SKY-HI「TRICKSTER」




SKY-HI 1st Album 「TRICKSTER」3月12日発売

ご予約はこちら↓
【ファンクラブショップ】
http://sp.mu-mo.net/shop/r/trickster_fc/
【mu-moショップ】
http://sp.mu-mo.net/shop/r/trickster_mumo/

SKY-HI「愛ブルーム」




【オフィシャルサイト】
http://avex.jp/skyhi
【facebook】
https://www.facebook.com/skyhi19861212
【Twitter @SkyHidaka】
https://twitter.com/SkyHidaka
【YouTube SKY-HI CHANNEL】
http://www.youtube.com/user/SKYHICHANNEL
【SKY-HIメルマガ】
SKY-HI MAIL MAGAZINE

☆SKY-HI TOUR 2014 “Trip of TRICKSTER”開催中☆

2月8日(土) 仙台 Rensa
2月9日(日) 新潟 LOTS
2月11日(火) 横浜 club Lizard
2月14日(金) 米子 AZTiC laughs
2月15日(土) 大阪 なんばHatch
2月22日(土) 福岡 DRUM LOGOS
2月23日(日) 広島 ナミキジャンクション
3月1日(土) 名古屋 ダイアモンドホール
3月9日(日) 東京 Zepp DiverCity Tokyo
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-05 21:34:28

メジャーデビュー一周年なので、ぶっちゃけ正直な話。

テーマ:ブログ
明後日8/7はSKY-HIのメジャーデビュー一周年の日です。


個人的に、嬉しいか、と言われると、

難しいところである。


なので、メジャーデビュー一周年にまつわる、プラスの話と、プラスでは無い話を、今回のブログではしようと思う。



俺が横浜のクラブで餓鬼レンジャーのマイクを奪って(ホント良い子はマネしちゃだめだよ)そこからの縁でSKY-HIという名前をもらったのは2006年のこと。


それから、五年後、十年後の自分を追い掛けながら、
一年一年、自分に課せられる中での最高の目標と、そこに到達する為の試行錯誤と鍛錬を経て、


今に至っている。


「達成したこと」年表をざっくり作ってみよう。

2006~2009はひたすらクラブに通ってた。バトルやサイファーやオープンマイク、その先にあるライブが生き甲斐だった。

2010から、ビートジャックした作品をYoutubeにアップする様になって、少しかもしれないけど、音源をネット上で褒めてくれる人が出て来た。

2011年には「Floatin' Lab」という企画を持ち込んで、始めることが出来た。

2012年にはBullMoose設立、「Floatin' Lab」のリリース、初のワンマン、年末にはBest Of Rapper、

2013年に初の全国ツアーとメジャーデビュー、

そして今年は、兼ねてからの目標だったMTV主催のVMAJ 2014でBest HIPHOP VIDEOを受賞、


となる。


年単位で結果を見ると、階段は登れていると思う。


その過程、過程で、


出会った人達や別れた人達がたくさんいて、

そのどれもに、いくら感謝してもしきれない。


まずは何よりファンやリスナーの皆で、
J4BやFloatin' Labの頃からのファンはもちろんのこと、

メジャーデビューに伴ってこの一年で本当に多くの新しいファンと出会うことが出来てると感じているし、

ライブで対峙した時に、皆の心の中に俺の音楽があることを実感する度に、

俺は俺の音楽をやり続けてきた事の意味を感じられて、

これからもやり続ける権利をもらっている。

本当にありがとう。


そして現在のスタッフ達、
石川さんや河田さんに内海さんに西郷さんに酒井さん達や村上さん達に多田ちゃん、
過去のスタッフながら現在もサポートをしてくれてる澤口さんやジュンさんや古賀さんに、
TRICKSTERのスペシャルサンクスにも名前を載せてもらったヤナタケさんや金田さんに、ハルマサさんに…

名前を挙げ出すとキリが無い。

余談だけど、
俺はMCとかでもたまーにスタッフさんの名前を実名で出してしまうことがあるんだけど、

ライブなどの時に、
「スタッフさん」
と呼ぶのはやなのだ。ザックリし過ぎてて。

作った音楽もライブも、ファンの皆に届ける為に力を貸してくれてる存在があって出来てることなので、

ボカさないでちゃんと名前で呼びたいのだ。なんなら知ってほしい、のだ。完全なエゴなのだけどね。

だから時にこうやって文章やMCが長くなる…

反省はしている笑。



話を戻す。

そして音楽やライブを作るに至っては、


インディーズ時代から、正直劣悪な環境も多々あったと思う、思うっていうか確実に有ったけど、こんな俺と一緒にここまで来てくれたダンサーズの
JUN,MONEY,KENSUKE,TAKUYA,

初ワンマンからずっとタッグを組んでるDJ Jr.、

そして最近SKY-HIを象ってくれてる、HIROKINGとバンマスTakuさんを中心としたバンドメンバー。

そこには年の近い人も多くて、

この前縁あってFIRE HONESの皆と話をした時は衝動と感激がとまらなくて、

音楽の縁に改めて感謝した。




とにかく、音楽という形の無い物は、そう言う皆の力があってやっと具現化に成功している。

伝える事に力を貸してくれてる各種メディアの方々も本当にそう。


改めて、皆本当にありがとう。


まだまだ全然書き切れてないんだけど、容赦して欲しい…です。



えーと、

この様に、
SKY-HIとして活動してから八年くらい?そしてメジャーデビューから一周年、

とてもたくさんの方に、いくら感謝しても仕切れないこの現状は、

本当に素晴らしい事だと思っています。


では、なぜ「嬉しいか」と言われると難しいところであるのか、

という話に戻るけれど、


それはメジャーデビューのタイミングで更新したブログとも繋がるのだ。



恥ずかしげもなく言うけど、

俺は、俺自身に、限りなくたくさんの人まで届く音楽を作れる可能性と、自信を持っている。

その可能性を深く愛している。

そして現在では、その可能性を同じ様に愛してくれているたくさんの人と出会えている訳だから、

その皆の愛を肯定する責任を感じている。


それを達成するには、もっと強く明確に進んで行く必要がある。


正直、
それは現在足りていない、
と自身で感じている!


メジャーデビュー一周年、本当に有難い。

そこにはほんと疑いも無い。


だけれど、

手放しで喜んでいられる段階にはいない。


メジャーデビューの際に各種メディアやブログで言ったけれど、


それはただの通過点、経過であって、


結果はこれから出して行くものなのだ。


明言している目標もいくつかあるし、

その中には無事達成されたものもある。

だけど、まだまだ遠くに見えているものもある。


なので、

この一周年のタイミングでブログを読んでくれてる皆に俺が伝えたいことは、

「嬉しい!」
よりも、

「ありがとう」
と、
「もっと頑張る。」

と言うことなのだ。


長い文章になってしまったけれど、

付き合ってくれた皆ありがとう。



今回のブログでも何回ありがとうと書いたかわからないけれど、


その感謝を返して行くのは今後の俺の行動でしかないと思ってます。



では、最後に2年目の抱負でしめたいと思います。


SKY-HI、2年目の抱負は、


「めっちゃやる」


2年目もよろしくお願い申し上げます。


では。






リハ帰り、決意の投稿
AD
SKY-HI(日高光啓)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Amebaおすすめキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み