フィードメーター - 忍之閻魔帳

2011年5月第1週発売の新作、映画「八日目の蝉」紹介、他

テーマ:今週発売の新作 2011年05月03日(火)
★この記事の携帯版はこちら。



▼ソニー、史上最大規模の個人情報漏洩のその後

■米下院小委、ソニーに質問状 「なぜ通知待った」など13項目

米下院エネルギー・商業委員会の商業・製造業・貿易小委員会は29日、
ソニーのインターネット配信サービスにハッカーが侵入し最大7700万件の個人情報が
流出した恐れがある問題で、ソニーに対して質問状を送付した。
質問は「なぜ顧客への通知を待ったのか」など13項目に及び、
5月6日までに回答を求めている。
質問状では、今回の個人情報の流出の内容や経緯、
クレジットカード情報の流出の可能性、新たな対策などについて説明を求めた。
同小委は5月4日に「データ窃盗の脅威」について公聴会を開催するという。


■個人情報流出、ソニーが記者会見へ…補償も検討

ソニーは30日、ゲーム機「プレイステーション」のインターネット配信サービスで、
世界で最大7700万人の個人情報が流出した可能性がある問題について、
1日に都内の本社で記者会見を開くと発表した。
米下院エネルギー・商業委員会が不正侵入を受けたことを公表するまでの経緯について
説明を求めるなど、欧米でソニーの情報開示の遅れに対する批判が高まっているためだ。
記者会見するのは、平井一夫副社長(ソニー・コンピュータエンタテインメント社長)で、
情報管理体制などについて説明するとみられる。
欧米でソニー批判が高まっているのは、ゲームのネット配信サービスは、
子供を含めた幅広い年齢層が利用しており、利用者の名前や住所などが悪用されれば
不測の事態を招きかねないとの恐れからだ。

ソニーは個人情報が盗まれた可能性を認めている。だが、クレジットカード番号は
「すべて暗号化されており、盗まれた証拠はない」としている。
一方で、米国の公式ブログで、「皆さんの辛抱に感謝を表す方法を検討している」と表明し、
利用者に補償を検討していることを明らかにした。


■PlayStationNetwork/Qriocityへの不正アクセスに関する説明会(動画)
■PlayStation Network不正アクセスに関する記者会見詳報

記者会見を見る時間も長い記事を読むのも面倒だという方に向けて
4Gamerの記事を要約すると、

・個人情報の漏洩については、データベースへの不正アクセスが確認されており
 アカウント情報はかなりの確度で流出しているものと思われる。

・犯人の正体や目的などについては、現時点では不明のまま。
 不正アクセスの捜査はFBIによって進められている。

・ユーザーに対してクレジットカードの引き落とし履歴のチェック、
 パスワード変更を求めていく考え。

・サービスの完全復帰は5月中を目処に作業中。

個人情報流出の補償については

1:クレジットカード情報の漏洩は確認されていないが、確認され次第、個別に補償
2:個人情報漏洩による被害の補填についても、確認され次第、個別に補償
3:クレジットカードを再発行したいという場合には、手数料を負担
4:サービス停止期間の補償として、
  無料コンテンツの配信や30日間の有料サービスを無償で提供

本当にこんなお茶濁しで済ませる気なのか?と思うほど
呑気な会見内容に、悪い意味で度肝を抜かれているのだが、
実際4Gamerの記者も同様に感じているようだ。

7700万ものアカウントの個人情報流出という、今回のメイン事案に対しては、
あまり補償の必要を感じていないようだった。
質疑応答で何度か確認されたのだが、そのたびにクレジットカード情報の話を返しており、
個人的な印象だが、個人情報の重要度はほとんど認識すらされていないようだった。

世界規模の事件なのに、同じようなうやむや化の対応が取られているように思え
どうにも危機管理意識の薄さを感じざるをえない。
今後、ソニーグループでは、ネットワーク依存型のサービスを
多く始めるとのことでもあり、今後登場が予定されている
NGP(Next Generation Portable:仮称)でも
ネットワークが重要な位置を占めるという。こんな対応で大丈夫か?
と、若干不安の残る会見であった。


有料サービスを30日間無料で提供と言われても、
たかだか1ヶ月程度の無料など、360陣営ではソフトの特典や
販促の一環としてしょっちゅう行っているサービスで、有り難みはほぼゼロ。
むしろ、騒動を逆手にとって有料会員を増やしたいだけなのではと勘繰りたくもなる。
補償に関して「問題があるならまず自己申告しろ方式」を採用しているのも不誠実。
どこを切っても「不満足」しか感想の出てこない会見であった。
SCEは個人情報の重要性に対する認識が10年前のまま止まっているのか。

■プレステ個人情報流出:ソニー不信根強く カード社会の米、厳しい目

ソニーの対応を巡っては「情報開示が遅い」などと批判が高まっているほか、
流出規模の特定もできておらず、システムの安全性に対する利用者の不信も根強い。
米ミズーリ州やコネティカット州の司法長官も
「ソニーの対応は受け入れがたい」との声明を公表した。
平井副社長は「どのデータがどれくらいの量、流出したのかは
残念ながら断定できていない」と認めた。
対応を誤ればリコール(回収・無償修理)問題で批判を浴びた
トヨタ自動車の二の舞いになりかねない。
専門家は「ソニーというブランドに加え、パソコンより家庭用ゲーム機は
安全というイメージも崩れた」(ゲームジャーナリストの小野憲史氏)と指摘する。
次期社長の有力候補とされる平井副社長だが、経営責任は明言を避け、
「ユーザーの信頼を勝ち取るべく全社一丸で取り組む」と強調。
しかし、「クレジットカードの再発行手数料などの補償に
数十億円かかる可能性もある。約7700万人もの顧客情報を持ちながら、
流出するリスクについて経営判断が甘かった」(西田宗千佳氏)との指摘もあり、
全容が依然不明の中、信頼回復はいばらの道だ。


■各国政府がソニーに説明求める PSNの個人情報漏えいで

米下院エネルギー/商業委員会の商業、製造業および貿易に関する小委員会は、
事件の全容、データ保護とプライバシーに関するソニーの方針、
顧客に対する補償計画等について説明を、
台湾の台北市政府法規委員会は、経緯の説明と補償計画について10日以内の回答を要求。
期限が過ぎた場合は、台北市の消費者保護法違反により罰金3万~30万台湾ドルが課せられる。
英国のデータ保護法は、深刻な情報流出の場合には、
最高50万ポンド(83万3290ドル)の罰金が科されることがある。
カナダのプライバシー委員会も調査中。


メディアが大きく騒ぎさえしなければすぐ忘れるだろう、という姿勢がありあり。
日本のユーザーも随分となめられたものだ。
危機管理意識の低い日本ならそれでやり過ごせるかも知れないが、海外はそうもいかないはず。
こんなヌルい対応で事態が収束するとはとても思えない。

と思ったらさらに増えた。

■ソニー、新たに2460万件の個人情報流出か 米子会社

ソニーは3日、米ゲーム子会社のソニー・オンラインエンタテインメントの
システムが4月16~17日にかけてハッカーの不法侵入を受け、
約2460万件の顧客情報が流出した可能性があると発表した。
この情報には約1万2700件のクレジットカードやデビットカード番号の情報を含むという。
流出した可能性がある情報のうち日本の分は約18万5000件で、
クレジットカード情報は約4300件。


公式発表はこちら。
不法侵入を受けて上を下への大騒ぎになっているまさにその時、
SCEIのプレジデントである河野弘氏は
ゲーム系のブロガーを集めて呑気にお茶会を開いていたらしい。
事態を把握していなかったはずのない河野氏が
わざわざこの非常時にブロガーに招集をかけて一体何をしていたのか。



▼今週発売のBD/DVD/CD


05月03日発売■CD:「SONGS FOR JAPAN」(Amazon・日本盤)
発売中■CD:「SONGS FOR JAPAN」(Amazon・輸入盤)
配信中■iTMS:「SONGS FOR JAPAN」icon

iTMSの配信版、輸入盤と既に多くの方にご協力いただいている
チャリティー企画アルバムの日本盤が今週発売。
内容は全く同じなので、配信版、輸入盤を見送っていた方なら。

5月には、井上雅彦とのコラボによる「Smile / BUMP OF CHICKEN」、
サザンオールスターズ、福山雅治、Perfumeなどが参加した
「Let's try again / チーム・アミューズ」といったチャリティーCDが発売予定。


05月11日発売■CD+DVD:「Smile / BUMP OF CHICKEN」(期間限定生産
05月25日発売■CD+DVD:「Let's try again / チーム・アミューズ」
06月01日発売■CD:「ジャズ・フォー・ジャパン 東日本大震災被災者支援CD」
06月22日発売■CD+DVD:「愛は勝つ / がんばろうニッポン 愛は勝つ シンガーズ」




05月02日発売■DVD:「AT BUDOHKAN / RCサクセション」
05月02日発売■DVD:「ザ・フィルムズ 5ディレクターズ 短編映画コレクション」
05月04日発売■DVD:「THE KING OF LIVE AT BUDOHKAN 1983 / RCサクセション」

1981年のクリスマスイブに行われたRCサクセションのライブDVDが復刻。
人気絶頂を誇っていた彼等の初の武道館ワンマンが、5月2日に開催される
「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace」と同日に再発売。
収録内容は以下の通り。

M01:よォーこそ
M02:ロックン・ロール・ショー
M03:Sweet Soul Music
M04:ダーリン・ミシン
M05:ガ・ガ・ガ・ガ・ガ
M06:多摩蘭坂
M07:チャンスは今夜
M08:恐るべきジェネレーションの違い (Oh,Ya!)
M09:あきれて物も言えない
M10:トランジスタ・ラジオ
M11:ブン・ブン・ブン
M12:スローバラード
M13:雨あがりの夜空に

初回封入特典は「RCサクセションat 武道館 大判フォトカード」。
価格は3800円と長らく入手困難になっていたことを考えればリーズナブル。
忌野清志郎が最後に出演したオムニバス映画と、83年の武道館ライブも同週発売。

「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace」の出演者は以下の通り。

泉谷しげる/奥田民生/金子マリ/斉藤和義/ザ・クロマニヨンズ/
サンボマスター/東京スカパラダイスオーケストラ/トータス松本/
仲井戸“CHABO” 麗市/ハナレグミ/浜崎貴司+高野寛/原田郁子/
宮沢和史/矢野顕子/ゆず/細野晴臣/真心ブラザーズ/YUKI/他

なお、当初予定されていたUA、スティーヴ・クロッパーの出演は
スケジュールの都合によりキャンセルとなっているのでご注意を。

それにしても凄い面子だ。




05月04日発売■CD:「Digitalian is eating breakfast 2 / 小室哲哉」

これまた随分と懐かしいタイトルと思ったら
22年前に発売された「Digitalian is eating breakfast」の「2」であった。
シンセを触ってみたい若者が巷に溢れていた時代のカリスマは
バブル期の隆盛と凋落を経て、古めかしくも新しいスタート地点に立っている。
セールス的な話をすれば、このアルバムが売れるとはとても思えないのだが、
かといってセルフカバーという名の下に提供した楽曲を次々と自らの手で貶めていった
「Hit Factory」の悪夢再来だけはご免被りたい。
「Good Morning - Call」(小泉今日子)「50 / 50」(中山美穂)
初めて聴いたときの衝撃といったら・・・。




05月07日発売■CD:「劇場アニメーション 星を追う子ども Original SoundTrack」

5月7日に公開が迫っている
新海誠監督の最新作「星を追う子ども」のサントラが映画に先駆けて発売。
初号試写に参加した某氏も言っていたのだが、
予告編だけでも「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」から一転し、
メジャー化への意欲がはっきりとうかがえる意欲作であることが伝わってくる。
音楽担当は、新海監督の作品には欠かせない天門氏。
さらに、エンディングは私の大好きな熊木杏里が担当している。
劇中で使用されている約40曲と、ボーナストラックに未使用曲を収録。


■BD:「秒速5センチメートル」
■BD:「雲のむこう、約束の場所」
■DVD:「ほしのこえ サービスプライス版」




05月03日発売■BD:「キス&キル」

【紹介記事】ぐぐっと若返った「ナイト&デイ」。映画「KISS & KILL」より再掲。

トム・クルーズとキャメロン・ディアスの2大スターを起用して
累計興収20億円以上のヒットとなった「ナイト&デイ」と
入れ替わるように公開されたのが、「KISS & KILL / キス&キル」。
旅先で出会った男と恋に落ち、甘い結婚生活を始めるも
実はその夫には殺し屋の過去があり・・・というハリウッドらしいベタなラブストーリー。
主演は「ベアスの恋に勝つルール」のアシュトン・カッチャーと
「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグル。
監督は「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティック。

「ナイト&デイ」はとにかく豪華だった。
札束を文字通り湯水のように使い、冒頭から飛行機を墜落させるわ
目が覚める度に違う国にいるわと、大スターありきの演出が施されていた。
一方のこちらは、豪華さ(製作費)という点では「ナイト&デイ」に一歩譲るものの、
主演二人の若さを前面に押し出しているのが特徴。
どちらも重いテーマの作品ではないし、演技力がそれほど求められる
ジャンルでもないので(失礼)、若さはそれだけで充分な武器になるのだ。

スタッフにおいても同じで、「ナイト&デイ」ほど金をかけられない分、
アクションシーンも見せ方が工夫されているし、
「仲良しだと思っていた隣人全員が信用出来ない」というシチュエーションも面白い。
最後にはちょっとしたどんでん返しも用意してあり、
私的には「ナイト&デイ」と同等以上には楽しめた。

観る前の期待以上でも期待以下でもない、デート向け作品の新定番。
「ナイト&デイ」を観ていないカップルか、
「ナイト&デイ」と同じタイプの作品をもっと観たいと思っている方ならお勧め。

それにしてもアシュトン・カッチャー。
キャメロン・ディアスと共演した「ベガスの恋に勝つルール」といい
ナタリー・ポートマンと共演し現在公開中の「抱きたいカンケイ」といい、
作品選びが偏り過ぎな気が。
また「バタフライ・エフェクト」のような作品にも出て欲しい。




05月03日発売■DVD:「人生万歳!」

ウディ・アレン監督の40作目は、自称天才の物理学者と、
ミスコン荒らしをしている田舎娘との恋模様を軽妙な語り口で描いたロマンティックコメディ。
スカーレット・ヨハンソンに続き、アレンのハートを射止めたミューズは
「レスラー」のエヴァン・レイチェルウッド。
代わり映えの無さがアレンの持ち味でもあるので、「マンネリ」は禁句。
作品もさることながら、恵比寿ガーデンシネマのクロージング作品に選ばれていたので
単館系好きにとっては想い出深い作品になったのではないか。




05月04日発売■BD:「雷桜」
05月04日発売■DVD:「雷桜 メモリアル・エディション」

【紹介記事】立ち位置が曖昧で乗り切れない。映画「雷桜」より再掲。

宇江佐真理の同名時代小説は、時代劇をテーマにしていながら
その悲恋ぶりが若い女性から支持を受け、20万部以上を売り上げたという。
実写版の監督は、「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」の廣木隆一。
主演は、「FLOWERS」「百万円と苦虫女」の蒼井優と「告白」「悪人」の岡田将生。

原作未読なのであくまでも映画版だけの話だが、
「ロミオとジュリエット」や「嵐が丘」といった
身分違いの恋を描いた作品の舞台設定を時代劇に置き換えて、
「もののけ姫」のキャラ設定を加えたような印象。
ぶっきらぼうな言葉遣い+ノーメイクで野性味溢れる主人公を演じた
蒼井優の美しさは「もののけ姫」のサンのようで惹き付けられるが
トラウマを抱える若殿を演じた岡田将生がやや固く、
ストーリーの面でも芝居の面でも、終始女性(蒼井優)主導で進んでいく。

見た目に美しい男性を添え物として配置し、女性視点で物語を展開するのは
少女マンガの王道的手法なので、そこについては文句はないのだが、
「お前を愛している」などという、およそ時代劇では有り得ない
少女マンガテイストを全開にした台詞が飛び出したかと思えば、
池畑慎之介や柄本明が正調の時代劇芝居を披露したりするので、
2本の映画をザッピングしながら観ているような気分になってしまう。
少女マンガ路線で行くのか、本格時代劇路線で行くのか、
作り手の立ち位置がはっきりしないため、観客が振り回されっぱなしになってしまうのだ。
両者の間を上手く立ち回っていた小出恵介ぐらいの芝居で全体がまとまっていれば、
印象はがらりと変わっていたはず。時代劇ブームの中では異色の作品。




05月04日発売■DVD:「桜からの手紙 AKB48それぞれの 卒業物語 豪華版」

日本テレビ系列で9夜連続で放送されたスペシャルドラマ
「桜からの手紙 AKB48それぞれの卒業物語」のDVD化。
卒業をテーマにした全17話の連作ショートドラマを収録している。
本編3枚、特典映像2枚の合計5枚組。
封入特販は48Pスペシャルフォトブックなど。
豪華版には特典映像を収録したmicro SDカードも同梱されている。




05月03日発売■BD:「AYA HIRANO SPECIAL LIVE 2010 Kiss me / 平野綾」
05月03日発売■DVD:「AYA HIRANO SPECIAL LIVE 2010 Kiss me / 平野綾」
05月25日発売■CD+DVD:「AYA MUSEUM 特別コレクター盤 / 平野綾」

twitter上での発言が取り沙汰されることも多い平野綾のライブBD/DVDが発売。
5月末にはベストアルバム「AYA MUSEUM」も発売予定。



▼今週発売のコミック


05月02日発売■COMIC:「ONE PIECE ワンピース 62」
05月02日発売■COMIC:「ぬらりひょんの孫 16」
05月02日発売■COMIC:「めだかボックス 10」
05月02日発売■COMIC:「エンバーミング THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN 5」
05月02日発売■COMIC:「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」
05月02日発売■COMIC:「家庭教師ヒットマンREBORN! 34」
05月02日発売■COMIC:「血界戦線 3 震撃の血槌」
05月06日発売■COMIC:「七匹の侍 1」
05月06日発売■COMIC:「弱虫ペダル 17」
05月06日発売■COMIC:「聖闘士星矢TH25 完」
05月09日発売■COMIC:「マンガで分かる心療内科 3巻」
05月09日発売■COMIC:「学園黙示録 ハイスクール・オブ・ザ・ヘッド」
05月09日発売■COMIC:「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 7」
05月09日発売■COMIC:「フルメタル・パニック!Σ15」



▼井上真央の成長に目を見張る。映画「八日目の蝉」

八日目の蝉 井上真央 永作博美
(C)2011「八日目の蝉」製作委員会

GW中のデートムービーにはあまり相応しくないかも知れないが
非常に良く出来た作品なので敢えてこの時期に取り上げておきたい。
直木賞作家・角田光代の同名ベストセラーを
「孤高のメス」の成島出監督が映画化したのが「八日目の蝉」。
主演は「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の永作博美と
「花より男子ファイナル」の井上真央。
共演者は、風吹ジュン、田中泯、余貴美子、劇団ひとり、市川実和子、
森口瑤子、小池栄子、田中哲司など。
脚本は「しゃべれども しゃべれども」「パーマネント野ばら」の奥寺佐渡子。



不倫関係にある男性の子を誘拐し、4年間に渡って逃亡生活を続けた女と、
大切に育てられた想い出から犯罪者であるはずの女を憎みきれず、
実の母とも微妙な距離が出来てしまった娘。
映画は、二人の姿を交互に描いていく。

ワイドショーを騒がせるような事件を扱いながら
テレビでは見えてこない、隠されたドラマにスポットを当てた
実直な作りは「孤高のメス」の成島監督ならでは。
不必要に煽るような演出を入れず、丁寧に心情を追っていく演出は今作でも光っている。

被害者であるはずの実の母(森口瑤子)がヒステリックな言動を繰り返す反面、
”誘拐犯”の野々宮希和子(永作博美)を徹底的に良い母として描くことで
井上真央が抱える苦悩を浮き彫りにする手法は、
殺人犯の妻夫木聡をある種の被害者と思わせた「悪人」と被る。
ドラマで言えば「mother」の松雪泰子も同じタイプ。
決して報われない恋に身を焦がし、叶うはずのない未来を信じ、裏切られ、
許されない罪を背負ってしまった希和子が
「一日でも長く薫(井上真央)といられますように」と、
ただそれだけを願いながら過ごした4年間はどんな想いだったことか。
怪しげな宗教施設に匿われようと、馴染みのない小豆島で住み込み生活を送ろうと、
薫と一緒に居られるだけで充分。
明日にも破綻するかも知れない生活は、心の底からの安息とは無縁だったろう。
しかし希和子は、映画の中で良く笑う。
希和子が笑えば笑うほど、予想通りの結末に向かって突き進む後半、
観る側の胸はぐいぐい締め付けられる。
覚悟を決めて飛び込んだ写真館のシーンと、ラストの台詞には涙腺が緩んだ。
裁判の中で、謝罪ではなく感謝の言葉しか述べなかったのは何故か。
理屈では割り切れない想いが、そこには在る。

八日目の蝉 井上真央 永作博美
(C)2011「八日目の蝉」製作委員会

このところ女優としての活躍が目覚ましい永作博美は
今作でも安定した上手さなのだが、それにも増して驚かされたのが井上真央の成長ぶり。
「花より男子」の大アタリ以降、回ってくる役柄全てが活発な少女ばかりで
辟易としていたのだが、今回の薫役で一気に「子役上がり」から「女優」へと転身した。
今年の賞レースにも顔を出してくるのでは。

素麺屋の風吹ジュン、写真屋の田中泯、女教祖の余貴美子、
無責任を絵に描いたような劇団ひとり、内気な幼馴染みの小池栄子、
脇役も皆魅力的で、欠点と言えば140分を超える長さぐらい。
哀しい物語だが、明るい兆しを見せて終わってくれるので観賞後の気分は悪くない。
濃厚なドラマを堪能したい方ならイチ押しだ。


■BOOK:「八日目の蝉 (中公文庫)」
■BD:「悪人」
■DVD:「Mother」



▼最近予約が開始された主な商品・ゲーム

PS3 ノーモア★ヒーローズ レッドゾーン エディション
06月16日発売■3DS:「ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D」
06月23日発売■Wii:「アースシーカー」
06月30日発売■3DS:「テイルズ オブ ジ アビス」
06月30日発売■PS3:「スーパーストリートファイターIV AE イーカプコン限定サントラCD付きicon
06月30日発売■PS3:「スーパーストリートファイターIV AE」(Amazon)
06月30日発売■360:「スーパーストリートファイターIV AE イーカプコン限定サントラCD付きicon
06月30日発売■360:「スーパーストリートファイターIV AE」(Amazon)
07月07日発売■PS3:「inFAMOUS 2」
07月07日発売■PS3:「L.A.ノワール Amazon限定 DLC付き 初回限定版」
07月07日発売■360:「L.A.ノワール Amazon限定 DLC付き 初回限定版」
07月14日発売■NDS:「ぷよぷよ! ! アニバーサリーボックス」
07月21日発売■PS3:「ノーモア★ヒーローズ レッドゾーン エディション 初回版」
07月21日発売■PSP:「戦国BASARA クロニクルヒーローズ イーカプコン限定特典付きicon
07月21日発売■PSP:「戦国BASARA クロニクルヒーローズ 初回生産特典付き」
08月18日発売■PS3:「超次元ゲイム ネプテューヌmk2 限定版」
09月01日発売■PSP:「グランナイツヒストリー ビジュアルブック付き」
2011年夏予定■3DS:「閃乱カグラ 少女達の真影」

予約が爆発している3DS「時のオカリナ 3D」だが、
現時点での初回出荷数は15万本にも満たないとのこと。
今後の集まり次第で増える可能性はあるらしいが、このまま発売されたら品薄は必至だ。



▼最近予約が開始された主な商品・BD/DVD


06月22日発売■BD:「AKIRA」
06月25日発売■DVD:「人志松本のすべらない話 夢のオールスター戦 歴代MVP全員集合スペシャル」
07月20日発売■BD:「耳をすませば」
07月22日発売■BD:「攻殻機動隊S.A.C. SSS ANOTHER DIMENSION 電脳化BOX IN 3D」
08月02日発売■BD:「冷たい熱帯魚」
08月02日発売■BD:「悪魔を見た プレミアム・エディション」
08月03日発売■BD:「けいおん!! ライブイベント Come with Me!! メモリアルブックレット付き限定盤」
08月24日発売■BD:「スタンリー・キューブリック リミテッド・エディション・コレクション」



▼「iPhone 4 ホワイト」ソフトバンクオンラインで受付中

iPhone 4 ホワイト ブラック
「iPhone 4」予約受付中(ソフトバンクオンライン)





PR

コメント

[コメントをする]

1 ■個人情報の重要性

「個人情報漏洩そのものが実害であると認識していない」
未だにこんな認識しかできていない企業に、
個人情報を預かる資格があるのか、甚だ疑問に思います。

今後セキュリティが改善されたといわれても、
こんなに個人情報を軽視している企業に
安心して情報を預けられるはずがない。

本当にこれで「利用者の信頼を勝ち取る」ことができると思ってるんだろうか?

2 ■補償に関しては

補償内容はほぼ想定内、むしろ個別対応もするんだ、というのが自分の印象です。

PSNは個人で持てるアカウントの制限がないし、嘘の情報でアカウントを持っている人も多いでしょうから、金銭補償は難しい。
すると他社にあまり迷惑がかからず、自分のところで補償できる範囲で考えれば、この程度だろうと考えてました。

個人情報に関してはインターネットが普及し手軽に入力することも多くなったので、おそらくは随分とその価値を低く見ているのだと思います。
これはソニーだけでなく、他企業もそうだろうし、究極的に言えばユーザー側もそういう節があるんじゃないでしょうか。

とはいえ今後、個人情報を扱うことに関してもっと慎重になってほしいです。
そして僕達も、企業を信用しすぎてはならないということを認識しないといけないですね。

3 ■無題

補償というより勧誘に近くないですか?実害がどうのこうの言ってますが流出そのものが害以外の何物でもないですよね?しかもしれっと新タブレットとNGPの宣伝じみたことまでする始末。酷いとしか言いようがないですね。全ユーザーさんがこの会見に関する4Gamerの記事に目を通すべきだと思います。

4 ■今回のソニーの対応

今回の騒動でクレジットカード情報が漏洩したかもしれない人間の一人ですが、ソニー側の保障についてはほぼ想定どおりでした。
カード被害があった場合は個別保証すると言っているので、発表にあった保障内容で特に問題ないと思っています。名前、住所等については個人的には大きな被害とは思っていません(このあたりの情報はどこからでも漏れているものなので)。

こう思うのは、そもそも完璧なネットワーク上のセキュリティなんて存在しないと思っているからかもしれません。
所詮人間が構築したシステムなので、能力があり悪意ある人間にとっては、今回のソニーの件に限らず、そのセキュリティを破ることも可能なのではないかと思います。

漏洩に関してはソニーが甘かったこともあるでしょうし、ある程度の保障は当然だとは思いますが、万引きされた方が悪いみたいな世の中の流れはどうしても納得できません。
犯人が早く捕まって欲しいと思います。

5 ■万引き?

この話題で時々出てくる、ソニーは被害者なのに論、ですが、根本的に意味を取り違えてませんか?
盗まれたのが悪い、なんて誰も言ってませんよ?
それ盗まれた後の対応が悪いんです。

6 ■Re:今回のソニーの対応

>クロさん

悪いのは確かに万引きしたやつですが、
ろくなセキュリティ対策をせず、
預かってる他人の情報を盗まれた方も、
責任を問われて当然だと思いますがね。

7 ■冷静さを欠いてませんか?

忍さんが憤りまくっているのに戸惑っています。
会見の内容に納得できないなら、ご自分で防衛策を取るべきではないでしょうか。
それこそ、インターネットでの個人情報の登録は流出のおそれがあるから絶対にしない!ぐらいしないと御自身を守れないんではないでしょうか?
私自身は、今後ネット社会とどうつき合っていくかを考えさせられた事件だと思っています。

8 ■うーん・・

自分もソニーさんの対応は想定内だったかなと。
7700万人もの人達が対象になってるわけで、大きな補償となればソニーがぐらつきかねないだろう。
1人当たり500円程度であっても3兆を超える額の補償になってしまうし
それなら自社のコンテンツを一部無料にしたりして対応するだろうなと。

ソニーが潰れるほどの補償を私としては望んでない。
潰れてしまえば補償も糞もなくなるし、それを望んでる人がどれだけいるだろうか。
人数を考えればこのくらいが妥当と、私は思う。
4Gamerさんも忍さんも、どんな補償内容なら納得するのかな。
その辺が書かれていないで批判だけなのがちょっと残念だったかな。
批判は簡単だもの。

ただし、個人情報の認識自体は、ソニーさんは古いなとも感じはしますね。
流出の可能性が分かった時点(サービスを止めた時点)で可能性を述べておくべきだったと思うし
何かしら分かった時点で小さな会見でもいいんで開いて情報を開示すべきだっただろうと。

9 ■無題

あまりに補償が酷いですね。
侵入されたのは同情するとこですけど対策も発表もお粗末と言わざるを得ない気がします。
規模が凄すぎて賠償額が莫大になるのを恐れているんでしょうけどだからこそもっとちゃんとした補償をすべきだと感じますね。
発表もちょっと考えられないくらい遅いですしクレジットカードの情報まで漏洩していてハッカーだけのせいにして終わらせるのは出来ない状態ですね。
PSNに登録してる身としては納得出来ない部分が多いです。
とりあえず米の議員に対するソニーの回答待ちですね。

10 ■所感

>信じてます さん
私も同じように感じました。
そもそもPSN自体それほど利用していないだろうし…(これはあくまで印象ですが
義憤というにしたって行き過ぎでしょう。

リンク先の4Gamerの記事にしても、忍さんのコメントにしても、誤解を招く記述がみられるのが気になりました。

ソニーの個人情報に対する認識が甘いという指摘についてはまるっと同意します。

11 ■個人情報の重要性?

果たして、騒がれている程に今回の個人情報は大変なものなのでしょうか?クレジットカードの番号は確かに重要な情報だと思います。ただ、そっちの対応は万全なんですよね?

カード番号抜きの個人情報なんて、たいしたものではないと思います。有名人ならいざ知らず、いち個人の情報にいくら価値があるのでしょうか?

例えば、「詐欺にかかりやすい人」のリストであったり、「マンション(または車)の購入を検討している人のリスト」「お金持ちのお年寄りのリスト」であったりするならば、商品価値はあると思います。悪徳業者ならいくらでもお金を出す様な情報でしょう。

ただ、今回の情報は「PS3ユーザーのリスト(架空のもの多数含む)」です。こんなリストが必要な人はいないでしょう(ギリギリゲーム関係者なら欲しがるのでしょうか?)しかも数が多い。そんな中に紛れてしまえば例えば私自身の(限られた)個人情報なんて単なる記号に過ぎないと思います。

クレジットカードの話がメインで会見が進んでも最もだと思いますし、今回の個人情報なんて大したものではないのではないでしょうか?

少なくとも被害が出て騒げば十分な範囲のものだと思いますけどね。不安を煽る必要はないと思います。

長文失礼しました。

12 ■ 

>クレジットカードの話がメインで会見が進んでも最もだと思いますし、今回の個人情報なんて大したものではないのではないでしょうか?

自分も日本人なんで似た様な感想もありますが、アメリカでそれは通用しないでしょう。
ましてやPS3の主戦場はアメリカなんだし日本人的感覚を押し付けた様な今回の対応は不味かったんじゃないかなあ、と思います。

13 ■自戒

"一般人の個人情報なんて漏れても大した被害にはならない"って利用者側が考えるのは別にいいんだけどね。
もし事業者がそう考えてるとしたら絶対利用したくないっすわ、そんな会社のサービス。
それにしても既知の脆弱性の放置とかXSSとか、セキュリティ診断とかやってなかったのかな。
ウチみたいな零細ASPでもやってるのに。

14 ■今回のソニーの対応とハッカーについて1

>メディアが大きく騒ぎさえしなければすぐ忘れるだろう、という姿勢がありあり。
忍之閻魔帳さんのこの文が私にはさっぱり理解できません。

ソニーはクレジットカードの情報も漏洩されたら個別に保障すると言ってるし、メーカーにも補償するみたいですし、
セキュリティの強化もするみたいですしこれのどこがいけないのでしょうか?
情報が流失した7700万人すべてに補償しろと言いたいのですか?

確かに本当はその方がいいです。ですが、仮にそれを行ってしまうと、ソニーが潰れてPSPもPS3もNGPもなくなりますよ。私はそちらの方が嫌ですね。

それとも一部の無料コンテンツダウンロードとPSN+30日間無料が不満なんですか?
確かに、この対応はもう少し工夫してほしかったですね。
でも、全ユーザーに金を払えとは思わない。会社が潰れるまで事は本当にユーザーが望んでいるのだろうか?
さいわい、日本ではPSPやPS3の売り上げに影響は出ていなく、むしろ売れているくらいですし、
海外(特にアメリカなんかでは)裁判国なのでこれからソニーを訴えたりするかもしれないけど…。

15 ■今回のソニーの対応とハッカーについて2

4Gamerに,
>「パスワードを変えてください」と告知すれば,それで解決するかのような,少し事態を甘く見ているふしが窺える
みたいなことが書いてますけど、これってあくまでも4Gamerの記事を作った勝手な解釈じゃないですか?

忍之閻魔帳はソニーがどういう対応なら納得するんですか?
次の記事で詳しく書いてもらいたい。忍之閻魔帳の意見によれば私も納得するかもしれないし。
もし忍之閻魔帳さんが4Gamerなんかの記事に釣られてるんなら少し情けないかも。
忍之閻魔帳さんちょっと一方的に考え過ぎじゃないですか?
そりゃあソニーがハッカーに狙われた被害者とはいえ、ソニーはものすごく反省しないといけません。
「PSNのセキュリティがしっかりしていたのか?ソニーの対応に問題があったのか?情報管理はしっかりしていたのか?」などの問題もありますし。
当然ソニーは消費者に酷いことをしたのは事実です。ですが、この問題を議論するにあたってはソニー側の立場からも見た議論も必要かと思います。
ソニーは以前から新手のハッカー「アノ二マス」と対立していて、ハッカーを提訴してみたいですし
もはやソニーの対応だけの問題ではありません。
ネットの記事やニュースだけで判断するのは難しいですからね。


最後に長文になってしまい大変申し訳ございません。コメント欄を二つも使ってしまいまし事を深くお詫びいたします。
また、日本語・文法がおかしな箇所もあると思いますがご了承ください。

16 ■問われるのは姿勢。

補償の額の問題ではない。
今回のSONYの会見は、不利な質問への回答を避け、お茶を濁しているようにしか見えなかった。
今、見せるべきは、自らの犯した失態を全て認め、非難を全て真摯に受け止めた上で、猛省してこれから信用回復のために社運をかけて体制を建て直すという姿勢だ。
「損して得取れ」という言葉がある。
今回、企業として一番大切な信用を失ったSONYは、どれだけ血を流してでも信頼を取り戻してみせるという覚悟を見せるべきだった。
もちろん金額的に失う物は多くなるだろうが、必死な気持ちが伝わればもう一度信用してみようという気持ちも生まれる。
なるべく自分が傷つかずに事を済ませようとする者が「反省しました。生まれ変わりました」と言ったところで、信じるのは一部の熱狂的なユーザーだけだ。

17 ■無題

お初です。

ちょっと個人情報に対する認識が甘い方がいるようですので一つ。

そもそも個人情報に利用価値が無ければ誰もデータをぶっこ抜いたりしませんし
世界中の企業が必死こいて守ったりしませんが、
町の中古ゲーム屋からTSU○AYA、○EOに至るまで
個人情報を扱うサービス業で新人君に一番最初に教えるのは、
お客様の個人情報という物を如何に慎重に扱わなければならないかという事です。(普通は)

会員制サービスの多くは信用の上に成り立っている商売ですので、当たり前ですが企業は必死に守ろうとします。

原因はどうあれ個人情報と言う物は一件でも漏れてしまえば
その企業、店舗は信用を失ってしまうからです。
もっとダイレクトに信用=お金と考えて頂いても良いかと思います。

その点から言うと今回のソニーさんの対応は事前、事後共に非常に拙かったかな、と言わざるを得ません。
脆弱性自体は随分前から指摘されていた筈ですしね。

個人的には漏えい発覚後の経緯と
平井氏の朴訥な認識には割と真剣に驚いています。
これテキストにして研修の教材に出来ますよ。

あともう一つ、補填で無料体験とかどうでも良いので退会させてくださいw

18 ■無題

まあ個人情報といっても、通常の店舗などとは違ってネット上の得体の知れない情報も多数含まれてますからね。
同一人物による複数アカをはじめ住所等を詐称した海外アカ取得者も相当数存在するでしょうし、一番問題になるのはクレカ等の間違いなく正式な個人情報だという認識にはなると思います。
例えばアマゾンの個人情報なら配送先としてほぼ間違いなく正式な現住所が登録されますが、PSNではそうではありません。
もちろんだからといってSCEの過失が軽減されるわけではありませんが、対応が自己申告中心になるのはこういった状況も関係があるかと思います。
SCEとしてもどれだけの人のどれだけの正式な個人情報が漏洩されてるのか全く見当もつかないというのが現状なんじゃないでしょうか。

19 ■無題

SOEの情報流出は非常にまずかったなと思います。
何がであるかというと、5月1日の会見の段階で
ハッキングを受けていたことは認識していたはずなのに、
それを隠していたわけですから。
反省・謝罪の弁が形だけだと思われても仕方ない失態だと思います。

20 ■とりあえず

ソニーの冠がついた」製品は二度と買わないでしょうね、自分は。
どこでもミスはするでしょうけど、今回はあまりにも客を軽視しすぎ。
別に賠償なんかしなくていい。こっちは不買という手段に移るだけのこと。

21 ■無題

企業や店舗が情報流失させた場合
日本とかでも良くありますがただの個人情報に対する評価額というのは精々数千円レベルです
アダルトゲームの購入履歴まで流した所がありますが500円の商品券でしたね
今回のソニーの補填に対しては想定内のレベルだと思いますがどうでしょう、むしろ個別対応を検討しているのには好感が持てますが

22 ■コレが普通ではあってはならない…

意外に今回の事を容認してる人が多くて
少し驚いてます…
当然、情報を盗ったのが一番の罪です
しかし、企業が個人の情報を預かる責任を負う
仕事も請け負うのですから
相応の追求や責任を問われるのは
ごく普通の事です
信用を売りにしているのなら尚更です
管理が杜撰だと言われてもしかたない部分もあります
ましてや、日本だけで無く
世界を相手に商売をしてるのですから…
コレが日本だけだったらこんなには言われないでしょうが
世界の人の個人情報だという事を意識して欲しいです
日本では普通だと思ってても
世界では大事もしくは裁判沙汰なんて
まま、あることですから
長々とスミマセンでした

23 ■無題

こういうコメント欄にまで
企業によるステルスマーケティング・印象操作が見られるような…
(社長が一ブロガーと会合したり、なにかと怪しいものです)。

ユーザーに舌を出すような最低の会見だったと思います。

更に2,500万件超の個人情報漏洩が発覚し、
計一億件を超えてしまいましたね。

24 ■無題

よく、SONYは被害者と扱い銀行強盗等で例えている方がいますがお門違いもいい所です
お金を貰って提供しているサービスである以上、(これは映画視聴やPSアーカイブス等PSN全体を差しています)管理責任があるのは当然です
お金払って利用してた駐車場で車に被害があったり、自転車が盗まれたりしてもそこの管理人は何も悪くはないのでしょうか?

25 ■みんな大好き

ソニーの信頼に深刻なダメージがあったのは間違いないでしょう。
が、気になったことが一つ。
ソニーの対応が発表されるやいなやそこら中から
「海外では通用しない海外では通用しないどんな判断だ」と稲船敬二氏の霊がのりうつったみたいな大合唱。
ではこういうケースが起きた場合、海外企業はどう対応したのか聞いても答えてくれる人がいなかったので、自分で調べてみました。
アメリカ、イギリス、フランスの大手企業がクレジットカード情報を含む個人情報を流出した時の対応です。
どの企業も例外なく“クレジットカードに関しては個別に保障し、セキュリティの強化に講じた”だけです。
500円の金券すらなく、それ以上追及もされていません。
アダルトゲーム買ったのがバレたくらいで5000円もくれたどこかの店が超優良企業に思えます。
自分のことより海外様のことが気になってしかたない稲船病患者の皆さんは安心して下さい。
ソニーの対応は世界レベルです。
だからといってソニーが許されるかどうかは別問題ですが。

26 ■CSRとか

もう一方のコメント欄でも書きましたが、個人情報の
漏えい自体は、個人的にはネットを利用すると決めた
段階からある程度覚悟しておりましたので、今さら
鬼の首を取ったみたいにネットでのクレジットカードの
使用を控える云々と記載されている方の言い分は
理解しかねます。

必要なサービスを享受する上で甘受すべき一定の
リスクだと考えているからです。

ただし、他の方も仰っている通り、それを預かる側の
立場であるソニーが、そういったユーザー側の覚悟に
甘えているような体制については弁護する気は
ありません。いかなる場合でもベストを尽くして、
かつ、それを内外に十分アピールする必要が
管理側の企業には義務として求められるからです。

少なくとも、ソニーという企業が十分な責任・義務を
果たしていると(例え印象の問題だとしても)見えない
ことこそ、問題ではないでしょうか。


余談ですが、これだけネット決済が当たり前になり、
かつ、カード番号の盗用による被害が増えているにも
関わらず、JNBのワンタイムデビッドみたいなサービスを、
未だにクレジット会社辺りが何故始めないのか
疑問です。自社の被害を減らすにも有効でしょうに。

27 ■

ハッカーがもっとも悪なのはもちろんですが個人情報を預かっているわけですからそれを漏洩したソニーのセキュリティの甘さも当然非難されるべきと思います。

ただ、それに対する補償については一定の評価をしています。この辺が限度なのかなと。

その対応も非難している意見を見かけますが、どんな対応ならば納得できていたのかの意見がなく、ぜひ聞いてみたいところですね。

今後も利用することを考えている身にはどんな対策を取るのかを素人にも安心感を持てるように説明してくれるのかが最大の関心事ですね。

28 ■ 

半年前に然るべき対応をしていれば…
そこまででなくても一週間も隠蔽しなければみんな納得ですw

29 ■>クタリさん

1週間の沈黙は確かに問題あると思うし意味があったのかも疑問ですが、
仮にそこで情報漏洩を率直に公開してもそれだけでは
誰も納得しないと思いますけどね。

結局それでどうしてくれるの?って話になると思いますよ。
半年前にしかるべき対応ってのも漏洩する前に何とかできただろうって話ですよね?

この期に至ってどんな対応なら納得できたかってこととは違う気がします。

30 ■無題

PSN+一月無料とかはどうでもいいけれど、業界全体の問題と認識しているのなら、ユーザーだけでなくサードパーティと同業他社への謝罪もあって欲しかったし、反省を見せるために新製品の発表会やブロガーとの会食とか誤解を招くというよりも、揚げ足を取られかねない行動は自粛すべきだとも思う。

31 ■無題

個人情報流出への個別対応は当然ですよ。
実害がないのに補償はできないですから。
その上で利用者へ配布する金券額の過多なんていうのは、イメージ操作や批判回避が目的なので、補償とは別の話でしょう。

東電の件と似ているけど、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い的な一括りにした批判は
妬み僻みも透けて見えるので、あんまり気持ちのいいものではないですね。

32 ■無題

今回の件で表出化したのは、ゲームが次の未来として来た、
ハードに個人情報を登録しての、DL販売なり、ネトゲの管理なり、
更に行先には、ネットにハードを置くクラウド形態なりが、
常に相応の危険に晒されたものだと、再確認させられた事。
今迄は、企業のセキュリティ構築の前提上で成り立っていましたが、
今回の事件は、つまりゲームの未来形の根幹を揺るがす事件です。
他社のMSも任天堂も、心胆を寒からしめている事でしょう。

結果論としてソニーは、今回ハッカーを敵視する作戦に出、
かと言って、基本的と言われる欠陥も塞がず、情報開示も遅れ、
時間的に、既にこちらも調査中だった筈の子会社の流出も、
(恐らく、確度高い情報の為という初回時と同じ名目で)
1日の説明会には、一切触れる事さえもしなかった。
最もソニーが望んだ未来を、ソニー自身が信用を喪わせ、
失墜の極みに陥らせたのは皮肉と言わざるを得ません。

反面でクレジットカードや、規模ばかり騒がれていますけど、
「個人情報ならいいかー」という空気も、ユーザーにある気がします。
(まあこれは、国内だけかも知れませんが)
個人情報の流出だけでも、本来なら大事件なんですが、
ゲームする人独特の、世間との常識の乖離を感じたりも。

店頭での「PS3と360のどっちを選ぶ?」という選択肢は、
海外でしか現実的にされない訳で、販売面での影響も、
司法面での騒動も、結局今後は海外主導の話になりそうです。

規模が規模だし、将来的に流出問題が再度起こる可能性もあり、
現状の謝罪や対応が適切かどうかは、判断が難しい所です。
それだけ、空前にして(願わくば)絶後の事件という事なんですが。

33 ■無題

金のかかる360と比べてる時点でもうね

34 ■無題

ようするに東電と同じ感じでしょうか。
被害者には違いないけど、やるべき対策を怠った事で叩かれている。
事前に危険を指摘されてた事とか情報遅れも似てますね。


35 ■無題

河野さんはSCEIではなく、SCEJのプレジデントですね。
河野さんは日本地域でのビジネスを担当される方ですので、
ブロガーさんと直接お話してみたかったのではないでしょうか。
河野さんはゲームに関しては素人な部分もまだ多いでしょう。
大騒ぎと言っても、実際アメリカでの出来事なのでいつも通りの仕事をしているは多かったと思います。
呑気と言われれば、そうかもしれません。
しかし、大騒ぎすれば事態が改善する訳でもありません。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード