お気楽闘病記

shiyohのツラいだけじゃない、笑いがいっぱいの子宮頸がん闘病記。

いらっしゃいませ。

このブログは2006年8月に子宮頸がん(ⅡB)と分ってからのお気楽な闘病記です。。初めていらっしゃった方は「はじめに 」からご覧下さい。現在は経過観察に入っているので、闘病以外の日記が多くなっています。闘病記をご覧になりたい方は左側の「テーマ一覧」から該当するテーマをお選び下さい。

チューリップ赤 ↓ クイックリンク ↓ チューリップ赤

病歴 」「子宮癌患者に100の質問 」「おはげ記録 」 「プロフィール


同じような病気の方やそのご家族の方、それ以外の方ともいろんなお話が出来たら嬉しく思います。尚、不適切と思われるコメント等は、予告なしに削除する場合がございますので、ご了承下さい。

また、営利目的の読者登録は承認いたしませんのでご了承ください。


↓ランキングに参加中です。お暇でしたら、ポチっとお願いします。
ランキング


テーマ:

3月12日(土)晴れ

屋久島3日目は、安房川のリバーカヤックです。

本当は白谷雲水郷に行きたかったのですが、体力と帰りの船便との関係で断念。

でも、ジェイミーは初カヤックだし、山の次は川もいいね~ってことで。

 

その前に、まずは朝食♪

前日は朝食もお弁当だったので、ホテルの朝食はこれが初めて。

右下にある魚はトビウオ♪

海を眺めながらの朝食は美味しかった~!

 

外はやや雲があるものの、晴れていて、前日のような寒さはありません。

 

8時にリバーカヤックのガイドさん(トレッキングのガイドさんとは別の方)が迎えにきてくれて、2泊お世話になったホテル(シーサイドホテル屋久島)とお別れして、いざ、安房川へ!

 

晴れたとはいえ、少し肌寒いので、防水・防寒対策ということでレインウエアをレンタル。

 

 

この歳でオーバーオールを着るとは思っていなかった(笑)

 

陸の上で、オールの使い方を練習してからカヌーに乗り込みました。

(私は昨年、沖縄でもカヤック体験をしたので、余裕余裕♪)

 

ガイドさんに漕ぎ方のアドバイスを受けたり、屋久島の自然について教えてもらったりしながら上流を目指します。

沖縄に行ったときに購入したスマホの防水ケースのおかげで、写真撮影もバッチリ!

 

こんな景色が貸し切り状態!贅沢~!

 

ジェイミーは最初は漕ぐのに少し苦労していましたが、徐々に楽しめるようになってきたようです。

 

ガイドさん撮影。

 

上流はさらに水の透明度が増して、川底が綺麗に見えます。

カヌーが漕げるギリギリまで上流に行き、ここでもコーヒーブレイク♪

 

ボケボケ(笑)

この日はカフェオレとお菓子をいただきました。

美味しかった~!

 

この川をもっと上流に進むと、昨日休憩した小杉谷に行けるそうです。

 

休憩の後は、下流に向かってのんびりと漕ぎます。

ガイドさん撮影。

 

帰りは自分のペースでどうぞ、とのことだったので、まずはグイグイ漕いで漕いで漕いで(レースに出られるんじゃない?って思ったw)、その後、休憩~。

ガイドさん撮影。↑わてくし

 

放水場で波乗りをして、ずぶぬれになったり・・・

 

ジェイミーは自然を満喫したり・・・

ガイドさん撮影

 

私は写真撮影を楽しんだり・・・

 

3時間弱の短いツアーでしたが、のんびりと楽しめました!

 

その後、ガイドさんに屋久うどんのお店(屋久どん)まで車で送っていただきました。

(ガイドさん、ありがとう!)

 

 

首折れサバ(ゴマサバのことで、漁師さんが鮮度を保つために首を折って持ち帰ることが名前の由来らしい)の出汁がきいたおうどんで、トビウオのすり身のようなものが入っていて、美味しかったです~。

店内は屋久杉をふんだんに使っていて豪華でした!!

 

船の出港時間が近くなり、いよいよ屋久島ともお別れ・・・


 

待合所で「楽しかったね~」「また来ようね!」「次は白谷雲水郷と太鼓岩!」などど話していると、

 

後ろから「〇〇さん!」という声が。

 

なんと、昨日のトレッキングでお世話になったガイドさんがお見送りに来てくださいました!

しかも、タンカンのお土産まで持ってくださいました!しかも2袋もいただいてしまった!

 

やだ、惚れてまうやろ~!!!(笑)

 

いや、本当にありがたいです。

へなちょこ母娘の引率はさぞお疲れだったでしょうに、こんなにしていただいて、恐縮です。本当に有難うございました!

次回、屋久島を訪れるときには、やっぱり同じガイドさんにお願いしたいわぁ!!

 

そして、乗船の時間に…。

 

ガイドさんに見送られながら高速船に乗り、鹿児島へ。

屋久島の自然とあたたかい人たち、ありがとう~!!

 

鹿児島空港ではお土産を買ったり、名物の山形屋のかた焼きそばを食べたり・・・

(ものすごい量!!)

 

最後まで楽しい時間を過ごしました。

 

ジェイミーがヒザにアザを作った以外は、トラブルもなく、本当に楽しい3日間でした!

 

お留守番をしてくれたγ、次女のぴよ、そしてリク、有難う!

また遊びに行かせてね(笑)

次は何に挑戦しようかな~?(笑)

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

※熊本地震により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。1日も早く安心して暮らせる日々を取り戻せますように。

【LINEスタンプ発売】「アリクイとハシビロコウ」シヲリ&しよう

 

 


LINE

 


ファイザー製薬:『がん患者入門』

↑先輩患者からあなたへ

(イラスト&先輩患者としてちょこっと協力)

PDFのダウンロードも可能です。


◆ノバルティスファーマ:乳がん羅針盤

漫画は画面左の「マンガでわかる乳がんと家族」 からご覧になれます。

第5話までUPされています音譜

 

◆エーザイ:行く?行かない?乳がん検診 ・ 乳がんみんなでつくる知恵袋

PDFのダウンロードもできます。乳がん以外の方もぜひ~。

 

◆中外製薬:がん情報ガイド「がんに関わるお金のはなし

PDFのダウンロードもできます。

高額療養費制度や医療費還付金など、お金の話を分かりやすく解説

(イラストは描いていませんが、スライド作成など制作で参加しました。)

 

 

いつも応援有難うございます!

お気楽闘病記-バナー
ブログ村 がん・腫瘍

 

 

 

AD
いいね!(37)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

縄文杉へのトレッキング編の後半です~。

 

翁杉を過ぎると、いよいよウィルソン株です!

 

株なので、外から見ると、ただの株です・・・!(笑)

ウィルソン株

大正3年い調査のために屋久島を訪れたアメリカのしょくぶく学者アーネスト・ウィルソン博士の名前をとって名付けられた切り株です。

 

なぜここが人気スポットかというと・・・切り株の中にその秘密が!!!

 

ウィルソン株内部?

 

なんと、心霊スポットでした!!

 

・・・って違うし!!(写真はジェイミーww)

 

 

ウィルソン株内部

 

切り株の中は10畳ほどの広さの空洞で、ある場所から見上げると、ハート型に見えるのです♪ ハイシーズンだと、このハートを見るために渋滞になるらしい…。

 

逆に、私たちは先客がいなかったので、どこから見上げれば良いのか分からず、キョロキョロしていたら、ガイドさんが教えてくれました。

ハートの中から見える新緑も美しい~♪

 

記念撮影もしてもらい、さぁ、あとは縄文杉~!

 

・・・と思ったら、後ろから

 

ドコッ!!という音。

 

振り向くと、両膝をついてお辞儀をしているジェイミーが

「痛い・・・」とうなっていました。

 

どうやら木の根に足をとられて転んだようです。

 

あまりに痛そうなので、「登山もここまでか??そもそも下山できるのか?」と

心配したのですが、しばらく休憩したら「まだ痛いけれど、歩ける」とのこと。

 

ホッあせる

 

とりあえず、半月板を損傷したとかではなさそうなので一安心。多分、青あざになるだろうけどね・・・。

 

ということで、ここからレンタルしていたストックを使うことに。

 

そして、ここからが一番キツイ道のりです。

地獄の1丁目、2丁目、3丁目(または心臓破りの1丁目~)と呼ばれるコースで急な階段と坂道の連続で、さらに足元の木の根が滑るので、慎重に休憩をしながら進みます。

 

そんな道を1時間近く歩くと、そこには「大王杉」が!

樹齢3000年以上の屋久杉。とても堂々としていて、木の上に霞がかかっているので何とも言えない荘厳な雰囲気のある樹でした!

登山道の反対側に見学用デッキがあるせいで、一瞬見逃がしそうだったので、振り返ってビックリでした!(同じように、通り過ぎざまに気が付く人も多かったww)

 

そして、驚いたことに、ここからが自然遺産登録された区域らしい。

 

え、今までは違ったのか~!! まぁ、自然遺産じゃなくても十分癒されたけどね~。

 

大王杉を過ぎると、次に出てきたのが「夫婦杉

 

推定樹齢2000年&1500年。地上10mのところで2本の杉が融合している姿が夫婦の姿に見えるので「夫婦杉」と呼ばれるそうです。

ふぅ~ん。手をつながない夫婦もいるけどね(笑)

 

ちなみに、杉同士の融合のほか、ヒメシャラという木(つるつるの木)は杉とは植生が異なるので融合せず、ヤマグルマやナナカマドは杉に巻き付くので「絞め殺しの木」とも呼ばれるそうです。

 

ここまで来たら、縄文杉まであと少し!

 

途中、マグロ頭と呼ばれる倒木に頭を突っ込んだり・・・

触れる縄文杉に抱きついてみたり・・・

 

 

徐々に冷たくなる空気を感じながらひたすら歩き、

 

最後の階段を上ると・・・

 

ついに目の前に縄文杉~!!

 

見学用デッキが少し離れているので、写真に撮るとあまり大きく見えないけれど、現在確認されている屋久島で最大の屋久杉。樹齢は2170~7000年と所説があるそうですが、静かに様々な時代を眺めてきたであろうその姿は、とても風格がありました。

 

 

ここまで楽しく優しくサポートしてくださったガイドのOさんと記念撮影♪

 

人が少ないのをいいことに、写真を撮りまくったあとは、もう少し登ったところにあるあずまやにて昼食。

 

 

気温は3度。リュックに入っていたお弁当は、冷蔵庫から出したばかりのような冷たさになってしまっていたけれど、ガイドさんが用意してくださった温かいお味噌汁が美味しいのなんのって!! 携帯用の座布団もお尻が冷えずにありがたかったです。

 

でも、寒い!吐く息が白い・・・。

 

ということで、食事を済ませたらもう1度、縄文杉を見て帰ることに。

 

すると、さっきまで晴れていたのに、あっという間に縄文杉の周囲にはもやがかかり、さらに神秘的な姿になっていました!

いつか倒れてしまうかもしれないけれど、ずっとそこに居続けて見守ってくれるような、そんな存在でした。

ありがとう!縄文杉!(ありがとう!ガイドさん!)

 

帰り道の途中で、高塚小屋の屎尿(40L)を運ぶガイドさんに遭遇。40Lなので40kg・・これを担いでものすごいスピードで山を上り下りしていました。すごい!そして、こういう方がいて下さるので私たちは観光ができるのだな・・・と気が付かされました。ありがとうございます!

 

帰りは下りが多いので、歩きながら写真を撮る余裕も出てきました。

 

倒木に苔が生え、そこに木の芽が出て、やがて大きな木になる。ゆっくりと再生される世界にじーんときたり・・・

 

自然が作りだすアートの世界に感動したり・・・

 

下りはあっという間に大株歩道入口まで帰ってきました。

 

 

大株歩道入口の滝。橋の欄干にカメラを置いて、スローシャッターで撮影♪

 

ここからは再びトロッコ道。

 

山道では恐る恐る岩場や階段を下りていたジェイミーの足取りが急に軽やかになっていました(笑)

 

途中、白谷雲水郷にあるような苔むす場所があり、うっとり。

 

寒さ以外は、意外と元気な2人。ジェイミーが転んでからペースが少し落ちたものの、予定通りの時刻に小杉谷橋まで来たので、河原に降りて休憩。

 

 

下から見上げると、小杉谷橋って、欄干はあっても橋の左右はスカスカだったのね(笑)

 

河原では、ガイドさんがコーヒー豆をその場で挽いて、温かいコーヒーを淹れてくれました!

 

 

美味しかった~!!寒さも疲れも吹き飛びました!

 

コーヒーブレイクのあとは、30分ほどのトロッコ道を歩きます。

10時間前に歩いたときは真っ暗だったんだな~とか、まだ帰りたくない~!とか考えていたら、あっという間に荒川登山口に到着。

自然館で募金をして屋久杉の箸置きをもらい、バスへ乗り込みました。

 

バスでは爆睡するかな?と思ったのに、なぜか興奮していて眠れず、道中一度も遭遇できなかった屋久鹿を探したり、ジェイミーとしゃべっていたらいつのまにか30分経っていました。

 

その後、ガイドさんにお土産屋さんに連れて行っていただきお土産を購入(ガイドさんと一緒だと割引料金で購入できた♪)。再びシンディー・ローパーを聴きながらホテルへ。

 

18時30分。ホテル到着~。 本当にお世話になりっぱなしだったガイドさんとお別れ。

また屋久島に来たら、また是非ガイドしてもらいたいわぁ~!!

 

冷えと疲れた身体を大浴場でほぐし、温かい夕食~!

 

美味しかった~!

 

こうして2日目の縄文杉トレッキング終了しました!!

行って良かった!!

 

今回も長文にお付き合いいただきありがとうございました!


つづく

 

※熊本地震により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。1日も早く安心して暮らせる日々を取り戻せますように。

【LINEスタンプ発売】「アリクイとハシビロコウ」シヲリ&しよう

 

 


LINE

 


ファイザー製薬:『がん患者入門』

↑先輩患者からあなたへ

(イラスト&先輩患者としてちょこっと協力)

PDFのダウンロードも可能です。


◆ノバルティスファーマ:乳がん羅針盤

漫画は画面左の「マンガでわかる乳がんと家族」 からご覧になれます。

第5話までUPされています音譜

 

◆エーザイ:行く?行かない?乳がん検診 ・ 乳がんみんなでつくる知恵袋

PDFのダウンロードもできます。乳がん以外の方もぜひ~。

 

◆中外製薬:がん情報ガイド「がんに関わるお金のはなし

PDFのダウンロードもできます。

高額療養費制度や医療費還付金など、お金の話を分かりやすく解説

(イラストは描いていませんが、スライド作成など制作で参加しました。)

 

 

いつも応援有難うございます!

お気楽闘病記-バナー
ブログ村 がん・腫瘍

 

 

AD
いいね!(15)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
母娘で屋久島旅行。2日目です。
メインイベントの「縄文杉を見に行こう!」です。

3月11日(金)曇り ジェイミーの27歳の誕生日(笑)

島のほぼ中央にある縄文杉を目指して、往復10時間~11時間(休憩あり)のトレッキングです。
おおざっぱな地図はコチラ↓


MAP

3:00起床
4:00ホテルで朝食と昼食のお弁当を受け取り、ガイドさんのお迎えの車へ
 車で移動中のBGMはシンディ・ローパーでした♪
4:40 屋久杉自然館到着 トイレをすませて登山バスを待つ(真っ暗!)
5:00 登山バスで荒川登山口へ
5:40 荒川登山口到着!(星がいっぱい見えた!)

荒川登山口でまずは朝食~。


朝食

さすがに朝からおにぎり2つは食べられなかったので、1つはおやつに取っておくことにしました。
朝食後、トイレ。

トイレは荒川登山口、小杉谷山荘跡、大杉歩道入口の3カ所(他に、携帯トイレブースあり)なので、
まずは荒川登山口のトイレ(ゆったりしているし、比較的綺麗)で、最後の1滴まで振り絞る(笑)

いや、これ、大事ですよ。

ただでさえ女性のトイレ事情はなかなか厳しいのですが、いまだに排尿障害がややあるワテクシは、念のため携帯トイレも持っていきました。
実際には、携帯トイレブースではメンタル的な問題で1滴も出せなかっただろうな・・・。
この日はとても寒かったので、水分の取りすぎには注意しました。

そんなこんなでトイレを済ませて、いざ出発~!!


START

夜明け前なので、ヘッドライトをつけて出発~!
もちろん、ヘッドライトをつけただけでテンションがあがる2人(笑)

しかし、すぐに手すりのない橋をヘッドライトの明かりを頼りに渡ることになり、ジェイミーがビビる(笑)

30分ほど歩くと、ようやく明るくなってきました。

まだ暗い

しばらくはこのトロッコ道を歩きます。
枕木の幅がバラバラなので、少し歩きにくいのですが、私は結構楽しかったです♪

写真を見てわかるように、ガイドさん、ジェイミー、私の順番で歩いています。

・・・年齢的にワテクシのほうが不安要素が多いような気がしたのですが、人間的に不安要素が多いジェイミーを真ん中にしました(笑)


1時間弱くらい歩いたところで、最初の屋久杉♪


最初の屋久杉

樹齢1,000年を超えた屋久杉を「屋久杉」と呼ぶそうなので、この杉はまだ「小杉」と呼ばれるものだそうです。結構立派な杉なんですけどね・・・まだぼうやなのね(笑)


しばらくすると、小杉谷橋に到着~。

小杉谷橋

長さ42mで、左右欄干もあるので安心・・・とはいえ、枕木には隙間があるし、高さもあるので、またもやジェイミーがびびる(笑)
よく見ると、左右は枕木が届いていないし(笑)

ちなみに、この下は安房川。

「この下の風景が、もののけ姫でサンとアシタカが出会った場所のモデル」というのを聞いて・・・


我が名はアシタカ!


「我が名はアシタカ!!!」と大声でいってみたものの、返事はありませんでした(笑)
ま、アシタカっていうよりババタカですけどね!!


小杉谷橋を渡ると、小杉谷集落跡
林業が盛んだったころは、ここで普通に人々が暮らしていたんですね~。

集落跡

ここには学校もあったそうです。

この近くに小杉谷山荘跡があり、トイレもあります。
(バイオトイレらしいのですが、使わなかったので使い心地は分からず)


其のあとは、安房川沿いに少し歩いてから、河岸に降りて休憩~。


休憩

水がとてもきれいでした~!
写真に写っている2人もきれいでした~!・・・ってことにしておこうww

ここで、ガイドさんにおやつをいただいたり、水分補給。

そして、ガイドさんが「もののけ姫は好き? じゃぁ・・・」

コダマコダマを置いてくれました。


コダマ

やだ、かわいい!!!ラブラブ

ガイドさんもカメラがお好きとのことで、しばしカメラ談義もしました♪

休憩後は「ちょっと登山の練習ね~」ということで、トロッコ道ではなく、岩場を登ることに。
・・・あ、やっぱり息が切れる。ガイドさんは鼻歌まじりで登っているのに・・・。

でも、このちょっとした登山、実はショートカットコース(400mくらい短くなったらしい)だったそうです♪


なんとかトロッコ道に戻ってきました。

トロッコ道

再び、トロッコ道を進むと三代杉に到着~!(Jソウルじゃないのよww)


三大杉

1500年前に倒れた樹齢1200年の屋久杉の幹に2代目が発芽し育成。
その2代目が樹齢1000年のころ、伐採され、その切り株の上にさらに3代目が発芽して今の姿になったそうです。 そのころには1代目は朽ちてしまうので、空洞になっています。

すごいな~!! 屋久島にはこんな木がいっぱいあります。

ここからは、しばらく単調なトロッコ道でしたが、ガイトさんが苔の種類を教えてくれたりしたので退屈せずに歩けました♪

40分ほど歩くと、仁王杉に到着。
仁王杉は「阿」と「吽」があったそうですが、現在は阿形のみ。

阿形

真ん中のコブのようなものが仁王像が「あ」という口を開けているように見えるらしい・・・。
葉がじゃまでよく見えないけど・・・^^

ここまでくると、トロッコ道もあと少し!!
というところで、後ろからトロッコが来た~!!


トロッコ

当たり前だけど、トロッコってエンジンのついているものだったのね^^
イメージはインディージョーンズのような手漕ぎだったので、ちょっとビックリ!
働くおにーさん達を乗せて、登っていきました。

トロッコを見送ってしばらく歩くと、トロッコ道の終点であり、大株歩道の入口に到着~。
9時前だったような気がします。

ピーク時には長蛇の列となるトイレも、オフシーズン&早朝出発のおかげですぐに使えました。
トイレは水洗トイレです。

この後は、いよいよ登山なので、朝食の残りのおにぎりを食べて、パワーチャージ!
いざ、大株歩道へ!!

・・・いきなり急な階段と岩場。階段は高さがあるし、岩の間には木の根がいっぱいあって滑る!!
歩道って・・・登山道だよね。


とりあえず、滑らないように注意しながら、すれ違う人には愛想よく挨拶をして登る。
長くて急な階段は、途中でガイドさんが止まっていてくれるので、息を整えつつ登りました。

30分ほど歩くと、翁杉に到着~。

翁杉

樹齢2000年とも言われたが、2010年に倒れてしまったそうです。

木が倒れた時に、周囲の木々も倒れるので、その場所は日当たりがよくなり、次の代の樹が生育する環境になるそうです。既に苔とともに、木の芽が出てきていて、倒木更新が始まっているようです。

すごいな~!!
ちなみに、ここで標高1,000mです。

翁杉を通り過ぎると、あとちょっとで楽しみにしていたウィルソン株!!!


が、長くなったので、今回はここまで(笑)
お付き合いいただきありがとうございました!


つづく


【LINEスタンプ発売】「アリクイとハシビロコウ」シヲリ&しよう


 


LINE



ファイザー製薬:『がん患者入門』

↑先輩患者からあなたへ

(イラスト&先輩患者としてちょこっと協力)

PDFのダウンロードも可能です。


◆ノバルティスファーマ:乳がん羅針盤

漫画は画面左の「マンガでわかる乳がんと家族」 からご覧になれます。

第5話までUPされています音譜


◆エーザイ:行く?行かない?乳がん検診 ・ 乳がんみんなでつくる知恵袋

PDFのダウンロードもできます。乳がん以外の方もぜひ~。


◆中外製薬:がん情報ガイド「がんに関わるお金のはなし

PDFのダウンロードもできます。

高額療養費制度や医療費還付金など、お金の話を分かりやすく解説

(イラストは描いていませんが、スライド作成など制作で参加しました。)



いつも応援有難うございます!

お気楽闘病記-バナー
ブログ村 がん・腫瘍





AD
いいね!(28)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。