渋谷ではたらく社長のアメブロ

サイバーエージェントの社長である藤田晋のブログです。


テーマ:


今年の新入社員で早くもグループ会社の

社長に抜擢した松村君のブログが

先日ネット上で話題になりました。

いま、一番勢いのあるヤツになる。
会社は学校じゃねえんだよ

とても良いことを書いていますが、

挑発的な内容に加えて、
顔もカッコいいせいか、


ネット上では賛否両論、茶化す人たちも

出てきました。

あっという間に社内外で有名人になった

松村君を、社内で

「社長はどう思ってるんですか?」

と最近よく聞かれるのですが、

とても良いと思います。

起業家は「心の強さ」が一番大事だと

思ってるので、メンタルを鍛える意味でも

注目されるのは良いことです。

ただ、同じようなことを誰でもやれば

よいかと言われればそうではありません。

ネットが使えるようになって自己主張

にも、状況判断する能力ますます重要
になっています。

彼の場合、
・社長といえど、そもそもまだ若い
・二番煎じでなく誰もやってないことをやった。
・彼らの事業はネット上のバイラルであり、

それを身をもって実践している。


状況判断をする上で、特に「年相応」
というのは結局は避けて通れない
要素であり大事だと私は思ってます。

20代前半まであれば、多少やんちゃ
でも許されるかも知れません。

でも、30歳近い人がまだやんちゃ
だとしたら、世間は白い目で見るかも
知れません。

40歳でまだ少年の心ではしゃいで

いたら、痛々しく見られても仕方ない

でしょう。

学生時代に不良で尖ってた人が、

年をとるに従っていつの間にか家族を
もって丸くなるのは自然なことなのです。

若い頃は不良も結構カッコいいですが、

30歳超えてもまだワルだったら

怖がられるだけです。

人からどう見られようが関係ない、

と思ってる人もいるかも知れませんが、

それは会社社会では通用しません。


年相応という意味で、

勢いあるヤツになると宣言し、

本当に自分で勢いを創りだした
松村君に、とても期待しています。









いいね!した人

テーマ:
私の著書「藤田晋の仕事学」の中に、

「見栄を張る人に大事な仕事は
任せられない」

という項があります。

当社のように新しい分野を見つけたら
取り敢えずどんどん参入していく会社
誰を抜擢するのかがとても重要です。

新しくて有望な分野は、よい人材の
抜擢に成功すれば、半分は成功した
も同然だとすら思ってます。

誰を抜擢するかを検討する際に、
見栄を張ってるように見える人を
静かに見送っていることが多いのが
勿体ないので、一度ブログにも
理由を書いておくことにしました。

「見栄を張る」というと言葉の響きは
悪いですが、今の自分に満足してない、
向上心があるという意味では悪く
ないのかも知れません
また、若いうちは年齢で足下を
みられないためにもある程度は
仕方ないのかも知れません。

実際、努力して現実の自分の実力を
追いつかせ、辻褄を合わせることを
忘れなければ見栄を張るのも
使いようでしょう。

ただ実際は、私からみると、
見栄を張るタイプの人を抜擢したら、
多くの場合は見栄にポジションが
追いついたこと自体に安堵して、
努力しなくなります。
分不相応な仕事をまだなんの実力も
実績もない自分が引き受けたという
現実を直視できる人は少ないのです。

強い向上心がありながらも、
自分の力に不安を感じ、
引き受ける役割に畏れを抱く
ような人のほうが、伸びしろを
感じます。
失敗しないために猛烈な努力を
する可能性が高いからです。
集中力も高まります。

いずれにしても年齢が上で、
経験が豊富な人からみたら、
見栄を張ってる人はすぐわかります。

・自分の真の実力値を正しく理解し、
理想と現実のギャップを受け入れること
・そのギャップを埋める努力をしていく

それだけで見栄を張らずに済むように
なるのではないでしょうか。



いいね!した人

テーマ:
{4F846D9D-254B-4823-8FD2-83632C511175:01}
「恋する旅女、世界をゆく」
を書き下ろした、小林希さんが
ご来社されました。

{5136263E-FD42-490E-B0C2-344ADA61E555:01}

{3B65EF31-4E78-4DDF-931F-CBE18DB00505:01}

「――29歳、会社を辞めて旅に出た」


会社を辞めて、その辞められた会社とは、
サイバーエージェントなのであります。

彼女は2005年入社で、出版社
アメーバブックスを畳んだ際に
会社を辞め、文字通り旅立ちました。

同じアメーバブックス出身としては、
木暮太一というベストセラー作家を
輩出しております。
彼女も続くのででしょうか。

君たちアメーバブックスから出してくれよ、
という気もがしないでもないのですが。


編集時代はアイドル小林 という異名を
持つほど美人なので、
フォトエッセイかと思ったら、
本格的な旅行記でした。

{6BAB29FD-03DD-4B2F-B826-D828ABD1ADF5:01}


マニアックなところばかりで面白そう。

「旅人」。

その責任、プレッシャー、ストレスが
あんまなさそうな職業の響き、憧れます。。

頭の中だけでも現実逃避したい時に
読むと良いのかな?














いいね!した人

テーマ:
少し前から日経電子版の経営者ブログも
更新しています。

今朝更新された5記事目は、

「ワンマン社長の作られ方、
阻止する術


{BE4279B8-64C8-498D-8A54-4F1E9188BF47:01}


私としては、創業者として会社が
大きくなっていく過程で
「ワンマン社長」にならないように、
結構気を付けてきたつもりです。

短期的には楽でも、中長期では人が
育たず、多様性や創造性が失われ、
自らが苦しい思いをするからです。

ただ、いくら気をつけていても、
ふと油断すると組織がワンマン社長に
仕立て上げるメカニズムのようなもの
にも
気付きました。

それは、「イエスマンは連鎖しやすい
ということです。

誰かひとりがリーダーに対して
イエスマンだと、不思議なほどそれが
周囲に波及し伝染しやすいのです。

その芽を早めに摘むことが大事で

それが出来なければ、
あっという間に
悪循環に入っていきます。

それは創業社長だけでなく、
人が育たないと嘆くマネジメント
全般に
通じる話かも知れません。


その他、

「勝手に決めて勝手にやれ」

「定例会議待ちをするな」

「すぐ頷くのはやめてくれ」

など、言いたい放題の日経電子版の
ブログも併せてどうぞ。

s.nikkei.com/1nc7X1t







いいね!した人

テーマ:

ついに昨日、相模湾でマグロを釣りました!


{68ECCB35-B36A-42D6-AFFD-F31D2958E238:01}


「なんでマグロ釣りたいの?」

と聞かれたら、

「ブログに写真載せるためです」

と答えていたのでこれで夢が叶いました。笑
{BA733A76-E4C2-4E09-AE27-60CF478850BA:01}

直前にもマグロがヒットし、
タモで救い上げる直前で逃し、
茫然自失としていたところからの
連続ヒットでした。

{5B3E2B84-BAD4-41F6-A2AF-E1EDED20B09C:01}

2回目は腕がもうパンパンだったけど、
絶対逃したくないのでとにかく慎重に。

{CED11DD5-1C75-46A9-8A75-F3F268A31D43:01}

売れすぎて入手困難というガンマの
ルアーをがっちり食ってました。

{85860802-B6E0-4A3A-9EF3-4EC327BC9B39:01}

フェースブックで過去最大の2000いいね
もらった写真。
このポーズがやりたかった。笑

{D9C86978-9966-43B7-8996-7FC6390AA166:01}


同船していた釣り仲間の松浦さんも
マグロをキャッチ。

これ以外にも松浦さんはメジマグロを
キャッチし、昨日の大門丸は、
キハダマグロ2、メジマグロ1、カツオ2、
シイラ多数という釣果。


{EA1FECEC-77A5-4EAD-B562-624546EB2AF5:01}

夜、偶然機会があって、
釣りあげたマグロの解体ショーを
見ることができました。


{A28661E4-D3D3-4295-A981-F21636C638A3:01}

めちゃめちゃ美味しかったです。

完璧な一日でした。うお座

この夏のプライベート目標、早くも達成です。



いいね!した人

[PR]気になるキーワード

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み