2011年04月04日(月)

過度な自粛ムードには反対

テーマ:経済・社会

東日本大震災後、世の中が大きく変わってしまった。


被災された方々は本当にお気の毒で、これからの生活の建て直しは相当な覚悟と意志をもって立ち向かわねばならないと思う。それでも、昨日より今日、今日より明日と自分の置かれた環境が良くなる努力を続けていただきたい。それしか現状を改善する方法はない。


一方で、大震災および被災者の人々に対する配慮から、「自粛ムード」一色になってしまったのも「世の中が大きく変わってしまった」と感じる大きな要素だ。節電に協力する、というのは当たり前のことで「自粛」とは言えないが、何やら不自然な自粛ムードが目立つようになってきた。


どうして入社式が開催できる企業が入社式という重要な行事を取りやめたりするのだろう。私は渦中の東京電力ですらやるべきだと思っている。厳しい現状に直面した会社の現状を新入社員とも分かち合い、そしてこれから何に取り組んむべきなのかをトップが示す。そこで述べられるメッセージは社会的にも重要なはずなのに。


コンサートが中止、セレモニーが中止、イベントが延期、結婚式も延期…、そして極め付けは東京都知事が「花見の自粛を」などと言い出したことだ。東京の公園のあちこちに「花見を自粛してください」との立て看板が立った。私には非常に不自然に映る。桜は平和な時も有事の際にも関係なく、精一杯咲く。有事の年だから今年は自粛しよう、なんてことはない。花見ができる地域の人たちは花見をするというのが自然な姿である。


経済活動が停滞し、消費関連データは軒並みマイナスの数字が並ぶようになった。過度な「自粛」は経済活動にとってとても良くないことだ。この悪影響は自分たちに必ず回ってくる。日本全体が地盤沈下する。


宮城県知事はTVのインタビューでこう言った。

「被災した我々を思ってくださるのは大変嬉しい。でも萎縮して何もかも自粛の雰囲気では東北も盛り上がらない。可能な人達は自粛ムードはそろそろ脱してほしい」と。今こそ平常時の活動に戻ることが我々の責務である。


本ブログも4月からは通常ベースの話題に戻ることにする。


太田忠の縦横無尽 2011.4.4

『過度な自粛ムードには反対』


        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**
いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります