2010年03月31日(水)

投資実践コース「モデルポートフォリオ」の10年3月のパフォーマンス

テーマ:金融・マーケット・資産運用

いよいよ今日で3月も終了。今年も早1/4が終わった。


弊社のインターネットによる個人投資家向け投資講座の実践編である「投資実践コース」におけるモデルポートフォリオの3月のパフォーマンスは+7.2%となった。これにより、昨年からの累計パフォーマンスは+21.8%、今年の累計パフォーマンスは+7.5%となり、一気に運用資産が積み上がった。モデルポートフォリオは年率+10%を最低限実現することを目指しているが、今のところかなりのハイペースである。


1月中旬の相場の下落で保有していた現物株が次々と逆指値にヒットし、手元に大量の資金が戻ってきたが、2月の初旬より相場の攪乱要因がおさまりはじめたことを確認し、非常に割安な株価レベルにて手元資金をどんどんと再投資して積極策を講じたことが奏功した。こういう手法を「時間的分散投資」とよぶ。


一方、個人投資家向けに販売されている投資信託のほとんどすべてはフルインベストメント型のファンドである。相場の良い時はパフォーマンスが上がるので問題ないが、調整局面になるとまともに下落を食らってしまう。いくら個別銘柄の選択で勝負する、といっても実は限界がある。フルインベストメントをおこなったとたん、それは相場とともにプカプカ浮いたり沈んだりすることになってしまい、投資信託で成功するか失敗するかはほとんどすべて投資したタイミングで決まってしまう。これが時間的分散投資をおこなわない投資戦略における欠点である。「毎月積み立てによる投資をおこなっているから、時間的分散投資をしていますよ」と反論する人がいるかもしれないが、投資している商品がフルインベストメントならば、その効果は限定的と言わざるを得ない。


時間分散投資をおこないながら運用資産を積み上げていく投資手法を身につけたい方は、下記の弊社の「投資講座」の案内をご覧下さい。


参照先はこちら

太田忠投資評価研究所の「投資講座」のご案内


太田忠の縦横無尽 2010.3.31

投資実践コース「モデルポートフォリオ」の10年3月のパフォーマンス

        **太田忠投資評価研究所のHPはこちら**


いいね!した人  |  リブログ(0)

Tadashi Ohtaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります