2006-08-25 00:51:48

映画「ユナイテッド93」

テーマ:読書・映画

原題:United 93
あの日、帰宅してテレビを観たとき、まるで映画のワンシーンのよう、まるで映画のセットのよう、まるでスローモーションのよう、とても現実だとは・・
united_ninety_three united_ninety_three_ver2

2001年9月11日、この日4機の旅客機がハイジャックされた。最初に乗客92名を道連れにアメリカン11便がワールド・トレード・センター北棟に突っ込む、そしてユナイテッド175便が南棟に激突、さらにアメリカン77便はペンタゴンへ・・ユナイテッド93便はホワイトハウスか・・幸か不幸か・・ユナイテッド93便は滑走路が混み合い30分遅れての離陸になったため、乗客達は機内の電話で他の3機のニュースを聞くこととなり、自爆テロであることを知ってしまった。騒然とする機内、家族に電話で愛してると告げる者、遺言の在処を教える者、もしも助かったらこの仕事は辞めると話す客室乗務員、・・この期に及んでは犯人達から機を奪い返すしかない。勿論、どこかのビルや施設に飛び込んで大勢の人々を巻き込んでの大惨事を避けようなどと、そんなこと思ってなどいられない。そして、自分達が助かるために必至の反撃に出る。単発のプロペラ機しか操縦したことないが元パイロットに元管制官もいる。力を合わせて犯人達を襲撃するが、墜落を始めた機を立て直すことが出来ない。地面に向かって・・暗転。
事件の背景など語られることはない。宗教や政治など登場する暇はない。ただひたすら緊迫感が持続する。最後の最後まで望を捨てず闘った40名の乗客乗員。犠牲者の遺族達に取材を尽くして製作されたというだけに、衝撃とともにそのことを思いながら・・追悼。(レイトショー)  ユナイテッド93

いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

26 ■無題

ウォーリーと本作、TBをありがとうございました。

本作、仰る通り、底辺に「取材の力」を大きく感じました。そして何より「衝撃」の作品でした。
しかし“今そこにある危機”として、(劇場公開時は見逃したものの)今回TV放映で観ておくことが出来てよかったと思いました。

09年、今年もどうぞよろしくお願い致します。

25 ■重いけど、観なくちゃ!

茸茶さま
まいどTBありがとうございます。この事件には
日本人もそれぞれの思いがあるようですね。
あまりにも衝撃的でしたから。お互いに神に祈りながら、平和は来ない!なんと辛い世の中なんでしょう。Give peace a chance!

24 ■無題

内容もですが、終わり方がとても衝撃的でした・・・。

23 ■ワールドトレードセンターを

見たのですが、U93とは少し違った視点で、どちらも9.11の記憶として、残されるべきものだと思います。あんな事は、もう2度とあってはならないですね (><)
TBありがとうございました !

22 ■TBありがとうございます

こんにちは。TBありがとうございます。
あの飛行機の混乱の様子を映画化するなんて、思い切ったものだと思います。遺族の方々の手記も多く出版されているし、事件の衝撃を考えれば、映画化は必然かもしれませんね。
真実はどうあれ、あの出来事の記憶は風化させてはいけないものだと、改めて思いました。

21 ■緊張感に圧倒されました

TBありがとうございます。
この映画では監督はあえて感傷的になるのを
避けていましたね。この作り方は正解だったと思います。真の悪はハイジャック犯ではないと感じる映画でした。

20 ■TBありがとうございました!

こんばんは!
にゅるろぐのハンニャです!

TBありがとうございました!
こちらからも打たせていただきますね☆

ドラマティックな映画的な展開がなかったからこそ、
そこに極限の人間たちの姿が見えた作品でした。
音楽もよかったです。

今後ともよろしくお願い申し上げます☆

19 ■TB有り難う御座いました。

初めまして!
私もTBさせて頂きました。

ドキュメントタッチのなかなか見応えのある映画でした。
事実だったとすれば本当に哀しいお話ですよね。
真実は今もって論議の的ですが、、、。

今後とも宜しく御願い致します。m(__)m

18 ■『ユナイテッド93』再び

こんにちは。
先日はTBありがとうございました。
みなさんがブログに書かれた「9.11」体験が興味深いものだったので、新たに書いた記事の中でご紹介させていただきました。
ご迷惑かもしれませんが、ご了承のほどよろしくお願いします。
他の方の記事も面白いので、よかったら覗いてみてください。

17 ■いつも、トラックバック、ありがとうございます。

ドキュメントなのかドラマなのか。新しいドキュメントドラマという世界を作りました。これは再現映像ではなく、ちゃんとエンターテイメントとして成立しています。ドキュメント風にみせながら、構図はしっかりしていて、カメラ位置も考えている。編集の腕も素晴らしい。こんな映画をはじめて観ました。素晴らしい天才監督だと思っています。 読ませてもらい、ありがとうございました。  冨田弘嗣

16 ■幸か不幸か・・・

ほんとうにその通りですよね。自爆テロと知ってしまった時の衝撃や恐怖が一体どれほどのものだったのか、想像を絶します。でも何もわからないまま命を落とすよりは・・・。うーん、ある意味究極の選択かも。もうすぐ5年たちますが、改めて犠牲者の方々の冥福を祈りたいです。

15 ■どっちの

TBどうもでした~♪
どっちの立場にも立たないで、第三者的に描かれてるのがエエ感じです。
結末の解ってる話だって事を忘れて、映画に没頭してました。

14 ■(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ

TB有難うございました♪
これもまた 私が先にしたような気がするんですが・・・あれ~~?
ホント 馬鹿かも・・・(*_ _)人ゴメンナサイ

ブログのスキン変えたんですね~~夏らしい★

13 ■TBありがとうごあざいました

TBありがとうございました。

徹底した取材と公正な視点によって
制作されている点が素晴らしいですね。
偽善的でなく真剣に9.11を扱おうという
熱意と犠牲者への追悼の意が感じられ
深い感銘をうけました。

12 ■ブログにTBありがとうございました。

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
まるで自分がユナイテッド93に乗り合わせたような緊張感を味わえる映画です。
観終わって映画館を出るとき、これはもはや映画ではない、と思ってました。
できる限り多くの人に観てもらいたい映画ですね。

11 ■無題

TBありがとうございました。
>事件の背景など語られることはない。宗教や政治など登場する暇はない。
あえてそう描いてるところが成功してると思いました。

10 ■TBありがとうございました

なぜか、いつもTBのコピーに失敗してしまうので、コメントのみで失礼します。

この作品を英雄物語にしなかったという点で、最初の9.11映画としては、誠実な作りでした。

9 ■緊張の2時間

たけちゃさん、おはようございます。

そう。
宗教や政治など一切登場しなかっただけに
緊張感にあふれ、悲しみもダイレクトに伝わる作品になりましたね。
この作品を見られたことを、事件のご遺族に感謝しなければなりませんね。

8 ■TBありがとうございます

こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>宗教や政治など登場する暇はない。

背景よりも「その時」の緊張感が伝わってくる、それで充分に恐怖を感じました。

7 ■こんばんは

TBどうもです。
観る前はあまりにも早い気がして、観るか観まいか迷いましたが、結果的に観てよかったです。
真摯にあの瞬間に向き合った映画だったと思います。

6 ■わかりません

確かに衝撃は感じます。

ただ、なぜ今、遺族側べったりなこの程度のノンフィクション風ドラマに仕立てたのか、そのがよくわかりません。

てなわけで、辛口のコメントで申し訳ありませんが、TBありがとうございました。

5 ■ユナイテッド93をめぐる軍部と管制官のウソ

TBどうもです。エンドロールの「軍部は墜落4分後までハイジャックの事実を知らなかった」というのは、真っ赤なウソであることが判明しましたね。
http://www.vsocial.com/video/?d=43073

管制塔とのやりとりは、どこまで本当なのか、とても怪しい映画に思えてきました。管制官が提出した911のテープは6つも違法に廃棄されていますしね・・・。

4 ■無題


いつも楽しく拝見してます。初コメントします。
9月より転勤で大坂に住みます。
心斎橋の百貨店です。
この機会に私もブログに挑戦しよっかな

3 ■この作品は、観る人に深く考えさせる仕上りであったと思います

こんにちは。
コメントとトラックバックを失礼致します。

現実的に描いたこの作品は、心に強く迫る仕上りであり、9.11事件を起こすに至った歴史や背景をもっと考えるきっかけとなる、今最も観るべき重要な一本であると思います。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

2 ■はじめまして。

>事件の背景など語られることはない。宗教や政治など登場する暇はない。

のに事件の背景をこんなにも考えさせる映画ってのはザラにはないなと感心します。

TBありがとうございました。

1 ■こんにちは

TBありがとうございました。
こちらからも、TBさせていただきました。
また、お寄りください。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。