だいじょうぶ。

PHP研究所から出版。老子のやさしい言葉を、猫の写真と一緒にお届けします。
プロフィール>http://juncoito.blogspot.com

MYヒーローは、

不毛のアメリカにりんごの木を植えていった、ジョニー・アップルシード。

あなたのヒーロー、ヒロインは誰ですか?


テクノラティプロフィール

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

テーマ:
私には妹と弟がいて、妹は母方の伯母のあとを継ぎ、弟は実家の家督で、私だけが「根なし草」となっている。

20代のはじめに東京の伯母の家に居候して、当時から、「自分の住処(家)を持つ」ということが嫌で、「なるべく簡単に動ける生活」を夢見ていた。

20代前半は、雑誌の編集者として、海外のリゾート地をあちこち取材する機会に恵まれた。

20代後半になり結婚し、居を構えることになったものの、いろいろな理由で離別。

事務所を借りて、最初は個人事業だったものを法人化したときに、なにが嫌かっていうと「ああ、これで、私は縛られてしまった」ということだったのだけれど、社員たちががんばってくれたこともあり、その後も、結構ふらふらとした生活を続けることができた。

作家のプロデュースをしていた15年間は、欧米やアジアなどに招かれ、国賓級の扱いを受けた(作家の先生が、だけれど、おつきの私もずいぶんとゴージャスな場所に招かれた)

40代になって、やっと、国内各地で仕事ができるようになり、50代をすぎてからは、もう、どこにも行かなくてもいいような気持ちになっている。

住めば都。

いま、暮らしている、小さな借家で十分なのかなあと思っている私に、
ここのところ、いろいろな地方で「空家があるから住んでくれる人、いないかなあ」という声がかかる。

実は、私は何年か前に不治の病であることがわかり、ボチボチと治療をしている。
見た目は元気だし、体調もさほど支障なく暮らしているので、本人も病気の自覚がないくらいなのだけれど、それでもたまに治療をしなくちゃいけないこともあり、そうなってしまうと田舎暮らしが遠のいてしまうのがなんとも残念。
もはや、農業のような体力仕事もちょっと無理だと思う。いや、やればできるかもしれないけれどなあ。

あと、10年若かったら、考えたかもしれないなあ。田舎暮らし。


5月12日は、今一生さんがコーディネートした「農業女子×棄国女子」のイベントに登壇します。「棄国女子」もこれから読むところですが、個人的には、若者も女子も、日本を見捨てないで、日本のいいところを見つけて暮らせたらいいのになあ、と思います。

イベントのお知らせはこちらです。
http://createmedia.blog67.fc2.com/blog-entry-274.html
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
おかげさまで「農業女子」(洋泉社)が発売になりました。

この本では、農林水産省が進めている「農業女子プロジェクト」(http://nougyoujoshi.jp/)に参加している農業女子のなかの有志50名ほどの方を取材させていただき、声をまとめました。

私が最初にやりたかったことは、実は、農業女子のカタログでした。
どこの地域に、どんな人が、どんな作物を作っていて、どう売りたいか、あるいはどう買えるのか。

もちろん、いまはネットの時代なので、上記のプロジェクトにもちゃんと参加者のリンクはあります。
でも、200人以上のHPを見るのは大変です。
印刷物ならお風呂場でも見れるしね。
ということで、農業女子の方達に声をかけたのですが、残念ながら出版費用を捻出できるに至りませんでした。

そこで「商業出版」ができないかと考えていたところ、洋泉社さんをご紹介くださった方がいて、出版の運びになった次第なのですが、「春までに出しましょう」という嬉しいショートスケジュール。
年末年始、農業女子のみなさんたちには、アンケートや電話や取材などでご協力いただきました。

洋泉社では「女子のライフスタイル本」という位置づけで「実用書ではない」「文芸のジャンルである」という説明をいただきました。

実は、私は雑誌編集をしてきたなかで、得意なのは実用です。
「農業女子になるための50のマニュアル」みたいな本なら、なんとなくイメージできるんだけれど、ライフスタイル本というのはなかなか手ごわいな、というのが最初の印象でした。

折しも「ハウスワイフ2.0」という本を読んでいて、アメリカではキャリアウーマンが会社を辞めて田舎に行くのが最新トレンドだ、という話がたくさん書いてあったことや、私自身も田舎指向というか憧れがあるなかで、田舎暮らしをしている女性たちの声を聴きたいという気持ちもありました。

食関連の本はたくさん読んでいましたが、農業関係を改めて読み直したりもしましたが、男性が書いているものが多数で、自分として、なんとなくフィットしない感じでした。

「女性視点」という言葉が、もはやセクハラになるのかどうかはわかりませんが、なんとなく、男性が語る農業とは違う生活があるような気がしていました。

そういえば、私が講演などに行くと、農業関係の集まりはほとんどが男性で、女子が少ないことが多かったということも思い出しました。

ある地域では、講演のあとの懇親会で、女性たちが宴席の支度をして、最後のほうに末席に座り「私たちは意見を言えないし、言ったところで面倒だから言わない。女性だけで好きにやっていればいいから」と言っていたことなどもありました。

もちろん、女性農業士の団体や農協や漁協の女性部など、女性農業者もたくさんいるのだけれど、その人たちがどんなことを考えて、どんな生活をしているのかということは、あまり、一般の人たちには伝わっていないのではないかな、なんてことも考えました。

取材をさせていただいてわかったことは、「農業は楽しい」ということでした。

もちろん、体力的にも、時間的に、資金的にも、大変なことはたくさんあるけれど、
「大変なことは何をやっても同じでしょ」と、みんな口をそろえていうんですね。

本にも書きましたが、
「グチを言っている暇があったら、前に進む」という生き方なんです。

地域のなかでいやがらせがあったり、男性社会で苦労したり、また、鳥獣被害と闘ったりしながら、子育てや家族のめんどうをみているのが女性なんですね。

この本のおかげで、前向きな女性たちにたくさん会えて、本当によかったと思います。

私は、この本を読んだ人に「こうなってほしい」とか「こう読んでほしい」という考えはなくて、純粋に、好きに、農業女子の人たちのことを知ってもらえたらいいな、と思います。
それで、どう感じるかは読者の人たちが決めることでよいと思っています。

昨日、ある農業関係のシンポジウムに参加しました。登壇者はすべて男性です。
「地域にはロクな人材がいない」「地域には仕事がない」「農業はこだわりやストーリーなんかじゃなくて、きちんと生産管理をすることだ」という話は、農業女子たちの視点とはいささか違うようにも感じました。

農業女子たちは「地域には仕事はたくさんある。お金もさほどかからないし、大自然があって、暮らしはかえって豊かである」と言います。
女性たちは、もともと、自然と共生して生きる術があるのかもしれません。

話が飛びますが、先日、某区の男女共同参画センターで、ある説明会に出席しました。
そこで「男女共同参画とは、まだまだ男性ほどチャンスに恵まれない女性たちを支援するためのものだ」という説明を聞いた高齢の女性が思い余ったように立ち上がりました。
「私は戦争も体験して、食料もない貧しい暮らしも体験した。男女平等でもなかった。でも、それは決して不幸ではない」

いろいろなことを考えさせられます。

5月12日は千駄ヶ谷で「農業女子×棄国女子」というイベントに登壇します。
http://createmedia.blog67.fc2.com/blog-entry-274.html




農業女子 [ 伊藤淳子 ]

¥1,620
楽天

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ある人が、仕事仲間に絶縁メッセージを発した。

健康管理ができない人。自己研鑽をしない人。人徳がない人。
そういう人とは付き合いません、というものだった。
男性どおしなので痴情のもつれでは断じてないのだが、いささかエキセントリックだ。

それにつけても、このようなメッセージをばらまかれる時点で当人の人徳というか、人望というか、そうしたものが失しているように感じるが、では、人徳とはどのようなものだろう。

人の気持ちなど縛りつけることもできないのだから、好かれようが嫌われようがどうでもいいことだし、他人に強いることでもないように思う。

自分のなかで徳を積めばよいと、私は思うものの、それは案外人には知られることもない小さな積み重ねでしかないのでは?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
洋泉社より、4月3日に「農業女子」 発売になります。

先週末、校了でした。

農業を職業に選んだ女性たちの生き方を紹介する一冊です。

感動的なストーリーや写真が満載。

いい本になったと思います。

表紙デザインは来週末くらいに最終決定になる予定です。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
おかげさまで、誕生日を迎えました。

昨晩から、Facebookではたくさんのメッセージが届き、驚くやら、嬉しいやら。

みなさん、ありがとうございます。

ところで、2月21日生まれは案外多いようで、Facebookには「The 221」というコミュニティがあります(笑)

私の友人知人だけでも20人以上、2月21日生まれがいます。

おまけに、2月生まれは「お誕生会」が好きなようで、2月は連日のようにお誕生会が。

そういう私も御多分にもれず、1月から「プレ誕生会」、誕生日が過ぎると「アフター」

去年は4月くらいまでひっぱっていました。

いったいいくつ年をとるつもりなんだ~、と言われつつ。

去年はあまりにもケーキを食べ過ぎて、体重が増えました(笑)

それでも嬉しい誕生日です。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
これがホントの勝負服!初対面で着て行きたい服装・4選

初対面の男性に会う時にはどんな服装をして行きますか?女性らしく見せたくて露出が高めな服?または軽く..........
≪続きを読む≫


いや~、そうですか。

アイロンかけたシャツに、ぶりぶりのゆるふわスカート!

媚びてますね。いえ、悪くないです。嫌いじゃないです。

女の子は、女子力をアピールするって、いいと思いますよ。


でも、ゆるふわギャルは「かわいい」って思われるかもしれないけれど、

「仕事ができる」とは見てもらえないかも。


なので、仕事での初対面は、やはりスーツです。

大人は別として、若いときに黒いスーツはNG。

リクルートスーツは安っぽいし「私は新人です」とアピールしているようなもの。

ワンピースでもパンツでも、とにかく「ジャケット」が基本。

カーディガンは上級者です。

インナーはユニクロでもよいので、スーツはいい素材の、いいブランドのものをおすすめします。

女性は男性以上に、外見が大切なので、「仕事ができる」オーラを発散させないとね。


そして、50歳を過ぎたら、もう、あとは自由。

なにを着てもOKです。

年をとるって、いいですよね。

でも、実は、50歳を過ぎて、なかなか素敵な着こなしができる人はいないんですよね。

お手本? あります。

もうちょっと上、60歳以上のおしゃれさんのページ。

素敵なマダムのストスナ。

こんなふうに年をとれたらいいな、と思います。

https://lidealjapon.wordpress.com/


女性にとって、お洋服は一生「勝負服」ですね。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
さて、年末だっていうのに、まだ仕事が片付いていません。

そういうときに限って、掃除です。掃除。

今日のテーマは「持ち物を2分の1にする」


部屋の掃除をして、私が持っている無駄なものがなにかわかったのですが、

1.下着

2.靴下やストッキング

3.化粧品のサンプル

4.バッグ

5.靴

6.服

7.書類

8.本

9.お茶

10.石鹸、クレンジングフォーム類

以上、順不動。

下着が多い理由は、ほとんどが妹からもらったもので、「減らない」(減らさない)から。

特に、妹経由でくるガードルの量の多いこと! 

1度も着用していないので捨てるには偲びないけれど、半分処分。「半分」というのがミソです。

靴下とストッキングが多いのは、自分のものも多いけれど、母親からもらったものが!

なんで、こんなにタイツがあるんだ! と、自分であきれながら、半分処分。

化粧品のサンプルにおいては、呆れるほどあるんだけれど、なぜだろう???

出張などのときに便利なんだけれど、案外減らないんですよね。で、半分処分してもまだかなりの量あり。誰かいりませんか?

石鹸とクレンジングフォーム系も大量にある。

よく考えたら、洗剤を使って顔を洗うのって、夜1回だけだものなあ、私。これからは1日に3回くらい、石鹸洗顔でもしようかしら・・・、誰かいりませんか? 山のようにあるサンプル!

実は、ファンデーションや口紅なども、使いかけが結構あるのには、我ながらびっくり。

出かけたときに持っていなくて、慌てて買っちゃう、なんてこともある。これは反省。

服、バッグ、靴はちょっと置いておいて・・・

書類と本の整理。これは超難題。

いま、執筆中の企画の資料が山のようにあって、紙も書籍もごっちゃり(涙)

これは処分できず。

そして「これから」の企画のための資料と資料に付随するものがごっちゃり。

これらは「半分に減らす」ことはできないのですが、ちょっと整理。

終日かかって、45リットルのゴミ袋が2つ分と、リサイクル屋さん行きの服がふたふくろ(45リットル袋くらいの)

あ、そうそう。お茶も、ものすごい量があるんですよ。大半がいただきもの。

秋に、「紅茶」をごっそりと紅茶好きの友人にもらってもらったのですが、整理しきれないくらいのお茶が・・・ お茶ってギフトにしやすいですからね。飲みかけとか、捨ててしまおうかしらと悩みつつ、ペンディング。

食料も結構ありました。

レトルトカレーやスープ、インスタントラーメン、缶詰や缶ジュースなどなど。

震災グッズを揃えなくても大丈夫だな、これは、というレベル。

お野菜もたっぷりあるので、新年もこのままで大丈夫、と言いたいところですが、
一応、縁起物だから、お餅、買いますかね。また、増えるなあ。

今日はそんなこんなで、掃除に明け暮れ、夜は納会に乱入予定です。

明日こそ、仕事をやるぞ!

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
冒頭のセリフは、映画「エリン・ブロコビッチ」で主人公のシングルマザーが吐く台詞。

ジュリア・ロバーツ主演の映画は、実話をもとにしてあるとのことで、何度観ても元気が出る。

今日また、CSで放映中。


ミニスカートでイケイケなファッションのシングルマザー、エリン。

たまたま交通事故で会った弁護士事務所に再就職のオファーをするけれど、当然断られる。

でも、エリンがすごいところは、勝手に行って働き始めてしまう。

エリンの行動力と、「自分は正しい」という信念を貫き、

最終的には弁護士の資格もなにもない一女性ながら、大企業相手に公害訴訟をおこして闘う。


運よく(?)であった男性に子育てを頼みながら、仕事に奔走するエリン。

大企業が垂れ流した汚水によって、大人はむろん、子供たちが病気になっている様子を許せない。

その一心で、大企業に立ち向かっていく。


お金もかかる。時間も、労力もかかり、ゴールは見えない。

でも、誰かが、やらなくてはいけない。

まるで、ジャンヌ・ダルクのような、女の生き様が、かっこいい。

がんばっているけれど、ちっとも痛々しくないのがすごい。


子供がいても、シングルマザーでも、学歴や資格がなくても、セクシーなファッションでも、

できることがある!

そのためには、「自分」の心の声を信じて、折れないこと。

どんなつらいことがあっても、正しい道を選んでいるのだと、自分を信じること。

そんなことを教えてくれる。


エリン・ブロコビッチ コレクターズ・エディション [ ジュリア・ロバーツ ]

¥1,000
楽天

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
田舎の結婚 1

¥463
楽天

東京で働いていたイケメンのエリート青年が、父の病気のため田舎に帰り、農業をする。

父は死に、たったひとりの祖母も入院。

祖母を安心させるために、お見合いし、年上の不細工な女性と婚約する。


という第一話。

農家にとって、結婚とはどんなことなのかとか、嫁はどうあるべきなおかとか、

そんなことを考えさせられるかと思いきや、結構薄っぺらい作品で残念でした。

とはいえ、これからいろいろな田舎暮らしの様子が描かれていくとしたら、見守っていきたいですね。

白泉社はTwitterで「農家あるある」を募集していましたが、漫画よりも面白いコメントが多く、

やはり「事件は現場で起きている」んですね。

関心があるかたは、まとめでどうぞ。 #農家あるある
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇