全力廻り道

テーマ:
昨日、入社式のスピーチに何を話そうか
考えている時、

「社長が何しゃべったかなんて憶えてないよね」

という話になって、確かに新入社員が
入社すると、短期間に研修でこれでもか
というほど詰め込まれるので、
最初の挨拶なんてそんなに記憶に
残らないでしょう。
それでも弊社で長くインパクトを残した
言葉があります。

それは、以前、役員全員が入社式の
祝辞を述べてた頃に、
常務の中山豪が言った、

「全力回り道」

最初に聞いた時は中山豪らしく、
暑苦しい言葉だなぁとしか思わなかった
けど、これはこれから社会に出ていく
新人にとって、とても大事なことかも
知れません。

近道をしてやろう。合理的にやろう
という考えに囚われることは、実は
遠回りになる確率が高いからです。

私自身も、学生時代の飛び込み営業、
新社会人ではテレアポをかけまくり、
アポイントをとりまくりました。
会社設立後も、会いたいという人とは
全て会い、会食依頼もほとんど断らず、
取材も全部受けていました。

それらは自分のやりたいことや、
今の仕事と関係あるかどうか分からない
一見廻り道に見えるものばかりでした。
ただ、一通り経験してみないとその判断が
出来ないので、全てに全力で
取り組んでいたのです。

結果、無駄なことをしたから
無駄なものと大事なものが分かるようになり、
無駄と思えるものの中から有益なもの
をたくさん見つけて今に至ります。

事業においても、スマホの黎明期のころ、
当社は総張り戦略と銘打って、
アプリもブラウザも、iphoneもandroidも、
ゲームもコミュニティも広告も全ての
事業に全力で取り組んでいました。

傍からみれば無駄に終わったかの
ように見えるものもありますが、
それらは全て我々の血肉になっています。
それに、最初から廻り道などせず、
ここをやっていれば正解と、
最短距離を見通せる人がいたでしょうか?

そう思って絞りこんで外れたら全てパーです。
新しいものは無駄なことをしない人
のほうがリスクが大きいと思います。


そんな訳で、2016年入社の皆さんに
贈る言葉は、



「全力廻り道」
(↑回を廻にちょっと変えて差別化してみました)


にしました。


今日、サイバーエージェントは149人の
新た仲間を迎えました。


{45DA34EA-C892-49B9-BCD8-501650BBB80C}





皆さんの活躍を心から楽しみにしています。

一緒に凄い会社を創りましょう!


入社おめでとう!!






AD