絵本スタイリスト

  (社) JAPAN絵本よみきかせ協会 代表理事


          景山 聖子



  ■ オフィシャルサイト
       http://www.kageyama-seiko.com/


  ■ (社)JAPAN絵本よみきかせ協会 Official Site       
         (社)JAPAN絵本よみきかせ協会

     http://www.japan-ehon-yomikikase.com/



  ■ (社)JAPAN絵本よみきかせ協会 Facebook

       こちら



テーマ:

今度の土曜日が4月開講のマイスターの皆さんの最終回となっています。

現在宿題に「クシュラの奇跡」を読みましょう、というのがございまして

 

「今、3分の1~ラストスパート!」という感想も聞けて、

本当に真面目に取り組んでくださることにありがたいなと感じている朝です。

 

 

さて、次の10月期の「絵本よみきかせマイスター」の募集は終了している

(次回は2017年4月開講・日程1月発表)のですが、

昨日広報からのまとめての報告を頂き、少し驚いたことがありました。

 

ご受講希望一覧に、福岡・徳島など遠方の方がいらっしゃるのです。

 

徳島のかたの文言は昨日拝見させて頂いたのですが、頭がさがる思いでした。

ありがたいことです。

ありがとうございます。

 

遠方と言えば、青森のNHKで講座をしていただいているマイスターのSさんから

昨日ご連絡があり、

 

NHKだけでは全然足りないので、

個人開催をしてゆきたいのですが良いでしょうか?とお問い合わせを頂きました。

 

現状を伺い、色々な「今」が見えてきます。

 

絵本はそれだけで力があるのですが、

「読み聞かせ方」も大きいと感じています。

 

「絵本なんて効果なかった。絵本はあまり興味を示さないよ。」とお話しする前に

「読み聞かせ方」を知ってもらえたらなと感じています。

 

青森では、Sさんの読み聞かせ方と、講義から

そこに気づいたかたが増えてきているということなのかもしれません。

 

Sさんは、主婦道一筋でしたが、震災の東北を身内を通し体験し、「絵本で何か」と考え

東京の講座に通って下さいました。

 

物は復興してゆきますが、心の痛みは日に日に深くなるという現状を今、感じているのだそうです。

 

「何をしたいのか?」ここが大切なように感じます。

 

言葉で何を話していても、少なくとも私は私なりに「本心」を感じ取ります。

 

Sさんは、今真剣に、自分を生かしながら誰かのためにを考えていらっしゃるので、

機会が増えているのでしょう。

 

誰かの為を考えることが自己実現を容易にするとお考えの方は、

そちらがよく伝わってくるのでうちの協会には向かないと思います。

 

広報も私のこの考えを知っているので、すべてはそこからご連絡をしているようです。

 

「小さくていいから、確実に伝えたいこと」があります。

 

でも、大きくなってきてしまっているので、質を保ちながら広げる良い知恵を生み出すときになっているようです。

 

私が幼稚園生のとき、伝言ゲームと言うのをしたとき、

最初が「ぞう」だったのに、最後に伝わったのが「ありのあんよ」でした。

 

どこで、どうなったのやら?

あまりに、変化が衝撃的だったので、いまだに良く覚えています。

人が入ると、このようなことが普通に起こります。

 

だから、広がるときは知恵が必要になってきます。


スタッフを増やさなければいけません。

信頼できる人でないといけないので、考えないといけません。

考えることはいつも山盛りです。

 

 

福岡のかたも、お話し会で弊会の話題がでてご応募くださったというので

驚きました。

 

少しづつ少しづつと考えていた活動。

これからも、それでいいと思います。

 

どうしたら、確実に伝えてもらえるのだろう?

 

「ぞう」は「ぞう」のまま伝えて下さっているSさんに感謝した昨日です。

 

DSC_1277.JPG

「クシュラの奇跡」ドロシー・バドラー著(のら書店)

※未来を考えられないほどの複雑な重い障害をもったクシュラが、絵本により生きてゆく

 未来がひらけてゆくドキュメント。

 絵本の力だけではなく、その「読み聞かせ方・接し方与え方」がカギであることに

 気づく人もいるかもしれません。
 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 

我が家の電車おたくくん

成績がいっきに4クラス上がったので本日は遊んでいます。

 

 

一時的なものとわかっているので、母はその間にこちらを用意・・

 

畳半畳ほどの大きさの日本地図を壁に貼りました(#^.^#)

DSC_1342.JPG

地理の知識をここに集約してゆくのです。

ひとつ見たら、お芋のように色々なデータがくっついている状態を・・。

 

長期記憶ができます。

 

1192年 鎌倉幕府が、「いいくにつくろう」で暗記すると、1回で長期で暗記できるのと

同じですね。

 

彼には、時間がないので、今まで積み重ねてきた人が6回で記憶を定着させるところを

最短でできたらなと、母の工夫です。

 

 

歌で覚えたり・・いろいろですが、視覚情報が一番です。

 

塾の先生が、だめだめな成績を見つめながらも、

中学受験には、「まさか!」が存在すると教えて下さいました。

 

「前向き」などの言葉は、あまり好きではないのですが

 

1点決めたら、しのごの言っていないでそこだけ見て突っ走れる男の子は、

かっこいいかなと思えます。

 

ダイハツの前会長がこんな言葉を話していたのが浮かびました。

 

中途半端に取り組むと、「愚痴」がでる。

真剣に取り組むと、「知恵」がでる。

 

地図・・家のインテリアの景観が悪くなりましたが(笑)、私の知恵です。

 

来月あたり・・・年表も加わっていたりして・・・?

 

親子の足並みが、そろい始めました・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日から、個人のお仕事で

「絵本スタイリス」トとしての活動を始めます。

 

 

絵本スタイリストとは、

 

絵本を、ライフスタイルに取り入れるご提案をするお仕事です。

 個人から行政・企業まで幅広く・・・

 

 

 

わくわく・・・・照れの初日です。

 

 

 

DSC_0907.JPG

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

セラピスト講座の中での私のトレーナーとしてのお仕事は、

その人の一番小さな「最初のドミノ」がどこにあるか

一緒に探すことだけです。

それだけなのです。

そして、倒すのは「本人」です。

セラピスト講座のご感想第3弾の「とり」は、

一番変化があったかたです。

新しい自分を、これからも「自分の力」で輝かせてゆかれると信じております。

それでは感想です。

 

DSC_0456.JPG

絵本よみきかせセラピスト講座を受講して

大須賀 尚子

 

 

「絵本よみきかせセラピスト資格認定講座」を受講して実現したい3つの目標がありました。

 

1つめは、私自身が、自分に自信をもって人生を増々楽しめるようになること。

 2つめは、自分の感情は自己解決し、周囲の人によい影響を与えられるようになること。

3つめの目標を実現するには、まず、自分自身を満たす必要があったのです。

 

講座を受けるまでの私は、日々自分の感情の取り扱いに翻弄されていました。

誰かのメールの内容に、カッとなったり、そんな自分に落ち込んだり。

誰かのちょっとした表情の変化に、勝手に傷ついたり、再び落ち込んだり。

そんな私に、景山先生は、様々な課題を通して、本当は変わりたいと思っている私の最初のドミノを倒してくれました。

 

ドミノが倒れた後、私を待っていたのは、たくさんの“気づき”でした。

自分の価値観(マップ)と他の人の価値観は、別々に存在していることを知った私は、むやみに自分を責めたりしなくなりました。どうしても対処しきれないときのためには自分で作った自分を客観的な他人としての視点で見られるようなる「○○ちゃん」日記も手に入れました(笑)

              IMG_20151218_161647.JPG             (講座卒業試験風景。深い心理の実践を本気でマスターし、まず自分を満たし常に今の自分は充分であるという位置から、その上で人に貢献する人になり、「大好評」で合格となりました。今もさらにと言う気持ちで正規セラピスト目指し100時間の実地を学び続けている信頼できる弊会の準セラピストです。)

そうやって、自分自身をメンテナンスしてでも、実現したい目標。

それは、一人でも多くの人に、絵本の持つ“ちから”や使い方を、自分の言葉で分かりやすく伝えられるようになるということでした。

なぜなら、私には、確かに絵本に救われた……と感じた不思議な体験があるからです。

 

講座が終わってから、もう半年。

まだまだ目標実現までは、道半ば。

 

それでも…

変わり続けるために、あとひとつすることがあるとしたら、それは?

 

誰かと比べたり、評価を気にしたり、完璧にやろうなんて考えずに

これからも、いつでも、Enjoy!の精神で楽しみながら、夢を実現していきます。

 

    IMG_20151218_175303.JPG

 

       子どもと大人の可能性を同時に開くよみきかせを全国へ

             (社)JAPAN絵本よみきかせ協会

 

         9月開講 絵本よみきかせセラピストコース募集開始

           詳細はこちらhttp://www.japan-ehon-yomikikase.com/course/      

           (定員10名 2名決定、審査あり。満席になり次第終了、

                   来年へのキャンセル待ちをなります)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

              本日は、協会のイメージキャラクターのうさちゃんの

       お打ち合わせでした。

 

       DSC_1256.JPG 

 

実は、こちらの「くものうえのハリー」の城井文さんが考えて下さることになり、

わくわくなのです。

            上野の森 くものうえのハリー

      (※大ヒット中です・・。よろしかったら大人の方、お読み下さいね)

 

「うさちゃんマークの協会」へ・・・・

お楽しみにニコ

 

         DSC_1255.JPG

渋谷ヒカリエでの午後です・・・。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

我が家の電車おたくくん

 

今の夜の寝る前の読み聞かせは、

絵本ではなく、社会の公民のテストの時間になっております・・。

 

「社会保障を説明してね」

 

「アフラックと・・・」

 

「本気で言ってる?それ民間保険だし・・」

 

「本気で言ってる・・」

 

ここなのか・・・びっくり今、まだ、ここなのね・・・えーん

思うと頭が痛くなってきます。

 

なんだか・・・ヘレンケラーに出会った頃のサリバン先生の気持ち・・ガーン

 

国語以外の、算数・社会・理科の3重苦・・・

 

今、今年の後半のお仕事が決まる時期で

ありがたいことに多くの「講演」のお仕事のオファを頂いている。

 

講座ではなく講演なので200名は超える単位のお仕事で

伝える方法、伝える内容が普段の講座と変わってくる。

お受けさせていただくと、気持ちがそちらに集中する・・・

 

本格的なショーとしての、スタッフが全員主催者側である、

読み聞かせパフォーマンスのオファを頂けていた。

久しぶりに考えていたのだが、

やはり決めるとそちらに気持ちが向く・・。

 

今年の始め1月に、2016年のテーマを決めた。

 

「2016年が、今までの人生での最高の1年になるとしたら?何を実現するか・・?」

 

それを想うとこんな選択になった。

 

夏前までは、もうめいっぱいで動かせないが、

後半は講演は残念だけどすべて見送りお仕事を減らし、

何をするわけではないけれど、いつも見ていてあげたい。

 

塾へ行く前に、大好きな、たらこおにぎりのひとつでも作って、送り出しあげたい。

 

その分、来年お伝えする「最高の台本を仕上げておく」・・。

でも、チャンスはもう来ないかもしれないね。

望んでいただけるときがタイミングだから・・・、

そしてタイミングは大切だから・・・・・。

 

だけどね・・・。

 

大丈夫です・・・

 

だって、母親になってからは、この繰り返しだからニコニコ

 

 

だけど、今、このときに辿りついている。

 

 

母親になったとき、美空ひばりさんの「川の流れのように」の歌が心に響いた。

 

 

愛するものと手を携えて 川の流れのように・・柔軟に変わってゆく

 

今年の後半は、サリバン先生になる・・キョロキョロ

 

それが、2016年を最高に過ごすとかんがえたときの

わたしの心の答え・・。

 

今度は、どこへ流れつくのか・・

楽しみに流れていこう・・・照れ

 

出逢う景色は、必ず、今よりさらに幸せを感じる所ビックリマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

      絵本よみきかせセラピスト講座ご受講の方のご感想 第2弾は、

         第2期 ベスト・オブ・スクリプト賞 受賞の

                和泉英里さんです。

     

        DSC_0675.JPG

    

彼女が大切にしている言葉がありました。それは・・・「星の王子様」の一節。

 

           一番大切なものは、目では見えない。

 

    現役のカウンセラー・セラピストのえりちゃんが、絵本の力を得て、

    さらに、絵本での自分の癒し方も知り、さらに優しくはばたいてゆきました。

    私は、依存をつくる気がないので、時には必要だと感じた時に、

    本人にとっては意地悪に感じることを言います。

    それは、数年後の華に繋がることが

    信じられたときに伝えます。

           一番大切なものは、目では見えない。

 

      一番大切なものは、心が判断してくれます。

     人生のすべての出来事が、実は彼女のセラピストとしての

     「才能」になっていると感じた凄い人でした。

     自分で創った90分の卒業試験ワークショップも

     研ぎ澄まされたものでした。

     私は、彼女のカウンセリング・セラピーを高いお金を払い受けたいです。

     では、感想です。

 

 

 

私が参加した絵本読み聞かせセラピスト講座の第2期は、秋の開催でした。

講座を受講し終えるのは年末の頃、

その時に「クリスマスのイルミネーションをどんな気持ちで眺めているだろうか」

そのような想像から講座へと入っていきましたので、

まだ知らない世界を覗くことに期待が高まりました。

 

絵本を使ってセラピーを行えるようになる事が目的の講座ですが、

講座を受講していく中で自分へのセラピーも進んでいきます。

 

DSC_0661.JPG

人生の中で、「自分自身と向き合い、癒しを与える」という数少ない機会が生まれること、

そして景山先生という素晴らしい指導者のもとで心を扱った勉強ができることは豊かな経験となりました。

 

DSC_0601.JPG

(傾聴トレーニング中。現役はさすが・・でした。)

 

景山先生の人の心を扱うお姿勢や講座で学んだことは

私のセラピストとしての仕事に活きています。

 

同時に、世代も環境も違う仲間と過ごした時間も、貴重な財産となりました。

 

                                        和泉 英里

 

        子どもと大人の可能性を同時に開く読み聞かせを全国へ

           第3期 絵本よみきかせセラピスト  9月開講・募集開始 

        詳細はこちら:http://www.japan-ehon-yomikikase.com/course/

 

    ※一人一人の人生を扱う空間であるため審査あり。すでに、2名審査通過決定。

     一人はこの講座を受けるために東京にとどまった方。

  もう一人は、石川県からこの資格で実際のセラピーを今後の人生をかけて行うという方。

            

               この期は、人生のターニングポイントを、

                   「希望」を持ってむかえ、

          人生の階段をワンランク上がることを決めている方を

                   お待ちしております。         

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第2期 絵本よみきかせセラピスト・アソシエイツの

ご受講の感想 第1弾は、

「橋本ゆきこさん」です。

DSC_0630.JPG

彼女に初日につけた謎のあだ名とは?(笑)。

「修造さん」でした。松岡修造さんのことですね(#^.^#)

彼女は、心に熱いものをとても持っていて、

飛び立ちたいのに、人の敷いたレールを正確に歩いていました。

それが、ある会話でわかったので、修造さんとなりました。

 

美女に男性の名はかなり最初驚いたと思います。

とてもお仕事のできる人で、講座後は転職をし、今は専門の会社で読み聞かせの講師をして全国を飛び回っているそうです。

熱い自分を生きているそうで、とても嬉しいです。

それでは、感想です。 

 

                  IMG_20151102_085848.JPG

絵本よみきかせセラピストって何だろう。

何の知識も無い私でしたが、この講座が気になり、丁度絵本のよみきかせに興味を持ち始めた時期だった事もあり応募しました。

 

まさか、こんなにも自分を変化させるきっかけになるとは、思ってもいませんでした。

講座を受けるまで景山先生とは面識が無かったのですが、

お会いしてすぐ、謎のあだ名を付けられました()

その意味は、講座の最後に知る事になります。

自分の当たり前が人の当たり前ではないこと、それはよくある事だと知ってはいましたが、

自身の言動一つ一つに人とは違う意味があるのだと、景山先生の言葉を通して痛感しました。
景山先生の人を見抜く力は圧巻です。そんな先生の下、私は今まで一度も考えた事の無かった「本当の自分」を知る事になりました。 

 

人と向き合うにはまず自分から、私はこの講座を通して、自分を知る事の大切さを学びました。そして、多くの人に同じ体験をして貰いたいと思い、未熟ながら、少しずつセラピーを実践しています。

    (最終試験の模様。たくましく艶やかに成長された橋本さんです)                        DSC_0722.JPG
今思うと、講座を受ける前はレールの上を歩くように物事を考えていたように思えます。

今は、自分の心、そして他人の心を一番に大切に思うことを心掛けられるようになりました。
本当に、ありがとうございました。

                                     橋本ゆきこ

 

         大人と子どもの可能性を開くよみきかせを全国へ

            (社)JAPAN絵本よみきかせ協会

 

第3期 絵本よみきかせセラピスト 募集が始まりました。

     詳細は下記をごらんください。

http://www.japan-ehon-yomikikase.com/course/therapist/

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

絵本よみきかせマイスターのお二人が、詩吟のお家元主催のイベントにゲストとして

出演されました。

 

詩吟と薩摩琵琶と絵本のコラボは、「安寿と厨子王丸(講談社)」「石童丸」などの時代物の

お話とよく合っていました。

DSC_1246.JPG

 

おしゃれな絵本は、ワインとも合います。

 

大人同士の読み聞かせ会を「楽しかった~」と、

満たされた気持ちで終わらせてゆくコツは、

 

どうしても子どもと違って

大人は「上手いことが良い」という判断があったり

「心の中での批評・品評会」が必ず行われるので

その思考がストップする最初の案内が大切です。

 

人生、日々思考は比較・・・

読み聞かせの空間くらい、お互いがお互いであることをそのまま認める空間で

あっても良いのではないでしょうか・・。

 

下手でいいんです。

その人間が出ることが、人の心に響きます。

 

下手でいいなんて、何いっているの!と、思われる方もいらっしゃいますよね。

そんな方へ

もし、上手さを追及するのであれば・・こちらがその方法です。

 

毎朝1時間の発声トレーニングから始まり、時間があれば文章を常に表現、子どもと会えばその場で心打ちとける個人練習ほか、

ナレーション・朗読・演技・演芸・アナウンス技法を人からお金を頂けるレベルでマスターし、

一度「型」を学び型にしっかり収まったのち、

その型を崩してそこから自分の個性を捜してゆく、見えないところでの日々の隠れた地味な努力でしょうか。

 

DSC_1247.JPG

(帰り道・・久しぶりに、高野のパフェ(#^.^#))

 

プロのかたが弊会にいらしてくださいますが、プロにはこの作業が求められるので、

そこで一度混乱されます。

なので、私の直接の知り合いか、現行マイスター・セラピストの推薦のかたで、協会のビジョンに共感して下さる方のみとなっております。

ご受講いただけない理由は、経歴ではなくこの理由なのです。

経歴はお名前はあげられませんが、本当に凄い方が最近お申込み下さいます。

テレビなので拝見し、個人的に凄いファンだったりして広報から伺った時、「え?会いたいな~(#^.^#)」とお話して、叱られることもあります。

 

わたしは、けっこう、どんぶり的なところもあって・・・さらに熱意があると、いいんじゃない?と

思ってしまうのですが・・。

 

広報の判断は冷静で、

「協会は方向を持ち統制していかないと崩壊します。ここは、個人のお仕事の戦う「武器」を増やすために来る協会ではありません。」と私が叱られるのです(涙)。

 

読み聞かせは、

人柄や人生で、単語ひとつの表現に違う味が出てくる空間で

素敵なことが起こっているように感じています。

 

弊会は、それを日本全体に起こしてゆく夢があります。

 

2年まえ、青森市の元教職員皆様の協会の

400名集まる大きなイベントにお呼び頂きました。

絵本の作品を2つ、朗読をひとつ。第2部で絵本の「本当の力」について

今回のお話を含めさせて頂きました。

 

80代の男性の元校長先生が終わってからの歓迎パーティで、皆さんの前でこんな代表スピーチをされていました。

 

「あの日を思い出しました。

教師になりたてのころ、毎朝、子どもたちに読み聞かせをしていた。

 がんばる子どもの話の時は、お前たちもいつか困難に出会ってもがんばれよという思いで

話し、がんばる!という物語の子どものそのセリフの時に心を込めた。

私は専門はどちらかといえば算数だったから、読むことは上手くはなかったが、生徒は私の周りに群がって、にじりよって聞いていた。

何十年もたち、その時の教え子たちが大勢言ってくれた。

あの毎朝の読み聞かせが大人になってからの私のふんばりどころになっています、と。

読み聞かせは、教育の知識だけでなく、人生をも学校で教えてあげられると思った出来事です。

80代、もう忘れられた存在かと思ったが、この80年の私の人生がまだある。

あの時から、さらに積み重ねている。

まだ、子どもたちに伝えられることがあるのではないかと、また、読みきかせを通し現役に復帰しようと思えた。」

 

いくつになっても、できることがあります。

どんな状況でも、伝えることの経験がなくても、できることがあります。

 

お仕事の武器にしようと考えている人は、広報機関がそれに役立つ別の団体をご紹介してるようです。

 

プロの皆様へ。

皆様の積み重ねた「努力」を私は知っています。

そのために、悩んだこと・我慢したこと・歯をくいしばったこと・自分で自分を励ましたこと・・。

私も経験しています。

最近、なぜかプロのかたのご応募が大変多いのですが、どうしてこの経歴で受講できないのかと不満に思われるかと思うのですが、

「基準」が上手さではなく向かう方向性となっております。

そして、今、同じ方向を協力して見て下さる「プロ」を待っています。

日本全体に、上記のような、もうひとつの選択肢を増やすことにお力を貸して下さるプロであれば、こころからお待ちしています。

 

そんなかたとの出逢いを心からお待ちしています。

DSC_1251.JPG

(新宿伊勢丹・・・本日夕食つくり・・・さぼらせていただきました(__)・・。わたしは、どんぶり勘定な人ですが、まわりの皆さんが誠実で真面目でしっかりされています。)

 

素敵な出会いをお待ちしています。

まもなく、第2期絵本よみきかせセラピスト・アソシエイツ3名の体験談を掲載します。

お楽しみに(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもへの読み聞かせで大人が満たされた気持ちになるのは、

絵本の特色もありますが、子どもはこの目で見ていない空間だということです。

 

「今日はどんな楽しいことが起こるのかな?」

そんな無垢なわくわくでいっぱいです。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。