すし しもくら

テーマ:
先日のおもひで。

「狸小路市場」にあります人気のお寿司屋『すし  しもくら』さんに伺いました。


大変ご無沙汰しておりますあせる


こちらのお店、ご存知のとおり、向かいにある鮮魚店「下倉孝商店」の直営店。

ですから、全国各地から集められた選りすぐりの魚介類が刺身や握りで楽しめるのです。



いろいろ出していただきましたが、特に印象に残ったのが……。



【活やりいか刺し】


ご主人「ようやく入ってきましたよ。」

ただ今、函館のイカは大不漁ですからね。
活のイカを食べられるなんで、めちゃくちゃラッキーですよ。

透明のモッチリした身を噛み締めますと、淡い旨味・甘味が現れます。

嬉しいことに、薬味として〔しょうが〕と〔山わさび〕が用意されていて、おまけに〔塩〕もあります。

真鯛もそうなんですが、イカを塩で食べるとデリケートな味わいがよく分かるのです。






【豊浦産 天然ホタテ】


久しぶりに入荷したとのこと。

そりゃそうですよ。
市場に出回っているのは養殖ホタテ。
天然のホタテはめったに食べられない貴重品です。

僕も数年ぶりにいただきました。

しかも、この厚み。
おそらく5年ものでしょう。

そんじょそこらのホタテとは歯応えと旨味の質が違います。






【南茅部産 本鮪 赤身】


ぶっちゃけ、最近食べたマグロの中で一番美味しいマグロです。

絡み付くような舌触り。
首に近い部位を選んで使っているそうです。

噛み締めると、ねっとりとした食感の奥からスッキリした上品な味わいが溢れます。

提供する温度帯もジャスト。
いやー、しびれました。


同じ鮪の《頭身》も旨旨。


中トロばりの脂があるのですが、後味スッキリ。

個性的な食感も印象的。
久しぶりに食べましたよ。






他の握りも実に素晴らしかったです。

次回はあまり間を空けずに伺いたいと思います。
AD

ASSE 〔アッセ〕

テーマ:
先日のおもひで。


“創成川イースト”にありますピッツァの名店『ASSE』さんに伺いました。

超久しぶりにお邪魔しましたよ。


小体なお店ながら、イタリアから取り寄せた薪窯を設置していまして、本格的なピッツァを楽しめるお店です。


まずは生ビールでスタートしまして……。



【24ヶ月熟成 生ハム】


やっぱり24ヶ月熟成となると、旨味の乗りが違います。

塩気も丸くなりますし、なにより舌触りがとてもしっとりしていて、セクシーでございます。









【窯焼きソーセージ】


大好きな一品ラブ

でっかいソーセージを窯の高温で一気に加熱。

そうすることで、皮はパリッと香ばしく、中の肉はふっくらジューシーに仕上がっています。

別添のマスタードをつけることで、肉の美味しさがグッと引き立つのです。

もう一皿いけますね(笑)。









左【活穴子と菜花のピッツァ】
右【桜エビのピッツァ】



毎度のことですが、ワガママを言いまして〔ハーフ&ハーフ〕で作っていただきました。
注意メニューには載っていませんので、ご了承ください。


両方とも期間限定のピッツァです。
ちゃんとした名前がついているのですが、忘れました……。




やっぱり太一くんの作るピッツァは美味いねぇじゅる・・

〈穴子のピッツァ〉は千葉県産の活穴子と菜花を組み合わせた春を感じさせるピッツァ。

バルサミコと〔高知県の山椒〕で仕上げています。

これはね、超美味いです。

穴子の活ならではのスッキリした力強い旨味、チーズのコク&バルサミコのまろやかさのマッチング。

やっぱね、山椒の風味がたまらなく良いのです。



もう一方の〈桜エビのピッツァ〉はもろ春ですな桜

桜エビは当然“生”ですから、高温で火を入れることで、香ばしさが生まれ、味わいも凝縮しています。

でね、このピッツァのポイントは桜エビの持つ塩気。
そして、桜エビとチーズがめちゃめちゃ合うのです。






この日もすべてが美味しかったですねキラキラ

季節ごとの限定ピッツァがあるのも魅力的。

少々ご無沙汰していましたが、またタイミングをみてお邪魔しますおじぎ
AD

MEN―EIJI 南3条店

テーマ:
先日のおもひで。


【魚介豚骨 醤油】+【とろ玉】
@『MEN―EIJI  南3条店』


言わずと知れた、超有名ラーメン店。

平岸の本店には何度か伺っていますが、ススキノに新しくできた、こちらの店舗は初訪問。



久しぶりにいただきますので、基本の一杯をオーダーしましたラーメン


やっぱ美味いねぇよだれ顔

個人的に札幌ラーメンの“とんこつ醤油部門”では、トップランクのお店だと思っております。

魔法の粉を使わず、ここまでのバランスのとれた味わいを作り出すのは、天賦の才がなければできないのではないでしょうか。

自家製の麺は粉の味わいをきっちり引き出しており、滑らかな舌触りが印象的。

低温調理の〔チャーシュー〕や味の染みた〔とろ玉〕のトッピング類もとても旨旨。

どれをとっても丁寧な仕事がわかりますきゅぴーん



この日はラッキーなことに〔古川オーナー〕が厨房に立っていらっしゃいました。

今はこちらに張り付きなのかな?

オーナーに作ってもらうことで、お店の正しい味わいが楽しめるという訳。



次回は気になる《味噌コーンバター》を食べようと思いますウインク

AD
先日のおもひで。

ようやくお邪魔しましたよ『BOO  CERCLE』さん。


あの「ブラッスリー セルクル」さんが、土日限定で【豚しゃぶ】のお店に変身します。

ちなみに完全予約制でございます。

今回は友人に誘っていただいて、初訪問となりました。



着席しますと、テーブルにはすでにたっぷりの〈野菜類〉と〈薬味類〉がセット完了。

そして、鍋の中にはこれまたたっぷりの〔ワカメ〕がIN!

食べる前から、食物繊維たっぷりですな(笑)。



メインの豚肉は【十勝 阿部農場の黒豚】。
〔肩ロース〕〔肩バラ〕〔バラ肉〕でございます。


※バラ肉の画像を撮り忘れました。


ワカメが入った鍋にレタスや他の具材をいれまして、一煮立ちしたところで、お肉をしゃぶしゃぶ。


いやはや、お店オリジナルの〈ポン酢〉がなまら美味し。

余計な調味料や添加物をつかっていないので、あっさりしているのにしっかりした味わい。

これはいくらでもお肉が食べられます。


でもね、薬味が充実していますので、ポン酢につけずに薬味と合わせることでも肉の旨味が炸裂します。

オススメは〈マルドンの塩〉+〈十味唐辛子〉の組み合わせ。

結局は豚肉が美味いんですよ(笑)。


あ、そうそう、具材の一つ【卵白で作る白い玉子焼きの厚揚げ風】。

これ、めちゃくちゃ好きです。



お肉も野菜も追加できますが、きれいに食べきったところで、締めの【そうめん】を。


店主の木村さんによりますと、締めのアイテムがなかなか決まらなかったそうなんです。

ある日、このそうめんに出会って、一撃で問題が解決したとのこと。

滑らかな舌触りとしっかりしたコシ。
なにより、粉の味がきっちり出ていますね。

これはなかなかの逸品です。






体にやさしく旨旨なしゃぶしゃぶです。

オッサンとしましては、美味しい野菜をガッツリ食べられるのが嬉しいですね。

また近々にお伺いします。

凡の風

テーマ:
先日のおもひで。


【中華そば  鶏と魚出汁の塩】@『凡の風


久しぶりにお邪魔しました。

やはりこちらのお店のラーメンは美味しくて美しい。

コクのある〔鶏スープ〕の旨味のあとから〔魚介出汁〕の味わいが出現。

〔塩ダレ〕の塩分も強すぎず弱すぎずのピンポイントを突いていますね。

この卓越した味のバランスは店主・杉村さんならではのもの。

『凡の風』さんの、どのラーメンにも言えることですが、もはやアートですよ。




気がつけば、あっという間に完食でございます。



ちょいとご無沙汰していましたが、次回は久々に《つけ麺》をいただこうかな。