ドイツからの自然療法便り コ・ト・タ・ビ こどもと一緒に自然から学べること。  

自然がいっぱいのドイツでの暮らし。ドイツ生まれの自然療法ホメオパシーやハーブでの家庭でできるお手当や生活の知恵と工夫を。

ドイツの自然の中でホームステイしてみませんか?

 http://forestsayaka.wix.com/may1

テーマ:

「ドイツ自然療法 お家でできる冬のお手当て」 
Webレッスンをします!

 

満員御礼となりました。ありがとうございます。

 

まだまだ季節の変わり目・・・・
だから

お母さんの優しい自然療法のお手当てで。
パートナーの、家族の、そばにいる人のナチュラルなケアをしてみませんか?

モニター受講生さん募集
 
2月28日

・ヨーロッパ時間 10時〜12時 
・日本時間 18時〜20時

Zoom にて ウェブレッスンを世界から受け付けます。
通常 18000縁を今回に限り5000縁で提供いたします。
今回はお試しレッスンです。

はじめて Zoomというのを使うので。

 

(使い方がわからない人は、お申し出ください。簡単にダウンロードできます)


内容はかなり濃密。
ドイツのお母さんの自然療法など いろいろお伝えしますね!

興味のある方は、ご連絡ください!
募集 5名さま 

 

forestsayaka🌟gmail.com まで。

 

 

image

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、ふたたびオーガニックメッセへ。
{64A122E7-3087-4585-B339-E97266626ED9}

{8FBC359C-DBA2-4D4A-AA84-8D9620A8D3BA}

{1E315224-5F61-4E9B-B42C-9055079BF813}


朝から、食べまくり。
試食が大量!

しかもオーガニックなので、美味しい。

ついつい、食べ過ぎてしまいました。

ばかりでは、ありませんが。。。

いろいろ収穫もありました。
{1DC8091D-8C7A-4967-9DC4-1081C5034C00}

{A33D8766-66D0-42F0-B62A-B623D7C447AD}


世界中の大小、様々なオーガニックメーカーが集結するビオメッセ。

わたしのようなスモールビジネスな感じでも、小さな可能性のあるメーカーなどとの出会いもありました。

やはり百聞は一見にしかず、だなと。
{5F31D815-9F7F-428C-AE76-73D28606E54B}

{70C0A332-A12A-4011-9724-84FB24589C5E}

{D9D5573E-3346-4F84-A412-03D83AFBE644}

{39295F2D-4506-4F78-9B7E-382AA3E234B7}


いい勉強、経験になりました。

お土産も沢山、いただきましたから、日本の夏セミナーで、ドイツビオメッセ限定品なお土産にします!

来年、ホームステイプランと共に、アレンジします。

コスメや食品など、興味のあるかたは是非ご連絡下さい。

{F0D10DA2-405D-465B-A673-4F45010EA37B}

{21FFD1A1-46DB-4F12-B1E9-3BAB8BAD0922}

{CE181803-F318-4E5F-BD31-C9577DF18988}

{E26F8E7F-1C0D-4707-9853-842F3441D99D}

{F8D48407-E297-4247-A53A-EF5D897E3F4F}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
image
 
というわけで、今日はバレンタインデーでした。
 
朝起きたら、枕元に
 
長男が
 
「はい」とチョコを。
 
「わ〜〜〜い、嬉しい」っていったら
 
「お母さん、くれって言ってたやろ」
 
そうそう、そうなの。
でも、本当にくれるとは。。。
 
というわけで、朝から長男にハグしまくり嫌がられました。笑
 
本当は男子3人に、チョコケーキを焼くつもりが、まだ焼いておりません。
 
夫からは 花束を。
 
ありがとうございます。
 
あ、次男は、たべかけのチョコ。
可愛いです。
 
今日は暮らしている小さな町の中心地に行くと、自転車ですれ違いざまに
20代くらいの男子が、赤いバラの花 1輪とハート型のチョコのボックスを片手にもって家路?を急いでいて、おもわず 幸せな気持ちに包まれて、にっこり。
 
町にでると、男性たちが小さい花束や、大きい花束、なにかのプレゼントを片手にもっていたりいて、素敵だなと感じました。
 
小さなチョコレートショップも男性ばかり。
 
ヨーロピアンの男性は、
 
素直に愛を表現してくれるのが嬉しいですよね・・・
 
表現しないとわからないことは、たくさんあります。
 
想いは感じることはできても、見ることってできない。
 
強く ないと、難しいのかな。
昔の日本人女性なんて、すごく強かったんだなと思います。
肝っ玉母さんなんて言われていますよね。
肝、肝臓の力なんですね。
 
良い関係には、男女関係なく、信頼も必要ですよね。
 
夫婦とかは、岩のように強固な信頼も、日々の暮らしの中では
すこしづつ、すこしづつ・・・・磨耗してくるこだってあります。
 
 
だからこそ、
 
直接的に
 
言葉や、形で伝えることも大切です。
 
どうしてもわからない時って、あるから。
 
今日は、町中に ハートが目に見えて ふわふわ飛んでいるような日でした。
 
男性と花束って。。。。やっぱり 素敵です。
 
さて、男性の読者のかたがおられたら、
 
たまには愛する人に、お花を一輪、プレゼントしてみてはいかがでしょうか?
 
別に男性でなくとも、お花は癒す力があるなと思いました。
(写真だけでも癒されますよね・・・)
 
 
可愛いオレンジ色のバラの花束は、花瓶に飾りました。
 
花言葉は信頼、絆だそうです。
 
ちょうど、考えていたら 
 
この色のバラをプレゼントしてくれたので
 
偶然ではない気がしました。
 
ありがとう!!!
 
 
ハッピーバレンタイン!!
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「とらわれない」というのが自然療法のテーマなのだと思います。

 

自然は自然のままだから。

 

でも自然の中でも

 

植物も、虫も、動物も、鉱物も、・・・それぞれの世界があって

 

それぞれの領域があります。

 

そのあたりをイメージ化していけば、

自分に合ったものや、状況などから選びやすくなるのではないかと思いました。

 

「知識」は使わないと、意味がありません。

 

いろんなセミナーや勉強会にいって、

話を聞いても、その気になっていても・・・

本当に実践してみないと 自分の身にはつかない。

 

実践というのは、セラピストでなくても

家庭には 自分自身、まわりの家族、こどもたち、パートナーがいるのですから

「その気」になれば、できるものなのです。

 

自分で考えて、身についた時に、はじめて「知恵」になるのだと思います。

 

宝物の地図や魔法の杖をもっているのに、

 

「これは宝だ!」とかいって

 

まったく使わないで

 

金庫にしまったままにしているようなそんなことをしていては、

 

もったいないですよね。

 

みなさんにも「知恵」を、お渡しできたらいいなと感じます。

 

感想

 

今まで名前しか知らなかったホメオパシーについて、おぼろげながらも知ることができたこと。講話ももちろんためになりましたが、

ランチでも興味深い出会いがあり、感謝しています。

 

ホメオパシーという全く知らなかった医療方法を知れたことが良かったです。

 

また、ドイツと日本の薬の出し方のお話もあり、

いかに自分が薬漬けになっているのか気づきました。このセミナーに参加して薬の味方も変わり、

新たな視点を得ることができ良かったです。

 

ホメオパシーについて、自信をもって、もっと取り入れていこうという気持ちになれました。

 

娘が昨晩、耳が痛いと5時間も夜泣きをし、「明日は仕事休んで病院連れて行こう」と思っていました。

さや華さんの著書を参考に、玉ねぎを使用したところ、5時間も泣いて、痛いと言っていたのがうそのように、翌朝なんの痛みもなくなっていました。

子どもには、すぐに効くというのを目の当たりにし、

さや華さん、そして主催してくれたでんでんの馨さんに感謝しています。

 

他にも多数いただきましたが。。。紹介しきれないです。

 

感謝しております!

 

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本はだいぶ春らしく?なってきたと聞きました。

ドイツはまだまだ寒い日が続きます。

日本は立春ですね。

今日もはBIO(オーガニック)農場にやってきてこの記事を書いています。


目の前には小さな子供用の砂場の遊び場があって、その向こうには畑が続いています。
 これは夏の庭の様子

いまは、まだ なにも植えられていないのか茶色い土になっていますが、
春になればなにかが芽を出すのでしょう。

先日、自宅の家の前の白樺の木を切ってもらいました。

夏に水道工事があって、その時に根っこが傷ついたのか、夏に日本から帰ってくると立ち枯れていました。


前庭はもともと作り直しする予定だったので、

ちょうどいいといえば、ちょうどよかったのですが

やはり枯れてしまうと、寂しいものです。


一本の木は、やはり命であり、もう20年以上はそこにいてくれたわけですから。。。


でも、そのままにしておくわけにもいかないので、切ることになりました。


しかし・・・高さが3階建くらいはあるので、プロにむしかない。


そこでロバートというツリークライミングをしている助っ人の登場です。


彼はヒッピーみたいな人で、つかまえるのもやっとでしたが、なんとかつかまえられて、切りにきてくれました。


通常木を切る時は、電気のこぎりなんかで、3階以上の高さだとクレーンを使ったりのがふつうです。


でも、ツリークライマーの彼は、ロープだけでするするっと、木に登って、

日本製(!?)のノコギリでキコキコ・・・と静かに木を切ってくれます。


その方法は木にも、もちろん環境にも優しいそうです。

image
確かに、よく市なんかが木の伐採をしているときは、

やかましい音が周辺に響き渡り、屋内にいても

うるさくていらっとしてしまいますよね。


人間だって、いらっとするくらいですから、

その周りにいる鳥やリスなどの小動物、虫たち、植物なんかは

人間なんかよりも、

もっとずっと繊細だから、

衝撃とショックを受けているにちがいないでしょうね。。。


でもわたしたちは、普段、そんなことすら意識せずに生きています。

日本に帰ると驚くのは、音がいろんなところに溢れていて、

その音の洪水の中にいながらにして、

その音が聞こえないように生きている、という印象を受けます。


すごく鈍感になってしまっているんだな、と思います。


ロバートは、ロープをかけて、

枝に足をかけ少しづつ登って、

枝に足をかけると、

今度は木に話しかけるように、

木を静かに切っていきます。


伐採というより、

「自然に戻す」という儀式に近い方法。


やっぱり穏やかでいいな、と思いました。


その考え自体が、人間中心ではなくて、地球中心の考え方なのです。


わたしたちの中に小さな宇宙があって、その外側には大宇宙がある。


お互いは結びついている・・・という考えが自然療法の根幹にあります。

image
わたしたちが存在できているのは、地球にある緑たちのおかげです。


もし地球から木が一本もなくなってしまったら、人類は息をすることもできなくなってしまう。

image
とはいえども、

人間どもは、そこに感謝することなく、

意識することもなく目先の利益だけで、

地球をどんどん破壊しています。


いつか人類は、人類を滅ぼすでしょう。

自然はそのまま、また蘇るのだろうなと感じました。


もちろん、ロバートのやり方は人間の方法から考えれば、まったく効率的ではないのです。
image

通常は2時間もあれば、もう完全に切りかぶになっているはずなのですが、

半日間かけて、ゆっくり、ゆっくりと

静かに、木をきってくれました

家の中にいると、時折、つもった雪が枝から落ちるように、ズシン。。。と思い音が響いて、

その音は、全く煩わしくなくて

自然に近い音なんだなと感じました。


木の剪定も頼んだのですが、それも、木の状態をみながら1本、1本を静かに切ってくれました。


髪結いのように、木の大きな枝に登り、丁寧に枝々をみて、

枯れている無駄な枝は切り落とし、伸びていくもので、

家にあたらないものは、そのまま伸ばし・・・

そんなふうにして、日が暮れて行きました。



ロバートの持ってきていたMade in Japan のこぎりをみていると、


昔 家に来てくれていた植木屋さんを思い出しました。

image
あのころの

日本は(といっても・・・三十年位前の話、わたしがこどもだったころなので、そんなに昔でもないでしょう)

植木屋さんが、近所の家々をまわって、

小さな庭の手入れをしてくれたりして、昔はそうやって木を切ってくれていました。

image
Made in Japan だもんね。


いつの間にか、植木屋さんもどんどん廃業して、

庭は消えて、マンションが建ち、アスファルトが敷き詰められて・・・

image

「日本製ののこぎりや、道具は本当に最高なんだよ」


彼の本業は大工さん。


愛おしそうに、ひとつひとつの道具を説明してくれました。


日本は「木の国」だから、道具に工夫があり、切れ味もいいそうです。たしかに・・・


日本は70パーセントが山岳地。

素晴らしい宝がある国なんだなといつも思います。

いつも帰ると、山なみが美しくて心うたれずにはいられません。


日本の古き良き習慣と誇りを、

遠いドイツで思い出せた時間でした。


ドイツも日本も、いいところがいっぱいあるから、学び合って 自然を守る方向に進んでいけばいいのですが。

image
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



日本各地でいろんな(?!)セミナーをします。

ドイツの風を感じてみませんか?

日程のみ決定しているものや、詳細が決まりしだいメールマガジンでは随時お知らせしていきます。

2017年の夏、みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


◆7月6日 神戸
デガルトの愛と光溢れる1日
ヒルデガルトの4つの元素を感じる体を使ったワーク

場所:布引ハーブガーデン

詳細が決まりしだい、おしらせします。

◆7月7日 8日 9日 宮古島
宮古島リトリート 2泊3日

ファスティング&ヨガ そしてドイツの自然療法 ハーブのある暮らし
https://www.facebook.com/events/218623705210518/


◆7月11日 福岡
ヒルデガルト ファスティング ヒルデガルトの5感を使ったワーク

詳細が決まりしだい、おしらせします。

◆7月12日 福山

ホメオパシー 1日 集中講座

詳細が決まりしだい おしらせいたします。


◆7月14・15・16日 千葉 鴨川

2泊3日
ヒルデガルト リトリート
ヒルデガルトのハーブ、運動で、心、体・魂のデトックス
ロー&ベジ フードの実習、森の素敵なコテージを貸し切ってのセミナーになります

https://www.facebook.com/events/690441881134143/

◆7月17日 横浜 溝の口

ドイツの自然療法とヒルデガルトの旅路
詳細が決まりしだいおしらせいたします。

◆7月 20日 町田

ヒルデガルトの4体液質 ドイツの自然療法のある暮らし
https://www.facebook.com/events/1663378703971239/

von       Sayaka 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■発行者 森 Wenzel 明華(さやか)

HP        : http://forestsayaka.wixsite.com/may1
Blog      : http://ameblo.jp/stayingforest/
FB         : https://www.facebook.com/mori.sayaka.3
FBpage  : https://www.facebook.com/homeopathyforest/?pnref=lhc
image
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドイツの自然とともに暮らして 

気がついたこと、出会ったこと。

 

そんな世界や自然療法の素晴らしさを

シェアできたらと祈っています


 

日本でのセミナー予定が、決定してきました。

夏にお会いできることを楽しみにしています!!

◆7月6日   神戸
デガルトの愛と光溢れる1日
ヒルデガルトの4つの元素を感じる体を使ったワーク

場所:布引ハーブガーデン
https://www.facebook.com/events/1714970992096942/

◆7月7日 8日 9日  宮古島
宮古島リトリート 2泊3日

ファスティング&ヨガ そしてドイツの自然療法 ハーブのある暮らし
https://www.facebook.com/events/218623705210518/

◆7月11日  福岡
ヒルデガルト ファスティング ヒルデガルトの5感を使ったワーク

詳細が決まりしだい、おしらせします。

◆7月12日  福山
ホメオパシー集中 1日レッスン
詳細が決まりしだい おしらせいたします。

◆7月14・15・16日 千葉 鴨川 

2泊3日
ヒルデガルト リトリート
ヒルデガルトのハーブ、運動で、心、体・魂のデトックス
ロー&ベジ フードの実習、森の素敵なコテージを貸し切ってのセミナーになります

https://www.facebook.com/events/690441881134143/

◆7月17日  横浜 溝の口

   ドイツの自然療法とヒルデガルトの旅路
詳細が決まりしだいおしらせいたします。

◆7月 20日 町田 

ヒルデガルトの4体液質 ドイツの自然療法のある暮らし
https://www.facebook.com/events/1663378703971239/

昨年 キャンセル待ちもでた
ホメオパシー1日 集中講座も開催します。
詳細決定しだい、おしらせいたします。

もしオーガナイズしていただけるかたがおられたら、ご連絡ください!

随時、こちらにアップしますので、お申し込みください。

 

 

image

◆7月7日 8日 9日  宮古島
宮古島リトリート 2泊3日

ファスティング&ヨガ そしてドイツの自然療法 ハーブのある暮らし
 

 

 

image

 

◆7月11日  福岡
ヒルデガルト ファスティング ヒルデガルトの5感を使ったワーク

詳細が決まりしだい、おしらせします。

◆7月12日  福山
ホメオパシー集中 1日レッスン
詳細が決まりしだい おしらせいたします。

 

image

◆7月14・15・16日 千葉 鴨川 

2泊3日
ヒルデガルト リトリート
ヒルデガルトのハーブ、運動で、心、体・魂のデトックス
ロー&ベジ フードの実習、森の素敵なコテージを貸し切ってのセミナーになります

 

 

 

image

◆7月17日  横浜 溝の口

   ドイツの自然療法とヒルデガルトの旅路
詳細が決まりしだいおしらせいたします。

◆7月 20日 町田 

ヒルデガルトの4体液質 ドイツの自然療法のある暮らし
 

 

 

昨年 キャンセル待ちもでた
ホメオパシー1日 集中講座も開催します。
詳細決定しだい、おしらせいたします。

もしオーガナイズしていただけるかたがおられたら、ご連絡ください!

 

 

FBのページを参考にしてください。

 

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 ○ 小さな春の足音 ○

image

最近は、だんだんとドイツも春の兆しを感じるようになってきました。

 

外の気温は氷点下なのですが・・・小さな庭を突っ切ると

 

木々の枝に小さな芽がでていたり

 

地面から昨年植えた球根の芽がでていたり。

 

凍るような空気の中でも

 

(あぁ、もうすぐ春になるんだな)ってほっとした気持ちになるのです。

 

地面の中では 球根や種は 布団から伸びしながら

 

手をだすみたいに すこしずつ すこしづつ 根っこを伸ばして・・・・

 

そしてお日様が明るく、温かい空気が生まれる頃に

 

小さな可愛い新芽を出すのだなと思うだけで、幸せなのです。

 

静かに 大地の中で ゆっくり眠って、春がくるのを待っている。

 

そんな気持ちになります。

 

人間は、本来は四季のうつろいとともに 暮らしてきました。

 

でもいつしか季節は関係なく、お天気すらも、大地すらも関係のない日々を

 

とくに都会の暮らしでは、送るようになったのは、ここ数十年の話ではないでしょうか。

 

スーパーマーケットにいっても、春の野菜も、冬の果物も、年中並んでいます。

 

ドイツのスーパーでもそれは同じです。

 

でもすこしだけ違うのは、ドイツの暮らしのほうが、もっと大地が近いことかもしれません。

 

都会に住んでいても、電車にすこし乗れば

 

散歩に出かけたり、近所のBIO農場にでかけたり・・・自然が手に届く場所にあります。

 

わたしは神戸に以前、暮らしていましたが

 

日本は山と川の国です。

 

ですから・・・

 

本来は、もともと自然と生きてきた民なのです。

 

本当は、もっともっと自然と生きていける民でもあるのです。

 

しかしながら、ドイツに暮らしてからのほうが、わたしは自然をもっと身近に感じるようになりました。

 

積極的に自然の中に身を置いてみること。を意識するようになりました。

 

で、

 

日本の中で「当たり前」とか、今のドイツでの生活でも「当たり前」と思っていることって、

 

本当に当たり前なんだろうか?と考えるようになりました。

 

スーパーマーケットに行って、買い物をする

 

って、ふつうに思えますが、本当に当たり前??

 

ドイツでは自給自足でBIO農家とかしているコミュニティや、

 

家庭菜園でいろんなハーブや野菜、果物を作っている家族なんかもいます。

 

週末別荘といわれる菜園などでも、

 

すべては無理でも、なるべく自分たちの手で。

 

そう考えていくと、今後は

 

農薬や除草剤を使うのは当たり前なんだろうか?という疑問の壁にもぶつかりますよね?

 

わたしもハーブを育てたり、友人や知人とともに、BIO農家の一画を借りて畑に挑戦していますが、

 

その野菜たちは、ほんとうに美味しいのです。

 

エネルギーが満ち溢れている味というのでしょうか?

 

そして それなりにお世話していると、

 

農薬も除草剤もいらないのです。

 

そういう世界があるのは知っていたけど、実際にするのと、知っているのは違うな、とも思います。

 

無農薬の野菜は元気なんです。 

 

スーパーの野菜も買いますが、なんか疲れている感じがするのは 気のせい???ではないかも。

 

「じゃ、なんで農薬いるんかな?」

 

そんなことを考えながら、

 

「当たり前」って思っていることは、実は「あたりまえ」でなかったんだな、と。

 

世間の常識やしきたり・・・・

 

もちろん大切なものもたくさんあるけど、

 

常識と思っていて、している習慣は

 

時に

 

自分たちの体だけでなく。。。

 

精神に心に、本来の生き方を忘れさせていることもあるのかな、と思いました。

 

わたしの実践している自然療法だってそうです。

 

病気=薬 という考え方も・・・どうなのかな?

 

昔、おじいちゃん、おばあちゃんの世代は寝て治すのが フツーだったけど、

 今は、薬がフツー、の世の中になっています。

 

「これも本当にフツー?」

 

本来もっている、自然に治ろうとする力が無視されています。

 

それは前述の野菜でも同じですよね。

 

日本では夜でも高速道路には電灯が灯され、コンビニはいつまでも煌々と光をはなっています。

 

でも、ドイツの道は・・・くらい。

 

高速道路も電灯がついているのは一部で、基本的には暗いのです。

だから わたしはまだ苦手ですが。

 

その人間の作り出す不自然な明るさが、動物たちの脳にも影響を与えていたり・・・もするんですよ。

 

日曜日には、飲食店を除けば、お店はたいがいしまっていますし・・・・

 

不便か?といわれれば、そうかもしれませんが、

 

ショッピングできないと死にそうになる・・・なんてことはなく(笑)

 

・・・別に生命の危機でもないし・・・困らないんですよね。

 

今の現代人に必要なのは、

 

自然に、もういちど たちかえってみるということ。

 

こぶりだけど、味がつまっているドイツのリンゴをかじりながら

 

はやく、春がこないかな・・・なんて、暖炉の火をみながら思いました。

窓の外は氷点下の世界が広がっています。

 

でも、どんなときも、心はいつも、暖かくいたいですね。

 

では、今日も良い1日を!

 

ドイツの森から祈っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「朝ごはんは、別にたべなくていいよ」

と聞いたときは、わたしはびっくりしました。

 

だって、絶対に食べないと 1日のパワーはでない なんて教えられてきたからです。

 

でもローフードでも、朝は休息とか消化の時間なので、無理に食べる必要はないし、

ヒルデガルトの教えでも、朝は調子悪ければ食べる必要はない。

 

バリ島にいったときも、好きな時にひとりでひっそり食べる みたいな。

 

ドイツでは夕食は日本の夕食みたいに豪華ではないです。

それは夜は眠るから、肉やらたくさん食べると胃に負担がかかるからだそうです。

でも、ビールやワインはいいのかな?なんて疑問もありますが。

 

ということです。

 

これはけっこう、わたしには改革的で

すこし救われた部分がありました。

日本にいたときは、絶対朝ごはん!みたいな教育を受けてきたからです。

 

でも朝、絶対に食べないと、わたしは無理。。。

という人は食べたらいいのです。

 

結局、自分の体と相談して決めたらいいんだなと。

日本からドイツに引っ越して、海外生活を送っていると・・・

 

いやでも、いやじゃなくても

 

(ふむ。日本の常識、世界の非常識?)

 

ともうこともあれば

 

(おらぁぁぁ、ドイツの常識ぃぃぃぃ〜〜〜〜 

 

世界の非常識ジャァァァァ)と

 

憤ることもあったり。

でも概ね、静かに現実を受けて入れて生きていますので、

最近は、心に波風が立つことはすくなくなってきました。

 

自然の中の 木々も花たちも 

 

嵐でも、そよ風の日でも、

 

お日様が、さんさん照っている日でも、

 

地面に根っこをおろして、ひょうひょうと。。。

 

どっしりと。。。すらりと。。。

 

その表現は植物によって様々だけど・・・ 大らかに受け入れて生きています。

 

(なんでやろ?昔よりはなんか、落ち着いたような???)

と考えていると、思い当たりました。

ティーンの息子がふたりもいると、外の世界に憤っているより、

 

不条理すぎる家庭内の わけのわからんモンスターと化した

 

愛おしくも、憎たらしい、そして・・・可愛いこどもたちのほうが理解不可能。

 

そして感情もぐるぐるかきまぜられるんですよね。

 

こども、少年、大人になるときって、もちろん体は

 

で、こうやって 人間は成長していくのだな、と感じます。

 

でもって、わたしの親も大変だっただろうなと思うと同時に、

いや、しかし 傷つけられたな、とか、お母さんが優しくなったのって

わたしが19位の、もうティーンの終わり・・・なるほど。

 

「人間に戻った年齢」

か・・・なんてことも考えたりして。

自然療法の勉強も、子育ても、旅することも、なんか深いなぁとしみじみしていました。

 

いろんな人と出会って、いろんな考え方とかを聞いてると

なにが正しくて、間違っているのか・・・

 

と、考えること自体が間違っていたんだなと思いました。

 

その時期とか、

 

出会いもあるし、合う合わないもあるし・・・

この療法はこういう考えで、方法なんだなぁ・・・

 

この人は、こういう考えなのか、 

と自分の思考の中にいれてから、今度は咀嚼していくという感じでしょうか。

 

自分で判断して、、、という癖がついたし、

 

判断というよりかは 融合というかんじです。

 

長い道のりでしたね。

でも 旅って、振り返ってみると やはり大変だったときのことのほうが

すっごく面白くて、印象に残っているんですよね。

家族ででかけたバックパッカー旅行の中国とか・・・

 

石垣島、台風で3日間民宿でろうそく生活とか・・・

 

そういうのって、原色で記憶に残っています。

 

だから、すべての甘ったるくない体験には意味があって、どこかに通じているんですよね。

まだまだ 旅路は続くけれど。

部屋からの眺め

ブログの情報やセミナーの案内などなど

そして日々の暮らしのこと。

 

メルマガを発行しています。よろしければ、ご登録してください。

 

「ドイツの森から。自然の癒しと生きる暮らし」 BIOtie通信の購読申し込みはこちら

 

 

そう、だから 朝ごはんは無理して食べなくていいんですよ。

 

無理するのは、やめようっと・・・と思った2017年の1月。

 

今年はどんな 年になるんでしょうか??

 

もう1月も終わりかけているのがすごいけれど(笑)

 

で、こどもたちには

 

「こらぁ、ちゃんと朝ごはん食べなさい!!!」

 

なんて

気がつけば、

いってたりしますけどね。

人間だもの。笑 それでいいんですよ。 

 

さぁ、今日も良い1日でありますように!

ドイツの森から祈っています。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は22年前に阪神大震災のあった日です。

 

被災者のみなさまに 心からお悔やみ申し上げます。

 

あの時、

 

わたしは大阪に暮らしており、

 

ものすごい縦の揺れが激しくしたから築き上げてきて

目を覚まして、

すぐに2階から階下の部屋に行きました。

 

家も家族も無事で、大丈夫でしたが、

 

そのころの友人、知人、親戚も被災した人は多々いました。

 

神戸でこどもたちを産み育て、お洒落と表現される街は

 

震災の時に、

 

軒並み壊滅的な被害を受けたからだったし、

 

自転車をこいで買い物にいっていると

 

街の片隅の

いつもの通りのコンクリートの壁には

 

「だいじょうぶです、無事です」

 

というスプレーで描かれた文字が残っていたり

 

小さなこどもと手をつないで、

公園に向かう途中の

 

交差点

 

住宅街の中に、

 

おそらく

 

いつまでも震災のあとのままの、空き地で、

 

春から夏にかけて、

 

可愛い花がさいて。。。

 

という場所もありました。 

 

その場所を通るのは、ほぼ毎日だったし

 

そこにご夫妻がみえて、ときおり 黙って草刈りしておられました。

 

image

悲しい話もたくさんあるし、

 

毎年 あの時間の5時には、サイレンがなって

 

山の神社に登って、黙祷をささげるという習慣もありました。

 

ひっそりと地震のときの悲しみは

 

ビルの隙間や、

 

野の花のさく住宅地や

 

公園や、

 

きれいな街並みと共存していました。

 

半年間、

震災のボランティアで街がどんどん復興していくのを目の当たりにみましたが、

 

自然の脅威や、その前では人間なんて、どれだけ高層ビルを建てても

 

もろくて儚いものなんだなぁと。

 

でも・・・人間は あきらめないんだなと。

 

 

大切なわたしの小さな命だけは守りたい、と 感じるのは、

 

誰しもそうだと思います。

image

自然の前では

 

人間は、絶対に太刀打ちできない。

image

でも、もっともっと悲しいのは、

 

人間が、人間同士 殺しあうことに決めたことではないでしょうか。

 

弱者を置き去りにすることではないのでしょうか?

 

命を大切に・・・と、

 

あの日を忘れないと黙祷するのなら、

 

わたしたちの大切なこどもたちを 

 

見殺しにしたり

 

殺したり、

 

殺すことに

 

「使わない」でほしい。

 

お気に入りのバンドの音楽を聴きながら、そんなことを考えました。

 

 

どうか、これから・・・

 

人間が、人間を殺すことになりませんように。

 

絶望の淵に突き落とすことになりませんように。

 

そんなことを 考えました。

 

どうか世界が1日でもいいので、平和で幸せに満ちたものになりますように。

 

ドイツの森より、祈っています。

 

 

image

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさま

 

あけましておめでとうございます。

 

2017年、新しい年が明けました。

 

image

ドイツでは

 

1月1日は青空、

 

2日は、朝 目覚めると雪がつもっていて

 

白銀の世界が広がっていました。

 

まるで

 

新しい物語の本の

 

新しいページをめくって

 

冒険がはじまるような

 

ドキドキした気持ちになりました。

 

今回 2016から2017年の年越しと

 

新年は 初めてドイツで過ごしました。

image

毎年オーストリアだったのですが、

 

友人家族と集まって、わいわいと賑やかな年明けを迎えました。

 

いつも日本の賑やかなお正月を思い出して、ホームシックになっていたので

 

人生、なにが幸いするか わからないな。。。と思いました。(笑)

 

さてわたしの2016年は、激動の年でした。

image

新しい家への引越しからはじまり、

リノベーション、

不思議な諸々の出会いとか

庭つくり・・・

ヒルデガルトのツアーや、セミナー、

こどもの進学・・・

夫の怪我・・・

 

一気にいろんなことが 

 

わぁ〜〜っとやってきて、

 

夏休みの終わりの日に、焦って宿題をしているような・・・

 

空中でふわふわ浮いているような・・・

image

地獄の炎でじりじり焼かれているような・・・

 

いろんな感覚や

 

煩悩、

 

感性への揺すぶり、

 

愛、

 

悲しみ、

 

憎しみ、

 

疑い、

 

喜び、

 

夢、

 

感動、

image

心への突き刺さるような痛みとか。

 

人間のもつ感覚を 

 

すべてものすごい勢いで激しく味わい、

 

本当に、地球ってすごい場所だな。。。いい加減にしてくれよ

 

みたいな1年でした。(笑)

image

自然で例えると、

 

青空の美しい道を歩いていると

 

いきなり

 

台風もハリケーンも、稲妻もやってきて

 

倒れそうだったけど、逃げたり、濡れてみたりしたけど

 

いつのまにか雨が止んで、太陽がでて、

 

そのあとで虹がでたなぁ・・・みたいな。

 

まだ足元はぬかるんでいるけれど、

 

それも大地の自然な状態。

image

そのうち乾くし緑の草がキラキラ光って

 

「道端のお花でもつもうかな・・・」

 

と思えるようになりました。

 

自分の頭も体もついていかないような感覚でしたが、

 

多くの愛や

 

助けがあって、

image

そして、予期せぬところで 思わぬ出会いがあったりして、

 

救われたり、

 

アドバイスいただいたり

 

教えていただいたりして

 

やっとグラウンディングできた、

 

地に足がついた感覚を取り戻しました。

 

これからの方向性への

 

不思議な導きを感じました。

 

お世話になったみなさま・・・

 

奇跡のように出会えて嬉しいです。

image

本当にありがとうございます。

 

心からの愛と感謝の念をドイツより贈ります。

2017年は 

 

ヒルデガルトのスピリットがさらに、

 

もっと、多くの方々に広がるようです。

 

なぜか、不思議なご縁があるようで・・・導かれるままに歩いていきたいです。

 

自然と共に生きるという方法も、もっと小さな庭でいろんな試みを試していきたいです。

自然療法のホメオパシー、フラワーエッセンス、ハーブやナチュラルフードも

 

どんどん取り入れて、多くの人が幸せに健康に 魂の求める方向性で生きてければ、

と感じています。

 

ホームステイでも 

 

多くの人に出会って、

 

いろんなことをシェアしあいあって、

 

ここをとまり木や

 

心の巣のように感じていただき

 

多くのセラピストや専門家のかたがたをはじめ

 

自然とともにある生き方をしたいかたがたが

 

自分の魂の求める道へ、旅立ち

 

活躍されることのお手伝いをしていきたいです。

では、

 

今年もみなさまにとって

 

愛と光がいっぱい溢れる年でありますように!

 

おおくの気づきがあって、

 

ともに

 

歩いていけますように。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。