在的引きこもり

対人関係で異常に緊張する。

しかし、

普段は会社などに来て快活に振舞う。

そして、

次第にストレスを溜めて行き、ストレスが飽和状態になると会社を退職する。

潜在的引きこもりは会社には来るが、恋愛結婚は難しい

膨大な数の潜在的引きこもりがいると推察されるが、統計はない。

 

④避けるべきこと

子供が連れてきた彼氏、彼女にケチをつけない(ケチがつくのは親子同居を前提に考えるから)。子供が萎縮し、親の顔色を見るようになる。自分の子供には恋愛能力があると喜ぶべき。

さまざまな子供の訴えかけを無視するのはダメ。顔色をうかがう子になる。多重人格を生む(23歳で既に親の顔色をうかがう子供がいる)

 

 

 

つづく

 

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2005年09月29日

ひきこもり、少子化、いじめの勉強会~恋愛社会のインパクト②追記あり

テーマ:教育

承前~しつこいようですが、すべてが私の意見と一致しているわけではありません。

 

⑤今後の対策

・自由に子供同士で遊べる場で人間関係を学ばせる。

・恋愛や人間関係は教育の場で解決できる。

・いじめをなくす(日本社会はいじめを容認している。でなければ何も解決しない原因が分からない)

・若者が恋愛できる環境づくり。

・母子密着をさせない(アメリカには母子密着はない。母子密着は夫婦の仲が悪いため起こるが、アメリカでは即離婚となり、母子密着は起こりえない)

 

⑥その他

現状の子育て支援はあまり役に立たない。

見合いを増やすのもお勧めできない。

なぜなら、無理矢理の結婚から、ひきこもりが再生産されるから(引きこもりの家庭の子供は引きこもりになりやすい)

結局、労働力にならないひきこもりが増えてしまうから、労働力を増やしたいという政府の意図の通りには行かない(←表現を修正)。

 

松本の感想(以下、かなり加筆してあります)

①少子化対策は今複数の子供を生んでいる人の3人目、4人目を産んでいただくにはどうすればいいかをしっかりと考えた方がいいのかもしれない。

 2人お子さんを持つ家庭では、もう一人欲しいが、金銭的に無理、とか会社が休ませてくれれば産みたい、という家庭が私の身近にも多い気がします。1人「できちゃった」人は正直、わかりません。また、何人も「できちゃった」けれど育児放棄という家庭もあります。しかし、圧倒的に多いのは欲しいけれど・・・という人。この層をどう捉えるかで、ある程度の子供を増やせる気がします。

財界に協力してもらう必要があります。今の企業社会にはまだ、「おいおい、そんなに生むなら育児に専念したらどうだ」「子どもを他人に預けるなんて」という管理職がいるのも確かですし、言わなくても無言のプレッシャーがあるようですから。

(知り合いの保育士は「子育てを億劫がる家庭においておくより、保育園のほうが社会性が身につきますよ。そういう家のお子さんは、保育士に付きまとって独占しようとする、それだけさびしいんです。」とおっしゃる。)

②学校のいじめは何としてでも解決しなければならない。

 私に理解不能なのは、学校への警察の治外法権的な対応です。いじめが死や大怪我、金銭の強奪をに、至るレベルであれば、警察は即座に介入すべきです。

 人権派の一部は警察・検察の介入を嫌いますが、それにより、多くの子供が心身や財産権への侵害を受けています。この一歩を踏み出さなければなりません。

 また、少年犯罪に関する特別扱いの撤廃がいいのかは不明ですが、制度が少年犯罪者に見抜かれ、悪用されている実態は放置してはなりません。これへの抵抗勢力は、断固打ち砕くべきです。

 学校・教員も、もし手に負えないなら、証拠をしっかりと作って警察に相談すべきです。それは子供への裏切りではなく、他の子供を守る行為です。

 教育委員会のもみ消し体質も、何とかしなければなりません。何かあると学校に全てを学校と教育委員会に押し付けて叩くマスコミや議会にも責任があります。

 

あくまで、今日の勉強会の感想です。


*これがすべてだとは思っていません。

 

 

**服部氏のホームページ もご覧ください。

 

いいね!した人  |  コメント(38)  |  リブログ(0)
2005年09月28日

今日は最終日①新しく出来る体育館の議案が提出され・・・・

テーマ:市議会のリアルタイムな説明

総合体育館の再入札は賛成多数で可決!

 

 

純粋な契約案件として賛成しました

 

~結局、体育館建設工事問題は作戦負けだった

 

先般、私の記事『 18 億という規模の入札に誰も応募しなかったわけですか・・・でご紹介したように、和光市の長年の懸案だった総合体育館問題ですが、工事の入札が行われ、一回目(8)の入札は応募なし、二回目(9)2社が応募し、予定価格の99パーセント台でH興業により落札(事前の価格公表制度があるため、上限貼り付きが顕著)されました。

私は体育館の早期建設については財政上の観点から疑問を呈してきましたが、今回は契約案件であり、純粋に契約の是非を問う議案ということで、その観点から質問などを行い、契約に表立った瑕疵(問題点)はないため、賛成しました。要は、何も出なかったということです。

事前に結果は見えていましたし、最後まで抵抗しました」という演技はできません。ということで、討論で理由説明の上、賛成となりました。

一方で、「最後まで戦いました」という方もおられます。やり方は人それぞれということで。ごねて補助金を飛ばしたら、福祉会館の二の舞*です。
もちろん、補助金行政は嫌いですが(補助金ネタはここ )。

 

総合体育館の建設にかかる経緯を経験して、ひとつ学んだことがあります。やはり、「公共事業は走り出したらなかなかとまらない」ということです(あほかーと言われるかもしれませんが、実感です)。もちろん、強引な手法を使えば止められそうな場面はありましたが、犠牲を考えると私はそれを躊躇します。3月定例会で年度のすべての予算を人質に取った議案だったため、私は賛成をしたわけですが、結局は建築予算を既成事実化した市当局の作戦勝ちだと思います(財政的なことを考えると決して勝ちだとは思いませんが。人質作戦については、よど号事件の時の担当者の心労が分かりましたよ)。

今後は必要なら「走り出す前に戦うべし」と感じています。

和光市にたくさんある、公共事業の計画を私なりに精査し、今後の必要性や事業が動き出すリスクを考えながら活動していきたいと反省しています。それでないと、「最後まで戦いました」とポーズをとるだけの活動になってしまう。

もう引き返せなくなってからぎゃあぎゃあと騒いでも、それは市民向けのポーズであり、「やってます」という宣伝に過ぎない。そこまで行く前にいろいろと必要性などを検証し、議会でも指摘しておくことが求められていると感じました(だから役所は突然あいまいな計画を具体化してくるわけですが)。

 

なお、今回の設計において教育委員会は、従来なかったさまざまな努力(部材の徹底的な市場調査など)をして、設計価格の抑制に努めました。今後は、同様の努力が市役所で行われるべきであると討論でも指摘しました。今後、また元の木阿弥の見積もりをやったら、今度こそ反対します、とも。

狼少年じゃないですから、役所の方にはお含みいただきたいです。

今後はいつでも無警告でやりますので。

 

なお、前回の記事以降の話ですが、条件の緩和により2社が参入しました。そして、契約相手企業はこの条件緩和で参加することができるようになった企業でした。(落札企業は指名停止処分の経験がある企業なので、それを理由に反対する論法はひとつの選択肢かもしれません。)

 

この経緯ですが、議場で「胡散臭い」を連呼したため同僚議員があわてて目配せをしてきました。でもね、私も確信犯でやっているんです。一回目の入札に関して発言するかぎり、入札は不調だったわけですから相手方がない。だからこそ、思っていることを本当に発言してやろうと考えたわけです。大体、「議会の品位」って何なんですかね。(9/27日の話を9/28記)

*総合福祉会館というハコモノを作る際に、監査請求などの徹底抗戦が行われ、それが年度をまたいだため、自動的に補助金が飛んでしまった事件がありました。

 

 

追記:この件については、私の個人的な事情が大きく影を落としています。市民には私のチラシでその事情について説明しています。ここでは、「言い訳」を書くつもりはなかったのですが、私のブログをご覧いただいている皆さんは、ある意味、私の支持者以上に私のいろいろな話にお付き合いいただいている同志ですので、包み隠さず説明することにします。

今年年初、私は一ヶ月入院し、かなり重篤な状態まで行ってしまいました。そうなる前は、私はこの体育館予算を含んだ今年度予算(予算は一括上程)3月議会での否決もありうると考え、手を打っていました。それは否決後5月に行われる市長選に誰も挑戦しない場合、玉砕覚悟で現職に挑戦するというものでした。ささやかながら資金を準備し、年頭に配布するチラシにはそれを見越して「仮想」公約を入れておいたのです。

ただ、入院でこの計画は消えました。

退院はしたものの、健康状態から選挙という選択肢を失った私は、予算否決の責任は取れないと判断(他にもいろいろ理由はありますが)し、当年度予算に賛成したのです(予算はギリギリで通過)

今回、反対して「財政上の見地からあくまで反対します。私は最後まで反対しました」と主張する選択肢もあったと思いますが、ここまできた以上、私は賛成することにしました。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース