2006-09-23 12:53:22

映画『ヴェラ・ドレイク』

テーマ:読書・映画

原題:Vera Drake
優しさゆえに犯した罪、それでも法が法であるために、そして哀しくも見せしめと言われ、彼女は2年6ヶ月の禁固刑を受け入れた・・それでも幸せな彼女・・
vera_drake vera_drake_ver4

1950年イギリスはロンドンの下町、決して裕福ではないが、家族とともに幸せな日々を暮らすヴェラ・ドレイク(イメルダ・スタウントン)、家政婦として働く彼女には家族にも打ち明けられない秘密があった。生んではいけない子供を身篭った娘や、子沢山でもうこれ以上養っていけないというのに身篭ってしまった人々の堕胎を、非合法で施していたのだった。あくまでも無報酬で困っている人たちを助けているだけなのだが、処置を受けて生死を彷徨った一人の娘が病院に駆け込み警察の知るところとなり逮捕されてしまう、やはり判決は厳しかった。
・・驚くのはあの堕胎の仕方だ、石鹸水に消毒液を混ぜて注入器で・・トイレに行けば全部流れて出てくるという。見所はイメルダ・スタウントンの演技、非合法なのは知っている、けれど優しくて世話好きの彼女が、逮捕されるという現実に直面し、まるで髪の毛が蛇の怪物に見据えられたように固まってしまう。それでも家族を気遣い、患者を気遣う彼女の優しさがにじみ出ている。彼女は刑に服し、彼女のいない家族がひとつのテーブルを囲んで座っている。誰も何も話さない。ただ静かに佇む・・。(9/20wowow)  ヴェラ・ドレイク

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■TBありがとうございます!

イメルダ・スタウントンは素晴らしい演技でしたね。
いろいろ考えさせられる作品でした。

6 ■TBありがとうございました

返す返すもイエルダ・スタウントンに尽きる映画でしたね。
ああいう世話好きのおばちゃん、昔の日本にもいたなあと思い返して見ました。

5 ■無題

TBありがとうございます。
以前にもTBしていただきました。
それ以来こちらのブログ、時々覗かせていただいてます。

『ヴェラ・ドレイク』いろいろと考えさせられる映画でした。
役者さんに演じる役の台詞しか見せないと言う監督さんの手法も、この映画の独特な雰囲気を作っているのでしょうか。

これからもいろんな映画を観て行きたいと思いますので、よろしくお願いします。

4 ■TBからやって来ました!

TBありがとうございました。
重いテーマをイメルダ・スタウントンが見事に演じてくれた映画でしたね。
女性にも、男性にも見て欲しい作品でした。
そして本当の優しさって何?って思いますね~。
TBさせて頂きました。

3 ■無題

トラックバックありがとうございます。
マイク・リー監督の新作が出たら、また観たいです。

2 ■こんばんは~♪

TB有難うございました♪
女には、ちょっと重いテーマでした^^
あんな方法で 堕胎できるの? 衛生的に
悪そう~~~・・・(ノ_< ;)
でも、ホント どなたもこなたも 赤ん坊ができて痛い思いをするのは 女ばかりだわぁ~~~^^

1 ■無題

TBありがとうございます。これから、映画に関して、参考にさせてください。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。