1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-18 19:49:37

NB ハンゾウ

テーマ:ブログ
こんばんは!
ステップ 石澤です。
 
ここ数年NBさんが「ランニングだけじゃなく、トップアスリートのシェアも獲得していきたい!」そんなビジョンを打ち出して
上武大学や、拓殖大学といった大学ユニフォームの獲得
アスリートのヒアリングを大切に商品開発されるなどの動きがみられてきました。
そのなりにスピードシューズが発売されてきましたが、
昨年の高校駅伝に関してはシューズシェアが0だったことが現実問題の厳しい評価だったのではないでしょうか?
 
でも今回ばかりは「本気」と聞いています。
半年ぐらい前から
「2017年はNBの年になる」「NBが来る」「NBが来る」
と囁かれてきました。
 
そのNBの本気を出した商品が「HANZO」というシリーズになります。
ここ10年ぐらいの間では
アディダスの「アディゼロ」
ここ数年では「TAKUMI」というのが一気にユーザーに認知されました。
同じように
NB「HANZO」というのがシューズ業界の柱になっていくのか?
そんなことが注目されています。
 
今のところ、
一部先行発売店舗がありますが、まだ商品を掲載してはいけない・・・など規制がよくわからない縛りがあり
???というのが率直な感想です。
{B18D9F61-C853-4AAE-8C7C-4B0FD8340B11}


ただ言われてみればいろんなところでこんな看板やタペストリーを見られた方は多いのではないでしょうか?
これは
1月20日に「HANZO」シリーズ出しますよ!
っていう意味です。
 
たぶんこれを言っておかないとユーザーは意味が分からないと思いますので、あえて書かせていただきます。
 
 
ちなみにこの真ん中にあるのが「HANZO」のマークになります。
{6FDFC1F2-B596-42A9-AC73-89E32A0B7E9C}


「サイレントハンター」というのが開発のテーマで、日本の忍者がイメージと合致したという事で
この忍者っぽいマークがシンボルマークになっています。
それと同時に商品カタログや、広告関係は「べし」とか「巻」とか
忍たま風になっているということです。
 
シリーズとしては3タイプ出ます。
HANZO S
HANZO R
HANZO T
 
分かりやすく言うと
「TAKUMI SEN」=「HANZO S」
「TAKUMI REN」=「HANZO R」
「TAKUMI IDOMI」=「HANZO T」
そんな比較対象にて商品を比べてみるとイメージがつかみやすいと思います。
 
 
ここから先は、あくまでも私個人の意見です。
長年やっていると分かるのですが、
「MIZUNO」が好きな人はやっぱり「MIZUNO」が良いんです。 他のメーカーに浮気する必要はないと思います。
「アシックス」が好きな人は「アディダス」のシューズを履くと好感触を得ることがあります。
「アシックス」が好きな人が「HANZO」を履くとあんまり好感触を得ることは無いと思います。
ただ不思議なもので
「アディダス」が好きな人は「HANZO」いいね!という人、きっと多いと思います!
 
という事で石澤的には
「HANZO」シリーズ、今「TAKUMI」シリーズ履いている人は是非履いてみてください!
と言いたくなります。

 
そんなNBの「HANZO」シリーズですが全国色んな店舗にて「試し履き会」というのが実施されていきます。
実際にスピードを出してガンガン走ってみて!というイベントになります。
ステップにおいても
近々では
陸上本店(長居)にて1月22日(日)に開催されます
9:00スタート 11時終了予定
 
シューズの感触を試してみたい人はもちろんですが、
今回は特別コーチもご準備してもらっています。
日本のトップアスリートと一緒に走ってみたい、直接アドバイスもらってみたいという方は
是非参加お待ちしています。
 
一応、予約者優先になりますので、
ご希望の方は陸上本店まで、お電話にてご予約いただけると助かります。
(団体OKです)
 
 
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-01-07 19:21:27

2017年

テーマ:ブログ
こんにちは!
ステップ 石澤です。
 
明けましておめでとうございます!
2017年も宜しくお願い致します。
 
ステップは創業が1987年ですので、今年で30周年を迎える事になります。
オリンピックも3年後に控え、皆様にはどのような形で喜んで頂けるのか?
またどんな形で社会貢献していかなければいけないのか?
そんなことを日々考えています。
 
さて、年末年始の駅伝も終わり、いよいよ
スパイクの話もしていかなければいけないタイミングとなりました。
 
2017年のラインナップの中では
やはりミズノさんの「クロノオニキス」「クロノオニキスSP」
について触れておかなければいけません。
SNSなどもこちらの商品の注目が伺えます。
 
昨年、オリンピック前に「飯塚選手モデル」として開発発表された
「クロノオニキス」
{95CFE46A-C442-4DAE-B7CA-3192D0E4BBFF}


商品説明では、
新カーボン搭載!!
となっていましたが、そもそもこの露出が誤解を招くようになったのかもしれませんね・・・。
 
いわゆるこの露出した商品が
(カラーは2017年テーマカラーのBKオレンジになりますが)
「クロノオニキスSP」になります!
金額は45000円
特徴は新カーボンと踵の部分まで三軸を使っていることになります。
{D21E5BA0-D5BD-4B07-845E-732EC3D6870A}

{37176334-6151-4590-B937-62A9F16E752C}



 
新カーボンは何がいいのか?
ここがポイントになるのですが、
従来のカーボンシートは「硬い!」というのが特徴でした。
「反発をもらおうとしたときに硬い方がいい」というご意見は非常に多いのですが、
デメリットの話をすると、スタートが出にくい、コーナーリングが不快に感じる等があげられます。
今回の新カーボンは
「縦には硬いが、横には柔軟性がある」というのが特徴になります。
つまり
スタートが出やすくなって、中間走~後半にかけて硬さを使って反発を得ることが出来る
走っている途中にスパイクの硬さがカスタマイズされていくような
そんな感覚になります。
リオオリンピックが終わった後、飯塚選手が各メディアでスパイクの話しをよくされていましたが、
先日お店に来て頂いて本人に直接聞いてみましたが、
本当に気にいっておられました。
 
そして「クロノオニキス」が
従来のカーボンを使用したモデルになります。
縦に硬いカーボンです。
SPの存在を知ってしまうとスタートやコーナーのデメリットがやや出てしまいますが・・・。
これはこれでいい商品です。
{89D4FB1A-573F-4D03-A707-1B777A362379}

{7062380A-72CC-4EAA-9A87-C10A3617F487}


 
 
ここからが重要なポイントになりますが、
ミズノさんでは大きく分けて
①「階段を駆け上っていくような走りのイメージのスパイク」
②「階段を駆け下っていくような走りのイメージのスパイク」
でコンセプトわけをしております。
 
①は「クロノブレイク」「クロノインクス」「ジオスプリント」等
 
②は「クロノオニキスSP」「クロノオニキス」「ジオサイレンサー」等
 
ですからクロノオニキスは
②の括りの最高峰モデルであって
クロノブレイクの後継モデルというわけではありません。
そのあたりを勘違いされている方が多いので・・・。
「クロノブレイクLOVE」だった人が
「クロノオニキス」に同じものを求めると・・・???
となりますので、
ご理解の程宜しくお願い致します。
 
いままで「インクスマッハLOVE」だった人は是非この「クロノオニキスSP」「クロノオニキス」
を試してほしいところです。
 
よく「このスパイクは良い」とか逆に「悪い」とか評価されている方を見られますが、
ミズノのスパイクの総論で評価するのではなく
コンセプトを理解した上で評価するといいかもしれませんね。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-19 00:34:35

オーダー会

テーマ:ブログ
こんばんは!
ステップ石澤です。

2017年のミズノのオーダー会のスケジュールが決定いたしました。
{F1428F07-7BAC-4D28-B82F-899C32BBF5E2}



2017年のスパイクを語るにあたり声を大にして言いたい事は、
①オニキスSP
②クロノインクス
③ジオスプリント
④ジオサイレンサー
⑤ジオストリーク
⑥スペクトラA
⑦スペクトラB
⑧スペクトラC
⑨スペクトラD
⑩スペクトラE

定番を含めるとこれだけのプレート選択ができるようになっています。
あっ、
あとステップオリジナルの
クロノブレイク
インクスサイレンサー
のプレートもありました‼︎

このプレートの差を語れる人は日本に何人いるでしょうか?
因みにヤ○ー知恵袋とか見ると、
それなりにコメントされていますが、石澤評価からすると30点の答えだと思います。

おそらく、今回オーダー会をしてくれる河野さんは5点ぐらいの評価しかしないと思います。
それぐらい認識不足なのかなと感じています。

外資メーカーのように
1パターン、2パターンのプレートしかないなら、迷うことはないのでしょうが、
こんだけありますからね…。
それぐらい、ミズノさんはユーザーの為になる
細かい志事をしてくれてるのだと思います。

大切なのは、人気とかにとらわれず、自分の体格や筋力、フォームやスタンスにあったプレートをチョイスできるかどうかという事です。

自分に合うスパイクは何故自分に合っているかプレゼンできますか?
逆に自分に合わないスパイクは何故合わないのかプレゼンできますか?

100分の1秒にこだわって練習をしているのに、
根本的にスパイクのチョイスを間違えて欲しくないな…と私はいつも願っています。

昨年からオーダー会のスタンスをやや変更させて頂き、オーダー会&相談会  にさせてもらっています。
今、自分が履いてるスパイクを持ってきて頂いて本当にこれが合っているのか見てもらうのもOK
自分が走っている動画をみてもらい、スパイクのアドバイスをもらうのもOK

別にオーダーをつくらなくても、
定番の商品が合っている可能性も十分に考えられます。

もちろん、足の形で悩まれている人もたくさんおられると思います。
その方には足型別注ももちろん対応可能です。

昨年はとあるお店で来店が殺到し、
お客様にご迷惑をおかけしてしまう場面もあった為、
今年は各店、15名限定  完全予約制とさせて頂きます。

2017年本気の人は是非ご利用くださいませ。
店舗にてご予約をお受けしております。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-29 21:37:05

ソーティジャパン廃盤へ

テーマ:ブログ
こんばんは!
ステップ石澤です。

アシックス
ソーティジャパンは2016年モデルをもって廃盤が決定いたしました。
ちなみに
ソーティジャパントレーナーも廃盤が決定いたしました。
アシックスファンとしては残念でしょうがありませんが、今後進化した商品に変わることを
期待いたします!

調べてみると
初代ソーティジャパンの発売は
1992年です。
{A10C8E71-5BA9-4A82-9AB1-94ADFB679D9F}



カットEVAと2色のスポンジラバーが特徴でした。


フルマラソン=ソーティジャパン!
選手に合わせたカスタマイズはあったでしょうが、アシックスを履くマラソントップ選手は
みんなソーティジャパンだったのではないかというぐらい、
ある意味伝説のシューズだったと思います。
アトランタオリンピック
バルセロナオリンピック
シドニーオリンピック
アテネオリンピック
今でも、思い出しちゃいますね(^^)

ある人が私に教えてくれました。
「スポンジは生き物だからね!」と。
めっちゃ深い言葉で、ホンマにシューズのスポンジって生きてるんですよ。
スポンジの性質を知るとなんぼでも、機嫌をコントロールする事ができる!
それが唯一できる事ができたのがソーティジャパンでした。

そのあたりは寂しいですね。

個人的な意見を言わせてもらえば、
ソーティジャパンのポジションは悪くない。
駄目なのは
アシンメトリーアッパー
なんですけどね。
残念!

それと、ソーティジャパントレーナーも廃盤になる事が決定し、
その影響がでたのか
急激にステップオリジナルの
ソーティトレーナーSPが動き出しました。
間も無く欠品が出るタイミングですので、
来年の夏まで待てない方は、はやめにおさえておいてください。







いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-15 20:15:34

陸マガから

テーマ:ブログ
こんばんは!
ステップ 石澤です。
 
先日のブログで、
「クロノオニキスとクロノオニキスSP」というキーワードに思ったよりも反響が多く
問い合わせが殺到致しました・・・。
そんなつもりじゃなかったのですが、誤解されないために触れておきます。
 
「SPってなんやねん!」ってことですが、
おそらく、皆さんが想像されている商品が「クロノオニキスSP」になります。
この商品は、早くから「飯塚選手モデル」として発表されていました。
特徴としては、
NEWカーボン採用で、横に柔らかく縦に硬い
スタートが出やすく後半反発を感じるような構造・・・になるはずです。
こちらは定価45000円限定で発売されます。
いろんな方とこの商品についてヒアリングしましたが、それぐらいの価値は十分にある商品だと
私は思っています。
 
それでは「クロノオニキス」って?
となると思いますが、こちらはインターハイ等でメーカーテントに展示してあったものです。
これは従来のカーボンを使用したものです。
価格は33000円だったはずです。
 
店頭で、オニキスの話題が飛び交ってきましたので、勘違いがないようにお願い致します。
 
 
今日はちょっと残念に感じた事を・・・。
私はたぶん小学生ぐらいの時から「陸上競技マガジン」というものを欠かさずに見て来ました。
取り上げてる大会情報とかに関しては何の不満もありませんが、
取り上げてる商品とかに関しては不満だらけに感じております。
自分自身も「ステップ」の広告を考えて掲載させて頂いておりますが、
注意している事は、勘違いしてほしくない商品は絶対に掲載しません。
スパイク&マラソンシューズ&アップシューズ(レーシングシューズ)
のみの掲載にしています。
狭い世界のこだわりみたいなもんです。
 
ただ、なんなんですかね・・・。
陸上競技の質を落とすような表現や誤解を招くような紹介がされていることが残念でしかたありません。
例えば・・・
サブ3を狙うシューズと 駅伝シューズは同じではないと思います。
サブ3狙い⇒キロ 4分15前後
駅伝⇒キロ3分前後
 
このまとまりのない特集がいかがなものかと
残念です。
 
評価すべきはやっぱりMIZUNOさんですかね!
あのWAVEライダー20を
「トレーニング、コンディショニングや移動用」と表現されました。
凄く謙虚で、アスリートの気持ちを本当に分かってらっしゃると思いました。
 
商品をランニング(マラソン)で語るのか
陸上競技で語るのか
この線引きが出来てないからぐちゃぐちゃになるわけで、
陸上競技雑誌なんだから、この辺は陸上競技の目線で表現してほしいなと思いました。
 
陸マガユーザーからの意見です。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。