発達障害者(自閉症スペクトラム・アスペルガー)が障害年金を貰いながら働くコツ

成人したアスペルガー娘の母である私から
発達障害者(自閉症スペクトラム・アスペルガー)が就労し
親亡き後も幸せに自立して行かれるために
必要な情報や心構え等お伝えして行きます。


テーマ:

(社)障がい者才能開発支援協会 代表理事で障害年金専門の社会保険労務士、岩田由美です。
ご訪問ありがとうございます

成人したアスペルガー娘の母である私が、発達障害の事、障害年金の事を中心に書いています。
  

プロフィール障害年金個人セッションお客様の声協会HPFacebook
お問い合わせ


昨夜、NHKのニュースで知った「おさるのジョージ展」。一緒に見ていた娘が「行きたい~」と言い出したので、急遽行く事に。

どうせ小さい子ども達がいっぱいで、子ども向けだろうと思っていたのですが… とんでもない! 見事に裏切られました。

 

{19834862-AB4D-4C5C-8C30-64273DB6EDE8}

作品の描かれた時代背景と著者の人生を初めて知りました

はるか昔、小学校の低学年だった時。学校の図書室にあった「ひとまねこざる」シリーズ。好奇心旺盛、いたずら好きの「おさるのジョージ」が引き起こす事件?の数々。

当時は6冊が刊行されていて、何度も読みました。家にも何冊かあったかしら?

成長とともにジョージの事はすっかり忘れていましたが、数年前。NHKで放送された「おさるのジョージ」で再会! 娘もすっかり気に入って、2人で見ていました。

やっぱり人気があるから? 今回の「おさるのジョージ展」となり、日本初公開となる原画を見る事ができたのですね。あ…子どもの頃は何も知らず、ただ面白いというだけで読んでいたのね。

ドイツ系ユダヤ人だった作者夫妻が、戦火の迫るパリを脱出してアメリカに渡った経緯。ちょうど今日のNHKBSでも特集が放送されたので、ご覧になった方もいらっしゃるかしら?

身の危険の迫る中、無事にアメリカに渡った夫妻の描いた「ひとまねこざる」には、ヨーロッパの事もニューヨークの事も映し出されていた。こんな事、子どもの頃は気がつかなかった。

 

まあ、こんな調子で。「行きたい」と言い出した娘よりも私の方が夢中になり、娘の障害者手帳の恩恵をありがたく受け取ってきました。

そんな私を置いて、さっさとグッズを物色する娘。グッズも充実している事! それでも買ったのはノート1冊だけ。


image

 

NHKが放送に力を入れてるから?これから会期末に向けて混んでくるかもしれませんね。
 

 

そんな「おさるのジョージ展」は8月21日(月)までです。

 
 

今日も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

「9月12日(火)開催 就労支援&障害年金セミナー」
 ※ 日 時   :   平成29年9月12日(火)14時~16時半
 ※ 場 所    :   横浜市市民活動支援センター(最寄駅はJR根岸線桜木町駅)

 ※ 内 容  : 14時~14時45分 「これだけは知っておきたい障害年金の基本」
          15時~16時30分 (株)アイエスエフネットジョイでできる事
 ※ 資料代  :  500円

     
 お申し込みは、こちらからお願いいたします!
【発達障害と上手に向き合い人生が変わる!個人セッション】
料金 1時間100005000円(2017年8月31日受付分まで)

●スケジュールの方は、調整させていただきます!

●スカイプもしくは横浜駅周辺での対面で行います!

●ご感想を書いて下さいね(匿名・イニシアルでもOK)

●詳細は、下のバナーをクリック! ↓

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

(社)障がい者才能開発支援協会 代表理事 岩田由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります