2006-05-23 00:37:34

映画「ダ・ヴィンチ・コード」

テーマ:読書・映画

原題:The Da Vinci Code
イエス・キリストは、人間なのか神なのか、という宗教的な論争には興味もないが、この地球上で最も布教が進み最も多くの信者がいるのも事実だ。
da_vinci_code_ver2 da_vinci_code_ver9

物語は、「モナ・リザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」の名画と共に、パリはルーヴル美術館での殺人事件、そしてダイニングメッセージの「ウィトルウィウス的人体図」と暗号・・から、始まる。時の皇帝コンスタンティヌスによって都合良く編纂された新約聖書によって、イエスは神に祭り上げられたが、実は母と同じマリアの名を持つ妻がいた。教会的にはイエスが人間であることの証拠を隠滅してきたといい、魔女狩りも子孫を根絶やしにするための一環であり、今も闇の世界でその戦いは続いているという・・しかもイエス・キリストの子孫が今も生きているというのには・・随分突飛な印象を受けるが、・・テンプル騎士団の栄華盛衰にしても十字軍もエルサレムも、特段の興味の対象ではないのだが、・・レオナルド・ダ・ヴィンチの残した謎めいた絵の数々には、確かに歴史ミステリー的な興味をそそられる。
・・映画では、それらの謎が解き明かされていくのだが、結局は、それらの絵に対する説明部分が見所でありクライマックスだったのかも知れない・・。
ジャン・レノ扮するフランス司法警察のファーシュ警部が、最初からラングドンを犯人と決めつけ執拗に追い回すのには、ちょっと違和感を覚えた。また、トム・ハンクスはほぼ完璧な演技といって異存はないが、オドレイ・トトゥのソフィーについては、末裔というに存在感が薄く、物語の背景に横たわる壮大さに較べて、あまりにも軽すぎるのではないか。さらに、全世界で3800万部を超える驚異の大ベストセラーと言われるこの原作のファンにとって、物語の終わり方については特に、拍子抜けしちゃうのではないだろうか・・。そんな映画だった。  ダ・ヴィンチ・コード

【追記】2006-5-25 世界の宗教人口

ものの本によると、以下のように言われているようですね。

 1位 キリスト 19億人

 2位 イスラム 10億人

 3位 ヒンズー 7億人

 4位 仏教   3億人

 5位 シーク  0.2億人

 6位 ユダヤ  0.13億人

 7位 儒教   0.06億人

AD
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

31 ■TBありがとうございます

こんにちは。
いつもTBして下さり、ありがとうございます。
不具合があってこちらからTBできませんでしたが、これからもよろしくお願いします。

30 ■こんにちは!

すごくよくまとめられていたとは思いますが、原作の面白さには及ばなかったように思います。

29 ■TB、感謝です。

>物語の背景に横たわる壮大さに較べて、あまりにも軽すぎるのではないか。

暗号解読のエキスパートにしては、自分の事なのに気付くのが遅すぎですよね(苦笑)
「イイ加減で気付けよ、おまっ!」とイライラしたですよ(笑)。
ちなみに現在、パート2製作に向けて動いているそうですね。
大丈夫なのかなぁぁ(心配)。

28 ■そろそろDVDが発売ですね。

こんばんは。
連日のTBありがとうございます。

DVDでは映画では明かされなかった
ダ・ヴィンチの新たな謎が!とか
言ってますけど、どうなんでしょう。

なんだかDVD買ってみたら
たいしたことのないネタでガックリしそうな
予感もしますが気にはなります。

27 ■TBどうもです。

この度はTBどうもありがとうございます。
私は今年の5月に見に行きましたよ。キリスト教の成り立ちまでいたる壮大なストーリーに驚きましたよ。

26 ■無題

いつもTBありがとうございます。
トム・ハンクスは完璧でしたか。やっぱりうまい
役者、器用な人なのでしょうね。
対するオドレイ・トトゥは、役不足でしたでしょうか。カリスマ性は確かになかったですね。でも、
清潔感は出ていたので、よかったと思います。
TBさせていただきますね。

25 ■トラックバック、感謝いたします。

 すごい数のトラックバック。225番目にトラックバックを返しました。私のようなブログをたずねていただき、評論になっていない文章を読んでいただき、感謝です。
 10年、15年ぶりに原作を読んで映画を観ました。それはご法度だけれど、読んでいるうちに止まらず、鑑賞は人の波がなくなった後でした。私は原作が新鮮すぎ、評論にならなく困りました。書かないつもりでしたが、観ていないのかというメールをたくさんの方からいただき、已む無く書いた次第です。
 読ませてもらいありがとうございました。  冨田弘嗣

24 ■TBありがとうございました!

TB200って凄いですね!というわけで、コメントの方で失礼しますね。
ダヴィンチ・コードは私のようなアホの知識欲を少々(少々っていうのがイタイ)刺激してくれました。ただ脳神経の繋がりが悪いので思い出すのには時間がかかりますが、汗。というわけで私は劇場で復讐するにはまだまだ難しい、単に楽しむだけでは物足りないという事態に陥りました。

23 ■ダ・ヴィンチ・コード

先日私も映画観てきました。
やはり私も本を読もうかと思ってます。
確かに面白かったんですが、細かいところが理解できない部分もあり・・・
宗教的な部分って難しいですよね。

22 ■TBありがとうございました!

またTBいただき、ありがとうございました!この映画は賛否両論、意見が分かれますね。

21 ■オドレイ・トトゥ。

茸茶さん、『ダ・ヴィンチ・コード』のトラックバックありがとうございます。(*^-^*

確かに、オドレイ・トトゥは末裔というには存在感が薄かったですね。
オドレイ・トトゥは役に合っていないと言うか、役不足かな?

※すいませんが前のコメントタイトル欄と名前を間違えてしまいました。
前のコメントは消しておいて下さい。
スイマセンm(_ _)m

20 ■こんにちは

TBどうもありがとうございます。
原作の方がおもしろそうなんですがね。
なんだかんだで、まだ、原作読んでないです。いつ読めるだろう。。。

19 ■ジャン・レノ

茸茶さん、お久しぶりです。
交流戦もあと少しですね。
ベイは交流戦に入ってから少し調子が良くなったんでしょうか。
交流戦が終わったら順位よりも打倒阪神で頑張っていただきたい。

そころで、ダ・ヴィンチ・コードはみなさん不満が残ったようですね。
もちろんスワロもです。
内容どうのこうのよりも、役者の方が気になりました。
良かったのはポール・ベタニーくらいではないでしょうか・・・
ジャン・レノに至っては彼らしさが微塵も感じられなかったのが残念でなりません。

18 ■TBありがとうございました

原作読まずに観たんですがなかなか楽しめました。
でもダビンチあんまり関係なかったですよね・・・

17 ■TB有難う御座いました。

原作と全く正反対の台詞で
終っていると聞きましたが。
そうなのでしょうか?
本を読む気にはなれないので…。

16 ■こんばんは

TBありがとうございました。
返信が入らないので、こちらに記事URL残していきますね~。

15 ■TBありがとうございます。

こんばんは。TBありがとうございました。
私は原作を読んでいないのですが、映画の方は展開が早すぎて、あまり記憶に残っていません。
でも、これから原作を読むことが楽しみになりました。

14 ■シラス

シラスかっこいいですよね??
っていうかシラスメチャかわいそうな人だよね小さい頃の環境のせいだと私は思う!
シラスはスゴイ純粋な心をもってるとおもうんだけどみんなは?

13 ■原作も

こんばんは。TBありがとうございました。
kino@目の中のリンゴ です。
私、原作を読んだのにその時だけ ハラハラドキドキ面白くて
後になったらほとんど残ってませんでした。
いかにも映画向きな小説だなーと思いました。
娯楽映画としてはそこそこ楽しめるんじゃないかな・・・。

12 ■茸茶さんはどんな感想を持たれたのか

興味があって、こちらに伺いました。
私自身は原作未読です。
というより映画を見る前に読もうと思い、
読み始めたばかりでした。
結局夫につられて見てしまいましたが…
私は昔から何かとキリスト教には縁があり、
キリスト教発祥の地にも3年ほど住んでいました。
しかも、赴任前にも不思議な出来事があり、
まるで導かれるようにそこに行ったという感じです。
現在ボランティアで美術館の解説員をしていて、
そこにも中世末期からの宗教画が沢山あるので、
日々キリスト教と美術の関係の勉強をしているようなものです。
タイトルこそ「ダ・ヴィンチ・コード」ですが、
内容としては神の権威を利用する組織と信仰についての問題と
自分なりに解釈しました。原作を読めばまた違うのでしょうけど。
3月にロンドンに行ってウエストミンスター寺院を見たばかりです。
映画のロケでは内部はリンカーン大聖堂が使われたようですね。
今回で2度目でしたが、ウエストミンスターの内部は
とにかく複雑ですから、私は何が何だかいまだに把握していいません。
とにかく原作を見てから、また映画について考えてみようと思います。
TBさせていただきました。

11 ■TBありがとうございます♪

原作を読んでいたので、ちょっとあっさり描きすぎな点、残念でしたが、
名優たちの競演が見れたし、
ヨーロッパ観光気分で楽しめました(^o^)

10 ■TB毎度どうもです。お返ししときます。

私は結構原作を気に入ったのですけど、
ひょっとして原作ファンの多くは私同様、
ストーリーではなくて、歴史ミステリーとその蘊蓄部分に興味が集中しているのではないかと感じています。
なのでこの映画は蘊蓄の再確認の為だけにある、と煎ってしまおうかと。
(乱暴か?)

9 ■TBいただきました♪

私はジャン・レノにすっかり失望・・(ToT)

8 ■TB有難うございました

始めまして!原作を読まないで観ちゃたのですが、始めは内容に着いていけずルーブルのダ・ヴィンチの絵画に興味があり、謎解きに懸命でした。ラストにソフィーがマグダラのマリアの末裔なんてね!トム・ハンクスはビッグのころからファンなのでとてもラングドン役は良かったと思います。

7 ■そーっか

そっか
アメリの女優だったのか。

ところで
イスラムや
ヒンズーのほうが
信者はおおいのでは?

6 ■2つの隠されたアレ

映画の序盤で暗示されたソレが、次はいつ出てくるのかとドキドキしてたら、アッという間の2時間半でした(笑)。

オドレィちゃんに関しては、セックスアピールがゼロの彼女ゆえ、「かの人」の末裔にふさわしい気もしますが、それって今作で語られる「捻じ曲げられたかの人観」に基づく解釈なのかもしれません。

てなわけで、TBありがとうございました。

5 ■ソフィーの過去

こんにちは♪TB有難うございました♪

映画ではソフィーの過去が結構ぶつ切りだったので、彼女の存在感がかなり希薄になっていたのには同感です。
ソニエールと絶縁になった理由とかもう少し掘り下げて欲しかったですね。

4 ■ミステリーのジレンマ。

原作を読んで内容を把握した状態で見ないと
あの高速展開はついていけない。(爆)
でも読んでしまうとどう映像化したのか
を検証するだけで
ドキドキ感がなくなる。
う~んどうしたものか。

個人的には原作読んだときに
トムハンクスが主役なら
となりはターミナルつながりで
キャサリンゼタジョーンズなんかどうって
自分では書いてました。
オドレィトトゥの配役は私も影うすかったような・・・。
逆にポールペタニーのインパクトが
強すぎました。

3 ■TBありがとうございます!

こんばんは。
原作を読んでないのでストーリーは分かってなかったのですが、
ジャン・レノが最初から執拗に追い回してたので
黒幕の手先かと思ってました。。
単純に利用されていただけという結果に少々拍子抜けでした。
ソフィーは末裔のオーラはなかったですよね。

2 ■TBありがとうございました

こんにちは♪
オドレイちゃんにはどうしても「アメリ」の不思議少女のイメージが強くて、今回のようなフツーの役だとあまりオーラを感じませんでした。
しかも末裔ですしね~。
演技の見せ場もあまり無かったような・・?

1 ■オーラが…

 TBありがとうございますm(_ _)m

 ソフィーは、最初こそラングドンを
導いていたよーに思えましたが、その
後は単なる同行者的な感じでしたよね。

 登場人物が少ないので、自然と彼女
が末裔ってーのも、なんとなく分かっ
てしまうし。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。