欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

スペインリーグ(第7~8節)


第7節

C.D.パンプローナ4-7C.B.ビラデカンス

C.D.パンプローナ9-3C.B.ビラデカンス

ベースボール・ナヴァーラ2-7プエルトクルーズ・マーリンズ

ベースボール・ナヴァーラ2-3プエルトクルーズ・マーリンズ

C.B.サンボイ7-1ベースボール・バルセロナ

C.B.サンボイ6-1ベースボール・バルセロナ

サンイナジオ・ビルバオ4-7バレンシア・アストロズ

サンイナジオ・ビルバオ4-7バレンシア・アストロズ


第8節

バレンシア・アストロズ5-0C.D.パンプローナ

バレンシア・アストロズ8-1C.D.パンプローナ

サンイナジオ・ビルバオ3-1ベースボール・バルセロナ

サンイナジオ・ビルバオ6-9ベースボール・バルセロナ

C.B.サンボイ3-0プエルトクルーズ・マーリンズ

C.B.サンボイ0-2プエルトクルーズ・マーリンズ

ベースボール・ナヴァーラ15-0C.B.ビラデカンス

ベースボール・ナヴァーラ4-5C.B.ビラデカンス


 スペインリーグでは、第7節でサンボイのエースであるザエル・ホノラが金字塔を打ち立てました。バルセロナとの1回戦に登板した彼は、この試合で球団新記録となる通算344個目の奪三振を記録し、ヨエル・ヘルナンデス投手の記録を更新。試合の方でも9回を投げて被安打3、2四球で1失点完投勝利を飾り、エースとして見事な働きを見せました。バルセロナは先発のラモン・ロッソが5回2/3を投げて7四球と崩れ、期待に応えられませんでした。サンボイは2回戦でも、先発ジェラルド・プラーナ以下3投手の継投で快勝を収めています。


 アストロズは第7節のビルバオ戦、第8節のパンプローナ戦ともにスイープを飾り、 通算13勝3敗として首位タイに浮上。ナヴァーラを第7節でスイープした後、サンボイと第8節で星を分け合ったマーリンズとともに暫定王座を手にしました。2ゲーム差の3位には11勝5敗のサンボイが続いています。4位ナヴァーラはこの2週間で1つしか白星を積み増しできず、勝率もついに5割を切りました。なお、ナヴァーラ以下の5チームは全てシーズン通算の勝利数が依然として1ケタにとどまっています。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-spanish-division-de-honor-baseball-16-17-2015/

http://www.mister-baseball.com/results-spanish-division-de-honor-23-24-2015/


フランスリーグ(チャレンジ・ド・フランス、第7節)


チャレンジ・ド・フランス

14日

セナート・テンプライアーズ4-0シャトーレ・フレンチカブス

パリ大学クラブ1-0サヴィニー・ライオンズ

ルーアン・ハスキーズ5-3トゥールーズ・タイガース

モンペリエ・バラクーダーズ4-0ボーケール・キャバリアーズ


15日

シャトーレ・フレンチカブス5-8トゥールーズ・タイガース

サヴィニー・ライオンズ0-10ボーケール・キャバリアーズ

セナート・テンプライアーズ0-3ルーアン・ハスキーズ

パリ大学クラブ11-3モンペリエ・バラクーダーズ

セナート・テンプライアーズ12-0トゥールーズ・タイガース

モンペリエ・バラクーダーズ11-4ボーケール・キャバリアーズ


16日(準決勝)

パリ大学クラブ4-8セナート・テンプライアーズ

ルーアン・ハスキーズ8-3モンペリエ・バラクーダーズ


17日(決勝)

セナート・テンプライアーズ3-6ルーアン・ハスキーズ


第7節

シャトーレ・フレンチカブス0-3トゥールーズ・タイガース

シャトーレ・フレンチカブス1-11トゥールーズ・タイガース

パリ大学クラブ4-10セナート・テンプライアーズ

パリ大学クラブ4-7セナート・テンプライアーズ

ボーケール・キャバリアーズ2-4サヴィニー・ライオンズ

ボーケール・キャバリアーズ7-6サヴィニー・ライオンズ


 フランスではレギュラーシーズンの第7節を前に、毎年恒例のカップ戦であるチャレンジ・ド・フランスが行われました。来年度のヨーロッパカップ出場権をかけ、ダブルエリミネーション方式で争われる今大会では、リーグ戦でも無敗の首位と絶好調のハスキーズが昨年のリーグ覇者テンプライアーズを6-3で破り、見事7度目の優勝を果たしました。キーノ・ぺレス選手兼任監督が最優秀投手に、ジェフリー・マッケンジー投手が大会MVPに輝いています。


 そのハスキーズと4ゲーム差の2位につけるバラクーダーズは、翌週行われた第7節では試合がなくお休みに。代わって輝きを放ったのが、タイガースとテンプライアーズの両軍でした。ここまで4位につけるタイガースはフレンチカブス相手に力の差を見せつけ、スイープ達成で今季の勝敗を8勝6敗に。同じくパリ大学クラブをスイープした3位テンプライアーズとのゲーム差はわずか1となっています。キャバリアーズとライオンズは2試合続けて接戦を演じ、星を分け合いました。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/rouen-huskies-claim-title-2015-challenge-de-france/

http://ffbsstats.org/2015/challenge/resultats.php

http://www.mister-baseball.com/results-french-division-24-2015/


ドイツリーグ(第7節、ブッシュビンダーカップ)


第7節

14日

南地区

バッド=ハンブルグ・ホーネッツ1-3ハー・ディシプルズ

バッド=ハンブルグ・ホーネッツ2‐11ハー・ディシプルズ


15日

南地区

マンハイム・トルネードス2‐3マインツ・アスレチックス


16日

北地区

ハンブルグ・スティーラーズ0‐11パダーボーン・アンタッチャブルズ

ハンブルグ・スティーラーズ8‐2パダーボーン・アンタッチャブルズ

ゾーリンゲン・アリゲーターズ11‐3ケルン・カージナルス

ゾーリンゲン・アリゲーターズ14‐0ケルン・カージナルス


南地区

シュツットガルト・レッズ8‐9ハイデンハイム・ハイデコッフェ

シュツットガルト・レッズ4‐1ハイデンハイム・ハイデコッフェ

トゥービンゲン・ホークス1‐4レーゲンスブルグ・レギオネーレ

トゥービンゲン・ホークス2‐3レーゲンスブルグ・レギオネーレ

マンハイム・トルネードス10‐0マインツ・アスレチックス


17日

北地区

ドルトムント・ワンダラーズ0‐20ボン・キャピタルズ

ドルトムント・ワンダラーズ3‐11ボン・キャピタルズ


ブッシュビンダーカップ

ボン・キャピタルズ8‐2パダーボーン・アンタッチャブルズ

レーゲンスブルグ・レギオネーレ11‐1オストラヴァ・アローズ(7回コールド)

パダーボーン・アンタッチャブルズ2‐8オストラヴァ・アローズ

レーゲンスブルグ・レギオネーレ12‐5ボン・キャピタルズ

ボン・キャピタルズ12‐3オストラヴァ・アローズ


決勝

レーゲンスブルグ・レギオネーレ10‐9ボン・キャピタルズ(延長10回)


 ドイツリーグでは前半戦の最後となる第7節を消化。北地区ではアリゲーターズ、南地区ではレギオネーレと直近の過去2シーズンの国内チャンピオンが首位ターンを決めました。今節もこの両軍はきっちり白星2つをゲット。アリゲーターズはタナー・レイトンの2試合計7打数7安打の大活躍で、カージナルスを難なくスイープ。レギオネーレはパスカル・アモン、マルセル・ヒメネス、ニノ・サカーサの若手三銃士が活躍し、ホークス相手に2度の接戦をものにしました。


 一方、この両チーム以外で目を引く戦いぶりを見せたのが北地区2位のキャピタルズ。ここまでアリゲーターズと3ゲーム差につけている同チームは、ワンダラーズとの2連戦で2試合計31得点の大爆発。1回戦ではマックス・シュミッツが7回参考ながらノーヒッターを達成、ブラッドリー・ロッペル=ヒューバートは2試合で計10打点のつるべ打ちでした。


 そんな好調のレギオネーレとキャピタルズに、アンタッチャブルズとチェコのオストラヴァ・アローズを加えた4チームで開催されたのが、翌週レーゲンスブルグにて行われた恒例のブッシュビンダーカップ。レギオネーレとキャピタルズの対戦となった決勝では、延長10回に7‐9のビハインドを跳ね返したレギオネーレが、ヨハネス・ユングのサヨナラ適時打で10‐9で勝利し優勝を飾りました。なお、レギオネーレには大会スポンサーであり、自身の親会社でもあるブッシュビンダーオートモービル社より、賞金1500ユーロが送られています。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-german-baseballbundesliga-14-17-2015/

http://www.mister-baseball.com/regensburg-prevails-2015-buchbinder-cup-extra-inning-thriller/

http://legionaere.de/buchbindercup/games


チェコリーグ(第6~7節)


第6節

15日

AVGドラッシ・ブルノ2‐1テンポ・タイタンズ

オストラヴァ・アローズ4‐2プラハ・イーグルス


16日

AVGドラッシ・ブルノ5‐3テンポ・タイタンズ

AVGドラッシ・ブルノ4‐3テンポ・タイタンズ

オストラヴァ・アローズ11‐1プラハ・イーグルス

オストラヴァ・アローズ15‐5プラハ・イーグルス

コトラーカ・プラハ2‐5テクニカ・ブルノ

コトラーカ・プラハ12‐2テクニカ・ブルノ

フロッシ・ブルノ5‐3スコカニ・オロムーク

フロッシ・ブルノ11‐10スコカニ・オロムーク


17日

スコカニ・オロムーク2‐8フロッシ・ブルノ

コトラーカ・プラハ1‐11テクニカ・ブルノ


第7節

23日

テンポ・タイタンズ8‐1コトラーカ・プラハ

テンポ・タイタンズ7‐11コトラーカ・プラハ

スコカニ・オロムーク3‐5プラハ・イーグルス

スコカニ・オロムーク5‐4プラハ・イーグルス

フロッシ・ブルノ5‐8AVGドラッシ・ブルノ


24日

スコカニ・オロムーク4‐3プラハ・イーグルス


※第7節のフロッシ・ブルノ-AVGドラッシ・ブルノ2回戦は雨天中止


 チェコリーグでは第6節で3連戦が4カード、第7節で3連戦が1カードと2連戦が2カード組まれました。第6節ではプラハを本拠地とする球団が大苦戦。コトラーカがテクニカとの2回戦で勝利を飾った以外は全敗で、合計で1勝8敗と厳しい戦いぶりとなりました。タイタンズはドラッシに、イーグルスはアローズにそれぞれ3タテを食らっています。フロッシもスコカニ相手にスイープを決めました。


 続く第7節では、イーグルスがそのスコカニ相手に勝ち越し。3試合続けて2点差以内の接戦となった今回のマッチアップでは、1勝1敗で迎えた3回戦でイーグルスのマテイ・ラジニェクがサヨナラ弾を放ち、試合にけりをつけました。ドラッシはフロッシとのブルノダービー初戦を制したものの、2回戦は雨天のため中止に。タイタンズとコトラーカは星を分け合いました。


ソース一覧

http://www.mister-baseball.com/results-czech-extraleague-15-17-2015/

http://www.mister-baseball.com/results-czech-extraleague-23-24-2015/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今月8日に計画が発表されてから、欧州はもちろん日本の野球ファンの間でも話題となっているELBプロジェクト。大陸を横断した形の新たなプロ野球リーグを、2016年4月から立ち上げるという大胆なアイデアには、少なくない数の人々が注目と関心を寄せているようです。


 ところで、欧州の野球ファンたちはこの企画をどのように見ているのでしょうか?今回は、オランダの著名な野球ブロガーであるYankeebiscuitfanさんがELBについて綴った記事を、この場を借りて紹介してみたいと思います。現地で生まれ育ち、現地の野球コミュニティの中で生きてきた人々の視点でのELBの捉え方は、きっと示唆に富んだものであるはずです。


(以下和訳)

 先日、僕はある友人と新たに立ち上がったELBプロジェクトについて話をした。この人物が語った内容を、読者のみんなともぜひシェアしたいと思う。これは主に、このリーグをスタートさせるという決断をするに至った理由についてだ。


 そもそも、EAPBやELBという組織をまず立ち上げることとなったのは、アレンジメントをできるだけの力を持ったオフィシャルな組織を抜きにしては、欧州野球連盟(CEB)や各国の野球連盟、球団、将来的にスポンサーとなりうる企業などとの交渉を行うことが非常に困難だったためだ。


 そして、オランダ勢の2チームの中にL&Dアムステルダム・パイレーツが含まれていなかった理由は、次の通りとなっている。EAPBはまず、同じオランダの強豪であるキュラソー・ネプチューンズと接触した。もちろん、彼らの意向としてはパイレーツにも同様に接触を図りたかったところだが、スポンサーを巡る噂がその方針をヴァッセン・パイオニアーズとコンタクトするというものに変えさせた。パイレーツの親会社であるL&Dサポート社は、球団のメインスポンサーとしての関与の度合いを徐々に減らそうとしており、そしてパイレーツは彼らに代わる新たなメインスポンサーを見つけられずにいるとみられている。


 そういう状況を踏まえれば、パイレーツは球団の資金力に課題を抱えている現段階では、リーグへの参加に対して消極的になるというのは十分あり得る話だし、僕もそれは賢明な選択であると思う。もちろんこれは噂の域を出ない話であって、僕はその真偽について確証を持っているわけではないということは強調しておきたい。もしかしたら、EAPBはまず最初にパイレーツと接触することだっててきただろう。とはいえ、いずれにせよ既にディシジョンは下されたわけであって、今更それを変えることなどできないんだ。リーグは1か国につき2チームを参加させるという意向を決めているわけで、ネプチューンズとパイオニアーズが既に「オランダ枠」を埋めている以上、パイレーツが今更出てくるのは他国にとっておかしな話だろう。「俺たちは2チームしか供出できないのに、なぜオランダはそれ以上許されるのか?」とね。


 オランダにおける野球の将来は、決して明るいわけではないと僕はみている。2011年のワールドカップでオランダ代表が優勝した時、残念ながらオランダの子供たちを野球に十分にひきつけることはできなかった。2013年WBCでベスト4に入った時もそうだ。他競技のオランダ代表が活躍した時には、それは人々に対して大きなインパクトを与えるしクラブにも多くの新しい参加者が集まるようになる。しかし、何故か野球はそうではないんだ。これはKNBSBが、自らのチームの成功を正しく世に伝えられていないからか?それとも、ビギナーにとって野球というスポーツは難しすぎるんだろうか?僕にはわからない。しかし、20年前と比べて競技人口が減っているのは確かな事実だ。


 じゃあそこで考えてみよう。ヨーロッパでプロ野球をスタートさせるのは賢い選択だろうか?非常に難しい質問だと思うね。イタリアのプロリーグであるIBLは、安定的な運営のために非常に多くの苦労を強いられている。イタリアの強豪チームであるネットゥーノは、参加球団の数が偶数になるように同じフランチャイズから2チームで参入している状況だ。これは非常に異様と言わざるを得ない。もし1か国で展開されているプロリーグが運営に苦しんでいるなら、果たしてヨーロッパリーグは永続できるだろうか?


 ただ確かなのは、欧州の地において野球というスポーツが生き残るためには、何かしらの対策を打つことが必要だということだ。もしかしたら、ELBは構想どまりで旗揚げできずに終わるかもしれないし、仮にスタートしても1年か2年で終わってしまうかもしれない。そういった可能性があることを僕は否定しないよ。でも、例えそうなったとしても何かを僕たちはしなければならないんだ。


 子供たちに野球をプレーさせるための道はただ一つ、彼らや彼女らをこのスポーツに引き込むことだ。アメリカのマイナーリーグのような雰囲気を持っている試合の合間に、彼らをイニング間のパフォーマンスに参加させること以上に有効な手が、果たしてあるだろうか(少なくとも僕には思いつかない)?しかし、ここでも考えなければならないことがある。ELBの試合が平日に行われるなら、試合は何時からスタートするんだ?小さな子供たちは、あまり遅い時間帯の試合には参加できないだろう。寝床に着く時間とバッティングするからね。これについては解決策が必要だ。


 しかし、もしELBが子供たちを球場に集め、イニング間のゲームに彼らを参加させて塁間競争なんかをやらせてあげることができたら、きっと彼らはそれを気に入ると思う。マイナーリーグの球団が持っているようなプロモーションプログラムも、それを助けることになるだろう。これらの取り組みは必ず広く周知されなければならない。テレビか、あるいはそれ以外の媒体かは分からないが、どちらにしても広告がなされる必要があるのは間違いない。もちろん多くのコストはかかるが、リーグの冠スポンサーを見つけられればそれは可能になるだろう。1つ間違いなく言えることは、ELBの参加球団はいわばそれぞれの国の代表としてPRされるべきだということだ。それによって、それぞれの国中の関心を集めることができるからね。


 ヨーロッパ野球には新しいインパルス(衝動)が必要だ。ロッテルダム、アムステルダム、ハーレム、ルーアン、レーゲンスブルグ、バルセロナ、ネットゥーノといった、伝統的な街単位での発展の仕組みよりも、さらに規模が大きな成長構造が必要なんだ。もちろん、全ての欧州の球団がELBに参加できるわけではない。しかしこのリーグがもし成功を収めることができれば、これは野球が再び成長していくためのきっかけになるだろう。その恩恵を受けるのは、小規模なクラブも同じことなんだ。


ソース:https://yankeebiscuitfansdutchblog.wordpress.com/2015/05/17/more-on-the-euro-league-baseball/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベルギーリーグ(第5節)


ロイヤル・グレイズ15-5ナミュール・エンジェルス

ロイヤル・グレイズ7-3ナミュール・エンジェルス

ゲント・ナイツ1-0ボーガーホート・スクイレルズ

ゲント・ナイツ5-15ボーガーホート・スクイレルズ

LLNフェニックス0-13ドールン・スパルタンズ

LLNフェニックス10-13ドールン・スパルタンズ

ブラスチャート・ブレーブス8-9モートセル・スターズ

ブラスチャート・ブレーブス3-10モートセル・スターズ


 ベルギーリーグ第5節では、4カード全てがダブルヘッダー形式で行われました。グレイズはエンジェルス相手に2試合連続で快勝。ナイツは昨季王者スクイレルズ相手に、初戦を制する番狂わせを演じてみせました。ただ、2回戦では投手陣が崩れて大敗を喫しています。スパルタンズは2試合連続で13得点と打線が爆発し、フェニックスをスイープ。スターズは格上のブレーブス相手に、ホームで見事2連勝を果たしています。


ソース:http://www.mister-baseball.com/results-belgian-division-9-2015/


イギリスリーグ(第4節)


ブラックネル・ブレイザーズ4-5サウザンプトン・ムスタングス

ブラックネル・ブレイザーズ6-3サウザンプトン・ムスタングス

ハーツ・ファルコンズ15-6エセックス・アローズ

ハーツ・ファルコンズ6-12エセックス・アローズ

サウスロンドン・パイレーツ3-4ロンドン・メッツ

サウスロンドン・パイレーツ1-11ロンドン・メッツ(5回コールド)


 イギリスリーグ第4節では、パイレーツ-メッツによるロンドンダービーが実現。奇しくもともにMLB球団と同じニックネームを持つチーム同士の対戦となったこのカードでは、メッツが2試合ともに制してスイープを飾りました。2回戦ではトレバー・アレンが4打数3安打2打点の活躍。先発ダン・ウィーゲルも5回1失点と好投しました。ムスタングスとブレイザーズ、アローズとファルコンズはともに星を分け合っています。


ソース:http://www.mister-baseball.com/results-british-national-baseball-league-10-2015/


スウェーデンリーグ(第2節)


6日

サンドバイバーグ・ヒート6-7スウェーデンアカデミー


9日

イェーテボリ・ハジャーナ9-12リュクサンド・ランバージャックス

イェーテボリ・ハジャーナ5-10リュクサンド・ランバージャックス

サンドバイバーグ・ヒート4-3ソルブズボリ・ファイヤーホークス

サンドバイバーグ・ヒート2-13ソルブズボリ・ファイヤーホークス(7回コールド)

ストックホルム・モナークス15-1ボトキャルカ・サーモンズ(7回コールド)

ストックホルム・モナークス18-3ボトキャルカ・サーモンズ(5回コールド)


 スウェーデンリーグ第2節では、モナークスが昇格チームのサーモンズ相手に2試合連続でコールド勝ちを収め、力の差を見せつけました。1回戦では4回に一挙7得点を挙げる猛攻で、相手先発ホルティデス・アリエチェを3回2/3で12失点とKO。マグヌス・ピレガードが4打数3安打2打点、マット・メリーフィールドが3打数2安打1打点4得点の活躍でした。投げてはアハメド・ゴンザレスとディラン・ドリスコルの継投で、サーモン図打線を1得点に抑え込んでいます。


 ランバージャックスは2試合連続の2ケタ得点でハジャーナをスイープ。1回戦では5回終了時点で2-9と劣勢に甘んじたものの、6回に6得点、8回に4得点を挙げて逆転勝利を飾りました。3イニングを被安打1で無失点に抑えた3番手リッカード・ブロムクヴィストに白星がついています。ヒートはファイヤーホークス相手に初戦を取ったものの、2回戦では投手陣が総崩れに。2回以外毎回得点を許す大炎上でコールド負けを喫し、唯一スイープを逃しました。


ソース:http://www.mister-baseball.com/results-swedish-elitserien-9-2015/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。