2016年12月30日(金)

2017年相場も予想外の展開が続く

テーマ:金融・マーケット・資産運用

いよいよ今日が大納会、そして明日は大晦日である。この年末年始は暦回りが良すぎて、マーケットの休日はわずか4日しかないが、有意義に過ごしていただきたいと思う。私自身、これほどお正月ムードを感じない年は初めてで、普通通り金曜日、土曜日、日曜日…という印象しかない。不思議である。さて、遅くなったが11月のポートフォリオの状況ならびに近況について記したい。

 

11月のマーケットは日米市場とも大幅に上昇する展開となった。

 

米国市場は4カ月ぶりに反発。10月の雇用統計は+16.1万人と予想の+17.5万を下回るものの賃金が+2.8%と7年4か月ぶりの高い伸び。7-9月のGDPは年率+2.9%と4-6月の+1.4%を上回り2年ぶりの高水準。大統領選挙は大半の予想を覆してトランプ氏が勝利したものの、上下院で共和党が勝利したため円滑な政策が進められるとの思惑から買い優勢となり3か月ぶりに過去最高値を更新。財政出動と減税への思惑から長期金利が1年4カ月ぶりの2.4%台まで上昇。11月のNYダウは19123ドルと前月より981ドル上昇し月間騰落率は+9.7%。ナスダックは5323となり134ポイント上昇の+6.3%となった。

 

東京市場は大幅続伸。トランプ氏勝利で急激に不安感が高まり開票日の日経平均は919円安となったが、翌日は1092円高と急反発。為替は一時100円まで上昇。米国の流れを受けてメガバンクが大幅に上昇。売買代金は2.6兆円程度で推移し活況に。日経平均は年初の水準にまで回復。日米金利格差から円安傾向の勢いが留まらず、為替は先月末の104.80円から今月末は112.65円へ。11月の日経平均は18308円で取引を終え、10月末の17425円から883円上昇し月間騰落率は+5.1%、Topixは+5.5%となった。一方、小型株市場はジャスダック平均が+2.3%、マザーズ指数は-1.5%と低調であった。

 

太田忠投資評価研究所のインターネットによる個人投資家向け「投資実践コース」 における11月のパフォーマンスは-0.5%となり、年初来-8.3%、累計では+132.1%(10月末+133.4%)とやや後退。11月末時点のポートフォリオの株式比率は49%で17銘柄を保有(10月末は41%で15銘柄を保有)。株式部分の含み益は+9.1%(10月末は+9.8%)。ただし、49%のうち現物株のウェートは19%、日経レバレッジETFの保有比率10%の実質ロング比率は20%でロングは合計39%。これに対し日経ダブルインバースETFの保有比率15%の実質ロング比率は-30%、純金ETF5%は株式とは逆の動きをするため、これらのロング比率は-35%。トータルでは4%のロングポジションである。

 

トランプ相場による熱狂が始まっている。大統領選挙前までの売買代金は連日2兆円割れであったが、3兆円を超える日が増えており、外国人投資家が牽引。一方、売り手は個人投資家と年金という構図である。「トランプ勝利⇒円高・株安」というシナリオが完全に崩れており、「財政出動・減税⇒ドル高・金利上昇⇒債券安・株高」の流れになっている。腰の据わった海外投資家の買いが入ってきていること、金融株が再上昇に転じたことでしばらく強い相場が続く可能性が高まっている。「米国の長期金利が2.50%を超えると株式市場がピークアウトする可能性があることにも留意」ともコメントしていたが、12月の利上げ後にどのような動きを見せるのかをウオッチする必要がある。

 

トランプ氏が来年の1/20に大統領就任となるが、それまでの間は楽観的シナリオが自由に描ける。さらに投機的な円安・株高が進む可能性がある。久々にポートフォリオはロングポジションに転じたが、過熱相場が修正されれば当然のことながらポートフォリオの修正も図っていく意向である。

 

2017年相場も予想外の展開が続くと思っている。暦年別のパフォーマンスでは下1ケタに「7」のつく年は非常に苦戦する年であるために注意が必要である。

 

 

弊社の個人投資家向け投資講座は随時受付中。
⇒太田忠投資評価研究所の「個人投資家向け投資講座」

太田忠の縦横無尽 2016.12.30

「日本市場にとって12月は重要な月に」

        **
太田忠投資評価研究所のHPはこちら **

いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります