やっとPCパソコンの方が調子が良くなってきましたニコニコ
今日は3日ぶりにPCパソコンからの投稿ポストですニコニコ


今日書くのはもちろん昨日のことしょぼん
昨夜、僕はナゴヤドームで
中日×オリックス戦を観戦してきました。
昨日も書きましたが、もう少し詳しく書いていきます汗
それにしても、酷い試合だったな・・・ガーンダウンダウン



試合経過・・・
「申し訳ない。」
試合後、先発の朝倉がポツリと漏らした。
先発での不振から中継ぎ降格
2試合投げたがいじれもパッとせず
この日、先発に復帰した。
だが背信投球指揮官の期待に背いてしまった


1回の失点から嫌な展開を予測させた。
1回表、簡単に2死まで取ったものの
2死からカブレラに完璧に右前に運ばれ1塁。
続くローズは3球で2ストライクとしたが
その後のフォークが決まらず、結局フルカウントに。
最後は甘くなったフォークを左中間フェンス直撃の
タイムリー二塁打
とされ0-1と先制される。


2回裏、先頭のイ・ビョンギュ
二安、さらに敵失策が絡み無死2塁のチャンス。
犠打で送り1死3塁とすると
小田中犠飛を放ち1-1と同点とする。


しかしその直後、“嫌な展開”が現実のものとなる。

3回表、先頭の坂口に真ん中のシュートを右中間二塁打され
無死2塁のピンチ。
続く村松に右安を浴び無死3塁1塁。


そして先ほど右安のカブレラには中前タイムリー
さらにローズには高めのシュートを完璧にはじき返され
それが左中間席への3点本塁打
1-5と一挙に4点を奪われた。
続く北川に右中間二塁打を浴びたところで朝倉は降板した。


この4点ビハインドを今の打線には取り返せなかった。
4回は1死1塁、6回は1死2塁1塁
いずれも併殺打でチャンスを潰した。
中日は1-5で惨敗した。


降板する朝倉投手

3回途中5失点でKOされマウンドを降りる朝倉投手(左)


朝倉が今日、出場選手登録を抹消された。
それだけ内容が酷い。
だが優勝には朝倉の活躍は必要不可欠であろう。
2軍でしっかりと鍛え直して、早く復帰してもらいたい。


打線は今は我慢の時だろうか。
だがいつまでも続くようなら、何か対策を打たない
取り返しのつかないことになる。


それでは、また音譜

AD
今日も携帯からのblogです)^o^(

今夜はナゴヤドームに
中日×オリックス戦を観戦してきました☆
しかし試合の方は散々で
先発の朝倉投手が3回途中5失点と大乱調に加え
打線は犠飛の1点止まり(*_*)
1-5の惨敗でした(>_<)
今豊橋に向かってます♪
帰って寝ます(笑)

それでは、また♪
AD
今日はうちのパソコンの調子が悪くて…(>_<)
なので携帯からのブログです☆

中日ドラゴンズは今日、
ナゴヤドームでオリックスと対戦
ですが2-4で敗戦(>_<)
山本昌投手の乱調が誤算でした↓

明日は僕がナゴヤドームで観戦に行きます!
明日は絶対に勝ってくれっ!!

それでは、また♪
AD

今日の中日ドラゴンズは
移動日のため試合がありません汗
なので今日は気になるニュースを書いていきます目


政府の教育再生懇談会は26日の午後、
首相官邸で第4回会合を開き、英語教育について
小学校3年生から必修化することなどを盛り込んだ
第一次報告をまとめ、福田首相に提出されました。
この報告内容を政府が来月にまとめる
『骨太の方針』に反映させたいようですが・・・。



報告書の内容を具体的に見てみよう。
その内容とは国際的な人材育成を図るため
英語教育根本的に強化する必要があるとして
小学校3年生から英語を必修化にしたい考え。
まずは全国約5000校をモデルに指定する方針。


英語の教科書に関しては
語彙(ごい)数分量の多い教科書に改めるように要請。
さらに英語教員の採用についても
「TOEIC」「TOEFL」などの
英語能力試験で一定スコアを取ることや英検合格なども
条件とすることを加えている。


また子どもを有害な情報から守る対策として
「必要のない限り、小中学生が携帯電話を持たないよう
保護者ら関係者が協力するべき。」と明記。
安全確保などを理由に携帯電話を持たせる場合でも
通話機能だけなど限定したものを利用するよう提言している。


ここからは僕個人としての意見を書いていきますサーチ
あくまで個人的な意見ですので、気楽に読んでいただければ幸いですニコニコ


僕個人としては、小学校における英語必修化反対の立場だ。
国際的な人材を育成するためという政府の方針は分かるが
だからと言って小学校で英語を必修化させても
英語を道具として使えるようにはならないと思う。


僕は中学校、高等学校、大学と英語を学んできたが
英語はほとんど分からないし、喋れない。
僕の努力不足もあるかもしれないが、教育の仕方も間違っていると思う。
学校で教える英語教育は、
すべて『受験のための暗記英語』だからではないかと思う。


日本の英語教育は根本から間違っていると思う。
教科書を読む、書くだけではいくらやってもダメだ。
言語を学ぶので一番大切なのは「聴く」「話す」ではないか。
「書く」「読む」は二の次である。
ここを変えないと小学生からやったって意味がない。


そんな意味のないことに時間をつぎ込むなら
日本文化に触れられる時間茶道華道など)やボランティア
倫理、道徳といった授業をやる方がマシ。
国語や社会、理科などの時間に当てるのだっていい。
以上が僕個人的に考える英語教育だ。


それでは、また音譜

昨日は生え抜きのベテランらの活躍アップ
5-4と接戦を制した中日ドラゴンズ
しかしここ13試合、チームは連勝していませんしょぼん
交流戦の勢いに乗るためにも、今日勝って
連勝を目指していきたいところですアップアップ


試合経過・・・
今日は手に汗握る投手戦となった。
中日先発は小笠原。1回表、2死までとったが
松中に右二塁打を浴び2死2塁。
打席には中日にはもっぱら強い小久保。
7球目、高めの直球を芯でとらえられたが
これが右直、このピンチを0点で切り抜ける。


今日の小笠原はコントロールが抜群だった。
直球のスピードは140キロ前半だが
これが力があり、ソフトバンク打線は差し込まれる。
その背景にはキレのあるスライダースクリュー
低めに丁寧に投げ込まれていたからだ。

2回以降は走者すら出さず
全く危なげない投球が続いた。


しかし打線は好投・小笠原を援護できない。
ソフトバンク先発の和田の球の出所が見えにくく
これにはまってしまい、凡打を重ねる


惜しい当たりもあった。
3回裏2死で打席には中村
4球目、やや甘く入ってきたフォークを見事にとらえると
打球はあとスタンドまで数十センチ、
中堅フェンス直撃の二塁打となり2死2塁。
だが続くウッズはスライダーで空振り三振に。
だがここに伏線があった。


6回裏2死で打席にはウッズ
3球目、先ほどの打席に空振りを喫した
あの内角スライダーがやって来た。
それを完璧に狙い打った打球は大きな孤を描き
左翼席中段に入る第12号ソロ本塁打。1-0と先制する。


その直後の7回表。
小笠原が先頭の小久保に左安を許し無死1塁。
犠打で1死2塁とされ打席には松田。
最後は内角低めいっぱいに直球見逃し三振
四球で2死2塁1塁とするが
山崎をスクリューで空振り三振


今日の小笠原8回を被安打4、無失点
今季ベストピッチングだったと思う。
次回登板にも期待したい。


圧巻は9回表に登板した岩瀬
松中を142キロの直球で空振り三振にすると
続く小久保はシュートで3球三振
最後は柴原をスライダーで平凡な遊ゴロでゲームセット!!


中日は1-0と完封勝利13試合ぶりに連勝ビックリマークアップ
今日は中日が目指す守り勝つ野球ができたのではないか音譜
小笠原は球威、キレ、コントロールと
どれをとっても今季最高合格だった。
これで早くも5勝を挙げた。
今年はこの調子で2ケタを目標に頑張ってほしい合格


勝ち投手 小笠原 5勝3敗
セーブ 岩瀬 1勝1敗15セーブ
本塁打 ウッズ12号


それでは、また音譜音譜

昨日の愚痴落合監督は聞いていたのでしょうか?(笑にひひ
今日の中日ドラゴンズは本拠地である
ナゴヤドームに移動してのソフトバンクとの対戦ですメラメラ


最近打線の繋がりが悪くダウンついにスタメンを変えました。
不振ダウン台風イ・ビョンギュ選手デラロサ選手の両外国人を外し
ベテランの井上選手
守備のスペシャリストの英智選手を起用。
この新打線が今日は機能してくれましたニコニコアップ


試合経過・・・
中日の先発はここ3試合勝ち星がない中田
今日こそ勝って悪い流れを断ちたいところだ。


しかしその立ち上がり。
簡単に2死をとったものの、3番・松中にストレートの四球
これで調子が一気に悪くなる。
小久保に左安、柴原にもストレートの四球を与え
2死満塁の大ピンチ。
だがここは松田を絶妙なフォークで空振り三振
ピンチを脱す。


するとその裏。
1死から井端が出塁して2死2塁として4番・ウッズ
4球目、高めの直球をジャストミートすると
打球は中前に鋭く抜けるタイムリー
1-0と幸先よく1点を先制する。


だが3回表。
中田が柴原に右中間への2点二塁打を浴び1-2と
試合をひっくり返されてしまう。
今日の中田は毎回のように走者を背負いながらも
要所要所は抑えていく。


5回表。ここは1つのポイントとなる回になった。
先頭の川崎に二塁打を許し
続く松中にも右安を許すが、今日スタメンに起用された
井上好返球で川崎をアウトにビックリマーク
その後はソフトバンクの走塁ミスなどで
この回0点でしのぐ。


中日は4回裏、
井上英智の連打で2死3塁2塁として
荒木右前に同点タイムリー、2-2。


さらに5回裏には中村ウッズの連打で無死3塁2塁として
和田中前にタイムリーを放ち3-2と勝ち越し。
さらに続く英智にも中前タイムリーが飛び出し4-2。


中田は7回にソロ本塁打を許したところで降板。
7回途中3失点、まだまだだ。
しかし8回に登板した吉見が小久保に同点ソロを浴び4-4。
嫌な試合の流れになる。


だがこれを振り払ったのは、やはりベテランだった。
8回裏、先頭打者には代打・立浪
立浪は直球を左翼線にはじき返し二塁打
荒木一ゴロで1死3塁とすると
井端中犠飛を放ち5-4と勝ち越す。
9回は岩瀬が3者凡退でゲームセット!!


中日はなんとか勝ち、連敗を2で止めたドンッ
投手陣はまだピリッとしないのが気に食わないむかっ
今日は井上英智立浪など
生え抜きのベテランらが大活躍で嬉しい試合でもあったニコニコ音譜
これからもどんどんベテランを使ってほしいと思うニコニコ
もちろん期待の若手とかもビックリマークにひひ


勝ち投手 吉見 6勝
セーブ 岩瀬 1勝1敗14セーブ


それでは、また音譜音譜

またまた愚痴ドンッをこぼしたくなる試合結果・・・むかっ
もう散々です・・・しょぼんダウン


中日は札幌ドームで日本ハムと対戦。
昨日16日は川上投手8回1失点と力投しました。
しかし4番・稲葉選手へのソロ本塁打がまさかの決勝点
打線は3度走塁ミスむかっがあり、らしくない試合展開でしたショック!


簡単な試合経過・・・
中日の先発は川井
しかし1回裏、1死2塁とされると
稲葉に右前タイムリー
続く高橋に2点HRを被弾し、0-3といきなり3点のビハインド。


打線は4回表、和田
低めのチェンジアップを豪快に左翼席に運ぶ
第6号ソロ本塁打で1-3と1点返す。


しかしその裏。
川井がピンチを招いて降板すると
その後を継いだ朝倉が連続長打を浴びてこの回3失点
1-6とされ、勝負はほぼ決まった。
中日は1-11の大敗を喫した。


深刻なのは打線だ。
この2試合で結局1点しか奪えなかった。
セ・リーグトップの防御率を誇る投手陣は崩壊
投打が完全にイカレた。


パ・リーグと試合をする時、難しいのが指名打者
今はウッズ指名打者にしてデラロサを三塁、
中村紀を一塁に置いている。
しかしデラロサは交流戦に入り無安打
その前を打つイ・ビョンギュ無安打が続き
さらに8番打者も固定できず、ここで流れを絶っている。


このピンチの時こそベテランの力が欲しい。
立浪井上の有力な打者がいるのに
代打の一打席というのはあまりに寂しい
両選手のどちらかを指名打者で使って

打線の起爆剤にしてほしいところだ。


投手陣に疲れが見えている中
今は打線がチームを救う時だ。
この時期に低迷すると優勝は難しい。
明日からナゴヤドームに戻ってソフトバンクと対戦する。
ホームに戻ってもう一度仕切り直しだ



満塁弾の立浪選手

今こそベテランの力ドンッ

画像は2005年、ナゴヤドームでサヨナラ満塁本塁打を放つ

立浪選手


それでは、また爆弾

本当に良かったですニコニコ音譜
バレーボールの北京五輪の女子世界最終予選は23日
東京体育館で5日目が行われました。
今日の相手は、宿敵・韓国
その強豪韓国を見事3-1で破りドンッ
日本の今大会3位以内が確定しましたクラッカークラッカー
そこで上位4チームに与えられる五輪出場権を獲得しましたクラッカーキラキラキラキラ


五輪決定!!

宿敵・韓国を3-1で下し喜ぶ日本チーム
写真は中央左が高橋選手、中央右が竹下選手


日本はエースの栗原(パイオニア)の強打がことごとく決まり
第1セットと第2セットを連取
第3セットは落としてしまったものの
第4セットは荒木(東レ)や杉山(NEC)の速攻など
多様な攻撃で勝利をもぎ取った。


第1セットは栗原強打がことごとく決まったが
試合の流れの1つのポイントとなった場面がある。
それは日本の20得点目だった。

韓国の強打を懸命に腕を伸ばして見事ブロックした。
そのブロックポイントを奪ったのは
159センチと小柄な竹下
そのスーパープレーに会場はどよめいた。


身長159センチとバレーボール界では異色の小柄選手。
確かに竹下が前衛に回った際の
ブロックの弱さを指摘する声もある。
だがそれを補っているのが、抜群のトスワークだ。


先発6人の平均身長で日本よりも6センチ上回っている
韓国の高さを破ったのも竹下だ。
彼女は日本の“頭脳”となって
一瞬のうちに様々な攻撃を仕掛ける。
まさに「仕掛け人」、これぞベテランの味である。


「五輪でも目の前の1試合、1セットに
全力を尽くして、前へ前へと進みたい。」

日本のキャプテン・竹下が力強く宣言した。
強くなった日本、五輪の活躍も期待したい。


それでは、また音譜音譜

昨夜はKスタ宮城で
楽天に完敗してしまった中日ダウンダウン
投打の歯車が噛み合わなかっただけでなく
中日の野球を楽天にされてしまったのが痛かったですガーン
これで交流戦、今年も鬼門・・・はてなマーク汗


試合経過・・・
中日の先発は200勝を目指す山本昌
今季はキャンプから精力的に投げ込んだ成果があり
ここまで開幕2連勝と好調だ。
早くも昨年の勝ち星と並んでいる。


その立ち上がり。
いきなり先頭の渡辺に初球を右安
続く高須に初球を犠打され、2球で1死2塁のピンチ。
だが続く草野をカーブで三飛
4番の山崎を140キロの直球で遊ゴロ
後続を断ち、このピンチをしのぐ。


その後も山本昌らしい、打たせてとる丁寧なピッチング
カーブ、スクリューなど生命線の球を
いずれも低めに集めて楽天は凡打の山
直球も140キロを超えた球速が出るなど威力も抜群だった。


そんな42歳山本昌を援護した打線は4回表。
井端敵失策で出塁し1死2塁。
ここで打席は好調ウッズ
3球目、高めのカーブをこの男が見逃すはずもなかった。
フルスイングでとらえた打球は
あっという間に左翼席に消える第11号2点本塁打
2-0と先制する。


山本昌は5回裏に2死3塁1塁から
渡辺に右前タイムリーを浴び2-1とされるが
それ以外は問題なし。
終盤の3四球が気になるが
今季最長の7回を1失点でまとめ、降板した。


打線は6回表。
井端三塁前のセーフティ内野安打盗塁で2死2塁として
和田右中間へのタイムリー二塁打
これで3-1と中押し点を挙げ、主導権を握った。

8回は吉見が、9回は岩瀬が3者凡退でゲームセット!!


中日は接戦を制し、これで交流戦は1勝1敗アップ
山本昌3連勝で200勝まであと4勝となったニコニコ
ウッズはここ7試合で5本塁打と本領発揮合格
竜の4番がやっと目覚めてきたドンッドンッ


勝ち投手 山本昌 3勝
セーブ 岩瀬 1勝1敗13セーブ
本塁打 ウッズ11号


それでは、また音譜音譜

今日からプロ野球は交流戦が始まりました打ち上げ花火打ち上げ花火
中日はKスタ宮城で楽天と対戦しました。
小笠原投手の粘投がありましたが
打線の援護もなく中継ぎ陣が炎上メラメラ
1-6と完敗ダウンこれで交流戦は4年連続黒星スタートとなりましたダウン


別に負けて愚痴るわけではありませんがむかっ
少し気になったこと
今夜は書いていこうと思います。


今日の交流戦の全試合結果
日本ハム6-3横浜 (札幌ドーム
楽天6-1中日 (Kスタ宮城
ロッテ11-12巨人 (千葉マリンスタジアム
オリックス4-3阪神 (京セラドーム
ソフトバンク4-3広島 (ヤフードーム


この結果を見るとパ・リーグが4勝1敗
それともう1つ気になるのが本拠地
すべてパの本拠地で行われているのだ。
交流戦が始まって4年、スタートはすべてパの本拠地とは
何か不公平な気がしてならない。


スタートというのは非常に大事だ。
ここでコケるのと勢いに乗っていけるのとでは全く違う。
やはり本拠地でやれる方がいいし
若干有利でもある。(裏の攻撃だから)
日本シリーズは毎年本拠地が交替しているのに
交流戦は変わらないのだろうか?


過去3年はいずれもパ・リーグが勝ち越している。
それもスタートが本拠地でできるから、ということと
実は繋がっているのではないかと思う。
些細な事かもしれないが、なにか気になる。
このままパ・リーグばかり勝つようなら、
見直す必要があるかもしれない。


僕的には日本シリーズのように
今年はセ・リーグの本拠地スタート
来年はパ・リーグの本拠地スタート
ローテーションした方がいいと思うのだが、どうだろうはてなマーク


それでは、またドンッ