おいらはアコギ。そうアコースティックギターだよ。

今日は、おいらの居場所について語ろう。

ちょっとハナシを聞いてくれるかな?


去年の夏から秋まで、おいらの持ち主の女はおいらを使って

ギターコードを覚えなおすとかいって、ほぼ毎日練習してたんだ。

あの頃は、充実してたなぁ。


ところが、元々飽きっぽい女なんだね。しばらくすると、おいらは

放置されて、その存在を忘れられてたんだから。

やがて、その女はベースに夢中になり始めたんだ。

おいらは、ベースに嫉妬をしたよ。時間が経つにつれてどうでもよくなったよ。

どうせ、持ち主の女はベースも、すぐ飽きるだろうと思ってた。


おいらは沈黙を貫き通したんだ。


どれくらいの時間が経過したのかな?

ある日、持ち主の女はおいらを手に取り、おいらを抱え、音を奏で始めたんだ。

どういう気まぐれ?心境の変化?

正直とまどったね。嬉しかったけどさ。


しばらくぶりに、おいらをかまうと女はおいらをここにいさせたんだ。



pon-system type-Z

って、おい!トイレかよ!

おいらって、結構場所とるからな。仕方ないんだろうけどさ。

狭いトイレにいると、いろんなことを考えちゃうよ。

外の世界が見たいなぁ。風を感じて、陽をあびて。



pon-system type-Z

おいらの気持ちが通じたんだぜ。

持ち主の女は、おいらをベランダに置いたんだ。

やったー!外だー!

・・・でも、寒い。まさか?ここに放置?

雨の日とかさ、おいら雨に濡れたくないよ。

やばい。眠くなってきた。日光浴って眠気を誘うね。



pon-system type-Z

目が覚めると、おいらは電動ろくろの上にいたんだ。

なんで、ここにいるのかが理解不能だぜ。

電動ろくろの上なんて、落ち着かないよ。

くるくる回る上になんて、居心地悪くて悲しくなる。



pon-system type-Z

ろくろの上に落ち着き始めて、ここでもいいかって妥協してた矢先に

おいらは、持ち主の女はおいらを布団の上に放り投げた。

ああ!布団はいいなぁ。ふかふかで、あったかくて。

もう、ずっとここにいたい気分だぜ。


あ、持ち主の女が布団に入ってきた。

どうやら一緒に寝るらしいぞ。

愛されるってこんな気分なのかな?

おいらは、今、幸せだ。

真夜中、蹴飛ばされて布団から出されても、満足さ。

おいらも、年をとったよなぁ。

保守的な考えでまとまっちゃうんだもんなぁ。


ロック魂をどこかに忘れてしまいそうだよ。

いいのかなぁ。


ハナシが長くなったね。

おいらのつぶやきに付き合ってくれてありがとうね。


ああ、そうだ。おいらの相棒を最後に紹介しとくよ。



pon-system type-Z

持ち主の女が、ぶらっと大阪に行った時に、

緑のおっさんが、くれたんだって。

ピックは、緑のおっさんと同化していてたまにお下劣なことを

言うけど、おいらのいい相棒だよ。



それじゃ、また会おうぜ。

ロック魂に火をつけるんだぜ。

AD

コメント(26)