あれがいいとか、悪いとか。

ちょっと方向を変えて、ブログを書こうと思います。
プロフィール>http://juncoito.blogspot.com

MYヒーローは、

不毛のアメリカにりんごの木を植えていった、ジョニー・アップルシード。

あなたのヒーロー、ヒロインは誰ですか?


テクノラティプロフィール

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
NEW !
テーマ:
元記事は朝日新聞デジタル。http://www.asahi.com/articles/ASH7J6GVQH7JUEHF00V.html?iref=com_alist_6_02


さて、就活中の女子大生のみなさんから、「マスコミに関心があるので、ちょっとでいいので会って話を聞かせてください」というようなメールをいただきます。

だいたい、自己紹介なし、シグニチャー(署名)や連絡先なし。

「マスコミ」って、いったい何? って、私のほうが聞きたい。

「雑誌の仕事をしたい」という人もいるけれど、「雑誌の、何がしたいの?」と聞き返します。


マスコミや出版に関心があるという女子大生たちは、驚くことにブログも書いていないし、FacebookもTwitterもやっていない人が多いんですね。

では、何をやっているかというと、飲食店などでバイトをしている。


もちろん飲食店でも学ぶことはあると思うけれど、「マスコミ志望」なら新聞やら本やら、とにかく「読む」ことが基本だし、「書く」ことも基本。

読み書きできない人はマスコミでは働けないよ!


ちなみに「ライター」は、資格などがないので、自分で名刺を作って「ライター」と肩書きをつければOK。

その名刺を持って、あちこちの雑誌編集部に売り込みに行ってみることです。

編集の実績をつけたければ、小さな編集プロダクションでアルバイトをしてみるというのもよいかもしれません。


クリエイティブな仕事をやりたいと思ったら、とにかく行動あるのみ、です。


社会保障や仕事の規模など総合的に考えれば、大手企業に勤められるのならそれに越したことはないけれど、小さな会社で実力発揮するのも悪くはない人生です。


「やりたいことが見つからない」という場合は、大手に入って与えられた仕事をがんばるか、あるいは、小さくて面白そうな会社を見つけて「修行」するか、のどちらかでは?


私は、若いころは楽しいことばかりやっていたように思いますが、自分ががんばれることをやるのが一番よいように思います。

がんばっていることが、10年後、20年後の自分に返ってくるんですよ。

だから、焦らないで、いい出会いがあったら、そこに突き進むのがよいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:
ひろゆきくんのブログだそうです。http://getnews.jp/archives/1062424

生活や仕事をしていると様々な選択肢があるわけですが、コロンビア大学の教授が調べたところ、1日に平均的なアメリカ人が選択出来るのは70個ぐらいだそうです。
情報を入手して選択をするってのは、結構エネルギーがいるんですよね。

「シーナ・アイエンガー:選択をしやすくするには」 『TED』
http://www.ted.com/talks/sheena_iyengar_choosing_what_to_choose/transcript?language=ja




本を書くっていうのは相当なエネルギーがかかるから、

そんなことをしていると仕事ができなくなる、というようなことを言いたいのかな?


確かに、本を書くのにはエネルギーがいりますが、

私は、>経営者ほど、本を書いたほうがよい と思います。


なぜなら、

本を書くことによって、考えがまとまり、しかも「書く」ことが社会的にコミットすることにもなり、仕事をする目的が明確になるからです。


「ブログを書く技術(と時間)があるなら、本を書きなさい」と、私は勧めています。

私はそうした出版をおすすめする仕事をしているからでもあるのですが、

出版した会社で傾いたところはありませんよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
今日は、中小機構で「販路開拓コーディネーター勉強会」に来ています。

販路開拓コーディネート事業は、登録・承認されたコーディネーターが、中小企業の販路開拓を支援するというもの。

コーディネーターの9割以上が、大企業のOBのおじさまたちで、時にはメンターのような助言などをすることもあるようです。

「~ようです」と他人事なのですが、私はあまり積極的にこの事業に関わっていかなったこともあり、今日は久々に参加しているところです。

「勉強会」として、コーディネーター事業の概略などの説明のほか、企業のコンプライアンスについての話や、事例の紹介などがありましたが、「支援企業は、こんなに非常識なこともあるんだよ」という話も。

たとえば、約束している場所や時間を間違えたり、名刺を持っていない、資料が間違っている、など。

いやほんと、時間厳守。気を付けなくてはいけません。

名刺がない!

これもアウトですね。

ま、そんなことなどなど、気が付いたことを上司のごとく目を光らせ、テストマーケティングのお手伝いをする、というのがこの、販路開拓コーディネーターの仕事というわけです。


私も先日、ある企業のお手伝いをさせていただきました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
さてさて、最近悩むのは、「何を着るか」ということ。

外は猛暑。世の中の傾向はクールビズ。

一般的には「軽装」でもOKという企業が増えています。

男性もノーネクタイ、ノージャケットの人が増えています。



でも、私は昭和の女。

「ちゃんとした会社」にはスーツです。

真夏でも、猛暑でも、「バカじゃない?」って言われようと。

相手(クライアント)がアロハシャツを着ているようなところであれば、アロハウエアを着ていくかもしれないけれど、逆はあり得ません!

相手がカジュアルであっても、こちらはコンサバティブがルール。

何のルールかって、「私のルール」です。

相手(や相手の会社)に対する敬意を払う姿勢が、私にはスーツがよいと思っているから。


講師をさせていただくときもスーツですが、

シック(あるいは地味)に行くか、明るい色で行くかは、場所や、人や、テーマによって替えます。

女性ばかりの会のときは、くだけた雰囲気を大切にするために、ワンピース、とか。



フリーランスで仕事をしている私の友人は、会うたびに、いつも彼女らしい雰囲気の服を着ていて、堅苦しいスーツなど着ているのを見たことがないのですが、それはそれで「自分らしい」演出ができていて素敵だと思います。

私の妹も、いつもアジアンテイストの服を着ていて、それがまたよく似合うので、スーツ姿だとかえってスタイリッシュには見えません。彼女もやはり彼女の世界をファッションで表現できているのだと思います。


でも、私は、残念ながら、自分の世界を服で表現するまでには至らず。

しかし、ちょっとオシャレで、マジメに仕事をやっていそうな雰囲気を出したいというときには、やはりスーツしかないな、と思っています。



スーツは、考えようによってはとても便利で、頭を使わなくても「ちゃんとして見える」

ただし、就活用の安いスーツはダメです。絶対におススメしません。

生地が安っぽいし、スカートが短すぎるし、エレガントにはほど遠いし。

スーツっていうのは「ちゃんとして見える」ために着るわけですから、よいものを選ぶほうがよいと思います。


その代り、カジュアルはうーんとラフでもよいと思うんですよね。
 

オンとオフ、ハレとケ、の区別がついていることで、気持ちの切り替えもできる、と思っていますが、みなさんはどうですか?




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
仕事をしていると、必ずしも物わかりがよい人ばかりとは限らなくて、どうもイライラする人とも当たってしまうこともあるものですよね。

「若いころや、下っ端のころなら文句も言わずにがまんするしかないかもしれないけれど、ある程度のトシになったら、面倒な相手とは仕事しないに限る」なんていう勇気ある友人もいますが、私なんぞはつい、「まあ、あの人も悪い人じゃないし」なんて思って、自分のほうがへこたれたりしてしまいます。

ところで、「さばさば」という言葉の語源を調べてみたら、「さっぱり」という意味の「さは」が重なり、「さは やか」(爽やか)から、「さはさは」=「さっぱさっぱ」=「さばさば」となったようです。

ということは、サバサバしている人というのは、爽やかな人、ということでもあるということですね。

では「爽やか」とはどういうことか。

デジタル大辞泉によると、

[形動][文][ナリ]《歴史的仮名遣いは「さわやか」とも》
1 気分が晴れ晴れとして快いさま。さっぱりとして気持ちがよいさま。「朝の―な空気」「―な人柄」《季 秋》「―に日のさしそむる山路かな/蛇笏」
2 はっきりとしていて聞きやすいさま。「―な声」「弁舌―に話す」
3 思い切りのよいさま。
4 きれいで鮮やかなさま。

とのことです。

「思い切りがいい」を英訳すると「decisive」という言葉が出てきますが、これをまた和訳すると「決定的な」「決定力のある」「重大な」「決断力のある」「断固とした」「きっぱりした」「明白な」「疑いのない」という言葉が出てきます。

思いきりがいいということは、きっぱりと決断するということなんですね。

要するに、サバサバとした人というのは、決断力があって、爽やかである、ということのようですが、それって、仕事をする人には必要なことですよね。

私もそうありたいものです。


サバサバしてるってどういう性格? ブログネタ:サバサバしてるってどういう性格? 参加中




いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
楽しみなことは!!! 新しい女子ネットワークがスタートすること!

農業や食に関心がある女性のみなさん、つながりませんか?

農業や地域の情報と、食のプロや食ビジネスで活躍している女性たちの情報と、そのほか、役立つ情報など、いろいろな情報交換をしながら、相互に応援しあおうというのが目的です。

9月28日にダイワハウス東京本社でキックオフ・イベントをやります。(無料です!)

詳細はおいおい発表していきますが、活動・活躍している女性のみなさんの文化祭のような、
活動発表会のようなイベントにしていきたいと考えています。

平日、しかも月曜日ですが、ご関心がある方はメッセージくださいませ。

今年後半、わくわくすることがたくさんありそうです!


7月、たのしみなことは?【プレゼント付きブログネタ】 ブログネタ:7月、たのしみなことは?【プレゼント付きブログネタ】




いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
さて、今朝のアサイチ。福島のエゴマ特集です。

福島の特産品を扱っている「ふるさとマルシェ」でも人気商品。

サイトを見たら!

なんと、月100本しかできない!?

量産できないのだそうです。

貴重なんですね!

ふるさとマルシェ http://www.furusatomarche.com/goods_list/goods_list_2.php?called=category&vctg_no=i70
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
フードスペシャリストは、公益社団法人日本フードスペシャリスト協会認定の資格で、

指定の大学・短大・専門学校で勉強した学生しか受験できない特別な資格です。

お金を払って短期間で取得できる民間資格と違い、食の知識をくまなく学び、調理実習も行うことで、管理栄養士や栄養士と同時に取得する学生もいます。

現在、フードスペシャリストの資格保持者は約7万5千人ほどになりますが、残念ながら、これまで、フードスペシャリストの横のつながりがありませんでした。

また、「学生しか取得できない」というハードルの高さから、一般的に知られていないという点もかなり残念なところ。

しかし、このたび、協会認定のもと、FSのネットワークを創ろうということになりました。

まず、Facebookでグループを立ち上げました。

https://www.facebook.com/groups/1425663144427880/?pnref=story


FSのみなさん、FSを目指している学生のみなさん、どうぞ参加してください。

現在は、FSのOGの方達のブログをリンクしてご紹介しています。

自己PRも大歓迎です。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
昨日、某所でお会いした方の情報によると、

あるところで、100人規模の女子会があったそうで、

「それが、みんな、美人ばっかりで驚いちゃうんだよねえ」(情報源は男性につき)

と、集まったみなさんの写真が掲載されているサイトを見たところ、本当に美人ばかり。


「偶然なんだけれどね、彼女たち、なぜか、納豆食べているんだよね」

「納豆ですか?」

「うん。納豆、ブームなの?」


ブームではないように思いますが。

しかし、検索してみたら、ありましたね。「夜納豆」

http://matome.naver.jp/odai/2135486507317927701


納豆を夜に食べるといいんだとか。

あ、ここにもあった。

http://macaro-ni.jp/9458

http://www.beauty-log.com/archives/2017


ふむふむ。

納豆に含まれるナットキナーゼは夜に活性化するため、夜食べるのがよいということのようです。

しかし、しかーし!!!

納豆協会のホームページをつぶさに見ると、最近の研究では「ポリアミン」がよいという情報も。

http://www.710.or.jp/topics/080701.html

血管を強くして、免疫力をアップさせ、アンチエイジングに効果があるといわれるアミノ酸の一種のポリアミン。納豆には豊富に含まれているのだそうです。(豊富って、どのくらいなんだかわからないけれど)

納豆を毎日食べることで、便秘も解消。よって、美肌効果もある、というわけですね。なるほど。

納豆、抗がん作用もあるらしいのですが、抗がん作用といえば、お友達のなめこちゃんのことをちょっと書いておきます。

長野県の田中なめこちゃん( https://www.facebook.com/shinsyu.tanaka.nameko )
ここには、ふつうの小さななめこのほかに、大きななめこもあり、最近は「干しなめこ」も試験的に作っているらしいです。

このなめこちゃんのなめこを毎日欠かさず1か月食べた、というご家族がいます。

実はご主人が前立腺がん。

それを知ったなめこちゃんが、毎日なめこを送ってあげて、奥さんが毎日、料理したんだって。

そうしたら、いろいろな身体の不具合や血液のデータなどが改善されたという話。(残念ながら、まだ完治はしていません)

ということはですよ。

なめこちゃんのなめこと、納豆を、毎晩食べたら、完璧と思いません?


さっそく、お取り寄せしようかなと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
いやー、びっくりしました。

働く女性の相談コーナーで、気に入らない上司に反乱するという話。

「上司を懲らしめる」って、過激ですねえ。

http://toyokeizai.net/articles/-/61023?page=3

まあ、泣き寝入りよりもいいのかもしれないけれど。


私は、上司であろうが部下であろうが「懲らしめる」なんていうのはちょっと抵抗があるなあ。

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇