しょうちゃん@KOBE のイモッコ日記(鉄男ネタ・旅ネタ編)

コチラのブログでは鉄男・旅関係記事を中心に載せていきます。

…時々、“鉄”には全くもって関係ないのを載せる時もありますが…(汗;

よろしくお願いします~☆


テーマ:

↑↑朝の小高駅描いてみた(も少し手直しします)↑↑

 

 

 

 

みなさんこんばんみ。

静なる鉄男です。旅鉄な人です。

 

明日2016年12月10日(土)は常磐線の北側(小高駅から北側)の営業運転が5年9ケ月ぶりに再開するということで、『鉄路』という視点で考えると僕が今いる南相馬はやっと『陸の孤島』でなくなります。

 

2013年の4月に南相馬に来た当初は、3ケ月くらい震災復旧・復興のお手伝いをしてから神戸に帰って新しい仕事を模索するつもりだったのですが、しばらくして『常磐線が全通するまでは神戸に帰れない…』と思い…かれこれ3年と9ケ月。

 

 

 

 

当時…

 

今となっては、神戸は震災からたった2ケ月半で全通(JR)出来たんだもの。

 

それまで孤独で全国から取り残された感覚だったんだもの。

 

そして全通再開した日、身近な人・全国の人に支えられて全通出来たんだとありがたくって感極まってワンワン泣いたもの。

 

ここの街のことを知ってしまったら帰れる訳がなかろう。

 

当時の感覚知ってるんだから、神戸に戻って普通の生活が出来る訳がなかろう。

 

自分は鉄道員でないけど、命を削ってその鉄路を繋いだ親を持つ子としては、ここの鉄路の再開を見守りつつ、自分の出来ることでお手伝いする!

 

 

…みたいな正義感のような思いが湧いてきたのが残ろうと思ったきっかけだったんですけど…今となっては神戸にいた頃より静かにイキイキテカテカしてるよなんかスミマセンあれれ(笑

 

 

 

 

この3年9ケ月を振り返って思うことは…『いい歳のおっさんなのに想定外に南相馬のみなさんから色々と学び、みなさんに育ててもらった。』ってこと(笑

 

バイト+αで最低限を稼ぎつつ、授業料を払わずに実践でとても意味ある大学生活をさせてもらってた感じです。

 

そう考えると2017年4月が卒業時期になるので、就職活動をして次行くとこが決まってなきゃなんですけど…どっちかって言うと『院生になって学生起業家目指すべく研究します!』ってな感じ(笑

 

そしてなにより、生まれてからずーっと抱えていた闇のような『この先どうやって生きていこう…』という将来への不安を消してもらえたことも大きいです。

 

 

 

 

常磐線が全通するのは2020年度の東京オリンピック開催前を予定してるそうです(神戸の時の感覚を考えると、も少し早くなるような気もするけど…)。

 

そう考えると今はちょうど折り返し。

 

2020年はどこでどんな生き方をしてるのだろう。

ちゃんと稼げているのだろうかw

 

でも『間違いない』と思えることは、『自分にしか出来ないような仕事をしている』ということ。

 

誰かに雇われているというカタチでなく、自分独自の感性とコツコツ磨いた技で仕事している本当の意味での『就職実現』が出来ていると言うか(いい歳のおっさんなのになにいう)。

 

今現在の仕事感覚は『きっと自分にしか出来ない仕事を頂いてる。けれど実の部分はまだまだ荒削り。』って感じ。

 

そう考えれるようになれたのも、この街の風土や考え方と自分の中に昔からあったブレないなにかしらとが、上手〜く馴染み合ったからこそと思います。

 

そして、その荒削りな部分をコツコツ確実なものにしていくのが残り後半戦と思ってます。

 

『たぶん…こういう考えの生き方が自分らしくて、また、自分にとって幸せな生き方なのかもな〜』と最近思います。

 

 

 

 

 

 

そんなわけで明日から、行こうと思えば鉄路だけで故郷の神戸や全国へ行けるようになります。

 

とても嬉しい!

 

…でも明日は再開セレモニーを見に行くでもなく、明日は明日の時間を…上手い具合に仕事が休みになったので、以前からお声がけ頂いてるところで過ごします(落ち着いた頃にチラッと駅を見に行くかなぁ)。

 

なぜなら、ぼくの中での大切な区切りはやはり『鉄路全通再開』なので。

 

そんなわけで、その日が来るのを楽しみに明日からもコツコツ静かに頑張って生きていきたいと思います!(`_´)ゞ

 

南相馬のみなさま!相双地区のみなさま!

しばらくまたよろしくお願いします!(`_´)ゞ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
南相馬に移住した旅鉄な人。

やっと乗ることが出来ました!


>>小高駅へ向かう運転席からの風景【2016.7.29】
小高スクショ



ちなみに使ってる曲2曲は、神戸のデザイン校時代の教え子たちが歌ってます。

ほんとはメジャーな鉄に関するあの曲やこの曲使いたかったのですが…片方は地元でコツコツ、片方はメジャーデビューした経験がありますがこの時はフリーで使える曲としての提供曲なので、問題はないかと思われます☆

でも、案外映像と合ってる気がする!

ってか、2曲とも歌詞大好き!
神戸の教員時代に苦しんでた時に、教え子たちにどれだけ励まされたか!



明日また晴れたらいいな。
そしたら街に出かけよう。

やらんと何にも始まらんのだよ現実は。
やったもん勝ちなのだよ。




そして今も神戸の教え子たちの歌声を聞きながら、南相馬で楽しく生きていること・色々な動きを見守ることが出来るていること…ほんと、感謝です(`_´)ゞ



そしてそして!


5年後くらいには原ノ町駅から小高駅を越え南下、神戸まで一本の列車で帰省したいっ!

そのあかつきには…【神戸駅1番線発夢列車計画】の実現す!(`・ω・´)キリッ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
久々日記。




こちら、小高のお世話になってるとあるお母さんの映像(お母さんの作品)。

>>『JR常磐線小高駅に電車がやってきた』(Youtubeにリンクします)
YOUTUBE






2016年7月12日常磐線小高駅(磐城太田駅)復活。

2011年3月11日のあの日以来、5年4ケ月ぶりに。

(映像はその小高行き1番列車とな☆)

とてもめでたい!


…でも個人的に心からは『おめでとう!』はまだ言えません。


なぜなら

“スタートラインにやっと立てただけだから…”と思う部分もあって。

それと!やっぱり常磐線が全通するまでは!



…南相馬での活動関係だけど、今回のブログテーマのカテゴリーは【神戸1番線発夢列車計画】にしました。

“原ノ町駅にずっと止まったまんまの651系スーパーひたちをなんとかしたい!”という思いは叶わなかったけど、ほんの少しだけど線路的に神戸までの距離と近づいたから☆



そうそう。
それらに関してつい最近気がついたことなのですが。

…先日、“かのーさんの神戸とお父さんとスーパーひたちの縁がおかしすぎるwww”と、小高で突如『スーパーひたち』について語る基調講演のゲストとして招かれた時に(w)、『…そういえば、東北に初めて足を踏み入れたのはカシオペアの中だったなー…』と思って、そのネタとしてこのアメブロの2008年にオトンが北海道の山であの世に旅立ってその帰りにたまたまカシオペアに乗れたときのことを書いたのを思い出し、そこにアップした写真の元写真を久々に開いたんですね。

中学校の時に買った鉄道ファンに載ってた651系スーパーひたちのことがきっかけで、ほぼ会話したことがなかった親父と珍しく会話した時のネタとかいろいろ。


その当時のブログ。
>>オトンとの奇跡の寝台特急カシオペア物語(完結編)

2008年当時のアメブロ記事の中の一枚の写真。
こっち見てるのは早起きして時間をもてあましてラウンジカーにいたウチの婆ちゃん(オトンのお母ちゃん)。


なーんか、福島駅周辺に似てるなー、、たまたまか、、ん?

NAKAGOだと!?((((; ゚Д゚)))))))



よくよく調べてみると、なんと!

自分が撮影した人生初の東北の写真が、福島駅付近だったんです((((; ゚Д゚)))))))ヒィー

東日本大震災が起こる2年半前の奇跡的な一枚。。


そんなこともあって、南相馬と神戸をつなぐ【神戸1番線発夢列車計画】の実現に向けて、南相馬・相双地域で自分の出来るお手伝い、これからも頑張っていきたいと思います☆



PS.先日、新地でやばいくらい素敵なクリエイターさんとの出逢いもありましたし!
自分も同じような事業を南相馬で経験したので、こっちも助け合いの精神でこれから頑張っていきます!(全日手伝いに行く方向で考えてま☆)
>>福島・新地町震災復興プロジェクト
リアルジオラマづくりのお手伝いの人募集中☆
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。