今年はダカイゼン。

テーマ:

「今年の目標はなんですか?」

年が明けてから取材を受けていて

そう聞かれたのですが、
特に何も考えてなかったので

うまく答えられませんでした。

しかし、今日また同じ質問を取材で
受けて、今度ははっきりと答えました。

「1番はダカイゼンです」

去年はスマホの新サービスに
明け暮れた日々でした。
自分でも驚くくらいスマホのアプリや
サービスの新規プランコンテスト

みたいなものをやって、

スマホの新規事業を審査した数なら
私自身、世界有数だと思います。

もちろん今年も新規リリースラッシュが

続くし、新しい事業も数多くやります。

しかし、今後一番注力するのは

リリース済のサービスの打開改善です。

Amebaスマホをスタートし、昨年末に
大規模プロモーションを行い、

ビジネスモデルの原型は既にできたと

思っています。

今後は、集中を切らさず、

打開、改善、新機能追加、イベントなど

運用を行っていけば、右肩上がりに

伸ばせると私は確信しています。

以前にも書きました が、ネットサービスで

世界最高品質を産み出すのも、

革新的なサービスを創りだすのも、

現場での試行錯誤だと思っています。
リリース時の完成度の高さではないし、

最初の斬新なアイデアでもないと思います。


Amebaスマホはそのための、

ブラウザベースであり、

プラットフォーム構造なのです。
各コミュニティ&サービスも、拡張性を

意識した分野を択しています。

打開や改善といった運用は、一見

地味に聞こえますが、

日本的経営を参考にしている
当社の得意分野だと思っています。
社員のコミットメントや、継続性は

当社の強みですが、日本のネット企業
が強さを発揮できる重要なポイント
ではないでしょうか。

現在リリースしているサービス群はまだ

小さな芽の状態のものが多いですが、

今年は大きな花を満開に咲かせて
いきたいと思います。

マークシティ13階にダカイゼンルーム
先日オープンしました。
連日、超満員です。

渋谷ではたらく社長のアメブロ


暗闇の中に一筋の光明をモチーフにした

打開の間。
渋谷ではたらく社長のアメブロ

既にもう明るくなった改善の間。
渋谷ではたらく社長のアメブロ


ここに来ると、不思議と腰を落ち着けて

問題解決に向き合える気がします。


まだご利用でない社員の方は是非どうぞ。






AD