田舎モンが街に出た

12年に渡るアメリカ田舎暮らしを中断し、都会にやってきた3児のハハがヒマな日常を語る


テーマ:

ダンナの職場で主催された
女性のリーダーシップシンポジウムなるものに
参加してきたびっくりびっくりびっくり
 

(写真撮ってないので、

こないだ食べた塩サバ定食ですがどうぞ)


ダンナの立場
奥さんもこういうものに顔を出すのが望まれていたりする
(まぁサクラ的な?)*さくら**さくら**さくら*
ダンナに恩を売るために出かけるワタシニヤリ
 
実際は似たような立場の奥様達とつるんでるだけなんだが

ワタシらの周りにいる人たちは
ほとんど現職軍人か軍属で
バリバリ働いている方ばかりで
ちょっと場違いのような~~~ショボーン


しかもダンナは出張中だったりするので
後で内容を説明するために
真剣に聞いていないといけない
ちゃんと居眠りせずにいられるだろうか・・・zzzzzzzzz
 
と思ったら、これが思ったより興味深かったのである
(ワタシがこう思うんだからよっぽどだよね)
 
今回の基調講演者は

 

リズ・ワイズマン氏(Liz Wiseman)
元オラクル社の重役であり、17年に渡ってオラクル・ユニバーシティのバイス・プレジデントとして、グローバル・リーダーの養成に携わる。現在は、シリコン・バレーに本社を置くワイズマン・グループの社長として、世界各国でエグゼクティブ向けにリーダーシップを教える。著書に"Multipliers: How the Best Leaders Make Everyone Smarter, Harper Business" がある。
https://jinjibu.jp/article/detl/eventreport/948/2/より引用)
 
この著書”Multipliers”(倍増させる人)の内容からのスピーチだった
 
大筋はこの上のページで簡単に説明してあるのでここでは省くけども
一口に言ってしまえば
 
どういうリーダーが部下の才能を引き出し
より良い結果を導き出していくか
 
っちゅーこってある
 
やっぱりあちこちで講演をしている人だから
あちこちにユーモアを入れ込んで
聞いていて全く飽きない
90分と言う講演時間だったけども
あっと言う間に過ぎて行ってしまった
 
 
何が面白かったかと言うと
 
使える部下を育てる技術や知識は
子育てにそっくりそのまま使えるということポーンポーンポーン
 
(ワイズマン氏は4人の子供のお母さん)
 
このテクニックを使えば
自分で考えて問題を解決し
新しいアイデアを探り出すことが出来るコドモを
育てることが出来るっっっパチパチパチパチパチパチ
 
いやまぁそのコドモの地アタマっちゅー問題もあるけど
可能性は伸ばせるということで
 
ああもっと早く知っていればなぁ
と思うと同時に
いい親って言うのは
既にこのことを無意識に行っている
とも思えた
 
偶然その前の日にTVジャパンで
「奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~」の
ハンドボール(前編)が放映された
 
そこで全く同じものを見たんである
 
やっぱり「叩いて教え、結果的に潰す」コーチより
「褒めて伸ばす」コーチのほうが
モチベーション、スキル共に高まりやすいしな
 
日本の熱血系はもうあまり通用しないのね
 
叩かれた悔しさをバネに成長する子どもやプレイヤーや社員は
ごく一部のはず
としたら親、コーチ、リーダーとしてのパフォーマンスも
全体としてみたら悪いに違いない
 
ワタシの親はどちらかと言うと毒親に属するタイプだったので
それを反面教師にしたいと思いつつも
やはり育てられたように育ててしまう
ワタシの親がしたような反応をついついしてしまうえー?えー?えー?
よっぽどの意識改革が必要
 
子育て始めて既に23年以上経って
やっと自分のスタイルを客観的に見れるようになった
もう遅いやんか、と思うことも多いけど・・・
 
大ボケブラザーズはもう大人
だけどまだ子供っぽいし
プーはまだ13歳
あと少しこの技術を活用できる期間がある・・・かもしれない
 
今のところワタシが余裕で倍増できるのは
ヨーグルトのカビくらいなんだが・・・ゲローゲローゲロー
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

サンフランシスコ・ベイエリアの学校には
スクールバスがほとんどない
 
みんな歩いて通えるほど学区が小さいからである
 

(ツンデレのトム子さんは膝の上には乗ってこないが

何気にワタシの近くにいるのが好きである)


うちの学区はマジでスクールバスがないので
遠足なんかの時はちょっと離れたスクールバスのある学区から
借りて来ないといけなかったりする
 
前のところは小学校区でも
端から端まで車飛ばしても20分はかかった
 
放課後はスクールバスで帰宅
その後はよっぽど近所でない限り
友達と遊ぶには親に車を出してもらうしかない
公共の交通機関などないのである
 
そして前もって親同士連絡を取って
どちらかの家で遊ばせてもいいか話し合わないといけないから
面倒臭くてなかなか実現しなかったりする
 
プーの新しい学校もみんな徒歩または自転車通学
路線バスも走っているので
ちょっと遠い子はそれに乗って通っている
 

(ツンデレのトム子さんはゴロゴロとすり寄っては来ないけど

機嫌がよろしいと肉球を触らせてくれたりもする)


今の学校に通いだしてプーが何が嬉しいかと言えば
放課後に友達とつるんで遊べること
 
ちょっと歩いて近くのショッピングセンターに行って
ピザやスムージーなど買い食いしてみたり
友達の家に遊びに行ってみたり
プーはちょっと特殊で越境入学しているので
ワタシが車で送り迎えしなければいけないから
一度帰宅してから遊びに行くと言うのは無理
一応事前にテキストしてもらっている
 
お小遣いが買い食いで消えていくが
ここにいる間は仕方ないかな~
自分で使い道を決めるのがお小遣いだし
 
でもこういうのって
なんか日本では当たり前の光景だよなぁ

(ツンデレのトム子さんはたまに

モサ男にちょっかい出してみたりもする)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



(朝しか陽の当たらない白い椿

やっと蕾がほころんできた)

 


オレンジ親父の健康保険法案がなかなか議会を通りませんねニヒヒニヒヒニヒヒ
 
オバマ前大統領の健康保険法案を廃止・置換するって
公約した議員たちが躍起になって通そうとしてますけど
 
最悪だとか言われたプランを
更に酷いプランで置換されても
国民は嬉しくないのでは?ゲッソリ
 
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 
 
学校の春季スポーツ(部活と言っていいのかな)で
陸上をやっているプー嬢ランニングランニングランニング
 
こいつはどうやら形から入るタイプ?
 
スポーツバッグとランニングショーツが欲しいというのだが学生鞄
一緒に買い物には行きたがらない
最近欲しい服はネット通販で買っている
外食も好きじゃない
ヘンに出不精なティーンエイジャーであるぼけーぼけーぼけー
 
昨日は部活の後ウクレレのレッスンまで時間があるので
買い物に行こうと誘ったのだが
友達と遊ぶからと断られてしまった笑い泣き
 
かと言ってワタシが勝手に買うと
気に入らないと言って使われずに終わってしまうことが多いので
この次の機会を待つしかないのである
 

(そして2日後、少し開いて来たぞ!!!)


大ボケブラザーズ達も高校に入ると
ワタシが買ってきたものはイヤだと言い出した
 
ヘンなTシャツが好きだからヘンなTシャツを買ってくるとTシャツ
(イチローが着てそうなヤツ)
「これはちょっと・・・」と着てくれない
どこがどう違うのかハハにはわからん
 
大ボケ兄の趣味はスケーター系と言うのかスケボー
カジュアルなタイプスニーカースニーカーキャップ
昔はTilly'sと言うワカモノ向けのお店で買ってやっていたが
今は服も自分持ちなので
もっとお安いH&Mが主流のようである
 
お金をかけるのは好きなバンドのライブで買うTシャツ
超マイナーなバンドばかりだが
昔自分のバンドグッズを売ったりしていたから
そう言うのは協力したいのであろう
 
(協力と言うか同情と言うか
自分もウェイターで苦労しているから
外食するとちゃんとチップをあげるようにとうるさい)
 
小ボケ弟の趣味はもう少しプレッピー
ビンボー学生のくせにいまだにブランドに走っている
 
まぁ買い物するのはほとんどアウトレットのセールだが
Ralph LaurenとかNauticaが好きらしい
たまにBrook's Brothersからセールのお知らせが来たりするスーツ
 
夏バイトの給料が入る時にゴッソリ買っているようだ
なので冬の間食べるものを買うのがやっとというくらいsei
チマチマと暮らすことになる
キリギリスのようなヤツであるきりぎりすきりぎりすきりぎりす
 
しかしコイツもチップは何故かはずむ
$15の散髪に$10のチップをやる人間が
一体どこにいるというのか札束!
 
それで母ちゃん金ないんだけどと言われても
ワタシは知らない
 
ハハはもうすでに半年以上
美容院になど行っていないのであるから真顔
 

(翌日、ぱっか~~~~ん!!!)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



(お行儀のよいオノコは

ちっこは座ってするでし)

"Let's speak English!"
 
皆さんこんにちは
 
英会話のお時間です!!
 
今日は誉め言葉をお勉強していきましょうね!
 
 
ではお手本です
 
"Hey, you have some nice cake!"カップケーキチョコカップケーキバースデーケーキショートケーキ
 
意味は「あら、そのケーキ美味しそうね!」
 
 
 
・・・ではありませんよ
 
「いいケツしてんね!」
 
だそうです
 
こんなん知らんがな・・・真顔真顔真顔
 
 

(ちっこしたらきちんと拭くでし)


6月にバレエをやめてからろくに運動してなかったプー嬢ですが
友達に誘われて春季は陸上をやることに決めたそうな
 
小学校では毎年2キロレースで大体上位に入っていたので
走るのは苦手ではないはずだが
 
何の種目をやりたいの?と聞いたら
 
ん~やり投げか砲丸投げか
幅跳びでもいいかな~
 
ってそっちかい
 
でも腕の筋肉とかまったくなさそうなんですけどね
 
で練習中に高校生の女の子から
上のセリフを言われたんですとカップケーキ
 
中高一貫だから部活も高校生と一緒で
だからもう高校生みたいな態度を取りたがります
 
中学生は高校生と区別するために制服なので
そこまでオシャレとか出来ないけど
 
お化粧は我が家は禁止してるのに化粧品アイシャドウ口紅
こっそりマスカラだけつけてやがります付けまつげ目
 
制服と言っても黒かカーキのズボンと
学校指定のTシャツか白いポロシャツって言う

私服より安上がり
 
カーキは嫌がって黒のスキニージーンズ穿いている
 
スキニーだからパッツパツで
パンツの線が出るのが嫌だそうですチーン
 
「だからThong(Tバックのパンツ)買って!」パンツパンツパンツ
 
 
せっかくカーキのズボン買ってやったし
ダボダボなんだからそれ穿いとけや!!!ムキー
 
 もう頭の中オシャレの事ばっかりだよ・・・
 

(トム子しゃんと日向ぼっこするでし)
 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

小ボケ弟20歳、大学2年生

 

無事希望していた大学に入れました

 

1学期目はまぁまぁの成績で終了し

この先も大丈夫かな?と思っていたら

やってくれやがりました

 

成績ズタボロなためAcademic probationポーン

つまりこれ以上成績下がったら退学してもらうよ?

ってやつですよ

 

この先どうするか???

ダンナとワタシで意見が分かれました

 

ダンナ

さっさと見切って入隊させるムキームキームキー

 

ワタシ

もう1学期だけ猶予を与えて挽回できるか見る

 

 

あら?母ちゃんちょっと優しいじゃないの!!!ウインク

 

てかね~大ボケ兄も似たようなことやってくれてますからな

一応そこは平等に扱わないとヤバいでしょ

 

本人も楽しい学生生活を諦めて入隊はイヤなんでしょ

心を入れ替えて次から頑張るから

父ちゃんを説得するのを手伝ってくれというので

なんとかダンナを説き伏せました

 

そして2年目の1学期はなんとか納得のいく成績を取り

今学期も頑張っているみたい

 

しかしうちのバカ息子らはなんでこう

痛い目を見んとわからんのじゃろうのう???ガーン

 

最初からちゃんとやっておけば一番楽なのに

 

まぁそう言われながら人生を送ってきたのは

ワタシなのですが・・・滝汗滝汗滝汗

 

なんでダンナに似たのが一人も出なかったのか不思議

 

もともと希望していた専攻はアスレチック・トレーニングなのですが

成績を落としてしまったためにこれは無理になり

今は同じ衛生学部の病院運営を専攻しております

 

ここは副専攻として経営学を取らないといけないので

就職には有利かな

 

Derek Pearson

 

(小澤は左、右はタイ人とのハーフ

衛生学部のユニフォーム・・・じゃないですよ

タダのハロウィーンのコスチュームです)

 

しかしながら小澤な小ボケ弟は

青春を謳歌しておりますですよ

 

ハマっているのが筋トレ

大学に入ってから15キロ近く筋肉で増えた

 

パッツンパッツンですアセアセ

 

身体を鍛える理由はと言うと

 

夏にウォーターパーク浮き輪でバイトしてるからですゲラゲラゲラゲラゲラゲラ

 

お姉ちゃんたちビキニサングラスの視線を惹きつけるのに必要だそうです

 

 

(これはバイトで一緒のおねえちゃん)

 

ここでのバイトも今年で4年目

バイトと言いながら毎年昇進してます

 

1年目は普通にライフガード

2年目はディープウォーター波の資格を取って

深いプールの監視が出来るようになった

 

3年目はエリアのサブスーパーバイザーとして

その区域のライフガード達を管理するようになり

 

今年はその上のポジションについたのだとか

 

とりあえずは時給が上がるだけですけどね

 

ワタシはもし大学がダメになったとしても

こっちの方を職業としてやって行けるんじゃないかと思っとるんですよ

 

だって親会社は全国規模でアミューズメントパークを

経営してるところですもんうお座

 

こういうバイトのポジションから始めて

上に登って行った人も多いらしいです

 

もちろん大学卒業してたらもっと有利だろうけど

 

去年別のパークのイベントおばけハロウィンに駆り出されていった時に

列に並んでるお客さんと話をしていたら

その人が大きな製薬関係の会社のお偉いさんだったようで

自分の専攻の話をしたら

じゃあインターンやる時には連絡して、と

名刺頂いたそうな

 

チャンスはどこから来るかわかりませんな

 

アフォな大ボケ兄弟ですけど

親も認める働き者ですんで

そこは誇りに思っとります

(あ、ここはダンナに似たのか・・・)

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。