2009-05-04 11:02:11

映画「グラン・トリノ」

テーマ:読書・映画

原題:Gran Torino
タイトルはてっきりおじいさんのことかと思ったら、1972年製フォードのグラントリノのことだった、もしかしてGM、クライスラーよりマシなフォードの応援映画!?

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-gran_torino 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-gran_torino_ver3
朝鮮戦争帰還兵にしてフォード自動車組立工の経歴を持つウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)の晩年、妻を亡くし、病に冒され、そして自らの命を断つに至る、人生の最後に成すべきことを成して輝きを放ち、壮絶なる死を遂げる感動の物語・・・始まりは男やもめとなったウォルト、食事はビールとビーフジャーキー、日課は芝生の手入れと家の修繕に愛車グラン・トリノを磨き上げること、人種に偏見を持ち、神をも恐れぬ風情の彼、そんな彼の隣家に越してきたのがモン族一家、東南アジア少数民族の彼らに対しても蔑視の排斥感を募らせるウォルトだったが、スー・ロー(アーニー・ハー)の屈託のない明るさと優しさに触れ、遠くの親戚よりも近くの隣人とばかりに打ち解けていく、そして殻に閉じこもりふさぎ気味だったタオ・ロー(ビー・バン)との交流が始まり、ウォルトはタオに大人の男の生き様を示してみせる。
あまのじゃく的だけど、一見危険そうに見えるブラックよりも実は身内を含むイエローの方が危険な存在だったという皮肉、そして懺悔の内容は他人から見ると取るに足らないようなくだらないことだったという皮肉、人生は皮肉に満ちている、物事の本質はいつも遠く手の届かないところにあるもの、それを知り、成すべきことを成すことができるようになるのはやっと人生の最後のこと、哀しいけれど人間の性なのか・・・仕事を教え、仕事を世話し、デートを世話し、人生を教える、そうして彼は、感動の余韻を残しながら静かに、息を引き取って逝く。

グラン・トリノ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

2 ■TBありがとうございました

TB有難うございました。
クリント・イーストウッドの俳優業引退説も
囁かれましたが、こんなに貫禄のある演技を
観ると俳優業もそして、監督業も情熱の
続く限り続けて欲しいと思いました。
ラストの余韻は上映後も残りました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

1 ■おはようございます

茸茶さま、本作と『スラム・・・』のTBをありがとうございました。

簡潔に、でもとても大切なところを的確に評された茸茶さまのレヴューを拝読して、朝からウルウルと泣けてきそうになってます。

>人生は皮肉に満ちている、物事の本質はいつも遠く手の届かないところにあるもの

↑ここのところ、普遍的な人生の不条理さを感じました。

佳き映画でしたね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。