ドイツからの自然療法便り コ・ト・タ・ビ こどもと一緒に自然から学べること。  

自然がいっぱいのドイツでの暮らし。ドイツ生まれの自然療法ホメオパシーやハーブでの家庭でできるお手当や生活の知恵と工夫を。

ドイツの自然の中でホームステイしてみませんか?

 http://forestsayaka.wix.com/may1

テーマ:

お問い合わせが多く 
満員御礼のあとも、ひきつづき
お問い合わせいただいておりますので
7/26 に追加で 若干名 3名 のみ 受け付けます。
小さな会場で少人数で、こぢんまり開催します。
プロジェクターのない会場なので、PC画面をみて レッスンになります。

場所は大阪の田舎にて。

詳細は下記にあります。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ホメオパシー、興味はあるけど・・・時間がなくていそがしいの」
「まとめて じっくり学びたい!」
「ドイツではホメオパシーはどんな感じ?」
そんな声にお答えして、
ドイツから帰国して1日 じっくり・みっちりホメオパシーレッスンを開催させていただける運びになりました。
敬愛する眞子さん、本当にありがとうございます。
このコースを受けていただくことで、
・ホメオパシーへの理解がぐんと、深まります。
・ホメオパシーでの日常生活でのケアが家庭でできるように。
・ホリスティックな自然療法の考えが理解できます
・病気へのとらえかた 本当の健康について の考え方がわかります
・ゆったりと安心して、自信をもって自分の症状や家族の症状と付き合うことができます
・ホメオパシーを通じて、症状だけでなく家族やパートナーの「心の声」にも気がつけるようになります

虚弱児だったこどもへの対応としてホメオパシーをとりいれてから、私自身のホメオパシー歴も、もう10年!になります。
気がつけば、日本、ドイツなど のべ1000名以上にホメオパシー講座を開催してきました。
こどもたちもすくすく野草のように元気に育っています。
わたしの子育てやドイツでの体験談などを通じて、わかりやすく すぐにホメオパシーを使いこなせる、生活の中で実践できるような講座を組み立てました。

もしご希望があれば、中部地方、九州地方などでも開催します。ご連絡ください。
内容
2時間 × 3レッスン
10時~17時まで 
ホメオパシー概論・ホメオパシーとは?・世界のホメオパシー事情・歴史の中のホメオパシー ・ドイツの医療、自然療法とホメオパシー・ハーネマンって誰?・ホメオパシー 同種療法の歴史・病気とは?健康とは?・ホメオパシー的 病気とは?・どうして病気になるのか?・治癒の法則 病気の法則について・マヤズムについて・ホメオパシーを使ってみよう・マテリアメディカとレパートリーって? おすすめの本など 紹介・レメディとは?・レメディはどのように作られているのか?・ポテンシーとは?・ドイツでのホメオパシーライフ・ホメオパスのできること
日常のケア ホメオパシーのレメディ紹介 ①個性あふれる基本キットのレメディを厳選しながら、日常によくおこる症状への対応法をレッスンします
・ホリスティックな体・心・魂のとらえかた  セラピストをされているかたへのホリスティックなアプローチの指針・幸せな家庭生活のために ・ホメオパシーのある生活・緊急時のメンタル・ボディのケア (地震など自然災害・放射能への恐怖など)・風邪・への対応 ・時差ぼけ などへの対応



日常のケア ホメオパシーのレメディ紹介 ②・ホメオパシーを通じて自分自身を理解する 体・心・魂を理解する・予防接種について・薬について・ドイツの保険制度と日本の保険制度から見えてくること・花粉症への対応と考え方 ・肌の問題 かゆみ 発疹など・胃腸などの問題(お腹いた・下痢・二日酔い・便秘など)・救急処置 怪我などのお手当て ・メンタルケア(ショック・不安・いじめ・悲しみなど)・生命組織塩って? 概論のみ
質問タイム:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ドイツでのホメオパシー体験や、自然との暮らしの中での知恵なども織り交ぜて写真とともにレッスンします。
レッスン代金:30,000円
6月中にお申し込みの方は23,000円。
ランチつきです。日時 7月26日(火)   10時~17時

場所:http://www.osaka-info.jp/jp/facilities/cat8/6065.html 

キャンセルは申し訳ありませんが、ドイツからの一時帰国での準備などがありますので、受け付けておりません。
ご了承くださいませ。

お申し込み連絡先:森 さやか forestsayaka★gmail.com まで★をあっとマークに変えて連絡してください。詳しいこと、お振込先はお申し込みのあとにご連絡いたします。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

image

天使というのは、実はわたしたちのすぐそばにいるのです。

すごく悲しくて、胸がつぶれるのではないか・。。。と思うような気持ちで

わたしが

病院の中庭をつっきって歩いていたとき

ひとりの手に包帯をした 1歳ちょっとくらいの よちよち・・・・よろよろ歩きの

女の子の赤ちゃんが、

わたしのほうに向かって

にこっと微笑みながら

芝生でつんだのであろうクローバーの花を

「はい、どうぞ・・・・」というように 

わたしに

わたしてくれました。

微笑むことなんか 遠い遠いところに追いやっていたわたしは

 にこっと 自然に微笑んでしました。

「Danke....]
っていったら

お母さんが、その子の名前を呼んで

その子はまた、お母さんのほうに よちよち。。。。歩いていきました。

お母さんたちはもスリムの人たちで、

その子を愛おしそうにみつめていて

中庭の芝生は、光できらきらと輝いていました。

大きな木の枝葉はさわさわと風にゆれて、

わたしの頭上には青い空が広がっていました。

あぁ、そうか
わたしは こんな美しい世界にいるんだなぁと また思い出しました。


1本のクローバーの花。

ありがとう。

天使からの贈り物でした。

持ってきていた本に はさみました。

あぁ、天使を遣わせてくださったんだなって。。。本当に感じました。

不思議なことに、
なぜか 犬がよってきたり
電車にのると、いつもはそういうことはないのですが
小さなこどもが、わたしだけに微笑んでくれたりして
元気付けられました。

そういえば神戸にいたときにも、同じような経験が。

知り合いのゴールデンレトリバーのお散歩をときどき、させてもらって
六甲の山に遊びにいったりしていたのですが

わたしが悲しい気持ちのときは、

その犬が、わたしにぴたっと体を寄せてくるのでした。

動物や、小さな子供には、神性が宿っていて
癒す力や、なにかを感じ取る力があるのです。

そう思えば、わたしたちのこどもも、もう大きくなったけど

小さな赤ちゃんのころは、よく 電車にのってニコニコ微笑んで
周りの人も幸せそうに微笑んでいたものです。

悲しい気持ちのひとや、寂しい人に・・・・つらい人の心に
天使の微笑みを与えてたのかも・・・ なんてことも思いました。

こどもの魂は、
7歳までは天界とつながっているといいます。

そう考えると、天使というのは

わたしたちのすぐ、そばにいつもいるんですよね。

ありがとう、小さな天使たち。

image


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{25058D8B-E7AD-4EBA-B1AB-B5104ABD96EC:01}

先週のこと、用事があって街に行きました。
街にいると 疲れてしまうのですが・・・仕方ないですよね。

その帰り道、ギャラリーがたくさんあるとおりがあって ぶらぶら歩いていると・・・

ギャラリーの立て札と、
建物に囲まれた中庭の扉がOPENしていました。

「あれ、なんだか面白そう」

こんな矢印。。。  冒険のはじまりです。

気持ちのいい中庭は、たくさんの緑に囲まれていました。

「わぁ~~!都会のオアシスみたい~」

そして、
その奥にギャラリーがありました。

しばし 鑑賞したあと・・・・


{77050B08-39A1-47A0-9092-0D84B0AA4CAF:01}

また中庭でのんびり。

あら? と気がついたのは。。。。

このお庭・・・全部地面はアスファルトで固められているのです。

でも、植木鉢からはたくさんの緑が!!

「そうか。・。。。都会にいるから。。。」

「場所がないから。。。。」

「時間がないから。。。。」

そういうのって、すべて言い訳なのかなと思いました。

自然を愛しているなら、場所 って関係ないのです。
小さなマンションだって、日陰だって。。。。育つ植物はいっぱいあります。

日本の都会だって・・・・可能なのです。

{8C201EAC-2D36-419A-B85F-F7A84E9FF20E:01}

人間の可能性もそうではないでしょうか?

時間がない
障害がある
場所がない


もう無理。

ほんとうに、そうなのかな?

どんな状況でも、どんなに困難なことがあったって。。。

ほんとうにやろうと思えば、できることはたくさんある。

わたしたちは「希望」までも、捨てる必要はないのです。

わたしたちには希望がある・・・

希望っていうのは、種のようなものですね。

小さな種だけど、大きく育てることができる。

植物たちは、こんなにたくましく生きています。

どんな状況でも、環境下でも、

人間のわたしたちも、
なにがあっても、
たくましく生きていかないといけないな。

そう、植物に教えてもらった気がしました。

そして、いつも植物たちは 心を慰めてくれます。ものも言わず。

でも、家の観葉植物も、
          庭の木々も・・・・
               森や、草原や、畑でも・・・
植物たちはいつも、わたしたちに語りかけてくれているのです。

そして、そっとやさしく、いつも癒してくれているんだなと感じました。

植物も、
いつもそばにいる人も、

当たり前のようだけど、実は当たり前ではないのです。

当たり前の毎日を大切にして、感謝して生きていきたいですね。

{54622EE3-A1BD-41B6-8875-09B3263DAE0D:01}



{3537A658-F53B-46FE-A3ED-B9E84A0D310F:01}

{BC05D665-83E1-4AD7-B33F-20F35FA9252E:01}

{63208D80-EFDB-4B1E-869B-407793B93C2F:01}

そして緑に心がつつまれるこの中庭のように

心の中にも、オアシスを持って生きて生きたい。

さぁ、前を向いて 歩いていきましょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週・・・・

(あぁ、日本に帰る前に ヒルデガルトの修道院に行きたいなぁ。
でも、そんな特に用事もないしなぁ)

往復6時間 ドアToドアだと8時間くらいかな。。。
ぶらっといけるけど、ちょっと覚悟もいる距離。

なんて ふと思っていたら・・・・

偶然・・・ある人と お会いすることになって、修道院に行くことになりました。

(なんだか、不思議な流れだなぁ)

ヒルデガルト関連のことは、いつもそういう流れがありました。

。。。。本を書いているときも

(あぁ、もうだめだ・・・・いい方法が思いつかない)

というのは、ヒルデガルトの原書は難しくて
夜、眠る前に 
読んでいると 爆睡・・・。。

image

というかんじで、
わかりやすく家庭でもといいれられる方法を
その原書から抜粋するだけでも途方にくれそう・・・。
だったのですが

そんな
途方にくれた時は、祈ることにしていました。

というか、それしか もう方法がない。。。。

教会で、森の中で。。。家で・・・・

ヒルデガルトは祈ることの大切さも述べていますが、

祈る。。。というのは、べつに宗教的な意味はまったくなくてもいいのです。

真摯に考える、願う。。。。
大切なひとのことを想う。

宇宙に 「リクエスト」を送るという方法と考えたら、いいかもしれません。

image

すると不思議なことに
(あ!)
みたいな感じで、
いい方法を思いついたりすることもありました。

それから

(ちゃんとわかっていますよ 大丈夫。。。)

かなりスピリチュラルな話になりますが。
お知らせみたいな現象があったりしたことも何度もありました。

これはまたお会いしたときにお話しますね。

なので、
(なんだか、これは、わたしの意思ではないところで、なにかが働きかけているのだろうな)

と本当に想います。

今回の修道院へ行く流れも。。。そうだったのだと思います。

そこで、不思議な人にお会いしました

日本語を話していたのか・・・・ちがう言語だったのか。。。。

とにかく 次元の違うオーラみたいな中にいた2日間でした。

静かで平和なエネルギーの中に。

で、家に帰ってドアをあけた瞬間に
こどもが飛びついてきて
わぁっと カラフルな色たちと、躍動感みたいなエネルギーに包まれるのを感じました。

いつもは、まったくそんなエネルギーを感じることも
色を意識することもなかったのですが。

image

不思議なことって、あるものなんだなぁと感じた2日間でした。

で・・・

感情についてです。

わたしは時に、感情に振り回されすぎて。。。つらい、のですが。。。

ヒルデガルトも感情が激しい人だったのです。
しかも、かなり。。。。激しい

image

いったい、ぜんたいどんな人だったんだろうか?

感情が激しいけど、悲しみ、怒り、喜び、そんな感情に同調できる人であり
人の気持ちがわかるひとだったのだなと。
そして 情熱がいっぱいの人だったのだと感じます。

しかし 感情に振り回されるってことはどういうことでしょうか。

わたしはレッスンで、ホリスティックな体のとらえかた。。。として
感情、思考、魂 精神、肉体。。。。みたいな わけかたや
その療法のアプローチについて解説します.

わたし。。。。 と わたしの感情って 実は別ものなのですよね。

わたしは、魂のわたし。。。が究極の私だとすると、
その 周りにあるのが わたしの感情。

そうイメージしてみると、わかりやすいかも。

そして、感情をたとえばボールにたとえたら?

感情は、マイナス感情のことです。

ジェットコースターでもいいですが、、、

わたしのまわりを、くるくるまわる ボール・

image

「あれ?」

これはもしや。。。クディッチ? 
ハリーポッターにでてくる あの魔法使いたちの競技です。

あれに振り回されすぎていて、

もはや、周りの景色もみえてないし、

自分のしないといけないこともしていない。。。。

誰もいないし、競っているわけでもないのに。。。。クディッチしてるわたし。

と。。。。想像したら、(あぁ。。。。わたしって。。。)と 
ようやく そのおろかさに気がつきました。

で、どうすればいいのか。。。。

しばらく傍観者になって、クディッチをみつめています。

「ぎゃ~~~!!!」って怒らないように

「え~~~~ん」となかないように、泣いてもいいけど

このクディッチって、ようするに わたしの一部。

じぃ~~~と、みていると、 こっちに向こうから近づいてくるのです。

よく みつめていると、その怒りの根っこや、悲しみの根っこがみえてくることも、

image

インナーチャイルドですね。

プライドっていうやつ?(ようするに、インナーチャイルド)

だから、振り回されずに みつめること。。。なんだなぁと ようやく気がつけました。

で、怒りや悲しみがおこったときって、相手がいりますよね。

カチン!とくることもあったり、なぜ?って嘆きたくなったり

それも また相手もクディッチしてるのかもしれませんしね。

そう考えると、ちょっと笑ってしまう?

一緒にしてしまうと、めちゃめちゃになるので(ボールふたつあるから)

そう考えると、
相手の感情にも巻き込まれません。

とはいいつつ。。。。こどもには、やはり感情的になってしまう。

とまぁ、そんな気づきがありました。

過去の虐待とか、壮絶体験などで
ただ、押さえ込みすぎていた感情は出したほうがいいと思います。

でも それをこどもや周りの人に当り散らさずに出す方法、というのもあります。
悲しみとして出す方法も。

体にも、いろんな排出法があるように、感情にも排出する方法はいろいろあるのだな、と思います。

わたしの場合、出し切ったはずだけど、つい、クィディッチしてしまうのでそういう場合は、傍観して 融合する・・・というのがいいのかな、と思いました。

長くなったので、また続き・・・・

東京では 心。体、魂のデトックス
 「ヒルデガルトのファスティング」レッスンをします。

ヒルデガルトの教えを元に、
ドイツの自然療法 ホメオパシーや、ハーブ、クレイなどなど
いろんなアプローチをとりいれて レッスンします。
1ヶ月間のヒルデガルト ファスティングカレンダーをもとに
コールドプレスジュースと、ローランチつき!で、お得なレッスンです。
ドイツからのお土産もついています。

https://www.facebook.com/events/1249064858452039/

東京でお会いできるのを楽しみにしています。
お申し込み 受け付けています。

つづく。。。。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

福岡でのヒルデガルト 
「宝石と薔薇の癒し」
7/19に決定しました。


今回のシェフは 
我が家にホームステイにもきてくれた Maiさん!!



Maiさんは、ローフードのエキスパートでもあり、
アーユルヴェーダも学び、ナチュラルフードや
精進料理までこなします。


そしてなにより、お料理に対する情熱と愛があります。

彼女とドイツではいっぱいお料理を作ったのですが
愛も、喜びも、そして「敬意」にも満ちていて
食べているだけで幸せな気持ちになりました。

image


そして共に関わる人への敬意と包み込むようないっぱいの愛も。

やはり仕事をともにする時には、お互いへの信頼と敬意が必要だなと
今回のセミナーの準備をすすめていて深く感じました。

わたしはいろんな媒体に「書く」ということも一応、仕事として生きてきましたがメールやメッセージの文章に人柄というのは表れるものだなと感じます。

日々、いろいろなメールをいただいたり、メッセージのやりとりをしています。
たった数行のメッセージだけでも、敬意や温かさ、その人からの想いやエネルギーは確実に伝わってきます。

その反対も然り。
そして文章は残ります。

やはり いつも心をこめて、真摯に書くということにもとりくみたいな、ということを心にしかと留めました。

時差をものともせず、やりとりしてくださっている皆様に感謝です。

そして 毎回、すばらしいメンバーが、自然と理解して、応援してくださっていることに感謝です。

福岡のオーガナイザーの松浦一美さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。





福岡は若干名 空きがあります。お申し込みお急ぎください。

 「ドイツ薬草学の母 ヒルデガルトの薔薇と宝石の癒し」 

image


★盛りだくさんのハーブ実習
★ドイツからのお土産付き
★sayaka先生監修のヒルデガルトランチ付き

●日時:7月19日 10時~14時30分

●場所:福岡市大濠公園近く Sostenuto studio 

●代金:16000円
★早期割★5月中にお申し込みの場合 14000円...

image


※実習材料費・シェフによるヒルデガルドランチ代込み
注)ランチや材料の準備があるので、キャンセルはご遠慮ください。

 ******************

【参加ボタンで終了ではありません。フォームより正式申込みお願いいたします】

お申込みは↓から!!
http://www.rinpa-richesse.info/お問い合わせ/イベント申込みフォーム/

image

~講師紹介~ 
森明華 先生(「ホメオパシーってなぁに?」著者 )
ハーブ療法の母ヒルデガルトの家庭でできる自然療法 著者

●ドイツ在住 自然療法家・ホメオパス・ライター・フラワーエッセンスプラクティショナー・ハーバリスト
●ドイツ人の夫とこどもたち、家族で自然豊かな2012年にドイツに渡独。
●自然療法の情報発信・実践できる生きた自然療法のセミナー国内外で活躍。
●2013-2014年・自然療法士養成学校で講師を務める:ホメオパシー家庭のくすり箱・日独合同健康イベントなど企画

image

アメブロ⇒http://ameblo.jp/stayingforest/
FB⇒https://www.facebook.com/mori.sayaka.3

******************

ドイツ薬草療法の母 ヒルデガルトのハーブや宝石を使って女性の本当の美と健康な毎日を。

ヒルデガルトの愛した女性を幸せにするハーブ
(オーガニックの薔薇オイルやドイツから厳選したハーブ )をたっぷり使って、実習します。

ランチはシェフによるヒルデガルトトコースで、実際にヒルデガルトのハーブや食材を召し上がってください。

その中でヒルデガルトの述べたハーブや食材について話しながらのレッスンになります。

愛のある家庭に ヒルデガルトの薬草と智恵を。
・ ドイツ薬草学の母 
  ヒルデガルト・フォン・ビンゲンって誰?
・ ドイツ ビンゲン・ヒルデガルトの教会などの紹介
・ ヒルデガルトの女性のためのハーブ
・ 毎日の食卓にとりいれたい女性のためのハーブを紹介
・ ドイツからのお土産つき

・ ヒルデガルトランチを食べながら ハーブレッスン

image

★200ml程度のジャム瓶のような広口の空き瓶(リサイクルでOK)を御持参ください。実習で使います。
無ければ100均などで購入お願いいたします。

【参加ボタンで終了ではありません。フォームより正式申込みお願いいたします】

お申込みは↓から!!
http://www.rinpa-richesse.info/お問い合わせ/イベント申込みフォーム/

ドイツホームステイに興味のあるかたは
http://forestsayaka.wix.com/may1

image

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2回目の滞在になるKさんから感想をいただきました。
今回は、実際にようやく、生きているハーブをみて、摘んで、
いろいろ作って、食べて。。。飲んで・・・と、実践をたくさんしました。

毎日、ハーブ三昧で楽しい3日間でした。

image。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

よく晴れて、春の植物が緑いっぱい咲かせ始めた4月下旬に
再びさやかさんの元を訪れることになりました。

今回で2度目の訪問となります。

なぜ2度に分けて訪れる事になったかと言うと、
わたしのスケジュール上の事情もあるのですが2月は、
まだドイツは冬で寒く、
外でハーブに触れる事が出来なかったため理論を中心に学び

やはり実際に外で咲いているハーブを見ながら
学びたいという思いからの訪問でした。

image

私自身、ドイツ国内に住んでいる事から、
今年の冬はなんだか短く感じ、春の訪れが例年より早く感じました。

それはとっても幸運な事でした。
あたたかな日差しの中、緑がキラキラして美しかったです。
 image

さて、今回のステイは私の都合により2泊3日間という短いステイとなりましたが、みっちりスケジュールを組んで下さり、また多くの事を学ぶことが出来ました。

前回の学習では、私の希望によりハーブ、ホメオパシー、フラワーエッセンス等の基礎的な知識を学びましたが、
今回はハーブを中心とした学習になりました。
 
BIO農場への訪問。

そこへ行くまでの間にも、途中途中で道端に咲いているハーブを見つけ、その場でそのハーブの効能などについて教えて頂きました。

それがとっても良くて!!!

もうすでに摘んであるハーブやドライハーブだけでは分からない事がありましたので、本物のハーブの生き生きとした姿を見て、
いろんな働きを持って私たちを助けているんだと、
植物のたくましさを感じることができました。

image

その後、いくつか摘んで帰り、ハーブティーにして頂きました。
すっきりとしたのみ心地で、マイルドで、
売られているものとはまったく違うエネルギーを感じました。

私は幼いころから、自然と触れることのあまりない都会の環境で育ってきました。

だから、ハーブを自分で摘んでいるという
この小さなことでさえも幸福に感じます。

さやかさんのおうちの近く大きな白樺の木があります。

その葉でもハーブのグッズを作ったり、
近くの広場にはたくさんのデイジーが咲いていて、
それを摘みホホバオイルに漬けてみました。
そのほかにもいろんなことをしました。

image

完成までもう少し時間が掛かりますが、それぞれの効能をしっかりと凝縮して出来たナチュラルなものでケアが出来ると思うと幸せです。
 
学習面では、今回はヒルデガルトの自然療法において「4体液質」を中心に学び、そこからホメオパシーやフラワーエッセンスに繋げた内容でした。

自然療法を学ぶ上でとっても重要な事であり、自分自身の事も知れてとっても興味深い内容でした。

その他、前回と同様、さやかさんの心込もったお料理を頂き、
ご家族と楽しい時間を過ごし、
穏やかな時間の中あたたかく過ごすことが出来ました。

そういう時間の中でも、ふとハーブの話をしてくださり、自然と知識が身についてきます。
 

「一緒に居ると自然が好きになる」
そう思わせてくれるのは、
さやかさん自身が自然を愛しているから人に伝わるんですね。

さやかさんと出会えたことも一つの転機となり、
私は現在フラワーエッセンスのインストラクターを目指しています。

もちろんそれだけでなく、今後もハーブやホメオパシーについても学んで、人に伝え、助けになれる人になりたいと思っています。
 
ー自分が本当に好きだったら、伝わる。ー
そう思えたことも今回一つの大きな収穫となりました。
 

いつも家族の一員のように迎えてくださる、さやかさんはじめ、ご家族の皆さんには感謝しています。

今回もとっても楽しい時間でした。ありがとうございました!

また戻って来たい、そう思わせてくださるドイツの家族ができました!。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ふんわりと包み込むようにやさしい口調で語るKさん。

フラワーエッセンスの道を見出して、新しい道に旅立たれました!
うれしいな!おめでとうございます!

Kさんは、花のエネルギーがぴったり、しっくりくる女性です。

また いつでもかえってきてくださいね。

そして、今後のご活躍も 応援、お祈りしています!

クリスマスホームステイ 1~2名さま(ご友人同士でもお申し込みいただけます)




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このたび、日本でヒルデガルトのハーブレッスンを開催させていただく運びになりました。


またヒルデガルトの本を
出版できたのは、ほんとうにヒルデガルトさまの導きと、
さまざまなかたの協力があったからです。

そんな人たちと偶然のようで、必然的に出会って完成しました。

今回、日本でもレッスンを企画するにあたり
日本の多くのかたのご協力をえて
実現に向けて動き出そうとしています・

ほんとうに、心から感謝しています。

自然の中で、ハーブを!ってことで
山の中のハーブ園で、セミナーすることになりました。
福岡では素敵なサロン。

東京ではヒルデガルトのファスティングに関するセミナーが決定しました。

こちらは2.3日中に発表しますが、7/21になる予定です。
予定を空けておいてくださいね!

ヒルデガルトの考えを組み込んだ、ドイツのハーブもふんだんに使った。。。

みなさんが自分でとりくめる、そして日常でできる楽しい、やさしい、清々しいファスティングプランにしたいなと企画中です。

ハーブや宝石などを使った実習が中心になるのですが、
その中でも、知識だけでしゃなく
ヒルデガルトの想いをみなさまにお伝えできたらなと、心から願っています。

(その前に、もう一度 修道院を訪ねたいなぁ・・・)って思っていましたら

これは昨年の写真

なんと、修道院のほうにいく 流れが自然にできたのです。

偶然 予定があいていて、、、

これには びっくりしてしまいました。

おぉ~~!すごい、お導きってことか。

ヒルデガルトの教会で、祈ってきますね!(あ、お土産もね 笑)

そして、
みなさまの心に届く レッスンを開催したいです!。

感じることのできる 時間を作りたいなと思いました。

今回、感じるのは「祈る」ということの大切さです。

アメリカの科学者によって、「祈り」というのは効果があると
証明されました。

病院に入院している慢性病の患者を、均等にふたつのグループに分けて、
ひとつのグループに対しては、祈ってもらい、
もうひとつのグループにはなにもしなかったところ、
祈ってもらったグループには明らかに改善が見られたのです。

祈る。。。というのも
、遠距離から、顔をみせずに、祈るということは知らされずに・・・です。

その祈りの方法も、真剣に教会などに行って祈る。。。という方法ではなく
ちょっと日常生活の中で、かんたんに祈る。
。というテキトーなやり方でも効果がでたそうです。


このヒルデガルトの本やセミナーに関しては・・・どうも、祈るということが
大きく関連しているような気がするのです。

一応、いつも客観的に考えるように。。。。していますが
(なんか・・・これは。。。どう考えても、たぶん、気のせいではないなぁ)
ということが たくさんありました。

書きたいことが多すぎて、本の構成が浮かばず、途方にくれていたところ。。。。
最終的には、(もう、祈るしかないなぁ)と、祈ったら。。。。
「あ!そうか・・・」
と、
直感のようなものがおりてきて、春夏秋冬 癒食住 になったり。

(どうしよう~~~)
と、教会で、お祈りしたら 「音」でお知らせをいただいたこともありました。

こんな話もセミナーでしますね。

今回のセミナー会場も、イメージ的には多くない人数で、自然に囲まれて・・・・

祈ってみると・・・
「あ!」
と思い出したのでした。 降ってきた?

ほかにも、いろいろエピソードはあるのですが、
祈りというのは、やっぱり すごいなぁと感じる今日この頃です。

宗教的な意味はなくとも、誰かの無事を祈る、愛する人のことを考える。。。
そんなふうに、みなさんも 誰かのために 祈ってみませんか?

また、こちらの収益金の一部は,熊本の震災への義捐金にあてます。
熊本も、今年の夏に訪れる予定です。そちらもご報告していきますね!
ありがとうございます。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「今度学校で、チャリティーがあるから、
ママ、ぼくのスポンサーになって!」

次男が小学校から帰ってきました。

このチャリティの仕組みが面白くて

学校の周りのランニングロード400メートルを、
ぐるぐる走るのですが
こどもが1周走るにつき、いくらの寄付をするかで、

1周 × いくらか =合計額

で、スポンサーになるのです。

長男も2年前に、たしか同じチャリティに参加していました。

誰かのためにがんばって走るっていいですよね。。。

しかも判りやすいのが、またいいなと。

「じゃ、大奮発して1周、1ユーロや!」

というと大喜び。

「パパにも頼むね。。。」

家族の中で何人も頼むのか???

「オパとか、おじさんに頼んだら?」

と、長男がとった方法を提案すると

「うん、でも、ほら すぐに会えないから・・・いいねん」

すぐにお金を徴収できないからかな?

「じゃ、どうするの?」

近くに親戚はいないしなぁ。。。

と、思っていると

「近所の人に頼んでくる~~!!」

おい、まぢか?

隣両隣の優しいご近所さんたちに
(しかもご夫婦ひとりづつ)聞いてきました。

ほかにも、

こっちが思いつかないような 
彼の いろんな仲良しの人に聞いていて、

兄弟でも、アプローチの仕方が違って、ほんとうに面白いなぁ。。。

みんな ちがっていて 個性があって、それでいいんだな

こどもたちを見ているとそう思います。

そうやって自分らしく 世界中を駆け抜けていってほしいな。

がんばって走れ!

応援しに行くよ!

爽やかな青空の広がった 1日でした。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神戸でのヒルデガルトのハーブレッスンを開催します。

7月15日 10時半 ~ 12時半 

       2時 ~  16時

午前・午後 の 2部制です。



今回のテーマは「感じる」「触れる」「直感を磨くこと」

昨年は 感じるよりかは、知識として「知る」

今年は、もっとドイツやハーブを感じてほしい!と思って。。。。

あらためて、自分の気持ちに素直になってみました。

わたしは、なにをしたいのか????

わたしはヒルデガルトのすばらしさや愛を分かちあいたい!

自然の中で、参加者みんなが心からリラックスしてほしい!

ハーブや花、宝石のパワーを存分に感じてほしい~!!

わたしも自然の中で、楽しく過ごしたいな。。。。という気持ちに気がつきました。

だったら。。。。

やはり場所は大切。

自然の中にあって・・・・ハーブもあったら 尚 いいし

そして ドイツらしさとか、神戸の異国情緒の漂う場所とか

サロンっぽい ところとか。。。

ということで、探しまくってみました。。。

しかし サロンっぽい雰囲気のある ホテルとか会場は ちょっと違う。。。

自然に囲まれて素敵だけど・・・・ あまりにも都会からかけ離れている。。。
登山になってしまう。。。 タクシーがいる

などなど。

そこそこ 交通の便も良くて、自然があって。。神戸っぽい。

と思っていましたら

「あ!!!」

「あった!」

と思い出したのが、布引ハーブ園でした。

わぁ!

ここはまさしく。。。ウキウキしてくる場所。

六甲山にあって、でも 異人館で知られる北野から、ロープウェーがでています。

そして、山頂のスペース「ローズマリー」での開催が決定しました。

前に予約していた場所をキャンセルして。。。。
「ここがいい!」とわがままなことを言ってしまいました。

主催者の伊藤さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。

ここなら ハーブがいっぱい自生しているし、
あたりまえに・・・
身近に感じられます。

ただ、訪れるだけでも楽しめます。

そしてさらに。。。
そんなパワーの自然のエネルギーあふれる場所で
ヒルデガルトの愛や智恵をシェアしたいなと思うのです。


内容は

午前中は ヒルデガルトのハーブのある暮らしと食卓がテーマです。

午後は  ヒルデガルトの花と宝石の癒し 健康と美しさについて。

ドイツからも、ハーブやいろんなものをお土産でもって帰ります。
そして ヒルデガルトの愛をたくさん、分かちあいたいと思っています。

みなさんにお会いできるのを心から、楽しみにしています。

あと若干名のみ受付可能になってきているようです。
お早めにお申し込みください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


image


引っ越した先の小さな庭の・・・・とてつもなく大きな胡桃の木。

やっとこさ、すこしだけ 散髪してもらいましたが、
これも まぁ、不思議な物語だったので、また今度 お話します。

毎日 窓辺からくるみの木を見ていると

いろんな物語があるのです。

image

なんか、さいしょは、うっとおしいな、と思っていたけれど・・・

実は この くるみの木がいろんな存在と

私たち家族を結びつけていってくれているのかも・・・

なんて思います。

朝、鳥たちはくるみの木に遊びにきます。

雨上がりは、きっと 虫や餌があるみたいで、いつもより鳥の種類も数も多いです。

と、いっても ふらっと みなさん、来られるんですが。

雨の日も、雨宿りにもきているなぁ。
寒そうに、じぃ~~~~と木の枝にとまって、雨がやむのを待っています。

アムゼルは、朝いちばんに、美しい声で 
静けさに満ちた広いそらに向かって歌っています。

つぐみも、ちょん、ちょん、 オレンジ色のチョッキが可愛い。
ちょっと 怖がりみたいなので 控えめなところも、また愛らしいのです。

コールマイゼも歌いながら、枝から枝へと飛び移ります。

こちらは友人と、そしてパートナーと仲良く 元気いっぱいで 庭中が公園と化して、大喜びではしゃぎまわる子供みたいで大忙しです。

あとは、かけすくん。

バサバサとツガイでやってきて、なにかを探している様子。

昼前には 鳩もやってきます。

そして・・・・まだ種類も知らない鳥も・・・名前、調べよう。

黒っぽいりすくんは、時折 忙しそうに 木のてっぺんまで 登っていきます。

忘れ物かな??

もう、くるみはないけれど。

ちょこん と 不思議そうに首をかしげて、窓を覗き込んでくることも。

毎日、いろんな 仲間がやってきて、くるみの木は幸せそうです。

くるみの木は けっこう繊細で、でも100年以上は実をつけるそうです。
この木は約30年、しかし・・・・3階建てくらいの大きさがあります。

わたしの仕事場兼サロンからは、このくるみの木がよく眺められます。

くるみ・・・というのは、パラケルススの象形薬能論
(その形ににたものがその形ににた臓器などおを癒すという考え)によると。。。

脳にいいのだそう。

くるみって、おいしいし、脳にもいいのか。。。

今は、まだ新芽が出ているだけなのですが、大きなくるみきの木に家が
くるまれているような気分です。

こどものころ、くるみ って言葉の響きが好きでした。

みるく、とか、くるみ ってなんだか優しくて、温かい くるまれているような語感。

おくるみに包まれている赤ちゃんみたいなな、そんな ほわっとした心地よさっていいですよね。

このお家を訪れる人たちが、なんだか 優しく、くるまれるような気持ちになって、
幸せになれますように。

そんな空間にしたいなぁ・・・・と くるみの木をみていて 感じました。

これから夏にかけて、このお家もくるまれていくのでしょう。

ありがとう、胡桃の木。

これからも、まだまだ くるみの木の物語はつづきます。

「ドイツの森」といっておりましたが、改め  

ドイツ・くるみの森  こっちのほうが、なんだか 可愛いイメージですよね。

ドイツの森って、ちょっといかつい。

さて、あなたも ほんわり、くるまれに来てみませんか?




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一時帰国して、ホメオパシーレッスンをします。

7月22日(金)10時~17時まで。 お早めにお申し込みいただくとお得です。





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。