三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba


テーマ:

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
株式会社三橋貴明事務所
 講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから

三橋貴明のツイッター  はこちら

人気ブログランキング に参加しています。

新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
チャンネルAJER更新しました。

『なぜ緊縮財政を好むのか①』三橋貴明 AJER2013.5.21(1)

http://youtu.be/KZGg7qD4heQ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

一般参加可能な講演はこちら。

NEW!6月8日(土) 八潮市記念講演会「アベノミクスとTPP、そして日本経済の真実」

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_42.html#Yashio

 6月13日(木) 蒲田法人会「アベノミクスで激変!どうなる日本経済!」

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_42.html#Kamata

 6月30日(日) 益茂証券主催「アベノミクスと日本経済の行方」(会場:福井県福井市)

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_42.html#Masmo

もしくはhttp://www.masumotto.com/contribution?id=cnt47113

 7月11日(木) 第11回烏山講演会「世界経済とマスコミの嘘」

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_42.html#karasuyama

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

三橋貴明の「新」日本経済新聞のフェイスブックのページができました!https://www.facebook.com/mitsuhashipress
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 ワック社から「だから、日本経済が世界最強というこれだけの理由 (WAC BOOK) 」が発売になりました。



SAPIO (サピオ) 2013年 07月号 [雑誌] 」に「品質保証書を偽造、廃棄処分予定の部品を納入、"ケンチャナヨ原発"のぞっとする大暴走」を寄稿しました。韓国の原発の話でございますね。



 昨日は「ナイスポーク千葉」様で講演だったのですが、懇親会で頂いた豚しゃぶ、もの凄く美味しかったです。あの味を東京で得ることは難しく、あくまで地産地消でなければ無理のようですが、それでもいいように思います。


 各地方が多様的に「凄いもの」を受け継ぎ、育ててきた日本という国家が大好きです。都民が美味しい豚しゃぶが食べたければ、千葉に行けばいいのです。大して遠くはないのですから。


 そういえば、わたくしは数か月前に「大間のマグロ」を食して衝撃を受けた(青森だったか、北海道だったかは忘れましたが)わけですが、あれをもう一度味わえるならば、もう一度、陸奥や函館に行きたいと思います。


 各地域の文化(特に食文化)、伝統、歴史、風俗がきちんと維持され、かつ国民全員が「日本国民」という意識を共有し、非常事態(震災や安全保障の危機)には共同体として立ち向かう。日本がそういう国であり続けて欲しいと思うし、安倍総理が仰る「「瑞穂の国」とは、そういう話ではないかと個人的に考えているわけでございます。
 
 というわけで、「成長戦略」。


 まずは書いておきますが、わたくしは政府が「成長分野」を定め、おカネを投じることで成長「させよう」という考え方に疑問を持っています。上念氏の言う「設計主義」でございますが、
「この分野が成長する。成長産業だ」
 などということが、官僚さんに分かるはずがありません。ついでに書いておくと、産業競争力会議の「民間議員」にも分かりません


 と言いますか、官僚だろうが企業家だろうが、どの分野が成長するか事前に100%断定できる人はいません。そんなことができるならば、倒産する企業は無くなってしまいます。


 民間企業が「様々な分野」に投資し、競争を繰り広げ、成長した(=付加価値が増えた)分野について、後になって、
ああ、あの分野が成長産業だったのだ
 と、分かるというだけの話です。


 そういう意味で、産業競争力会議の民間議員たちが言っている、
「衰退産業から、成長産業へリソース(人材、投資など)をシフトさせる」
 は、ナンセンス極まりないと思っているわけです。民間議員の方々には、是非とも、

「衰退産業とは、具体的に何ですか? 成長産業とは、具体的に何ですか? 衰退産業が『永遠に』衰退したままだと、なぜ断言できるのですか?」
 という疑問に答えて欲しいと思います。


 そもそも、産業競争力会議(だけじゃないですが)の皆様が仰る成長戦略は、法人税減税(投資減税ではなく)やら雇用の流動性強化やら、レント・シーキング系のものばかりでございます。すなわち、国家全体の所得(=需要)のパイを膨らませるのではなく、特定企業への所得分配を高める政策だらけなのです。


 デフレ期に法人税を減税しても、日本の場合は内部留保を増やすだけであり、雇用の流動性強化(従業員の解雇を容易にする)をしたところで、失業者を増やし、国家全体の需要(特に消費)を減らすだけです。


 その辺の話が安倍政権の「成長戦略」に入っているのかどうか、注目していたわけですが、一応、入ってはいないようです。


平成25年6月5日 安倍総理 「成長戦略第3弾スピーチ」(内外情勢調査会)
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0605speech.html


 長いスピーチですが、抽象論が多く、具体的な中身が良く分からないものが多かったので、今後、詳細が明らかになり次第取り上げたいと思いますが、取りあえずは現時点での感想を。


◆国家戦略特区:何というか、「外国人の力を頼らなければ、日本は成長できない」という、グローバリストお好みの理屈がベースになっているようで、評価できません。日本がデフレから脱却し、自力で成長を始めれば、外国人も勝手に日本国内への直接投資を増やすと思うわけですが・・・。結果的に外国人が都市部に増えれば、需要が膨らんだということで、「外国人でも安心して病院に通える環境」は実現できると思います。


◆「官業」を大胆に開放する:エネルギー、医療、インフラ整備など、国家の基盤について「民間の活力」を導入し、本当に「品質の高いサービス」が提供され続けるのでしょうか。単なるレント・シーキングになってしまう可能性を否定できないと思います。


◆電力システム改革:発送電分離という、世界各国で失敗している政策を今さら始めてどうするのか、よく分かりません。


◆環境アセスメントの運用見直し:もちろん、古くなり、現実に合わなくなった規制は見直す必要があるのでしょうが、「資源小国・日本」であるならば、むしろ周辺海域の資源開発に力を入れる方が「政府がやるべき成長戦略」であるように思います。


◆インフラ分野での民間の力の活用:いずれにせよ、インフラ分野を請け負うのは民間企業(建設企業など)で、別に政府が技術開発を加速させようとしなくても、普通に公共投資を増額していけば、企業側が勝手に「民間活力」を発揮し、インフラ関連の技術開発は進むと思います。逆に、デフレが継続している限り、政府が掛け声をあげても、民間は投資を増やさないでしょう。


◆PPP/PFIの積極活用:首都高を地下化したり、空中権を売買することには別に反対しませんが、「空港、上下水道、高速道路など、施設ごとの特性に応じた最適なPPP/PFRを推進」が気になるところです。まさに、この近辺はレント・シーキングがやりやすい分野なのです。


◆成長戦略が目指すもの
 ・3年間で、民間投資70兆円を回復します
 ・2020年に、インフラ輸出を、30兆円に拡大します。
 ・2020年に、外国企業の対日直接投資残高を2倍の35兆円に拡大します
 ・2020年に、農林水産物・食品の輸出額を1兆円にします。
 ・10年間で、世界大学ランキングトップ100に10校ランクインします。


 目標を掲げるのは正しいと思いますが、実現するためには単に、
日本をデフレから脱却させる
 これだけで終わる話のように思います。(国民総所得については、明日、取り上げます)


 正直、安倍政権の成長戦略は「余計なモノ」である印象をぬぐえません。単に第一の矢と第二の矢でデフレ脱却すれば済む話を、
「長期的には、成長戦略が重要だ」
 という考え方が「後から」加わり、レント・シーキングを求める「誰か」の声が割り込み、結局は、
「瑞穂の国を実現する(あるいは、取り戻す)」
 から離れていっているように思えるわけです。しかも、「誰か」が求める法人税減税や雇用の流動性強化も含まれていないため、「瑞穂の国」を求める人々からも、「レント・シーキング」を求める人々からも、双方から批判を受ける内容になっているように感じられます。


「これが政治だよ」
 と言われればそれまでですが、いずれにせよ「完全に瑞穂の国的」でも「完全に新自由主義的」でもなく、極めて中途半端な印象を受けました。まあ、完全に新自由主義的な政策を掲げられても、それはそれで困るのですが、上記の政策が、どのように「瑞穂の国」に繋がるのかが、全く見えないというのが率直なところです。


 明日に続きます。


「瑞穂の国」について改めて考えをめぐらせて頂けた方は、↓このリンクをクリックを!
新世紀のビッグブラザーへ blog

人気ブログランキングへ

◆さかき漣のページはこちら
三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba
◆本ブログへのリンクは↓以下のバナーをご利用ください。

新世紀のビッグブラザーへ blog

ポルパパのブログ

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

投資と車と日々の起業家日記 管理人:ポルパパさん

おじさんの談話室

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

経済通のおじさんと、女子高生真理ちゃんが織り成す、経済を解りやすく掘り下げた基礎講座

◇日本経済復活の会

三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」Powered by Ameba

積極財政による日本経済復活を目指して活動をしているボランティアグループです。


Klugにて「三橋貴明の『経済記事にはもうだまされない』」 連載中
新世紀のビッグブラザーへ ホームページ はこちらです。
新世紀のビッグブラザーへblog一覧 はこちらです。

いいね!した人  |  コメント(134)
三橋貴明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み