日常という名の、非日常な世界


とても不条理で、救いなどなく、破綻した世界・・・


そんな世界を強く行きぬく若者たちを


痛快に描いたロマン大作!!









・・・・・なんてことはあるわけでもなく、でも決して嘘もついてない。



そんなわけで、お久し振りですスループです。

復帰するのに10ヶ月もかかろうとは誰も予想してなかったわけでw

とりあえず、今年も漫画ナツが開催されるってな訳で、折角だから復帰してしまえ!!と、重すぎる腰を上げた次第です。


そんな復帰第1作のレビューに選んだのが、この


「日常」



なわけでして、先日某サイトさんでべた褒めされてるのを見て、へ~なんて思いながら大して考えもせずに買ってしまったわけですよ。


それがもう大ヒットw


1話目の時点で


「これ、キタわぁ~にひひ


とか思ってましたしねww



しっかし、レビューがしにくいことしにくいこと・・・

やっぱり10ヶ月間のブランクは大きかったですね。


ってか、レビューやっちゃうと、明らかにネタバレになっちゃうし、後から読む楽しみがなくなっちゃいそうなのでここはあえてイメージのみをお伝えして、読者の皆様のイマジネーションをかきたてるという手に出ようと思います。



と、ゆ~わけで


「スループ的考察・日常」


イメージとしては、


「それでも街は廻っている」をベースに、

「あずまんが大王(大阪分)」+「ひだまりスケッチ(ミヤコ分)」+「ぱにぽに(ベッキー分)」+「GA(キョージュ+ノダ分)」


という、なんともカオスな感じになっておりますww


画のベースは「それ街(ギャグ・特に目)」と「あずまんが(普段)」ですかね。基本的にのほほんと・・・・・してるのか?


まぁ、読めば全て解決しますよww


うん。レビューサイトとは思えない衝撃発言を残して、復帰レビューを締めくくろうと思いますw


まぁ、しばらくはリハビリ期間ってことで、中途半端なレビューが続くと思われますが、まぁ気長に付き合ってやってくださいましね。



スループ評価=★★★★★

とりあえず、なんか頭にガツンと衝撃を受けた気分になりました。これが日常?え、それマジで言ってんの?HAHAHA勘弁してくれよハニーwとか、そんな感じですw

絵柄的にはけっこう「萌え」とかそういう方向に話を持っていきそうな感じがして買うのを躊躇ってたんですが、読んでみたら思いっきりズッコケ系のギャグだったのが予想外にスループ好感度を上げました。


SFC=笹原先輩

「ぬかしおる。」に、全てを持っていかれた感じですw子のタイプは中々新鮮ですねw

ゆっこもポイント高いですが、明らかに主役張る感じなので今回は笹原先輩を選びましたw

AD

世界のことは男に任せ

町内守れ、と頑張るぞ!!

身近な悪を懲らしめて、

これぞ正義だ小学生!!



 というわけで、今回は石田敦子作「わがまま戦隊 ブルームハート!」のサイン会に行ってきました。

 っていうか、行ったのは9日だったので、もう2日も前になってますね。石田さんに「ブログで書きますから!!」とか大口叩いてたのにこの体たらくであります。申し訳ない。



 「わがまま戦隊ブルームハート」は小学3年生の5人の少女で構成された「正義の味方」

 それだけだとよくある話なんだけど「世界を守る!!」とか、壮大な理念は男に任せて「町内を守る!!」と「どきっぱり」と言い切るところが面白いです。

 また5人の子供たちもそれぞれ個性があって、キャラ立ちもしっかりしているのも好感触音譜

 途中辺りから話が他の戦隊「ブラックブルーム」の登場によって5人一緒の物語から段々と個人個人の話にシフトしていく辺り、ただの勧善懲悪ものでもなさそうです。

 のちのちのレポ(?)でも書こうと思いますが、1巻の引きがとても気になる終わり方です。2巻が出るのが多分また1年後くらいになりそうなので、それだけが懸念事項ですね(笑)



スループ評価=★★★★★

とにかく2巻が気になります。そして、こんまま対立するのか協力するのか、っていうかどっちも博士の掌で踊らされてるのか、とにかく今後の展開に期待です。


SFC=山河ひまわり

今回サイン描いて貰ったキャラです。一番子供らしいというかなんというか、分かりやすいところが好きです(笑)


それにしても、戦隊ものっていうと、

「リーダー」「ニヒル」「デブ」「チビ」「女」

の5人組、っていうイメージが未だに抜けないので、そうなると誰が何処に行くんだろう?なんて考えてしまいます(苦笑)




それではここから先はサイン会レポということで・・・


時は10月9日。

つまり時系列的に言えば、水上悟志氏のサイン会翌日、ということである。

この日の大きな出来事といえば、某隣国が核実験などして放射能がど~のこ~のってな話である。


一方私スループは15時10分からのサイン会に備えて寝ていた。

起きたら既に3時。

焦って支度をしつつ、整理券番号が106だったことから、前半後半で100・100だろうと予測、間に合わないのならいっそのこと並ばなくてもよさそうな時間に行こうかな?などと不埒なことを考えておりました。


しかしながら、何の因果か自転車を漕ぐスピードが常人の3倍で「角は何処に隠したぁ!?」と赤い彗星に間違われるほどの私は何故か始まる前についてしまったわけです。まぁ、実際にはサイン会そのものが遅れて始まったわけですが。


そんでもって、今回も整理券番号順だと言うから、それなら即行じゃないかドキドキと、喜んでいたところなんの変化球か第2部は整理券番号50番からとのこと・・・


私の番号・・・106番・・・・・


こりゃぁ待たされるな、と思いとりあえず店を後にし「まんだらけ」へ


そこで、漫画と小説を買い、後はただひたすらに待つ・・・


そして、会場入り。

いつもは最前列以外は座って待っている感じなのに、今日に限っては全員立っている。


スタッフの人が「イラストを1点入れていただけますので~~」と言っていたので読み返す。

地味にハカセってのも面白いな、なんて考えてたわけですが当然の如く主役の5人からでした。そりゃそうか(以前高橋ツトム氏のサイン会で「ハチマキ描いてください」っていったら「覚えてねぇよ(笑)」ってなったのが微妙にフラッシュバックしました)


主役5人ならそりゃもうひまわりだろう!!ということで、即断でした。


そして待つことしばらく・・・


ようやく順番が回ってきました。



石田敦子さん(女性には氏は似合わない感じなので今回は「さん」で)はなんというか、とても気さくな感じで話しやすい感じの方でした。2人前くらいの人は広島カープの話とかしてましたし(笑)(石田さんは広島出身です)


私はとりあえずブログの話、というか恒例になりつつある長ったらしいハンドルネームの説明とかしつつ、どちらかといえばアシスタントの方と多く話してたような気がします。


そんでもって、上記の「引き」の話などしつつ、最後に「ブログで宣伝させてもらいますね~」とか言って会場を後にしたわけです。


そして、帰って来る頃にはすっかり疲れてて、すぐに寝ちゃったり、デジカメの充電が切れてて写真撮れなかったりと色々やってるうちに今日になってしまったわけです。


しかし、これで公約?は果たせたし心の仕えも取れました。

次回からはまた通常更新に戻します。

毎回この文量書いてたら絶対そのうち拒否反応出ちゃいますからね(笑)


というわけで、今回は石田敦子さんの「わがまま戦隊 ブルームハート!」をお届けしました。


サイン会本当にお疲れ様でした。

AD

地球をも砕く巨大な槌に

対抗するは少年少女(その他諸々)

様々な思惑を胸に

雨宮夕日が今日も行く・・・




というわけで、惑星のさみだれです。

今回は拡張版ということで、昨日のサイン会とあわせてのレビューとなります。


といっても、ネタバレを廃してすじを紹介するのって超難しい!!

なもんで、すじ紹介は簡潔に。


ある日ある日のこと、起きたら部屋に喋るトカゲがいて

「世界の危機じゃ~~」

ってなわけで、巻き込まれないぞ!?と言いながら、素敵に巻き込まれていく主人公、雨宮夕日。


魔法使いが世界を滅ぼそうと、ドでかい泥人形を創った。

宇宙空間に浮いてる落っこちてくれば世界を破壊する巨大な槌「ビスケットハンマー」

トカゲの言う使命とは2つ

・敵より先に姫を探し出して守ること

・敵と戦い打ち倒すこと

どうして姫を探さなきゃいけなかったのか、謎は残りますがおいおい謎は明かされていくことでしょう。


ともかく、ただの学生にそんなこと出来る訳無いだろ?

と、戦いを放棄する夕日。


しかし、姫との出会い、そしてその野望に触れたことで姫の騎士として生きていくことを誓うのである・・・



ネタバレ?せずに冒頭のあらすじを書くとこんな感じでしょうか?

相変わらず言葉足らずの文章でお恥ずかしい限りです・・・

まぁ、なにはともあれ読んでみてください。

読めば分かります(当たり前か・・・)



スループ評価=★★★★★

これからの展開が非常に気がかり。ビスケットハンマーがどうにかできるのか?よりも夕日とさみだれの関係が気になる作品です。


SFC=東雲 半月(しののめ はんげつ)

ネタバレなしレビューにしたおかげで出番の無いままフェードアウトしてしまいました・・・凄く強いのに、3枚目までもきっちりこなす、こういうひと大好きなんですよ。



ってなわけで、ここからは昨日のサイン会のお話でも・・・


もともとはMixiのマイミクさんの日記でベタ褒めしてたので興味を持ったわけですが、丁度難波でサイン会がある、ということだったので思い立ったが吉日、早速買いに行きました。


ただ、その前日友達の家で徹夜で遊んでいた為買いに行く前に電話予約をしておいたんです。それが全ての始まりでした。


ここのサイン会は2部構成になっていて、今回の場合は先着100名だったはずなので、50人50人に分かれる感じだったはずです。僕は後半の方で、と予約した時に言われたのでてっきり7~80番台だろうと踏んでたわけだったんですが、実際に本を買いに行ったときに貰った整理券の番号は1番でした。多分店員さんが間違えて渡してしまったんだろうなぁ・・・・などと思いつつ、1番なんてそうそう貰える物でもないからラッキーと、意気揚々と店を後にしたわけです。


その後、実は作者本人もMixiをやってることが判明(足跡を踏み返したら本人さんでした)し、コメントとか残しつついざ鎌倉!ならぬ、いざ日本橋!!と気合を入れるのでしたw


そして当日、会場の前で一緒に来ていた友達と別れ、会場へ・・・

そしてら7~8人くらいしかいなかったのでもしかして・・・と不安になったわけですが、トイレを借りに下の階に降りたら、どうやら入場制限?みたいのが行われていたようで、始まる頃には3~40人前後が集まってました。


そして、会場にてスタッフの人曰く

「先生は今日が初めてのサイン会です。」

とのこと。


あたりまえながらサイン会など開いたこともあるがないわけですが、それにしても、初めてって緊張するんだろうなぁ・・・などとボーっと考えてるうちに水上悟史氏来場。


さみだれをサインのところに描く、ということで直前まで練習されていたらしく(とスタッフが言ってた)今回は絵付きのサインということでした。


僕は8~9番目だったわけですが、なんと

「整理券1番の人から行きましょうか」

と、衝撃発言がスタッフの方から飛び出し、なんと1番最初にサインを頂くこととなりました。


初サイン会のトップバッター!!

なんだかこちらの方が緊張してしまうシチュエーションですねww


そんでもって、毎度ながらこのハンドルネームは長いし、断られないかな?とかビクビクしつつ、氏のもとへ・・・

若い男性の方でした(当然私よりは年上でしたが)


「この前Mixiでお会いしましたね」

「そういえば見た覚えが」


なんて和やかな会話をチョロチョロしつつ、名前もちゃんと書いてもらい頂いたサインが




こちら。

異様に大きくなってしまいましたが気にしない方向で・・・


曲げたり汚したりしないようにし(前科あり)会場を後にしました。



なんていうか、長すぎましたね前振り・・・


まぁ、なにはともあれこうして水上悟志氏のサイン会は無事終了し、そのあと友達と再び合流しマンガ探索の旅に出かけ、結局また12冊くらい増えました・・・


当ブログでは初サインされ人の名の下に今後とも氏の作品を大々的にプッシュしていく予定です!!


この度はムダに長すぎる文章に最後までお付き合いいただきまことにありがとうございました。



AD

我、最強(凶)の極意を得たり!!

それは「孫顔」

可愛くも無いのに、可愛くも無いのに!!!

何故か最強。それがこやつだ!



というわけで、復帰レビュー第1弾がこれなわけですよ。


とにかく孫顔(美人ではない)の中学生甘栗甘水(あまぐり・あまみ)


彼女のあまりの孫顔に、一部を除いた全ての人間がとにかくかまいたくなる症候群を発症させるというある種ホラー漫画ww


正論(なわけでもないが)を言っている一部の人間がその他大勢と甘水によって、悲惨な目に!!


笑える人にはとことん笑えるけど、笑えない(結構洒落になってなかったりするし)人には全く笑えない、ある程度読む人を選ぶ漫画です。


ちなみに私の場合、最初は後者だったんですが、イカ子の突き抜けぶりが段々気に入ってきたので笑えるようになりました。



スループ評価=★★★☆

上記の通り読む人を選ぶ漫画。個人的には第10話のイカ子のマニアックな生活が面白かったです。


SFC=イカ子

だって、たぶん最後までいい目見ないんだろうしさ・・・

あ、めっさごっついヤンキーもか~~なりお気に入りですww


世界の孫 1
¥619
株式会社 ビーケーワン

久しぶりにお買い物

テーマ:

彼是1週間、サボってしまいました・・・

相変わらず漫画は買ってた!!

今まで以上に買ってた!!

なのに何故!!?


というわけで、漫画は一杯買って読んでたにもかかわらず、サボってましたスループです。

何故っていうか、まぁ、いいレビューが思いつかなかっただけなんですが・・・


そんなわけえ、いいレビューも思いつかないし、久しぶりに本日のお買い物レビューでもしてリハビリにしようかと思ってます。



パンプキンシザーズ


近所の古本屋で350円買取の400円販売というとてつもなく馬鹿な素晴らしい決断をさせた作品。

1・2巻のレビュー

今日からいよいよアニメスタートということで、益々期待大の作品です。




惑星(ほし)のさみだれ


Mixiのマイミクさんが超オススメしてて、さらに今週末にサイン会があるということで勢いで購入してしまいましたww

それにしても、面白いです。



ブルームハート!


惑星のさみだれを買ったときに、横においてあって、こちらもサイン会の整理券が残っていたし漫画1巻読破さんのところでも5つ星付いてたので(物凄く影響されますw)購入しちゃいました。




夜桜四重奏(ヨザクラカルテッド)


うえで挙げた某マイミクさんのオススメ作品その2。

音譜ツンビックリマークツンビックリマークデレビックリマークツンビックリマークデレビックリマークツンビックリマークツンビックリマーク(町歌)

反則ですww




世界の孫


マイミクさんのオススメシリーズ第3弾ww

こっちにも影響されすぎです。

ってか、確かに大して可愛くないww




仕切るの?春日部さん


なんとなく安かったから買ってしまいました。

私、下ネタ系漫画好きなんですよ。

ただ下ネタなのではなくて、それを基本的にスルーする漫画が好きです。




学園革命伝ミツルギ


なんだかんだで、今のところNo1ヒットかも。

愛舎堂を彷彿とさせるギャグでした(しかも完璧に突き抜け系)




闇のイージス


先日6冊くらい一気に買ったら12巻が抜けてたので補充。

一番いいところが抜けてたし・・・

それにしても、まさかジーザスがやってくるとは!!!

感涙ものでした!!




めっちゃキャン


見かけたときに、これって漫画1巻読破さんでなかなかの高評価じゃなかったっけ?と思いそのまま購入。なんて適当なんだろう・・・でも、期待してます。


ってなわけで、漫画12冊買ってきました。

新品は、


「惑星のさみだれ 2巻」

「ブルームハート! 1巻」

「世界の孫 1巻」


の3冊です。


そんでもって、小説を5冊買ったら朝6000円以上はあったはずの財布に残ってたのは100円玉数枚でした・・・


まぁ、たまにはいいかな?こんな衝動買い。


とかいいつつ、その直前にも




「MASTER KEATON」ワイド版を全巻揃えたり


なにより



「GUN SMITH CAT’S BURST」の3巻発売記念の園田健一氏のサイン会にも行って来ました。


以前レビュー を書いた川島よしお氏の



グルームパーティーは私のツボにクリーンヒットしました。


MASTER KEATONについては本当に私の拙い表現力では表現できないレベルの素晴らしさでした。あそこまで熱中して漫画を読んだのは数年ぶりでした。


ってなわけで、相変わらずどんどん増え気味な漫画がヤヴァイので、そろそろまた区画整理の季節が来そうです。