忍之閻魔帳

ゲームと映画が好きなジジィの雑記帳(不定期)


テーマ:

2007年08月02日発売■Wii:「FOREVER BLUE / フォーエバーブルー」
2009年09月17日発売■Wii:「FOREVER BLUE / フォーエバーブルー 海の呼び声」

記事タイトルは矢野顕子の楽曲からパクった。

発表になった時には既に発売1ヶ月前を切っているという
唐突なデビューを果たしたのが、「FOREVER BLUE」である。
タイトルからピンと来た方も多いと思うが
PS2で発売された「EVER BLUE」「EVER BLUE2」の
流れを汲む作品で、開発も同じアリカが手掛けている。

システムその他については、
メーカー以上に詳しいのではないかというほど
詳しい紹介記事をRistretto殿が書いておられるので
そちらを紹介しておこう。

【必読】一足早い夏休み リビング発、深海行き。前編後編Rambling Man

Ristretto殿の記事が完璧過ぎて
私の書けそうな事はほとんど残っていないので、
ここは少し目先を変えて、海中散策を題材にした作品の歴史を
ジジィ目線から書いてみる。

私は「エラ呼吸してるのでは」と言われるほど
水中が好きなので、海中散策が可能なゲームは
昔からけっこうな数を遊んで来た。
ファミコンやスーパーファミコンの時代には
ハード的な制約で実現不可能であったこの手のジャンルは
PS時代の幕開けと共に様々なメーカーから相次いで発売され、
嬉しい悲鳴をあげた覚えがある。
いくつか代表的な作品を挙げてみよう。


2008年09月25日発売■PS3:「AQUANAUT'S HOLIDAY 隠された記録」
1999年07月01日発売■PS:「アクアノートの休日2
1998年07月09日発売■PS:「b.l.u.e Legend of water」
1998年09月10日発売■PS:「ドルフィンズドリーム」

細かな部分に違いはあれど、いずれも海中散策をウリにした作品。
(「DEPTH」は少々毛色が違うので敢えて外した)
ゲームっぽさで言えば
「b.l.u.e.」→「ドルフィン」→「アクアノート」で、
「アクアノートの休日2」の「それだけでうれしい度」は
私の中で未だにこの手の作品の最高峰である。
「b.l.u.e.」と「アクアノートの休日2」は
幸運なことに公式サイトがまだ残っていたので紹介しておこう。
「EVER BLUE」でこの手のジャンルに初めて触れた方は
PS時代にもこの手の作品が存在していたことに驚くはずだ。
ちなみに、「アクアノートの休日」の最新作がPS3でも発売予定。


2002年08月08日発売■PS2:「EVER BLUE 2 / エバーブルー 2」
2002年08月08日発売■PS2:「廉価版 EVER BLUE / エバーブルー」

そして、PS2で登場したのが「EVER BLUE」。
上記作品をよほど良く研究したのか、
海中散策ゲーの良いトコ取りのようなシステムを採用。
PS2のグラフィックパワーを活かして
海中の様子もぐっとリアルになった。
「1」は廉価版も含めて2.7万本、「2」は1.5万本と
お世辞にもヒットとは言えないが、購入者の評価はすこぶる高い。


2007年08月02日発売■Wii:「FOREVER BLUE / フォーエバーブルー」
2009年09月17日発売■Wii:「FOREVER BLUE / フォーエバーブルー 海の呼び声」

今回、Wiiで発売される「FOREVER BLUE」は
「EVER BLUE」のタイトルを受け継いでいながら
「アクアノートの休日」寄りにシフトしているように感じた。
エアーの減り方が遅い等、細かな部分で「縛り」が減っているのも
本作の主目的があくまでも

「Wiiリモコンで触れる、海の世界」

であるからに他ならない。
海域の制覇や図鑑のコンプリートは
あくまでも「おまけ」なのだ。

海中で出会う魚たちを眺める。それだけでうれしい。
懐いた魚たちが自分の後を付いてくる。それだけでうれしい。
甲板に珍客がやって来た。それだけでうれしい。
水面から顔を出し、周囲の景色を眺める。それだけでうれしい。

エンヤやケルティック・ウーマンと同系列のアーティストで
フジテレビ系ドラマ「白い巨塔」でも美しい歌声を披露していた
ヘイリーの楽曲がゲーム中に流れれば、
そこはもう、まるで環境ビデオである。

●ヘイリー(Hayley Westenra)公式サイト
●白い巨塔・CD紹介ページ(ヘイリーの試聴あり)

私がもうひとつ気に入ったのは、
Wiiリモコンを「何かに見立てる」ことをせず
あくまでも「リモコン」として使用している点。
ポインタで移動先を指示し、決定はAボタン。
魚を撫でるのはリモコンを軽く振るだけ。
海中散策の大半の操作は、たったこれだけで事足りてしまう。
これこそまさに「リモコンを扱える人なら遊べる」作品であろう。

Wi-Fi通信を使えば、遠く離れた友人と一緒に潜ることが出来たり、
SDメモリに落とし込んだ自前の楽曲を
ゲーム中に使用することが出来たりと、
Wiiの機能もしっかり使いこなしている。

任天堂ブランドから発売されることで
これまでより多くの方の目に留まる機会が増えるのは
シリーズファンとしては嬉しいのだが、正直な事を言えば、
元々PS2で発売されていたシリーズであるし、
グラフィックの進化が臨場感のアップに直結するジャンルなので
PS3で遊びたかったという気持ちも。。。
(Wiiのグラフィックに問題があるというわけではない、むしろ凄い
アリカは、PS3に某シューティングゲームを移植しようと
SCEに企画書を持ち込んだところ、
「PS3クオリティではない」との理由で却下された過去があり、
この一件が無ければ、本作が「EVER BLUE 3」として
PS3で発売されていた可能性も、あるいはあったのかも知れない。

クーラーのきいた部屋で、お気に入りのBGMを流しながら
Wiiリモコン片手に海中散策。
今年の海は、準備運動も水中ゴーグルも要らない。

*当BLOGでの新作紹介は、
 1:あくまでも開発途中のROMを使ってのプレイであること。
 2:数分のプレイによる第一印象に過ぎないこと。
 3:発売までに内容変更の可能性もあること。
 を予めお断りしておく。
 簡単に言えば、「あまりあてにしないでくれ」ということだ。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  タイトル:フォーエバーブルー/FOREVER BLUE
  メーカー:任天堂
   発売日:2007年8月2日
    価格:5800円(税込み)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

sinobiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。