欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪


テーマ:

 イタリア国内で第2位、北部では最大の都市であるミラノ。「ミラノ・コレクション」などのファッション・繊維産業で知られ、非常におしゃれな街というイメージがありますが、最近は精密機械や航空産業なども発達しており、イタリア国内における工業と経済の中心地となっています。日本では前述のミラノ・コレクションの他、インテル・ミラノやACミランといった、セリエAの強豪サッカークラブで有名ですね。

 そのミラノには、サッカーだけではなく、実は野球チームも存在します。この街には、イタリア国内で最も歴史あるプロ球団「ミラノ1946」を頂点におく、全4チームによる球団組織「ミラノ・ユナイテッド(以下ミラノU)」が本拠を置いています。現在はIBLの二軍リーグである、IBL2でプレーしているこのミラノUを買収し、来年からIBLに新球団として昇格させるというプロジェクトが、現在かの地で進行しているようです。


 チームのオーナーシップを獲得したのは、アメリカ・コロンビア大学の共同ディレクターで、同国で発行されているスポーツビジネス関係の情報誌「スポーツビジネスジャーナル」を立ち上げた人物でもある、イタリア系アメリカ人のジョン・ゲンザーレ氏。この構想自体は、昨年の秋に既にスタートしたようですが、いよいよ来年から、本格的にチームを始動させるとのこと。


 イタリア市民権を持ち、現在は中部ウンブリア州に暮らしているゲンザーレ氏は、このプロジェクトについて「非常に心躍るような挑戦で、ある側面においては歴史的な出来事になるだろう。五輪種目からの削除で、イタリア国内における野球への公的な援助は、大幅にその額を減らされてしまった。それは他の国々においても同様であり、一部の国では非常に危機的な状況にもなっている。我々は自らが愛するゲームをサポートするために、新たなやり方を探らなければならない。他の国ではともかく、少なくとも今回のプロジェクトは、イタリアにおいては画期的なものだ」と語っています。


 既にスタッフのリストアップも行われており、監督にはドジャース、メッツ、レッドソックスで計11シーズンプレーし、1998年にはドジャースを世界一に導いた実績のある、マイク・マーシャル氏の就任が決定。引退後は野球からしばらく離れていたという氏ですが、最近になって復帰。独立リーグを中心にチームの指揮を執り、昨年はゴールデン・ベースボールリーグ(現ノース・アメリカンリーグ)に所属する、ユマ・スコーピオンズの監督を務めました。アメリカの球界関係者から、ゲンザーレ氏に推薦されたというマーシャル氏は、来年初頭にも奥さんとともに、イタリアに渡る予定とのこと。


 また同時に、ゲンザーレ氏はメディア人らしく、人々の注目をチームに向けさせるための方策も、きちんと練っているそう。その担い手となるのが、「ファソ」の愛称で知られる同国の人気ロック歌手、ニコラ・ファサノさんです。熱心な野球ファンであるというファサノさんは、ゲンザーレ氏との間で、ミラノUのホームゲーム開催時にコンサートを開催し、観客動員数の増加に協力するという約束を取り交わしたそう。ゲンザーレ氏は「一晩で800人、人気カードであれば1200人は球場に呼びたい」という初年度の目標を明かし、「そうすれば、ファンもスポンサーも、素晴らしい時間を共有することができるだろう。ファソはそのために、我々に最大限の協力をしてくれる。野球がエンターテイメントとしていかに素晴らしいものであるか、彼のサポートによって人々に知ってもらえるだろう」とも語っています。


 そのスポンサーですが、ゲンザーレ氏いわく「ミラノにある企業は、皆野球というスポーツのことも、どのようにスポンサリングをすればいいかも知っているが、我々が彼らのビジネスをどのように拡大させられるかについては、まだ十分に理解していないようだ」とのこと。ただ、「当初は理解者は多くはないだろうが、少しずつでも増えてくればいい」とも発言しており、比較的楽観的な見方をしているよう。このプロジェクトが仮に成功すれば、ミラノはイタリア球界の中で最大の野球マーケットを形成できるだけに、まずはシーズンを重ねる中で、どのようにスポンサリングの利点をアピールできるかがカギを握りそうです。


 ミラノUの一軍にあたるミラノ1946は、現在IBLへの加盟こそしていないものの、イタリア球界で最多の国内タイトルを獲得している古豪。本拠地は、ミラノ西部にある「ジョン・F・ケネディスタジアム」。今季は「セナーゴ・ミラノ・ユナイテッド」の名でIBL2に参戦し、15勝13敗の4位でシーズンを終えています。今回、ミラノUがIBLに参加した後も、共同体自体は解散せず、ノヴァーラ、ロー、セナーゴという他の3球団は、それぞれミラノ1946のマイナーチームとして運営される予定。いわば、アメリカ流の球団マネジメントシステムを、ヨーロッパのクラブに導入しようというわけです。


 2年連続で脱退チームが出るという噂が立つ中、こうした熱意ある人物による取り組みが行われることは、非常に素晴らしいことですよね。IBAF現会長のリカルド・フラッカリ氏は、将来的にIBLを拡大し、現行の1リーグ8球団から、2リーグ12球団まで増やす構想を持っているとか。まだ、他のチームの動向が今一つ読めないんですが、今回の新規参入が、その第一歩になってくれたらいいなと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 来る12月4日、千葉県我孫子市にて、とある野球の交流試合(図らずも、某アニメシリーズのタイトルのようになってしまった)が行われます。もちろん、こんな時期にやるわけなので、プロ野球のゲームではありません。しかしこの試合は、野球マニアにとってはまさに垂涎ものの試合なんです。


 この試合で対戦するのは、元中日の選手で、首位打者のタイトル経験もある谷沢健一氏が立ち上げたクラブチーム「YBCフェニーズ」と、海外リーグや日本の独立リーグ経験者による即席チーム「野球狂の会」。フェニーズは、社会人野球には珍しい三軍制を導入しており、年代や性別、競技レベルを問わず、さまざまなプレーヤーが参加できる、開かれたクラブとして活動しています。本拠地は隣の柏市で、公式サイトいわく「将来的にはスポーツ全般にわたって、愛好者から優れたアスリートまで、多くの人々の参加を目指す」とのこと。


 一方の野球狂の会ですが、こちらはすでに触れたとおり、さまざまなバックボーンを持つ選手たちが、この試合のためだけに集まった期間限定のチーム。ここに参加する面々は、いずれもNPBやMLBといったトップレベルでこそないながらも、皆彼らなりに長いアスリートとしてのキャリアを積み、道を切り開いてきた選手たちばかり。以下の通り、それぞれ個性あふれるメンバーが揃っています。


野球狂の会出場予定メンバー

・三好貴士(ブロックトン・ロックスコーチ)

・松尾祐介(ウイニングボール代表)

・池永大輔(サヴィニー・ライオンズ選手兼任二軍監督)

・鈴木康平(元大阪ホークスドリーム)

・平泉悠(同上)

・滝口和眞(同上)

・田久保賢植(同上)

・岡嵜雄介(元徳島インディゴソックス)

・フェリックス・ブラウン(フランス代表)

・エロア・セクレップ(同上)

・フレデリック・アンヴィ(同上)

・千田寛(元紀州レンジャーズ)

・清水広貴(元四川ドラゴンズ)

・塩島久樹(中央学院大学)

・井野口祐介(群馬ダイヤモンドペガサス)

・下門峻(日本スポーツウェルネス専門学校)

・安田裕希(桜ケ丘)

・森田雅久(オクレア・キャバリアーズ)

・瀬尾佳貴(NOMOベースボールクラブ)


※追ってメンバー追加の可能性あり


 この中で、特にこのブログ的に注目なのは、やはり池永さんとフランス勢3人衆でしょうね。現在、独立リーグのトライアウト受験のために来日中の彼らですが、このような試合で国家代表のプレーを間近に見られるというのは、非常に貴重なことであるのは間違いありません。特に、エロアは大学で日本語を専攻しているため、コミュニケーションにも心配はなし(池永さんも、彼とトレーニングする際は日本語で喋っているとか)。普段はフィールドとスタンドという、どうしても一線で区切られた場所にいる彼らですが、この機会に交流してみるのもいいと思います。ちなみに池永さんご本人は、この試合で先発の大役を務めるとか。


 世間にとってみれば、単なる1つの試合にすぎないかもしれません。しかしこの一戦は、自分たちのような人間にとっては、非常に重要な試合であることもまた確か。池永さんによると、この試合にはメディア関係者も何人か訪れる予定だそうです。この試合を通じて、フランス野球が少しでも日本のファンに、その存在感をアピールできればいいですよね。もちろん、この1戦は俺もこの目で見届ける予定です。試合レポートも、しっかりやるつもりでいますので、乞うご期待ということで。


 試合は13時から、フェニーズの専用球場で行われます。JR我孫子駅からバスに乗り、「あけぼの山公園」のバス停で下車。球場は布施弁天の近くにあるそうです(現地の様子はこちら )。俺自身も初めて行くところではありますが、非常に楽しみです。寒空の下にはなりますが、熱戦を期待したいですね!!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 これまで、代表レベルではヨーロッパの中堅国とされながらも、国内のインフラ整備が最大の課題となっていたイギリス。国内1部リーグが原っぱで試合をしているなど、お世辞にもその環境はいいとは言えないものでした。WBC予選にも出場する今後、そうした環境整備の課題は、大きくイギリス球界にのしかかってくるはずです。


 しかし、そうした状況は来年以降、大きく変わることになります。同国における、野球とソフトボールの普及推進を目的に活動している「Baseball Softball UK(BSUK)」は、MLBやMLB選手会などと共同で、ロンドンから電車で50分ほどの学園都市ファーナムに、野球とソフトボールでの使用に対応した、専用グラウンドを建設する計画を立ち上げました。着工は来年2月で、2013年のシーズン開始に間に合わせるとのこと。


 このグラウンドは、ファーナム市内にある大規模公園、ファーナムパークの南側一帯に建設される予定です。グラウンドは全部で6面作られ、内訳は野球場が2面、ソフトボール場が4面となっています。いずれもマウンド、バックネット、ダグアウト、ブルペン(資金的余裕があれば、コンクリート製になる模様)、小規模な観客席を備え、ヨーロッパの標準的な設備が整えられることになります。ソフトボール場はスローピッチとファストピッチの両方に対応する他、リトルリーグの試合にも使用できるようになるとか。グラウンドには常に整備がなされ、最高の状態で野球に打ち込めることになります。もちろん、内外野総天然芝になるそう。


 今回のプロジェクトは、来年からイギリスの小中学校の体育の授業において、野球が必修化されることともかかわりがありそうです。せっかく、授業を通じて野球に触れる機会ができても、プレーするフィールドがなければ何の意味もありません。もちろん、シニアレベルにおいても、原っぱでプレーするのと、本格的な野球場でプレーするのとでは、全然成長の度合いが違うでしょう。その意味で、今回のこの建設計画には非常に大きな意味があります。まだ、細かい部分での修正や肉づけがされる予定だそうですが、クリスマスまでには方向性が固まる予定とか。一部、予算がぎりぎりなところがあり、場合によっては追加で融資を受けたり、寄付を募ったりという必要性があるかもしれません。


 今回の建設計画の詳細は、BSUKのサイトで詳しく紹介されています。Google Mapで建設予定地についての詳細が見られる他、Flickrでのイメージ動画も掲示されているので、具体的な内容を掴むためにも、ぜひ見てみてください。ホームページへのリンクはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。