2007-02-18 00:28:59

映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」

テーマ:読書・映画

誰もが思う過去の修復、なかなか面白いね、17年の時を遡った結果は、1本だったはずのレインボーブリッジがなんと3本に、それぐらい劇的に楽しい物語・・
babble_go babble_go
日立製作所家電研究所に勤める田中真理子(薬師丸ひろ子)の偽装葬式から物語は始まり、財務省大臣官房経済政策課の下川路功(阿部寛)と出会うことで、バブル絶頂期の1990年3月へと田中真弓(広末涼子)が、古びた廃屋のような研究所で母の真理子が偶然開発したドラム式洗濯機型タイムマシンに乗り母の救出へと向かう。
真弓の元彼がどんなヤツだったのか少し気になったが、いまや古き良き時代と懐かしんでしまうぐらいに遠い過去となった1990年、ワンレン・ボディコン花盛り、ディスコクイーンの飯島愛、ジョージアの飯島直子、いずれも見事な脚線美でうっとりしてしまう。広末涼子に吹石一恵も加えて脚線美はこの映画のひとつの見せ場になっているようだ。そして自然に笑みが浮かんできそうな森口博子に、映画でもすっかりおなじみになった劇団ひとりなどバラエティ陣も豊かで楽しませてくれるよね。
夢のような、というよりも夢そのもののお話ではあるけれど、巨悪を挫く爽快感とともに家族愛に目覚める男の現実感に涙を誘われる。・・いつも思うことだけど、うまくこなして欲しいと思いながらみてるけど、広末涼子の演技はなんだか危なっかしい印象なんだよね、だけど頑張ってるなぁというのは分かる、特にディスコで腰を前に後ろに振ってみせるダンスシーンは面目躍如という感じで良かったですよ。薬師丸ひろ子はさすがに彼女という感じで安心感がありいつも感心させられる。・・展開もスピーディーで飽きさせない、いい映画です。(レイト)

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

9 ■TBありがとう

久々阿部ちゃんのギラギラした表情が見れました^-^

8 ■ピッチが早くて、なかなか…でした。

TBありがとうございます。
バブルの恩恵はなかったけど、懐かしさは感じました。「脚線美」確かに。女性陣が華やかでした。

7 ■ジョージア

こんにちは。TBありがとうございます。
いろんな小ネタは楽しかったかな。
飯島直子は久しぶりに見た感じがしたなぁ。

6 ■無題

こんにちはケントです
TBお邪魔します
洗濯機がタイムマシンなんて面白いですよね。
バブル時代に青春を謳歌していた40代の方は、ことに懐かしいでしょうね。
確かにレゲエなダンスシーンは良かったですね。

5 ■無題

TBありがとうございました!
ラストのシーンには驚かされました。
でもこういう明るいラストがあってもいいですよね?
映画なんだし。。。

4 ■ノラネコ

もっとはじけて欲しい気はするけど、楽しい映画でした。
バブル期に恩恵なんて全く受けなかったけど、何か時代の勢いみたいなものは感じてましたよね。
まあ弊害も大きかったですが・・・

3 ■はじめまして

TBありがとうございました。
観ててとても楽しい映画でしたね♪人と行ってあとで会話が弾む映画って好きです。

2 ■:*:..oO○(p′∪`q)

こんにちは。
あいと申します
時々訪問してます。

ブログ初心者ですが更新がんばってます
それではまた

1 ■きれいでした

足きれいでしたよね~。
広末なんて1児のママなのに!
3本になってる~、あっはっは!と最後まで楽しい映画でした。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。