たかぴょんのブログ

ストリップ中心に語りたいと思います♪

ストリップは情熱の塊だ。 踊り子のその熱い思いを私には広く伝える必要がある。


テーマ:

玄関先で女の子から飲み物の三択を迫られる。

それがどんなものかはわかっていた。

「何があるん?」

とあえて私は聞いた。

「お茶とコーヒーと炭酸」

とその子は答える。

「冷えてる?炭酸ってどんなん?」

「冷えてんで。オロCのパチモンみたいなやつ」

前回コーヒーを貰った時は、甘味料と保存の薬品臭が酷く、それは飲めたものでは無かったので、もう同じ物は貰わぬと予め決めていたのであった。

「ほんだら、お茶頂戴」

と受け取り、手を振って別れた。またしても名前聞くのを忘れた。いや、もう二度と会うことは無い。きっと彼女も忘れて欲しいにちがいなかった。一時の桃源郷で一期一会の世界。俗界から遠く離れたところであり、ここはそういうところなのだ。

 

「金は汚く稼いで、綺麗に使う」と言えど、ニ段階昇進したところで、僅かに増えた手当ての代償は、自由な時間を確実に少なくさせた。過労死ラインギリギリまでの奉仕労働は、無駄にある体力だけが唯一の救いなだけであって、こう毎月のようにさせられてはたまったものではない。取引先の名刺と書類への判子を押す回数が増えたことを除くと、その責任を転嫁させられることぐらいしか仕事量として増えたにすぎず、一人で生きていくには、明るい肩書など一切いらないものなのであった。

「どうして夏季賞与が下がるんだ」

職位だけは立派なものとなったのであるが、このやり場の無い怒りは、全身に回ったコルチゾールに末端まで蝕み続けられた。これを吐き出すため、そして枯れ果てぬ体力を使わんがため、私は再び物色し始める。

 

この新地において、この聞いたことのないメーカーの通称“かんなみ茶”を持っているだけで、恐ろしい程の効力を発揮する。一度これを手に持つと、関西一ヒキの強いおばちゃんの呼び込みが皆無となる。この不思議な飲み物を私はチビチビとやりながら、一週五分とかからぬ路地裏を肩で風を切って闊歩していく。他所からヒヤカシに来た者は、この強引な客引きに耐えられなく直ぐに逃げ出して行くだろう。何週かしているうちに、痺れを切らしたのか今が旬の松居一代に似たおばちゃんが話しかけてくる。

「兄ちゃん、遊んで来たんかいな?」

「そうやで」

やはりこのお茶を持っているとヒキは弱い。接客用語と関西弁敬語があるとするならば、それらを完璧に使いこなす私でさえ、その両者ともこの地では必要とすることなく、近所のおばちゃんと話す感覚でここは良いのであった。

「もう1回遊ぼう思うてなー」

この言葉を待っていたかのように、“いつものヒキ”がより強くなっていくのであった。

「ええ子やで。入っていき」

手に持っていた煙草を口に咥え、両手で私の肩を引き寄せる。

「いやぁ。ええ子か悪い子かはわからんやん」

私は当然渋るのであった。加えて

「おばちゃん5分オマケしてや。上がるから」

「そんなん出来ひんわ」

ここで値引き交渉などしてはいけない。時間延長を持ち掛けているのだ。実質は同じなのであるが、言葉の響きが違うであろう。

「たぶん大丈夫やねんけど、2回目やから頼むわ。上がるから」

「兄ちゃん、そんな遊び方、粋やないんやわ」

5分だけ」

「粋やない。そんなん、女の子に任せといたらええねん」

と、いつものように強いおばちゃんのヒキに負けるのであった。時短されているであろう5分前アラームでさえも、実際は事を終えていたのであるから延長交渉は必要としなかった。いやもしかしたら、気を利かしたおばちゃんがオマケしてくれていたのかもしれない。またしても名前を聞くことを忘れた女給から、今度はパチモンのオロCを貰いその日を終えたのであった。

 

「兄ちゃん、粋だねぇ」

隣に座っていた知らない下町のオッチャンに話し掛けられる。踊り子にオープンショーで遊ばれていると、下町のオッチャンが声を掛けてきた。大阪人特有の誰にでも入り込んでいく土壌は、晃生では殊更輪を掛けて他人に干渉してくる。圏外から来た人間には疎ましく思えるかもしれないが、それはもう自然なものであった。

4回目に写真を撮ったら、受付返却になりますからねぇ。いつも撮らないんですわ」

ルーティンは3回観たら帰るのが常なのであるが、今週4回目を観ることが3回出来た。従業員の受付返却などどう考えても味気ないではないか――。

「いやぁ。踊り子がパンストで出てくると、挟みたくなるんですわ」

と私は答えた。

「目が合ってね、オープンしてくれてね、そこにパンストがあるとね、なんか踊り子さんもええ感じに遊んでくれやないですか」

と笑った。新地では無粋な客であったとしても、劇場でのこのオッちゃんにだけは、少しぐらい粋に私の姿が映っていて、少しは綺麗に金を使えているのかもしれなかった。

 

 

20177中 晃生ショー

(香盤)

  1. 虹歩(カジノ)

  2. 神崎雪乃(晃生) 

  3. 平野ももか(道頓堀)

  4. 来夢(晃生)

  5. 青山はるか(晃生)

 

4演目:青山はるか

3演目:虹歩/神崎雪乃/平野ももか/来夢

一度だけ虹歩さんと雪乃さんのチームショー(雪虹)が観られました。

 

虹歩さん

レインボーカラーの衣装で、洋楽で踊りまくる演目。ピンクの道化師で、扉に入り戻って来ると次々に変化していく演目。もう一つは浴衣を着て、恋人とデートをする夏らしい演目。最後はハッピーエンドへ。

虹歩さんは晃生の開館記念は毎年のように出ていますね。晃生で会う度に観たことのない演目を2つ観られます。

先週、腰を痛めたそうで、まだ全快でない様子。ブリッジは封印していましたが魅せるベッドショーは健在。早く良くなって欲しいですね。

 

神崎雪乃さん

洋楽で踊りまくる2作品と、淡い浴衣姿でしっとりと舞う演目の3個出し。どの演目も初めて観る作品でした。どれが周年作か聞くのを忘れた(笑)。虹歩さんとのチームショーは、踊り巧者なお二人だけに見どころ満載でした。デニムの衣装は雪乃さんに合わせたものでしょうか。投光に入っていた格子戸さんの掛け合いも楽しかったですね。何周年なのだろう(笑)。

 

平野ももかさん

白のミニドレスから、フワリと白のワンピースでゆっくりとしたダンス。女性ヴォーカルのバラードで、白い下着からのベッドショー。ア.ナ雪のメロディから青いマントから激しいステップ。回転しながら、黄色のドレスに早着替え。オレンジのワンピースになり、ベッドへ。あともう一つはデビュー作でしょうか。こちらは終始ゆったりとしたステージでした。

若くて白く綺麗な体。ポラは大人気でしたね。

 

来夢さん

周年作とデビュー作、2作目の3演目。

周年作は髪をツインテールに束ね、花が沢山付いた白いミニのウエディンドレス。ベッドではオナベッド。意欲的でオンリーワンな作品。

「この演目は来夢ちゃんが創ったの?」

「衣装と曲は自分で選んだ。振り付けは先生にしてもらった」

とのこと。衣装と曲は自らの意志。踊りは自信があったとしても、ストリップ用のステージがあるのだから、プロの先生に付けて貰う方が良いのかもしれない。

好きな曲が流れ、好きな衣装を着て、綺麗な照明を当てられる。魅力のある世界であるけれども、客受けにはハードルが高い厳しい世界。

それにしれも来夢ちゃんのポラとオープンショーは楽しいね。

 

青山はるかさん

5月に出した新作を含む4演目。

ツイッターで早々に4個出し宣言をされていましたから、4回観るべく計画を立てていたものの、4回観られたのは1日だけとなってしまった。

「旧作1演目なら、1巡観て帰る」と、どう考えても愛の無い言葉を今まで私は発していたけれど、その心配はもういらないみたい(笑)。実際は2回はいるのであろうが、劇場が違えば良いのだけれど、同じ劇場なら複数観たいと客側は思っている。はるちゃんには、勝手に恩を感じているので、それを私は返さないといけない。真剣に観るというぐらいしか、私には出来ないのであるが。

4回目のオープンショーはバックダンサーとしてももかちゃんと来夢ちゃんが踊っていて、どちらに目をやって良いか悩ましい状況でした。それぞれ「めろりーぬ」、「れもりーぬ」とのこと。仲が良いですね。

 

一年を占う開館記念。それを彩る豪華メンバーに、階段には全国の劇場から胡蝶蘭が所狭しと並んでありました。晃生の場内は寒すぎたり、暑すぎたりするのだけれど、適温という言葉があるならば、少し暑いぐらいが夏場は体調を崩さない。汗をかくぐらいで調度良いのだ。赤い照明は間近で観ると欲情を掻き立てるものなのであるが、下手側から観ると、左眼に強い照明と右眼に濃い影のコントラストをはっきりと映し出して、汗を帯びた裸体をより美しいものとさせるのは、晃生ならではのものだろう。

 

休みの日はたまたま平日だけだったけれど、なかなかの混み具合で、踊り子さんも楽しそうでありました。

 

 

観劇日:7/12(水)、14(金)、19(水)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

1時間ラジオを聴いたとしても、心に響く名曲など1曲あるかどうかであろう。北野映画が必ずしも名作だけとは限らない。当然の様に駄作がある。「アウトレイジ」は好きだが、「アキレスと亀」は好まない人もいる。それと同様に、ストリップのステージには演目の好みの問題、しいて言えばその時の感情や心情にも由来する。楽しい時に観る時と辛い時に観るものでは、同じ演目であっても変わって観えることも有り得る。そしてストリップを語るには、醍醐味の部分と負の部分を避けては通れないものがある。毒を盛らない文体には、魅力こそ減らしスリリングが欠落する。そんなものはツイッターに任せておけば、踊り子も客も皆気分は良かろう。ストリップは美しい、楽しいとだけ呟けば良いのだ。

 

煌びやかなステージの世界にでも、どこかドロドロした深い闇の部分がある。汗に照らされる裸体はただ美しいだけではない。そこに映される踊り子全てにそれぞれの物語がある。桜木紫乃さんは、垂れた尻の踊り子に、どうしてそこまでしてステージに立たねばならぬかと、深い感慨を抱いたという。 

 

最近になり、手拍子問題が再燃化されている。これは

「手拍子が無いと盛り上がらない」

と、漠然と客側が感じているに他ならない。もしくは爆音客が

「姐さん、こっち向いてね」

と言わんばかりに、音楽以上の破裂音をこれでもかと音量を上げていく。関東特有のベッドでの手拍子も、関西人の私には違和感しか覚えず、

「SEXしている時に、手拍子なんかおかしかろう」

と普通に考えればそうなのであるが、こればかりは、ノリノリのベッド曲なんかもあるわけで、その場の状況を客側は汲み取るしか無い。

 

観劇当初は、「水曜日に東洋、日曜日に晃生」と決め込んでいたが、それは私自身が手拍子の盛り上がりを無意識に感じていたのかもしれない。平日の晃生は、特に閑古鳥でそう感じたのであろう。しかしながら客が増えれば、一般的に不快とする存在の客もまた増えるのも事実であり、今ではルールの緩い晃生では「客なんか5人以上いらん」と本気で思っていたりもするから、私自身が身勝手極まりない不快な客と思われても仕方あるまい。

 

本当は物凄く構って欲しいのだけれども、トレーニングのしすぎなのか、両手首と両肩がポンコツで、更に最近は右肘まで痛みがあり、強く手を打つことは出来ない。傍から見ればつまらなそうに観ている男に映るのかもしれないが、そもそも私は、チnポがピクっとなったら、エロポラを撮るということからストリップをスタートした人間なわけで、やはり他客と求めるものがどこか違う気がしてならない。最近になり多く見かけるようになった、光る棒を持ってステージを観るというのにもどこか違和感しかないと告白しておこうか。

 

wikiの情報は10時開演とあったが、アジャストでシアター上野へ入ったものの、前列と花道サイドは全て埋まっていた。私は正面3列目の端を確保した。入場料の支払いは、何の説明も無かったが、晃生の開演前と同様、後払いのようで、外出自由であるから問題は無かった。通路が恐ろしく狭く、旧ナニワミュージックに回転盆を無くしたサイズのぐらいのキャパであろう。段差になっていないので、この位置ではまずベッドショーは観えないであろうと推測出来た。席はほぼほぼ埋まっていたのであるから移動は無理であった。始まってからも、関西の赤い照明に慣れているせいかベッドショーは、薄暗く感じられた。真後ろの立ち見の爆音手拍子客に、音感無しのタンバの金属音、弱々しいリボンと、快適に観るには程遠い感は否めなかった。それに加え

「拙者、顔とステージはいらぬ」の前時代の残党の多さに閉口する。

「そりゃ理紗子さんが怒るのも無理もないわな」

と納得せざる得なかった。ハード面は良いとは言えないが、この日たまたまであったかもしれない。しかし傷付いた戦士に備え付けの包帯であったとしても問題が無いように、さゆみ引退の傷心の私には、別れが迫る出演劇場を選べる余裕などありはしなかった。

 

引退の寂しさ、辛さが合わさると、情が加わり演目の機微に触れる沸点を下げるのかもしれない。しかしながら、さゆみちゃんの演目は違った。ただでさえ高い私のその閾値を、それを遥に超える演目を出し続け、その値をどんどん引き上げていく。観る度に満たし、作品を創り続けた。夢のような人が夢を壊さぬまま夢の中で終わりを告げようとしている。晃生で出した「ハッピーエンド」が特に快心の演目で、私は引退作かと思い聞いてみると、「違うよ、まだ出すよ」との返事を貰い、このままではさすがに別れを言い出すことを出来なかった。

 

私は引退をする踊り子に言う言葉があった。

「もう、戻って来てはいけませんよ」

気持ちとは裏腹にそう私は言っている。引退後の人生の方が長いのだし、第二の人生の成功を祈りたいという願いから心からそう思ってそう言っている。とは言いつつも、復帰したら無理やりにでも、初日に差し入れを持って駆け付けて行き、

「たまたま休みだったんだよ」

と照れながら答えるのは目に見えているのであるが。客なんてものはどこまでも都合が良く身勝手なものなのだ。

 

蒼々とした蓮が眼下に広がる不忍池のほとりに多くの人が佇んでいる。それぞれの想いを抱えながら、皆がぼんやりと眺めていた。日が高くなるまでなら、下書きぐらいは出来るだろうと私も腰を下ろした。

 

晃生で演った「ハッピーエンド」の出し物良かったですね。引退作かと思いましたが、違うとおっしゃっていましたので、ますます上野が楽しみです。

私の会社が創業祭に入ってしまい、ますます連休が取れない状況です。連休と言っても年数回のレベルなのですが、受け持っている範囲が広いので、まとまった休みを許して貰えないです。

さすがに日帰りは無理があるみたい。2回観て大阪へ帰ります。明日、6時に店を開けないと。晃生や東洋でも2回りぐらいだから、上野でもあまり変わらないかな。

今日で最後になります。ホームでさゆみちゃんを観られないのは残念ですが、晃生ショーがさゆみちゃんの第二のホームであると勝手に思っておきます(笑)。

暖かくなってきたとはいえ、昼夜の寒暖差が激しい時期ですから、体調には十分ご自愛下さいませ。最後まで多くのファンを楽しませて下さいね。

さよなら、さゆみちゃん

 

5日間ぐらい良い香りがして、それを薫った時、疲れが少しでも軽くなれるような花束を作って欲しいという希望しか伝えていなかったが、立派なものを作ってくれた。花言葉を書い紙を頂いた。それぞれ「幸福」「永遠の愛」「栄光」「勇敢」「貴女は素晴らしい」「ALL FOR LOVE」ということらしい。

「花言葉を語る男は云々~」

とあれど、花の知識など持ち合わせていない私に親切に教えてくれた。

 

その中にあったオンシジュームという黄色い蘭は別名「ダンシングレディオーキッド」。花形の黄色いドレスを纏った女性が優雅にスカートを広げ躍動感があるように踊っているように見える。踊り子にはまさにこれしかないという、華憐で小さな花弁であった。白いドレスの演目は何回か観たことあった。続けていたら黄色いドレスで踊っていたのかもしれない。花束など何百も貰っている筈なのに、さゆみちゃんはまるで初めて貰うかのような笑顔で受け取ってくれた。それだけで私には十分であった。狂乱した観客の声を背に、壮大な音楽を身に纏い、裸身で舞い踊るあなたが好きでした。最後のオープンショーで私に手を振り、口が動いているような気がした。

 

「私をずっと忘れないでね。嘘だよ。さよなら」

 

夕闇に溶けるまだ咲いていない蓮をしばらく見つめてから、上野駅へと向かう。

「これで良いのだ。この別れが正しいのだ」

と自分に言い聞かせる以外、私には無かった。

 

 

20175結 シアター上野

(香盤)

1.     井吹天音 (フリー)

2.     相田樹音 (フリー)

3.     葵うさぎ (TS)

4.     時咲さくら (TS)

5.     石原さゆみ (道頓堀) 上野ラスト 

 

観劇日:5/24(水)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。