欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 欧州野球連盟(CEB)が、2017年シーズンにおけるヨーロッパ選手権およびヨーロッパカップの開催地を発表しました。

 

 ヨーロッパカップは、最高峰にあたるヨーロッパチャンピオンズカップがドイツ・レーゲンスブルグで開催されることが決定。大会は6月7日から11日まで行われ、今年と同様5か国から計8球団が参戦します。チャンピオンズカップの下位に位置づけられる大会については、CEBカップ(2部)がチェコ・ブルノ及びプラハ、フェデレーションズカップ(3部)がスペイン・バレンシア、フェデレーションズカップ予選(4部)がスロバキア・ブラチスラバとセルビア・ベオグラードで開催されることになりました。

 

 これらの都市のうち、ブルノとベオグラードはヨーロッパ選手権の開催地になることも決定。ベオグラードは、ポーランド・ミエスカゴルカとともにヨーロッパ選手権予選Bの開催地に選ばれました。ロシア、ギリシャ、スロバキア、オーストリア、ウクライナ、イスラエル、ブルガリア、リトアニア、スイス、ベラルーシ、ポーランド、セルビアの12か国が今大会にはエントリーしています。大会期間は7月24日から30日までとなっています。

 

 一方のブルノは、U23ヨーロッパ選手権を8月7日から13日までホストすることが決定。この大会は、今年日本が制して国内でも話題となったU23ワールドカップの欧州予選として開催されます。将来的にはシニアレベルと同様、この世代でもAプールとBプールの2つが実力別に設定されることになっており、今大会はそのランクを決定する重要な一戦に。今年の第1回大会にはチェコとオーストリアがヨーロッパから出場しましたが、次回はどこが勝ち上がるのかにも注目です。これらを含めた各大会の開催概要は以下の通り。

 

(1)ヨーロッパカップ

・ヨーロッパチャンピオンズカップ

ホストシティ:レーゲンスブルグ(ドイツ)

出場チーム数:8(イタリア2、オランダ2、ドイツ2、サンマリノ1、フランス1)

開催期間:6月7~11日

 

・CEBカップ

ホストシティ:プラハ、ブルノ(いずれもチェコ)

出場チーム数:8(クロアチア2、チェコ2、フランス1、スイス1、ウクライナ1、ベラルーシ1)

開催期間:6月6~10日、6月7~11日

 

・フェデレーションズカップ

ホストシティ:バレンシア(スペイン)

出場チーム数:6(ベルギー2、ブルガリア1、スペイン1、スウェーデン1、オーストリア1)

開催期間:6月12~17日、6月13~18日

 

・フェデレーションズカップ予選

ホストシティ:ブラチスラバ(スロバキア)、ベルグラード(セルビア)

開催期間:6月12~17日、6月13~18日

 

出場チーム

・現時点での出場枠は6チーム×2組の12球団。12以上のエントリーがあった場合は、上記2都市に加えて新たなホストシティが必要。

・エントリー資格を持つ球団は下記の通り。

1)チャンピオンズカップ、CEBカップ、フェデレーションズカップへの出場チームを持つ連盟に登録されている球団のうち、これらを除く2016年シーズンにおける最上位チーム。

2)チャンピオンズカップ、CEBカップ、フェデレーションズカップのいずれにも出場しない連盟の2016年度におけるチャンピオンチーム。

3)チャンピオンズカップ、CEBカップ、フェデレーションズカップのいずれにも出場しない連盟のうち、CEBランキングで最上位に入った国の2016年度における2位チーム。

 

(2)ヨーロッパ選手権

・U12(ジュブナイル)ヨーロッパ選手権

ホストシティ:ユトレヒト(オランダ)

出場国:未定

開催期間:7月10~16日

 

・U15(カデット)ヨーロッパ選手権

ホストシティ:ウィーン・ノイシュタット(オーストリア)

出場国:チェコ、フランス、ドイツ、ロシア、オーストリア、リトアニア、ポーランド。オランダ、イタリア、スペインがワイルドカードで出場。

開催期間:7月17~23日

※2018年度U15ワールドカップの予選として開催。

 

・U18(ジュニア)ヨーロッパ選手権

ホストシティ:チューリッヒ(スイス)。6チーム以上がエントリーした場合はヴァラズディン(クロアチア)を追加。

出場国:未定

開催期間:7月10~16日

 

・U23ヨーロッパ選手権

ホストシティ:ブルノ(チェコ)

出場国:未定

開催期間:8月7日~13日

※将来的に開催される大会における、Aプール及びBプールの振り分けをこの大会の最終順位により決定。

※2018年度U23ワールドカップの予選として開催。

 

・ヨーロッパ選手権予選B

ホストシティ:ミエスカゴルカ(ポーランド)、ベオグラード(セルビア)

出場国:ロシア、ギリシャ、スロバキア、オーストリア、ウクライナ、イスラエル、ブルガリア、リトアニア、スイス、ベラルーシ、ポーランド、セルビア

開催期間:7月24~30日

 

ソース:http://www.mister-baseball.com/ceb-sets-sites-2017-competitions/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「スポーツの代表戦に、『看板』なんてものは必ずしも必要ないんだな」。昨晩行われた、埼玉スタジアム2002で開催されたサッカーロシアW杯アジア最終予選、日本-サウジアラビア戦を今夜録画で見直してみて、そう感じさせられた。

 

 負ければヴァヒッド・ハリルホジッチ監督の進退も取りざたされていたであろう日本代表は、この試合ではこれまでチームのけん引役を務めていた本田圭佑(ACミラン)、香川真司(ボルシア・ドルトムント)、岡崎慎司(レスターシティFC)の3人をベンチスタートに。彼らに代わって先発出場を果たしたのは、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、大迫勇也(1FCケルン)、久保裕也(ヤングボーイズ)という、彼らと比べるとこれまで実績はあまり豊富とは言えない面々だった。だが一方で、この試合で活躍を見せたのは紛れもなく後者の3名だったのも事実だ。

 

 原口にせよ大迫にせよ久保にせよ、普段の所属クラブは(もちろんそれぞれ独自の歴史を築き上げてきているとはいえ)欧州サッカー界の中では失礼ながら、決して序列的に上位にクラブとは言い難い。そういった事情もあって、日本メディアの間でもこの3名は日本代表における「主役」という扱われ方はおそらくされていなかったのではないか。あくまでも柱となるのはビッグクラブでプレーする本田や香川や岡崎であって、この試合で輝いた3人はどちらかといえば「名脇役」のような取り上げられ方だったはずだ。そんな彼らが主役の座を実力で奪ってみせたことは、代表チームはもちろん日本のサッカーコミュニティの中でも大きな意義のあるものだったのではないだろうか。

 

 ヨーロッパをはじめとする国際野球が主題であるはずのブログで、唐突に日本サッカーの話をし始めたのはなぜか。それはこうした視点が、最近の野球日本代表の戦いとそれを取り巻くファンやメディアの目線にも何となく通じるものがあると感じたからだ。いうまでもなく、メキシコ・オランダの両代表と相まみえた去る10日から13日までの4連戦のことである。

 

 このシリーズ、日本代表は結果的に見れば3勝1敗と勝ち越すことには成功した。しかし、強化試合である以上勝ち星そのものは大きな問題ではない(もちろん成功体験を積み重ねることは重要ではあるけれど)。問題はその勝ち方の中身だ。その点でいうと、周知のとおり今回の日本代表にははっきり言って不安しか感じなかった。大きな強みであったはずの投手陣は4試合で計29失点。先発と第2先発要員全員が失点を喫した。元々打高な傾向で知られるメキシコだけでなく、フーフトクラッセでプレーするオランダの国内組の打者にも難なく対応されたばかりか、鋭い当たりを連発されたのは多くの日本人にとってショックであったはずだ。

 

 打線についても不安な点は残る。第1戦では9投手をつぎ込んだメキシコの目まぐるしい継投策の前に不発に終わり、3-7で黒星を喫した。オランダとの2試合ではともにビッグイニングを作って追いつくシーンがあったとはいえ、それはいずれも大谷翔平の一打がきっかけとなったもの。東京ドームの天井裏に打球を叩き込むという、ある意味ホームランを打つよりも難しい芸当を披露してみせた彼の怪物ぶりは今回も相変わらずだったとはいえ、彼が口火を切らなければ打線がずっと沈黙したままだった可能性は拭い去れない。

 

 国際試合では、一次リーグでの各国との対戦は一か国につき1度しかないのが普通。大会が進んでいっても、再戦の機会はせいぜい1度残されているかいないかといったところだ。言い換えれば、目の前の1試合できっちり白星を手繰り寄せられるか否かが大きな勝負の分かれ目であるということ。対メキシコ第1戦で見せたような「初物」への対応力の乏しさは、国際試合においては致命傷とすら言ってもいいのだ。しかも、ここ最近新設された国際大会は一次リーグでの対戦成績がそのまま二次リーグ以降にも持ち越されることが多く、なおのこと「目の前の試合をいかに取りこぼさないか」というテーマの重要性は増している。

 

 にもかかわらず、過去のWBCで格下と目された中国やブラジル相手に苦戦していることからも分かるように、日本のこの弱点は何年も前から明らかであるにもかかわらず、全く改善される気配がない。これははっきり言って大いに問題と言わざるを得ない。対メキシコ第2戦では確かに危なげなく勝つことはできた。しかし、本番ではそもそも「第2戦」の機会が巡ってくることの方が珍しい。初見で相まみえる目の前の相手を、確実に一発で仕留められなければ意味がないのだ。3連戦の中で相手チームにアジャストしていけるペナントレースとはわけが違う。

 

 改善の気配がないといえば、国際試合のたびに問題とされる使用球への対応についてもそうだ。WBCでの使用球がNPB公式球と比べて滑りやすいという事実は、何も昨日今日初めて判明したわけではない。大会がスタートした10年も前からとっくに分かっていたはずのことだ。にもかかわらず、現場の対応も解説者の話のレベルも当時と比べて全く進歩していない。このボールを使って既に3回も頂点を競ってきたというのに、いまだに「ボールが滑る」という段階で現場があたふたしているようにしか見えないのは、一体どういうことなのか。

 

 指先の感覚の違いという課題が提示されてから10年もの時がたった現在は、本来ならとっくにその次元は通過して、「それなら普段のペナントレースでも国際球を使おう」などといった議論に進んでいなければいけない時期のはずだ。未だにそれができていないのは、多少なりとも使用球に関する利権がかかわっている部分があるのかもしれないが、どちらにせよ国際試合への対応の遅れという意味でいえば現場の怠慢というそしりを受けても仕方がないのではないか。

 

 WBCやプレミア12の創設などにより、野球界においても国際試合を目にする機会は増えた。同時に各国の競技レベルも大きく向上し、かつてならイメージ的に野球と結びつかなかったような国でも一発勝負なら上位国と互角にやりあうようになっている。昨春の日欧野球では、NPBのトップ選手を揃えた日本代表相手に欧州代表が互角以上にわたりあい白星もマークした。今回の4連戦でも、オランダの野手陣は2試合続けて日本の投手陣を火だるまにしている。たまたま2戦ともタイブレークの末勝つことはできたが、第1戦などは9回二死からの理解に苦しむようなエラーが集中して勝たせてもらえたようなものだ。

 

 そういった変化が現に目の前で起きているにもかかわらず、日本球界の現場やファンの国際野球に対する世界観は、10年前で時計が止まったままになっている。アメリカやドミニカ、ベネズエラといった「格上」の国々との対戦は嘱望しても、短期決戦では同じくらい気が抜けない相手である今回の2か国、あるいはカナダやオーストラリアとのマッチアップには興味を示さない野球ファンは少なくない。だが、「何がカナリア色の侍だ」と鼻で笑っていた相手であるブラジルに、たった3年前にどれだけ苦しめられたかをみんなもう忘れたのだろうか。その彼らが、WBCブルックリン予選の決勝の舞台にすら立てないのが今の国際球界である。

 

 思うに、日本の大多数の野球ファンはNPBというブランドをあまりに絶対視しすぎてはいないだろうか。「俺たちのプロ野球はMLBには多少及ばないにせよ世界に冠たるリーグであって、そこから選ばれた日本代表はよほどの相手でもない限り、国際大会という舞台でも負けるはずがない」と。だが今の国際野球界は、多くの日本人野球ファンが想像しているよりもはるかにタフな世界だ。「アメリカやドミニカはなんか知らないけどやたら強い」「キューバや韓国や台湾は普通にやれば勝てる」「それ以外の国はどこの馬の骨ともつかない雑魚、日本なら勝って当たり前」などと相手の看板だけを見て星勘定ができる時代など、今やとっくに終わっている。

 

 「このところ日本がかつてのように勝てなくなっているのは、日本のレベルが下がっているのか?それとも他国のレベルが上がっているのか?」という議論はネット上で散見されるが、個人的に言わせてもらえるなら答えはその両方だと思う。それに加え、「国際野球界自体の枠組みやあり方が変化しつつあるのに、現場やファンやメディアの意識がそれについて行っていない」ことこそが一番の問題点ではないだろうか。

 

 国際大会という舞台においては、所属リーグというブランドなど何の意味も持たない。2009年の第2回WBCでオランダ相手に2度の屈辱を味わったドミニカのように、どんなに有名選手を揃えていても目の前の1試合をきっちりと勝つことができないチームは、あくまでも弱者でしかないのだ。事実、日韓を除けばほとんどがマイナーリーガーやその経験者という顔ぶれだったプレミア12でも、日本代表は優勝できなかった。むろん選手起用にも少なからず問題はあったかもしれないが、本当にそれだけが敗因だったのだろうか。有力選手が対戦国に乏しいということで、驕りや慢心が少なからずなかっただろうか。

 

 当時と比べると、来春のWBCで日本が迎え撃つ相手はずっと手ごわい相手だ。今回は二軍という側面が色濃かったメキシコとオランダの両国は、本番ではさらに強力な布陣を編成してくるだろう。メキシコでは今回試合に出場しなかったエイドリアン・ゴンザレス(ドジャース)に加え、キューバから亡命したヤシエル・プイグ(同)や、今季42本塁打を放っているクリス・デービス(アスレチックス、オリオールズ所属の内野手は同姓同名の別人)の加入が取りざたされ、オランダはケンリー・ヤンセン(ドジャース)、アンドレルトン・シモンズ(エンゼルス)、イグザンダー・ボガーツ(レッドソックス)らが出場を快諾したと伝えられている。

 

 「本気モード」なのは彼らだけではない。ディフェンディングチャンピオンのドミニカは言うに及ばず、過去3大会は決勝進出すら果たせていないアメリカも、名将ジム・リーランド監督の下とうとう目の色を変えた。2年連続40本塁打130打点以上のノーラン・アレナド(ロッキーズ)、オッドアイの奪三振マシンとしておなじみのマックス・シャーザー(ナショナルズ)、MLBのアメリカ人捕手の中ではバスター・ポージー(ジャイアンツ)と並び立つ存在であるジョナサン・ルクロイ(レンジャース)らが既に参加を表明済み。その他の国々も、着々とそれぞれ準備を進めている最中だろう。

 

 もちろん、彼らが本番でどれだけ輝けるかは本人たちですら100%は保証できない(むろんそのための努力は怠らないだろうが)。だが、チャンピオンの座を奪回することを狙うなら彼らの存在を無視できないのもまた当然だろう。そういう状況の中で、現状のままの日本が果たして互角に立ち回っていくことができるのか。曲がりなりにも世界ランク1位の座にいる国としては寂しい話だが、残念ながら個人的にそのような絵はまだ描けずにいる。

 

 だが、これは単に指揮官の首を挿げ替えれば解決するような、そんな簡単な話ではない。今の国際的な野球界の情勢を日本球界の現場やファンがどう捉えるべきなのか。そのうえで、野球日本代表というチームを国際球界や日本球界の中でどのように位置づけ、どのように強化していくべきなのか。そういったビジョンがきちんと共有されない限り、本質的な意味での解決にはならないはずだ。残された時間はあと3か月半。このミッションは、今までのように舐めてかかれるような類のものではない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(1)EBCAコーチ・オブ・ザ・イヤーにヘンドリックス氏

 欧州野球指導者協会(EBCA)の定例コンベンションがフランス・マルホーズで行われ、今年の最優秀指導者を表彰するコーチ・オブ・ザ・イヤー・アワードにベルギー代表監督のスヴェン・ヘンドリックス氏が選出されました。

 

 ヘンドリックス氏は、数多くのベルギー代表選手を輩出している町であるアントウェルペン州ウィルレイク出身。今年オランダ・ホーフドループで開催されたヨーロッパ選手権において、ベルギー代表を上位6位以内による2次リーグ進出に導いた功績が評価されました。ベルギーは過去にはオランダとイタリアに続く欧州3番手としての地位を確立した時期もあったものの、最近はドイツやスペイン、チェコといった後進に追い抜かれ気味。チームが同大会で最後に6位以内に入ったのは1999年のことで、実に17年ぶりの快挙は確かに受賞に値するものであったことは間違いないでしょう。

 

 同賞はEBCAの実行委員会があらかじめ候補者を選定し、その中から受賞者がファンや他の指導者たちによる投票で選ばれる仕組み。現場の人々によって評価され選ばれたということで、ベルギー球界全体にとっても栄誉あるものとなったのではないでしょうか。再来年の第35回ヨーロッパ選手権での、ベルギー代表の躍進をお祈りいたします。ヘンドリックス監督、受賞おめでとうございます!!

 

ソース:http://www.mister-baseball.com/sven-hendrickx-named-ebca-coach-year-2016/

 

(2)オランダ代表の内野手コンビがMLBでアワード受賞

 来春のWBCでオランダ代表の三遊間コンビを任されることが有力な2人の内野手が、こちらも揃ってMLBで栄誉ある受賞の栄誉にあずかりました。

 

 レッドソックスのイグザンダー・ボガーツ内野手は、アメリカンリーグのシルバースラッガー賞を受賞。今季は157試合に出場して打率.294、21本塁打、89打点、13盗塁という好成績。終盤には残念ながら失速したものの、5月には月間49本の固め打ちを見せるなどシーズン通算で192安打をマークし、球宴でもア・リーグのスタメン遊撃手に選ばれる活躍でした。レッドソックスからは他に、今季限りで引退するデビッド・オルティス内野手(DH部門)とムーキー・ベッツ外野手(外野手部門)も選ばれています。

 

 一方、エンゼルスのアンドレルトン・シモンズ内野手は、3年連続でMLB機構が制定するフィールディングバイブルアワードを満票で受賞。ローリングスが提供するゴールドグラブについては残念ながら選外となったものの、軽快さ・堅牢さ・内野深くからでも打者走者を刺せる強肩を兼ね備える自慢のディフェンス面には、相変わらず陰りのないところを示してみせました。2人はオランダ代表においても中軸打者と切り込み隊長という絶対の主力。報道ではWBC出場を共に快諾したとも伝えられており、活躍に期待したいところです。

 

ソース:http://www.mister-baseball.com/xander-bogaerts-wins-silver-slugger-award-andrelton-simmons-rewarded-defense/

 

(3)各国代表選手の新天地、続々決定

 オフシーズンに入り、次年度に向けての補強が活発化する野球界。もちろんこれは日本やアメリカに限った話ではなく、ヨーロッパ球界においても全く同じです。今季は複数の各国代表選手が所属チームを変更することとなり、その情勢が伝わってきました。

 

 フランス代表のレオネル・セスペデス投手(22)は、来季から同国の王者ともいえるルーアン・ハスキーズ´76に入団することが決定。キューバ・ハバナ出身のセスペデスは、ミュージシャンである父親の影響でフランスの市民権を持ち、13歳からフランスを拠点として生活しています。国内ではトゥールーズ・タイガースとセナート・テンプライアーズに所属した経験を持つ他、フランス代表でも4年のキャリアの持ち主。今季は故郷キューバでプレーしていました。

 

 一方、イタリア代表で長年切り込み隊長を担ってきたファン・カルロス・インファンテ内野手(35)は、同じイタリア・IBLで今季準優勝を果たしたA.S.D.リミニ(旧テレマーケット・リミニ・パイレーツ)に移籍することとなりました。ベネズエラ出身のベテランは、今季まで所属したUGFフォルティチュード・ボローニャ1953を退団。レギュラーシーズンでは35試合出場で打率.312、1本塁打、13打点、7盗塁という成績を残しています。

 

 一方、チームはリカルド・ヘルナンデス、ホセ・エスカローナ、カルロス・テラン、カルロス・リチェッティという四本柱の確保には成功しており、現在は新監督探しに奔走中。その候補としては、インファンテと同じベネズエラ出身のイタリア代表プレーヤー、ジャイロ・ラモス・ジッツィ内野手が挙がっているそうです。

 

ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/leo-cespedes-joins-rouen-huskies-2017-season/

http://www.mister-baseball.com/juan-carlos-infante-joins-rimini/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。