曲がり角について

テーマ:

去年の秋、10月のある寒い夜にいつものように会食を終えて自宅に帰ると、マンションのフロントから電話がかかってきました。

「先ほどまで記者の方がマンションの前で何時間も藤田さんを待ってましたよ」

(うわ・・・もしかして文春?・・何かやったかな)



私もヒルズ族と呼ばれ、華やかな交際で世間を賑わせていた時代には、記者に張り込まれた経験は何度かありました。でも、今なぜ?焦って胸をドキドキさせていると、名刺を預かってますと言うので届けてもらうことにしました。

そこで渡された名刺には、「日経新聞 証券部 下村」と書いてあり、それを見て私はほっと胸を撫で下ろしました。(特にやましいことがある訳ではありません)

 

決算発表直前だったので、おそらく証券部の若い記者さんが上司から決算予測記事のための取材してこいと無理を言われて張り込んでいたのだろうと想像し、寒いのに可哀想だし私はその名刺に書かれたメールアドレスに「アポなしで取材に来られても、大したニュースはありませんよ」と書いて送ってあげました。

それから3ヶ月後、来週に決算発表を控えた昨日、日経電子版の「記者の目」というコーナーに下村記者の記事が出ました。

 

サイバー アベマTV、早くも曲がり角
image

よりによって、年末年始で爆発的にAbemaTVが伸びてWAUが514万に達したタイミングです。そのことは年明けすぐプレスリリースでもお知らせしました。

もちろん今後曲がり角を迎えるタイミングはあるだろうし、メディアの報道も期待過剰な気がしていたので少し叩かれるのも悪くありません。それにしてもタイミングが悪すぎます。
12月31日のDAUは185万、1月1日、2日は200万を超え、通常の平日に戻った今週もDAUはだいたい1.5倍ペースで推移しています。また、継続率や復帰率など、足元のAbemaTVは各種指標も明るい話題ばかりです。

この記事も最後まで読めば伸びてると書いてあるのですが、有料会員しか読めません。このタイトルで無料のリード記事部分だけ読んだ人を事実誤認させてしまうということで、広報を通じて下村記者に記事を下ろすように要請しましたが、かないませんでした。

それでも昨日はほっておいたのですが、少しバズり始めているのでこのブログで否定しておきます。




 

 

AD

私は所用で参加できなかったのですが、先週金曜日に「第一回スタートアップJJJ総会」が開催されました。

うちの社員なら(また似たような社内イベントやってる)と流しそうなネーミングですが、何故これをやることになったか、経緯をお話ししておこうと思います。

 

昨年あした会議で一気に9社新会社を立ち上げることが決まりました。image

これに伴い、新たに考えたのがスタートアップJJJ制度です。
 

売上高3000億円を超える当社の子会社として新規事業を始める場合、資金、人、ノウハウその他の立ち上げるのに当たって有利な面はたくさんあります。

一方、不利な面もありますが、それは大きく分けて2つあって、1つは同業種の独立系のスタートアップに対して実態が同じかそれ以上であっても注目されにくい点。もう1つは大企業の目線で見ると、例えば伸びている市場で2年で10億円新しく創ったら結構凄いことですが、3000億円の目線から見るとたった0.3%しか寄与してないので社内で力が入らないということになるのです。売上以外のメディアのユーザー数や視聴数といった指標も同様です。

それらを解決させる方法があした会議で提案されたのですが、まず前者にはスタートアップ子会社の専門広報担当者をつけて、事業や経営者をクローズアップさせる機会を増やすことにしました。結構頑張ってくれていると思います。
 

そして後者の解決策が今回のスタートアップJJJ総会に繋がるのですが、まず事業の所属を既存事業(CAJJ)と新規事業(JJJ)とに分けることにしましたimage

 

そして、サイバーエージェントの役員会で、その会社を外の会社だとして、我々が丸ごと買収するとしたら幾らなら買うか?という目線で時価総額を考えました。ただそうすると買った後の手間とか、自分たちでゼロから創った場合との見合いで安く抑えたくなるので、経営はお任せできるマイナー出資でその会社の増資にどのくらいなら応じるかという目線で上乗せした金額を、時価総額として今回発表しました。
image


一番大きかったのはMakuakeを運営しているサイバーエージェント・クラウドファンディングで21億円。2位がサイバーブルで15億円でした。30億円を超えると晴れてスタートアップステージ卒業で CAJJステージに上場となります。

 

未上場企業の時価総額という指標は同業他社のファイナンス状況や、世の中の注目度、景況感などに大きく左右されてなんとも頼りない指標ではあるのですが、現役の同業界の経営陣の評価なので大きく外れてはいない気がしています。市場の成長性、足元の業績動向、ポジショニング、経営者の注目度なども踏まえて(適当ですが)算出しました。

ただ発表された側は悲喜こもごもだったようですが、分かりやすい目標を作れたことは良かったと思っています。
 

この中からCAモバイル、サイバーZ、Cygamesみたいに成長していく会社がまた現れてくれることを期待しています。

それでは当日の模様は、運営を担当してくれたスーパー推進zの野島さんのリブログでどうぞ↓

 


”初日に暇な人”

テーマ:

新年を迎えて今年からはアメブロの更新を増やすということで、ブログチームの皆さんがこのブログのデザインを新しくしてくれました。
image
昨日急いでやってくれたということで、私も早く何か更新しなくてはと朝からずっと頭の中でぐるぐる考えてるのですが、これといったネタが浮かびません。もう2時間以上経過しました。

(もしかして、暇なのか?)
 

決して暇ではないのですが、そこで頭に浮かんだのが2009年の1月5日に上級執行役員(←昨年10月に新設された新しい肩書き)の内藤貴仁が書いた「初日に暇な人」というタイトルのブログ。

 

何年経っても毎年のようにこの時期になると弊社社員がバズらせるロングセラー記事になっています。

短い文章ではありますが、「初日に暇な人」という言葉は、ズバリ端的に仕事が出来る人とそうでない人を選り分けていると思います。

仕事も初日に何から始めるか考えておけばロスが少ないように、ブログも普段から何を書こうか考えておけばこのように時間を無駄にすることもなかったです。

 

そんな反省を踏まえて今年のテーマは「先手必勝!」で行こうと思います。仕事もブログも麻雀も、先手を取れば取りうる選択肢が増えて有利にゲーム運びができるものです。

 

それでは内藤が書いた「初日に暇な人」をリブログでどうぞ。リブログとはこれも昨年アメブロがリリースした新しい機能です。Amebaブログも着々と進化しております。
今年も1年どうぞよろしくお願いいたします。