社内ベンチャー

テーマ:


褒めて伸ばすタイプなんですよ。(^人^)


なんてブログに書いた数日後・・。


「もうこの事業たたむよ?」(-_-メ


頭に血を上らせながら、説教しました。




ブログで誰でも簡単にセレクトショップを作れるサービスを

提供するドロップシッピング事業の社内ベンチャー。

この事業に将来有望な若手を2名、アサインして任せていた。

当初10月オープンの予定が大幅にずれ込んで、今の計画では

2月になると言う。


ありえない。

スタートが遅れたことで、失敗する確率が跳ね上がったと

私は判断してます。


納期遅れは、長く大きな失敗の始まり

特にインターネットのような環境変化が早く、未知の要素が

多い分野では致命傷です。

何ヶ月も時間をかけてサービススタートするまでに考え抜いた構想は、

ただの妄想でしかない。環境変化が早いから。
その妄想が周囲を巻き込みながらまた被害をひろげる。

毎月毎月のコスト負担は、サービスがスタートしたら取り返せると

考えがちだけど、スタート遅れによる高まったリスクは誰が負うのか。


ゼロから立ち上げる起業家よりも明らかに有利な条件の揃っている

社内ベンチャーが失敗する理由は危機意識の欠如にある。


自分のなけなしのお金で事業をスタートしたのと同じように、

大きなプレッシャーを感じながら
焦りと不安としつこいほどの猜疑心を持ち合わせなければいけない


そうでなければ、絶対に成功しない


抜擢人事の失敗するパターンで一番多いのは、ポストを得ただけで

満足してしまう人。


危機意識を持たせるために、今回は意図的に怒ったんですけどね。

いつも穏やかなので、たまに怒ると我ながら効果覿面。


これから巻き返すつもりで頑張ってほしいです。





「こんな感じでお店を作れるんですよ。そんな意味で先行オープン

するサイトなんです」


「みんながすぐお店が開けないと、ただのECサイトじゃん!!」


「・・・すいません」


「大体おれが習字で書いたデザインなんて誰が買うんだよ・・・」




・・・ところが。




結構売れているそうです。( ̄0 ̄;


買っていただいた方、ありがとうございます。




こちらがその「ミセつく」のサイト↓

http://special.misetsuku.jp/shibuya/




2月にはアメブロのブロガーの皆様がこんなお店を出せるように

なりますのでお楽しみに・・。




AD