以前、社内会食で若手社員と話している時、結構なイケメン君が
「今の彼女とはマッチングアプリで出会ったんですよ」
とオープンに話しているのを聞いて、なんか時代が変わったなと感じたことがありました。
その後もマッチングアプリを使っている話は社内でもだいぶ聞きましたが、最近は結婚する人も増えてきて、一昔前にあったネットで出会うことへの気恥ずかしさというか抵抗感はなくなってきたのだと思いました。
 
ターニングポイントが何だったかというと、やはりスマホではないかと思います。スマホによって、端末もサービスのデザインも、スタイリッシュになってお洒落な場のような印象になったこと、プロフィール写真も皆が自撮りがうまくなったことや誰でも簡単に加工を加えられるようになったことで、参加している人もイケてる感じになりました。また、そのようなスタイフィッシュでイケてる雰囲気の場になったことで、魑魅魍魎の人たちの居心地が悪くなったというのもあると思います。

弊社グループで3年前から開始しているマッチングアプリ「タップル誕生」が大変好調なこともあり、昨年から本格的にこの分野を注力することになりました。
先週の決算説明会でも発表しましたが、コンセプトの違う複数の新しいサービスをリリース、または準備しています。
image

「出会いがないんですよ」
 
そう嘆く若手社員の声もたまに聞くことがあるのですが、お年頃の男女だらけと言っても良いサイバーエージェントで働いていて、出会いがないという人がいるくらいなので、全国津々浦々、出会いに困っている人は相当数いるはずで、需要はまだまだ大きいと判断しました。
少子化対策の一助になればという社会貢献の気持ちもあり、期待に応えられる健全なサービスを世に送り出していきたいです。
一方で、ネットでの出会いが「出会い系」という呼び方だと、過去に起きた新聞記事に載るような事件、事故の印象を彷彿させてしまいます。
何か別の呼び方をしたいと色々言葉を考えた結果、当社では「カップリングサービス」と呼ぶことにしました。
ただこのブログを書きながら、「マッチングアプリ」で普通に良いのではないかとも思いました。合田君、どうでしょう?
 
タップル誕生の合田社長のインタビューを載せた「CyberAgent StartUppers」ブログのリブログも合わせてどうぞ

 
 
 

AD

親や友達は見るのに

テーマ:

前から不思議に思っていたことがあって、うちの会社が紹介されたテレビ番組や取材された記事など、当社が外部に発信しているものを、社員の親や友達はとても熱心に情報収集してくれます。私のこのブログや他の社員の発信するSNSなどもそうです。

私も、一児の父となった今では、自分の子供が就職した会社の情報が如何にキラーコンテンツであるかはよく分かります。

しかしその一方で、なぜか当の本人(社員)は不思議と外に発信された会社の情報には無頓着になりがちです。すでに知っている気がして織り込み済みのような感覚になるのでしょうか。

入社する前、内定者時代は熱心に情報収集していた人たちも、会社に入ると外から中の情報を集めようとはしません。

 

しかし、サイバーエージェントももうグループ社員数3000人を超え、展開している事業も広告、メディア、ゲームその他、多岐に渡ります。一つの場所にいて全体を把握するのはなかなか難しいです。

 

外部のセミナーで講師をしたり、講演を依頼される社員も増えましたが、外の人に教える前に社内の人にも教えてよ、と考えまして、また新たな取り組みを開始しました。

 

それが先週立て続けに開催された、サイバーエージェントグループのエンジニアが集まる「CyberAgent Engineers Congress」と、クリエイターが集まる「CA Creator's Conference」です。
 

 

1社で中規模のカンファレンスをやったようなものです。

終わった後の懇親会も含めて、部署の垣根を超えた有意義なイベントになったと思います。

 

 

 

ほっておくと社内の情報には無頓着になりやすいので、社内の有名人や他部署の話を聞く機会を意図的に作っていくことは大事なことだと思いました。

同職種の人が横で繋がっていくのも良かったです。

 

当日の様子は、またスーパー推進ズの野島さんのブログも合わせてどうぞ

 


曲がり角について

テーマ:

去年の秋、10月のある寒い夜にいつものように会食を終えて自宅に帰ると、マンションのフロントから電話がかかってきました。

「先ほどまで記者の方がマンションの前で何時間も藤田さんを待ってましたよ」

(うわ・・・もしかして文春?・・何かやったかな)



私もヒルズ族と呼ばれ、華やかな交際で世間を賑わせていた時代には、記者に張り込まれた経験は何度かありました。でも、今なぜ?焦って胸をドキドキさせていると、名刺を預かってますと言うので届けてもらうことにしました。

そこで渡された名刺には、「日経新聞 証券部 下村」と書いてあり、それを見て私はほっと胸を撫で下ろしました。(特にやましいことがある訳ではありません)

 

決算発表直前だったので、おそらく証券部の若い記者さんが上司から決算予測記事のための取材してこいと無理を言われて張り込んでいたのだろうと想像し、寒いのに可哀想だし私はその名刺に書かれたメールアドレスに「アポなしで取材に来られても、大したニュースはありませんよ」と書いて送ってあげました。

それから3ヶ月後、来週に決算発表を控えた昨日、日経電子版の「記者の目」というコーナーに下村記者の記事が出ました。

 

サイバー アベマTV、早くも曲がり角
image

よりによって、年末年始で爆発的にAbemaTVが伸びてWAUが514万に達したタイミングです。そのことは年明けすぐプレスリリースでもお知らせしました。

もちろん今後曲がり角を迎えるタイミングはあるだろうし、メディアの報道も期待過剰な気がしていたので少し叩かれるのも悪くありません。それにしてもタイミングが悪すぎます。
12月31日のDAUは185万、1月1日、2日は200万を超え、通常の平日に戻った今週もDAUはだいたい1.5倍ペースで推移しています。また、継続率や復帰率など、足元のAbemaTVは各種指標も明るい話題ばかりです。

この記事も最後まで読めば伸びてると書いてあるのですが、有料会員しか読めません。このタイトルで無料のリード記事部分だけ読んだ人を事実誤認させてしまうということで、広報を通じて下村記者に記事を下ろすように要請しましたが、かないませんでした。

それでも昨日はほっておいたのですが、少しバズり始めているのでこのブログで否定しておきます。