2009-02-08 14:45:02

映画「ヒトラーの贋札」

テーマ:読書・映画

原題:Die Falscher
原作は「THE DEVIL`S WORKSHOP(ヒトラーの贋札 悪魔の工房)」、悪魔のワークショップというのが、なんだか的を得ているようで、主人公も善人じゃない~

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

実際にオーストリア・トプリッツ湖から大量のポンド紙幣が見つかったという。それが1959年のこと・・・第二次世界大戦中にそのワークショップで作られた贋札は1億3,200万ポンドというから凄まじい。それがナチス・ドイツの"ベルンハルト作戦"・・・ユダヤ人のサロモン・ソロヴィッチ(カール・マルコヴィクス)は闇で公文書偽造や紙幣贋造を生業としていたが、行きずりの女性と一夜を共にしているところをヘルツォーク(デーヴィト・シュトリーゾフ)に踏み込まれ逮捕、強制収容所送りとなるも、腕を買われ贋札工場チームに修整主任として加わることになる。一匹狼だった彼も、印刷技師のブルガー(アウグスト・ディール)や美校生のコーリャ(セバスチャン・アーツェンドウスキ)らとの仲間意識が芽生え、生と死、正義と保身の狭間で葛藤しながらも持ち前の技術を生かした目覚しい働きで贋札を完成させる。
ナチスによるホロコースト、まさしく死がすぐ隣にある。そんな周囲の状況の中で、ブルガーはナチスの陰謀に加担することが結果的に仲間や家族を苦しめることになると正義を貫き死をも厭わぬ姿勢をみせ、紙幣印刷を妨害する。後に彼がおそらく誇らしくこのワークショップの出来事を書き著すのだし立派なのだけど、観客としては葛藤しながらも物語の主人公ソロヴィッチのほうに感情移入するよね、彼の仕事を完成させようとする気概、仲間を思いいたわる優しさ、正義の味方から非難されようとも彼にこそ人間らしさをみる気がする。最後にまたモナコ・モンテカルロのギャンブルで思い切り良く大金を散財し、海辺にたたずむ彼の後姿がとても侘しい。
(wowow)  ヒトラーの贋札

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■TB有難うございました。

2年ぶりにアメブロとのTBができるようになり、喜んでおります。

本作については、素材的に大変興味深いものでしたが、どこがどうというわけでもないものの、傑作というには少し物足りないものを覚えました。

以前同様宜しくお願い致します。

1 ■TBありがとうございました

TBありがとうございました。
アカデミー賞外国映画賞受賞ということで鑑賞しましたが、作品賞をとった「ノーカントリー」は理解できず苦しんだのですが、こちらは、極限状態の生きる人間の苦しみを感じました。実話を基にしていますが、もし、彼らがドル紙幣を完成させていたら戦局はどうなったのでしょうか?ぞっとしますね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。