出版プロデュース
出版コンサルタント
出版コンサルティング
編集 会社
本の出版企画書の書き方
商業出版への道
商業出版するには
2010-03-11 10:01:44

本を出版することのメリットと効果

テーマ:書籍を出したい
本の出版は不特定多数の人に何かを伝えるには最善の手段です。
書店に並ぶ書籍には、それだけの信用力があります。
どうせなら、出版デビューして、その効果を上手に活用して、たくさんのメリットを享受しましょう。

本を出すメリットには次のようなことがあります。

・会社信用度がアップし、勝手にお客さんが集まってきます。
・名刺代わりに本を出すことで、優位に商談を進めることができます。
・マスコミが注目し、雑誌やラジオ、テレビなどの取材が来ます。
・弟子や社員希望者が全国から殺到します。
・その日から、著者であるあなたは「先生」と呼ばれますし、「第一人者」になれます。
・出版することで、同業他者に圧倒的な差が付けられます。
・同窓会にも参加しやすくなりますし、親戚、知人から一目置かれます。
・スナック、キャバクラで、モテます。(笑

そして何より、

・最大の親孝行ができます。

商業出版であれば、著作の印税収入を受け取った上で、これらの効果を手に入れることができるのです。
これらの効果は、お金を出して出版する自費出版や共同出版では得られません。

著作の印税は、定価×部数×印税率で計算されます。
通常、ビジネス書であれば、1500円×6000部×6%が一般的なので、54万円になります。
つまり、54万円を受け取って、上記のメリットを享受できるのです。

では、上記のメリットにあなたはいくらまで投資できますか?

その投資金額が54万円以下なのであれば、印税収入で回収は可能です。
しかも、広告に出稿したりして、普通にお金を出してもなかなか得られることのないメリットを無料で享受できるのです。

最初から最後まで、一切の持ち出しを無しに出版デビューする方法もありますが、かなりの時間と労力がかかります。
しかも、それでも出版デビューできるかどうかは微妙です。

それならば、最初にいくらから投資して、サクッと出版デビューしてから印税で回収する方が、早いし確実だったりします。
なかなか投資の発想を持つのは難しいかもしれませんが、出版デビューで得られる上記のメリットを再確認して、最短コースでの出版デビューを目指しましょう。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

出版プロデューサー@山田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

9 ■はじめまして!

出版のことで調べていたら、この記事に辿り着きました。

非常にわかりやすく、大変勉強になりました。なるほど、たしかに、本を出す事実ひとつとっても、相当メリットがありますよね。

実は、僕もつい先日、1冊の本を出版いたしました。僕は放送作家をやっており、いわゆる「話し方」の本です。これをどう効率的に宣伝するかで悩んでおり、素晴らしいブログに辿り着けました、ありがとうございます。

8 ■Re:出版は最大の親孝行

>書き出す掻き出す活気出す カキダスマーケティング 島村信仁さん

今までの実績で言えば、ほぼ100%喜んでくれますね。
最初に親に見せる瞬間は、その話をつまみにお酒が飲めるぐらいです。

7 ■出版は最大の親孝行

ズキューンと来ました。

親と離れて暮らしているだけによりその思いが強くなりました。

近いうちに最大の親孝行出来る人間になりたいですね(^.^)b

6 ■Re:キャバクラで・・・

>キャバクラの帝王@しんご 半年で店長になった男さん

最近、心筋梗塞になられた著者さんがいらっしゃるのですが、キャバクラに行くときは必ず携帯してますからね。
本人の名誉のために名前は伏せますが…(笑)

5 ■キャバクラで・・・

もてますか~(笑)

となれば、私の記事でご紹介させていただきますね~

4 ■Re:はじめまして

>おたまじゃくしさん

良かったです。
是非、出版に目覚めちゃってください。

3 ■Re:ペタありがとうございます

>ゆききぱなさん

是非、一緒に頑張っていきましょう!!

2 ■はじめまして

ペタからやってきた者です。
こんばんは<(_ _)>

本当に無知な私は
この記事を読まさせていただいて
とても勉強になりました。

自分と出版は無縁の世界かと想いますが,読んでいて
好奇心をくすぐられ
楽しかったです。

素敵な記事を
どうもありがとうございます。

寒い季節に入りましたが,
ご自愛ください<(_ _)>

1 ■ペタありがとうございます

密かに、いつかは本を出したいという願望があったので

私のブログに訪問していただき、嬉しかったです

出版のこと、全然分からないので、こちらのブログを見ながら勉強させていただきます

コメント投稿