だいじょうぶ。

PHP研究所から出版。老子のやさしい言葉を、猫の写真と一緒にお届けします。
プロフィール>http://juncoito.blogspot.com

MYヒーローは、

不毛のアメリカにりんごの木を植えていった、ジョニー・アップルシード。

あなたのヒーロー、ヒロインは誰ですか?


テクノラティプロフィール

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
NEW !
テーマ:
例によって、役にたたない記事ではありますが、気になるテーマであることは確かです。

非正規雇用かは関係ナシ!? 老後破産に陥る人の共通点
【女性からのご相談】

40代の主婦です。子どもはいません。私はスーパーのアルバイト、夫は通信関連の..........
≪続きを読む≫



非正規雇用やフリーランスなどの仕事をしている人にとって、予定外の事態といえば、病気。
親の介護というのもあるかもしれませんが、親と同居できる人は、親の年金や資産をアテに暮らすことができるかもしれません。
問題は、親をアテにできず、その日暮らしをしている人の未来です。

上記の記事を読む限りでは、解決策はなにも書いてありませんが、「やる気になる」ことで解決できることがあるかもしれません。

先日、世田谷のボロ市で、車椅子に乗った男性がケーキを販売しているのを見かけました。
そのとき、私は荷物を持っていて、申し訳ないことに何もできなかったのですが、あとで近所の方に聞いたところでは、とてもおいしいケーキなのだとか。
車椅子で、お身体も話しかたもご不自由のようでしたが、そうやって販売しているのはすごいと思いました。

また、最近、ネットで知った方で「佐藤涼」さんという方がいらっしゃいます。
https://www.facebook.com/people/Ryo-Sato/100005526698218

この方も、手足がご不自由でありながら、口で筆をとって絵を描いたり、自分でパソコンをプログラミングしてDVDを制作し、ネットで知り合った人に販売しています。
なんと(といっては失礼ですが)ご結婚をしていて、妻子を「養って」いるというから驚きます。

「お金がない」ときにどうするか、と考えたら、とにかく「お金をつくる」ことをやる。

ある人は、お金がないので、河原に行って花を摘んできて、それを新聞紙にくるんで売った、とか、裏山に行って芽の出ているどんぐりを見つけて育てて、小さな鉢植えにして売った、というツワモノもいます。

あるいは「私は掃除しかできないから」と、家政婦さんをやったり、友人の子供のベビーシッターをしている人もいます。

お金を貰うということに、いささか屈辱的であったり、恥ずかしいと思う気持ちを持つ人もいると思いますが、「お金を使う」ことは「浄財」といって徳を積むことになるので、お金を使わせてあげるチャンスをつくる=徳を積むチャンスを作ってあげているということになるのです。
だから、心おきなく、お金を貰うことを考えればよいと思います。

何もできないときには「話」をしましょう。

「私の話なんて誰も聞いてくれない」と思わずに、公民館や無料の施設を探して、「講演会」を企画してみましょう。
世のなかの多くの「講師」は「ハッタリ」ですが、年齢を重ねた人であれば、そんなハッタリな若造よりも経験を積んでいて、おもしろくてタメになる話ができるはずです。


「仕事がない」「お金がない」と言う人たちは、自分の能力や才能を出し切る努力をせず、また、「お金を儲ける」ことに切迫していないともいえます。

本当にお金がなくなったら、乞食でも物乞いでもせざるを得ないし、それができればホームレスでも生きていける。

そのくらい強い心を持って、「私はやっていける」と、自信を持つ。

そうすれば絶対に老後破産の心配などなく、生きていけると思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
「日経ウーマン」と「プレシデントWomen」が、奇しくも同時に「時間の使い方」の特集を組んでいます。

女性は男性に比べて、やることが多い。

たとえば、朝だって、化粧をしたり、ヘアを整えたりしなくちゃいけない分、男性より時間がかかりますよね。
ましてや、子育てしてたり、家族(手のかかる夫)がいたりする人は、さぞや時間のやりくりは大変だと思います。

時間を上手に使うコツだけじゃなくて、どういう人がダメなのかということも書いてあって、
まあ、私なんかはそっちのほうなので「うんうん、あるある」と納得しちゃいました。

それにしても2冊の雑誌を読んでいて、「時間」に追われて、「時間」にカリカリとして仕事をしなくちゃいけないなんて、ちょっと不幸な気がしてきました。

なんで、もっとゆったり暮らしてはいけないんでしょう?

政府がこぞって女性支援だの、子育て支援だのと騒いでいますが、現実には、子供なんか産む暇がないほど忙しく働いて、婚期も妊期も逃してしまう女性もずいぶん多いように思います。

また、仕事やキャリアにしがみついて、子育ては人任せ、保育所任せ、食事も炊事も自分ではやらないというワーママが、キャリアウーマンの代表のような発言をしているのを見たことがありますが、それって、子供や家族を持つ意味があるのかしら、と思ってしまったりもします。

もちろん、人それぞれで、価値観も、考え方もいろいろあるので、「私はこれでいいの」と納得して生きていけばよくて、他人がどうこう言うスジアイもないし、何が正しいとか、間違っているとか決めつけることでもないのです。

でも。

毎日満員電車で通って、へとへとになるまで働く「会社」って、そんなに大事なことなのかな?って、思うことはないのかな?

私は、満員電車で毎日1時間以上かかって通っていたころは、いつも「なんで毎日満員電車に乗らなくちゃいけないのかなあ」と思っていたものです。

先日、地方に行ったときに、会った女性が、こんなことを言っていました。
「地方に仕事がない、ってよく言うけれど、そんなことはなくて、仕事はたくさんあるし、チャンスもある。でも、それがどこにあるかとか、どうやって自分で手に入れるかがわからないだけ。東京の漫画喫茶とかで過ごしている貧困女性のことをテレビで観たけれど、田舎に帰って、田舎の役にたつことを見つけたらいいのにって思うよ」って。

田舎は時間がゆっくり流れているように思われているけれど、案外やることもたくさんあって、毎日毎日が忙しい人も少なくない、とも。

満員電車にまいった私は東京で暮らすようになり、1日3時間睡眠くらいの生活を何十年も続けて、勤めじゃないからブラックだなんて文句すら言えない暮らしだったから、「時間管理」なんて考えたこともなかったのだけれど、でも、1年で10年分くらいの仕事はし続けることができたと思います。

寝る時間は惜しんだけれど、美味しいものは食べたし、会いたい人には会えた。やりたい仕事もほぼできたと思います。
「寝る間を惜しむ」っていうのは、そういうことだよね。

いまでは「1日に1つしか、仕事をしない」と心に決めているけれど、実際にはいくつも同時進行にやっていることが多くて、「管理」するよりも先に行動しているし、思いついたことをその場で処理していかないと、一度に多くのことをこなすことはできないんですね。
だから、雑誌に登場する人たちみたいに、毎日の行動をグラフにしたり、表にしたりはできないのだけれど、だからこそ、自分なりの時間管理をしているとも言えるのかも。

クリエイティブな仕事こそ、時間管理が必要。
でも、自分に甘く、ゆるゆるな管理をしている私であります。 
ゆるゆるでも暮らしていけます。
人に迷惑かけない程度に、ゆるゆるでよいような気がしますよ、私は。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
googleが women's will という意見募集をしています。

女性も、男性も、必見だと思います。

Women Will 賞とは

Women Will 賞とは、日本の女性たちの可能性を広げる画期的なアイデアを提案する非営利団体に贈られる賞です。2014 年 10 月、Google Japan は Women Will プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、テクノロジーを通して日本の働く女性たちを支援することを目指しています。Women Will 賞は、日本でのジェンダー ギャップ(男女格差)問題に専門的に取り組んでいなくても、テクノロジーによって日本の女性たちを支援するアイデアを持つ非営利団体を表彰します。


http://www.womenwill.com/japan/


また、1月9日締切りの「インパクトチャレンジ」では、なんと!!!

非営利団体に 5000万円の助成金が与えられます。

日本の Google インパクトチャレンジ とは

日本の特定非営利活動法人、公益法人、社会福祉法人がテクノロジーを活用して世界を変えるプロジェクトを提案し、5000 万円の助成金の獲得できるチャンスです。


Google がこの呼びかけを行う理由
テクノロジーには世界の差し迫った問題の一部を解決できる力があり、大きな影響を与える新しい方法を探索する変革者たちを Google は支援したいと願っております。Google インパクトチャレンジは、日本でこうした変革者たちを見出し、その支援を一般に呼びかけるために設けられました。

受賞者が得るもの
それぞれ 5000 万円の助成金と、Google 社員によるサポートを提供します。今回、一般投票により 1 団体、審査員により 3 団体の合計 4 団体が受賞します。一般投票により選ばれる 1 団体と審査員に選ばれる 3 団体はファイナリストの 10 団体から選抜されます。

Google インパクトチャレンジへの応募資格について
特定非営利活動法人、公益法人、社会福祉法人のいずれかの法人格を有していることが応募資格です。


https://impactchallenge.withgoogle.com/japan
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先週は、漫画家の寺沢武一先生と版権管理をしている株式会社エイガアルライツの忘年会。

毎年毎年盛大なのですが、新進気鋭の女優さんがコブラガールのコスチュームで登場したり、

遠方からはるばる参加のコブラさんがいたり、

有名ミュージシャンや漫画家さんたち、アニメや映像、出版、ゲームなどの「業界」関係の方などが、200名も集まり、豪華な全員プレゼントがあったうえに、毎年恒例のオリジナルグッズの御土産つき。

私はゲストの予定が、半分スタッフとなり、若干お手伝いに参加しつつも、パーティーではいろいろな方たちとお会いして、ビジネスの話なども盛り上がったり、なかなか有意義な時間でした。


毎年年末には忘年会のお誘いが多く、一番多い年には28か所あったときもあったのですが、
あまりにも多すぎて終始がつかず、「忘年会が多すぎる」と文句を言っていたのが聞こえたのか、
今年は比較的穏やかに過ごしています。

とはいえ、明日も100人規模のパーティーです。
明日は、ベンチャー大手のエグゼクティブが中心。
もともと「昭和36年生まれ」の人が中心の勉強会で、最初は「ヒラ」だった人たちがどんどんえらくなって、いまや押しも押されぬ大企業の社長になっている方も少なくないのです。
この会は、主宰のWさんと知り合いでなければ参加できない、エクスクルーシブな会でしたが、近頃は同伴者がいれば面識ない人でも参加できるようになったようです。
ちょっとした紳士倶楽部です(女性も多いですが)

土曜日は、イラストレーターの吉沢深雪さんの会。
吉沢深雪さんの30冊目の本の出版記念のパーティーに呼んでいただきました。
とてもゴージャスなレストランで、こちらは50名くらい。

同じ土曜日。実はハシゴです。
松濤のオーガニックカフェ「パブリック松濤」で「ブルーグラス会」のクリスマス会。
私は大遅刻で参戦予定。
こちらはたぶん、10名くらい。
私以外はみんな楽器持参で、午後1時から午後6時ころまで、楽器三昧のクリスマスです。

そして、来週は、私の忘年会。
こちらは、小さな小さなパーティーで、着席でお話できるくらいの人数。
15名MAXですが、もっと少人数で、貸し切り、という贅沢な会。
ごくごく親しい人の、アットホームな会です。

小さな忘年会は身内ばかりだからよいとして、メガパーティーでは新しい出会いも多く、
名刺交換も、さほど積極的にせずとも、あっという間に名刺が無くなります。
名刺がなくなるということは、その分、頂戴するということでもあり、名刺の整理もまた、大変。
お名前とお顔と、何を話したか、をすぐにメモすることと、お礼状や、時には話した内容を企画書や提案書にしてお出しすることなどもあったりします。

「え?そこまで仕事三昧?」と思われるかもしれませんけれど、
仕事三昧でなくても、ついつい仕事の話が盛り上がってしまう貧乏性。
無理やりの営業ではなくて、「こんなことできたらいいよね」「やろうやろう」みたいな話は、
いつどこで、誰と話しても楽しいので。

というような忘年会の前に、
明日は、フリーアナウンサー・ベジアナの小谷あゆみさんとランチのお約束。
農業と地域のお話をたっぷり聞かせていただきますよ!
待ち合わせは、桜新町の「並んで待たされる」ということで有名なお店。予約なし。
並んでいたら、いくつか候補あり、で、ランチもまた、楽しみです。

仕事もぎりぎりまで忙しいなか、出会いの多い年末です。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
秋田・国際教養大学が、黒いリクルートスーツの非着用を推奨しているそうです。
http://blogos.com/article/99920/

そもそも、いったい、いつから、あの黒くてダサいスーツがリクルート用の制服みたいになったのかといえば、やはり「洋服の青山」あたりが、安いスーツを売り出し、その後スーツカンパニーとか、手頃な価格のスーツが並ぶようになったのが原因ではないかと思います。

就活スーツとして黒いスーツが流行しはじめたのは、一説によると、2000年くらいから。
そのころ、スーツを格安に販売する量販店が台頭し始めたことと、不況とが「黒」を定着させていったのではないかと思われます。

ちなみに、AOKIでは「就活好感度アップスタイル」なるページがあります。
http://www.aoki-style.com/campaign/recruit/special/imp/ladies.html



マナーコンサルタントの人が書いているページでも「スーツは黒か濃紺」とあったりしますが、
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110510/269300/

黒のスーツなんていうのは、「私、下っ端で結構です」と宣言しているようなもの。
エグゼクティブで黒のスーツを着ている人なんて、めったにいませんから。

しかも、安物の生地の吊るしのスーツなんて、もってのほか。

ビジネスをやろうというときに、服は武器です。

そう考えたら、オーダーメードか、せめてよい素材でシックなものを選んで欲しいと思います。

あるいは、着慣れないスーツで無理やり身体を包むよりも、自分が着やすくて、目上の方に失礼がない、少しエレガントなカジュアルスタイルでもよいと思います。


その昔は、ユニクロは貧乏人のブランドで、「ユニクロを着ている」とばれるというのがとても恥ずかしいという時代がありましたが、現在ではそんなこともなく、有名なアスリートたちがユニクロを着用していたり、公共の場で着用していても恥ずかしくないブランドになってきています。

とはいえ、やはり、ユニクロのファッションで就活するというのは、ちょっと「ビジネスマナー」としては行き過ぎのように思います。

どこで買ったらいいかわからないときは、大手のデパートに行くと、案外、シックで質のよいスーツに出会うことができるでしょう。

量販店で買うスーツを着ている限りは、「それなりの就職先」しか受からないと思っていてもいいくらい。

ましてや就活女子は、服に「きちんとした」お金をかけるべきです。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ある女性いわく、

「好きな人ができたら、一緒に仕事をしたい。そのために、自分はまだ何もできないけれど、わからないことやできないことがあったら、一生懸命勉強したい」

と言うのですが、私はちょっと「大丈夫かな」と思ってしまいました。

そういうのが、20歳くらいのお嬢さんならいざ知らず、発言者の女性はもういいトシなのです。


女性の場合は特に、若いころなら何をやっても回りが許してくれるし、美人であれば少しはいい目にあうこともあると思います。

できないことがあっても、がんばればがんばっただけ、周囲が認めてくれるでしょう。


でも、(女性に限らず、男性もだけれど) ある程度の年齢になったら、そうはいかないのが現実。

「もう、そのくらいのことは知っていて当然でしょう」と思われる。

だから、40歳を超えたら、「始めてのことに挑戦する」というよりは、それまでやってきたことを活かしたことを伸ばしていくしかないのです。

だから、20代、30代のときには「下積み」をしておき、将来どうなってもいいように、いろいろな経験、体験をしておくとよいと、私は思います。


そして、好きな人ができたときに、一緒に仕事をするかどうか。

これは、一長一短がありますよね。

いいときは一緒に喜べるけれど、つらくなると二人してどん底になってしまうかもしれないし、なにより24時間一緒にいて、しかも金銭状況もまるわかりって、人によってはつらいかもしてません。

ふたりで新しいビジネスを始めることができたら、スイートなときは一番安心で、安全なスタートになるでしょうけれど、その信頼がほころび始めると、仕事の継続が難しくなるということも考えられます。

とはいえ、日本の底力は「家業」にあるともいえます。
ファミリービジネス。

お父さんとお母さん、そして子供たちが一緒にいて、一緒にできること。

たとえば、岡山県津山市のパン屋さん「グランデ―ル」
http://tabelog.com/okayama/A3304/A330401/33009741/

ここはホームページもないし、通販もしていないのだけれど、地域で成功している例。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」/渡邉 格

¥1,728
Amazon.co.jp


これからは、小さなビジネスをファミリーで継続していけるというのが、素敵な生き方といえるのかも。

街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。/堀部篤史

¥1,728
Amazon.co.jp

小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ/平川 克美

¥1,728
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
仕事に限らず、家庭で働く、地域や学校で働く、ボランティアとして働く、いろいろな「働く」がありますよね。
そんなさまざまな「働く」と「子育て」の両立を応援するために、政府では「すべての女性が輝く
政策パッケージ」を決定し、保育園等の保育の受け皿の充実、再就職支援、ワークライフバランスの推進など、様々な政策を実施していきます。


政府の「すべての女性が輝く政策パッケージ」はこちら> http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kagayakujosei/dai1/siryou2_1.pdf

このプランで、本当に「すべての」女性たちが「輝く」ことができるのかしらんと思うのですが、
「輝く」ことって、どんなことなんでしょうね?

子育てをしていても、仕事をしていても、輝いている人と、輝いていない人はいるでしょうし、
貧乏な人で生活苦があってもイキイキとしている人だっているしね。

女性であろうと、男性であろうと、ひとりひとり、考え方が違うので、
みんなが一斉に、北朝鮮のマスゲームみたいに動けば幸せかというと、それは違うんですよね。

政府の「輝く女性」プランは、「元気だけど働くチャンスがない」という健康でガッツがある女性にはありがたい支援が多いけれど、しかし、よく考えてみてください。

なんで、そうまでして、働きたいの? ってことを。

「お金のため」?

じゃあ、なんで、お金が必要? 贅沢な暮らしをするため? 生活のため?

「(子供の)教育のため」

いい学校に入るために、英才教育させたりすることが、本当に必要?
子育ての重要な時期に、親が仕事仕事と言っていることが、子供にとってよいこと?

「自分のキャリアのため」

この目的が、一番「我欲」ですよね。

ホリエモンの最近の書籍。

金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?/堀江貴文

¥1,296
Amazon.co.jp


キャリアなんかバカらしい、って思うエリート女性たちがアメリカでは増えているという話は、「ハウスワイフ2.0」という本を読むとよくわかるけれど、
これからの女性たちは、緑豊かな農村で、自給自足に近い農作物を自ら育て、昔ながらの手作りライフスタイルをして、子供の世話は家族で・・・
という暮らしぶりは、岡山県津山市の天然酵母のパン屋さんの本「腐る経済」にもありましたね。



ハウスワイフ2.0/エミリー マッチャー

¥1,728
Amazon.co.jp

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」/渡邉 格

¥1,728
Amazon.co.jp

高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか? (光文社新書)/大理 奈穂子

¥799
Amazon.co.jp

「子育てしながら働く」ために ブログネタ:「子育てしながら働く」ために 参加中




「暮らしの提案プロジェクト」特設サイト
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
講演の仕事で地方に行くことになり、Facebookでつながっていた女性友達と会うことになりました。

彼女は市議会選、参議院選に立候補した経験の持ち主で、残念ながら、両方とも落選。

実は私も区議会選に出馬したことがあり、ふたりで選挙について語りあう機会となりました。

選挙をしたことがない方に、経験者としてわかったことをお伝えすると・・・

「出馬」というくらい、選挙はレースであり、また、お祭りでもあります。

彼女が落選したときに、彼女以上に涙を流して号泣した年配男性が何人もいたそうですが、そんな熱心な応援団や支持者がいなくては選挙には勝てません。

そして、そんな支持者を得るために、何年も地道に地域に密着して、冠婚葬祭に参加したり、地域のイベントに顔を出したりしている政治家候補がたくさんいて、「思い立った」程度の活動ではとても太刀打ちできないということと、「政党」に入っていなければ、政治活動もできないし、自分の意見を通すことすらできないということがあります。

いくら正しいこと、正論を振りかざしても、たったひとりで、無所属で戦っても、戦いの舞台にすら登れない。

日ごろの政治活動にはなにかとお金がかかり(私は経験がないので、そのへんはピンとこないのですが) それもまた、政党に依存しないとやっていけないということでした。

「ポスターを貼るのとかも、大変だよね」と言ったら、
「それは業者がいるから」と言うので、素人の私はびっくり! 知らなかった。
私のときは、区内450か所を、友人知人(妹の友達の多く)が手伝って、まるでゲームのようにわかりにくい地域を探し当てては張りつけたものでしたが、なんと業者は1枚500円程度で受けるのだそうです。

選挙のときに、よく、ポスターが張られていない立候補者がいますが、そういえばたいてい新人とか、無所属とかですね。
政党は、なにかとアウトソーシングして、それもまた、お金がかかるのだそうです。

「選挙はとにかくお金がかかるから、庶民はなかなか当選できない」と、彼女は言いますが、
私が聞いた話では、兵庫県のある市だったか、町だったかでは、市民活動を長年していた(長年しているのがポイントですが)女性が議員に立候補して当選。その後、市民活動的女性がどんどん立候補して、議会の半数以上が女性になり、結果的に「議会がとてもクリーンになった」とか。

なんだかんだいいながら、政治の世界は男社会で、いまの国会で登場する女性議員も、ほとんど全員が「一般的な女性」とはかけ離れた特別感がありますよね。
アベノミクスだの、女性活躍躍進だのといいながらも、芸者の域を超えていない人もいるし、かといえば、男性と違って「地位」にこだわらないため、表舞台に立てないという残念なケースもあるようです。

「もっと、庶民感覚の議員がいてもいいんだけどねえ」

「結局、議員なんて特権階級だから、満員電車の通勤ラッシュなんて体験してなかったり、正規雇用でも派遣でもないフリーランスなんて仕事も知らないし、零細企業のことなんかもわからないし・・・ 自分たちの利権しか考えないよね」

「でも、だからといって、それでいいのかっていうのが、問題だよねえ」

地ビールを傾けながら、「この次に立候補するかどうかは、自分の問題というよりも、支持者や、支持政党の問題なんだとわかって、それはそれで、いろいろ考えるのよねえ」と彼女。

そういえば、今年は都議会で、女性に対するセクハラ発言が話題になったことがありました。

「セクハラ発言なんて、いつでも、どこでもやっていることなんだけれど、たまたま美人で若い議員さんだから話題になった。でも、話題になったときに、セクハラ発言を許す許さないじゃなくて、もっと自分がやっていることややりたい政策について語ればよかったのにねえ」なんて話も。

せめてクリーンな政治に向かうためには、「まとも」な政治家を選びたいものだけれど、「まっとうな」人を選ぶことって、決してやさしいことじゃないんですよねえ。

しかし、政治家はやりようによっては定年がないいい仕事。
女性がチャレンジする仕事としては、悪くはないかもしれません。
体力と、気力と、厚顔さに自信があれば。




選挙へは行く? ブログネタ:選挙へは行く? 参加中




天職が見つかる女のお仕事バイブル/PHP研究所

¥1,512
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
「お母さん」「仕事」「辞めて」という文字で検索すると、ずいぶんたくさんヒットしますね。
最近、「ワーママ」という言葉が一般的になって、
働くお母さんが「アタリマエ」という風潮がありますが、
果たして「アタリマエ」なのでしょうか?



昨日、妹が、駒沢にある素敵なカフェの1周年記念パーティーに誘ってくれて、一緒に行ってきました。

そのカフェのマネジャーをやっている女性は、娘の同級生(親の年齢はずいぶん違います。笑)
働いている女性たちも、PTAつながり。
「PTAって、バカにならないのよ」と妹。
「娘」はすでに高校2年ですが、「同級生」だったのはもっともっと小さいころの話のようです。


PTAの役員などを積極的に参加してきた妹は、「学校のことや子供たちのことがよくわかるし、お母さんたちとのつながりもできるから、PTAは参加すべき」という主義で、子供が小さいころから、PTAは最優先してきたようです。

そんな妹は、大手ファンシーグッズメーカーで15年働き、退社したところで妊娠・出産。
子供が小さい頃は私の会社で仕事を手伝ってくれていましたが、数年後に独立起業。
社長になって、10年たちます。

いろいろな生き方があり、選択枝があるなかで、「子供」と一緒にいられる時間はそう長くはありません。
「子供のために自分の人生をダメにする」と考えるのではなく、
「子供が子供でいる時期を一緒に経験する」という考え方もあってよいはずです。

子供を泣かせてまでしなくちゃいけない仕事ってあるのかなあと、考える人も増えているようですが、アメリカではすでに、「キャリアよりも家庭生活を大切にすべき」と考えるエリート女性が増えているそうですよ。





ハウスワイフ2.0/文藝春秋

¥1,728
Amazon.co.jp


天職が見つかる女のお仕事バイブル/PHP研究所

¥1,512
Amazon.co.jp


だいじょうぶ。 ニャンとか生きていけるよ/PHP研究所

¥1,296
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード