交心空間

◇ 希有な脚本家の創作模様 ◇


テーマ:

 修が朝帰りする。弦の鋭い目がある。「店が危ない。母さんは一生懸命働い
ている。父さんは何をしていたか」とつっかかる。しかし修は調子良くはぐら
かし、店を心配する弦を褒める。そんなことを聞きたいのではない。怒った弦
は無言で学校へ行く。
 マスターから電話が入る。酒の注文である。同窓会の分、それからライブハ
ウスの分、一年分を全て即金で払うとのこと。憎らしいやり方である。断ろう
とする修だが、道子が口を挟んでありがたく受けることにする。これで何とか
不渡りは出さずに済む。とりあえずホッとする二人であった。
 修と家族に活気が戻りはじめる。しかし弦は別だ。何処か修によそよそしい。
松井の取材も打切りかと思っていたが、一からやり直しとなり再開される。修
と松井の仲が気になる弦が、姉の美音に相談する。音楽にうつつを抜かすのら
まだ許せる。ところが、女性問題となると別である。怒りが込み上げてくる美
音と弦。


                             《つづく》


*----------* ポイント解説 *----------*


1.仲間意識が目に沁みながらも歌と生活は切り離さなければと、修の葛藤が
  ありますが、道子の現実的な判断がそれをあっさり打ち砕きます。変にド
  ラマドラマさせると臭くなるので、ここは現実を優先させます。
2.金銭問題が落ち着こうとすると、新たに修の女性問題が浮上します。問題
  を同時に発生させたり、グラデーションのように移り変わらせたりしてメ
  リハリをもたせます。
3.女性問題は家族を敵にまわす要素です。特に年ごろの子供たちにとっては
  重要です。その波乱の始まりを匂わせます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

坂本 博さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。