2010-11-23 20:02:12

PS2コントローラー分解

テーマ:改造スティック

ゲームおたく&マニアのみなさんこんにちは^^

みなさんの心強い仲間t-speedです。


えー、今日は

PS2コントローラーの分解清掃を行いました。

普段から「ハイパー2ヒットコンボ道場」などという

激しいプレイで酷使されてきたコントローラーを分解し、清掃しようと思います。

アッパー昇竜拳1万回に耐えてきたコントローラーですから。

(推定)

t-speedブログ

おいらのプレステ2は50000の型番で薄型じゃないプレステ2の中では

後期にあたるものだと思います。

どっちかといえば新しいほうなのかもしれませんが、

それでも7年くらいは経っているのではないでしょうか(全くの推量ですが)。


このコントローラーはとても複雑な構造で、

スーファミなどのコントローラーとは値段もモノも違います。


「昔スーファミのコントローラーばらしたことあるから余裕っしょ」

と言われる方ならイメージはつかめると思いますが、

「スーファミ」は初代スト2で「プレステ2」はスーパースト2くらいの気持ちで挑んでください。


プレステ2のデュアルショック2はネットでは壊れ易いとかいう話もよく聞きます。

先輩もゲーマーでもないのに

「プレステ2のコントローラーってすぐ傷むじゃん」

と言ってました。


ですが、

おいらのコントローラーはいたって不具合はありません。

これほどスト2をやりこんでいるというのに。

むかしからファミコン、スーファミ、サターンといろいろなハードでゲームをしてきましたが、

それらのコントローラーも一回も壊れたり、操作が効き難くなったりしたことはないですね。

ロープレやシューティングばかりならともかく、

ほとんどが格闘アクションなのに。


じゃあ、不具合が出てないのになぜ分解するのか?

ということになりますが、

おいらの考え方は


不具合が出てからではもう手遅れである(;~_~)

というものです。


調子悪くなってから修理するより、

調子が悪くなる前に予防するほうがきっと機械にやさしいのでは?


「部品交換して直せばいい」

とか、

「そもそも壊れたら新品買うからいいや」

っていうならそれで終わりなんですが、

おいらはモノを大事に使う人間&貧乏なので

そういう考え方とは違うということです。


そもそもプレステ2は分解してはいけません。

アフターサービスを受けられなくなります。

受けないのを前提です。

そして、

分解したはいいが、もとに戻らないかもしれません。

またはしなければよかったという事態が待っているかもしれません。

「それでもおれはやらなければならないんだ」

という方のみ進めてください。


では始まります。


裏のネジを6本外します。

小さいネジなのでセイミツドライバーが必要になるかと思います。

ちなみに0番という+ドライバーです。

t-speedブログ

分解は、コントローラーをうつぶせにして開いていきます。

前面に基盤やジャイロなどがくっついていますから。

上についているL2、R2の大きなほうのボタンは裏面のカバーについてきます。

グラグラしますが、はずれることはないと思うので気にしないでくっつけたままにしてください。


基盤を外します。

基盤はビス1本で固定されています。

このビスはおそらく外装のビスと同じものだと思います。

基盤、ジャイロ(両サイドの下にある鉄っぽいもの)、LRボタンの基盤はくっついて外れます。

アナログのスティックもくっついて外れます。


そのユニット全体を外すと

t-speedブログ

ちなみに右側の緑色のほうが十字キーのゴムです。

ボタンが効き難くなったりするとこのゴムに亀裂が入ったりしています。

ぴろっと取れるので確認してください。

おいらののは良好でした。


ABXYボタンのほうも確認してください。

おいらはじっくりゴムを見てみましたが、

上下の違いは無いようなので

上と、下を反転させてローテーションを行いました。

こうすることでゲームによっては十字キーの下ばかり使うため

下のゴムだけ痛むというのを軽減でき、延命させられます。

スト2などでは下が痛み易いでしょう。

ABXYのボタンも反転しました。

自動車のタイヤローテーションみたいなものですね。


ゴムを外すとこうなっています。

t-speedブログ

ボタン群はそのままですが、

十字の方は変なX型の部品が十字を抑えるように乗っかってます。


おいらのコントローラーはなぜかX型でしたが、

みなさんのコントローラーはY型らしいです。

押さえが1本少ないようで、

うっかりこのパーツを外してしまい、どこに押さえが無かった場所か分からなくなったという事例が

よくあります。

おいらのはなぜかX型でした。


後から気付いたのですが、

X型でも一箇所だけ先っちょの形状が違います。

先端がぶつ切りになっています。

他の3つのところは丸くなってます。

ぶつ切りだからといって他と高さが違うということではありません。

同じ高さでした。

おいらは油断してどこがぶつ切りだったのか見ないで外してしまい少し考えましたが、

この写真で言うと右下に先端ぶつ切りを持ってきました。

右下のX型パーツ先端の当たるところが平らになってるように感じたから

そこに持ってきたほうが安定するのかなあなんて。


このばらした状態で他のポジションに変えて十字キーを傾けたりしてみましたが、

どこにセットしても同じかなあという印象でした。

十字の傾きの高さにズレが出たらいやだなあと心配しましたが、

あまり関係ないのかもしれません。

そもそもX型部品の足の高さはどこも同じでしたし(3.1ミリほど)


ということで上に書いたように当たる部分が平らになってそうな(裏から見て)右下にすることにして

ボタン、十字などを外しボディを水洗いしました。

十字キーの触れるところはとくにほこりや手垢などがついてるのでよく洗います。

あまり中性洗剤などで油分を飛ばしてしまったりしないほうがいいかもしれません。

洗ったら完全に水気がなくなるまで放置してください。

エアダスターで噴いたり、自分で吹いたりしたら水を飛ばし易いです。

t-speedブログ

元通り治せるか心配な人はおいらのように逐一写真を撮ったり、

ノートにメモを書いたりするほうが絶対に無難です。

おいらほど慎重なやつでもX型パーツの違いを見落としてしまいましたからね。


おいらはゴムの部品は洗わずに湿らせた綿棒でホコリなどを拭き取りました。

どっちが上についていたか分からなくなるのでなにかマーカーを付けといたほうが

ローテーション反転するときに「?」とならなくてよいです。


コントローラーのボディが乾いたら

組み上げますが、

水洗いしたので樹脂同士がこすれる部分の潤滑が悪くなってるかもしれません。

シリコンスプレーを軽く吹いておくのもよいかもしれませんが、

おいらは先日買ったばかりの

「タミヤセラグリスHG」を爪楊枝で塗布しました。

http://ameblo.jp/t-speed-blog/entry-10713751189.html

おもに塗るところは十字キーとボディが触れるところと、

X型パーツの中心の山。

とくにこの山は少し粉が出ていましたから

グリスアップは必須だと思います。


そして組み上げですが、

LボタンとRボタンのゴムもローテーションすることにしました。

この黄色いのがゴムです。

ペロっとめくります。

スト2ではR1、R2ばかりを酷使するのでこのローテは必須です。
t-speedブログ

じっさいに組み上げてみると分かりますが、

L2、R2ボタンが付いているボディ裏を組むのはむずかしいです。

L1、R1は爪楊枝でゴムをへこませれば組めます。

またはゴムにボタンを乗せて基盤を傾けながらボディに納めるとか。


ですが、L2、R2はそうもいきません。

裏ボディにくっついていますから。

はめようとしてもゴムがオン状態になってないと隙間が狭く、入らないのです。


ということでL2、R2も外します。

「どうやって外すんだこれ」

と思うかもしれませんが、

t-speedブログ

中に落とし込んでください。

すると外れます。
そして、ボタン無しで裏ボディを付け、ビスを止めます。
t-speedブログ

ビスはとりあえず両サイドくらいで固定しときます。


t-speedブログ

そしてこれがボタン無しで組みあがった状態ですが、


t-speedブログ

そこからL2ボタンを上に乗せて


t-speedブログ

パチンと押し込みます。

簡単に入るので心配しないでください。

慎重なひとは部品をみてグリスでも塗って滑り易くしてください。

どうやらそういうつくりになってます。

ちなみにL1、R1の小さいほうのボタンも同様に後から出来そうです。

*未確認


裏側のビスを全部止めて完成です。
t-speedブログ

やはりゴムなどを組みなおしただけあって

少し感触が変わります。


自作アシストパッドつけて完成。
t-speedブログ

コレ無しでやってみましたが、

やはりダブルサマーや千裂などの出し易さがダンチです。

真ん中がない十宇キーではキャンセルダブルはきついものがありますね(;~_~)


t-speedブログ
プレイは快適になったかと言いますと、


「はっきり言って同じですw」

まあもともと、悪いからメンテしたのではなく、

悪くなる前にメンテしたのですからね。

さらに良くならなくても、良い状態キープというのはとてもよいことです。


コントローラーの中もそれほどゴミなどもありませんでしたし、

ゴムのローテーションとグリスアップぐらいの仕事でした。

ゴミだらけだったら掃除し甲斐もあったかもしれませんがw

またゴムとかも切れ掛かっていたら

新品コントローラーを導入しようかという気にもなったかもしれません。

コントローラーに以上はないのでプレイが下手なのは

プレイヤーが悪いということですw


一度バラして組み上げると構造が分かるので

たいへん勉強にはなりました。

ネットで人がばらしたのを見ているだけと、

自分の手でばらして組み上げたのはまた大きくちがいます。



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

t-speedさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

5 ■参考にさせて頂きました!

はじめて解体して上下はめる時にLRのボタンが邪魔で苦戦してましたが、このブログ見て後からでもはめれることが分かり大変感謝しております(>人<;)ありがとうございました(>人<;)

4 ■Re:参考にさせて頂きました

>PS2コントローラー大好きさん

どーもです^^
昔の記事なので少々写真も荒いですがお役に立ててなによりです。

3 ■参考にさせて頂きました

十字キーとスタートボタンの効きが悪いので、こちらの記事を参考に分解して掃除してさせて頂きました。
十字キーは効きが戻りましたが、スタートは若干マシになった程度でした。
得にホコリも無かったので自分ではどうしょうもないので諦めました^^:
それでもちょっと汚かったコントローラーをピカピカにする事が出来ました!R2ボタンの外し方など凄く参考になりました。
ありがとうございました^^

2 ■Re:まったく同じ

>zuttojpさん
zuttojpさんどーも^^
デュアルショック2はフィルム基板が入っていてシビアなものかもしれませんので、
2800円で新品を買ったほうが無難です(;~_~)
ゲームショップなどにまだ普通に売ってますしね。

1 ■まったく同じ

私も分解して十字キーを蘇らせようとしましたが何度か繰り返してゴムの部分の位置を変えて試しましたが残念ながら復活していません。・°°・(>_<)・°°・。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。